イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリスマス三が日、09

                                  4th January 2010 

人気ブログランキングへ


DSC01943.jpg
 ‘思い出ツリー'には、子供たちが(今はかなりの年齢に達していますが)幼いころから馴染んできたデコレーションが下げられています。何歳になりましても、自分のお気に入りがどこに下げられているのか気になりますようで、それとなく確かめているようです。
 クリスマスは25日から12夜続きますから、1月6日の朝までここに飾られます。





DSC01802.jpg
 クリスマス三が日のメニューも例年とほとんど変わりません。イヴは恒例のお寿司です。ロンドンの日本の食材店まで出かけ、お寿司用のごく一般的な材料ばかり求めてきました。マグロ(赤身)、イカ、タコ、マダイ、スズキ、甘エビ、エビ、サーモン、イクラ、それに自家製の厚焼き玉子とスーパーマーケットで求めた酢漬けのニシンです。ウニやマグロのトロなどのような高価な材料は控えました。
 素朴な盛り付けですが、それでも寿司だねをやや厚めにスライスする自家製のお寿司は家族にはかなり好評です。
 それにこの夜いただいた御酒は、日本からのご来客に頂戴していた大吟醸酒でしたから、お寿司との相性も抜群で、その、かつてのご来客にも大変感謝しながらイヴのひと時を過ごしました。






DSC01836.jpg
 クリスマス当日は例によって七面鳥のローストです。今年もオーガニック飼料で放し飼いされたというブロンズターキー(Norfork Bronze)を、農場にオーダーしました。23日に受け取ってきましたが、7キロ強というのは一抱えある重さです。
 
 25日の朝、まずはお腹にたっぷりと詰物をしたターキーを焼き皿の上に載せますが、焼き皿にはターキー専用の特大サイズのアルミ箔を二重にして大きく広げておきます。そこにアルミ箔を破らないように気をつけてターキーを載せます。
 全体にバターを塗りつけて塩コショウし、さらにベーコンでターキーのトップやサイドを隈無く覆います。そして周囲のアルミ箔ですっぽり包んでロースト開始です。
 温度は220度で約50分、その後170度に落として約3時間50分焼き続けました。この時点で一旦ターキーをオーヴンから取り出します。
 トップとサイドのアルミ箔の覆いを剥がし、ベーコンのスライスもすべて取り除きましたら、ターキーを再びオーヴンに戻します。ガスの温度を200度に設定し直して、時々焼き汁を全体にかけながら、45分から50分ほど、表面においしそうな焼き色が付くまで焼き続けます。

 朝10時にオーヴンに入れてローストを開始し、取り出したのは午後3時半でしたから今年は5時間半かかったことになります。ターキーの大きさによって焼き時間も違ってくるようです。
 最近詰め物をしないでローストする方も増えていると聞きました。今年の我が家の詰め物は栗、りんご、ゆで卵がメインで、定番のポークのソーセージミートは使いませんでした。

 写真のターキーはオーヴンから取り出されたばかりですが、このまま20~30分は放置しておきます。このターキーの‘リラックスタイム’は重要で、この間に焼き汁を使ってグレイヴィーソースを作ったり、ローストポテトをオーブンでカリカリにしたり、お野菜、その他のソース類、ドリンクなど食卓のセッティングで、大わらわとなります。





DSC01846.jpg
 今年はいつも見えていた方が海外に越され、身内だけのクリスマスディナーです。
 誰かが私のお皿の上にもたっぷり取り分けてくれました。
 フレッシュな生パン粉で作るブレッドソース、ターキーの焼き汁をベースにしたグレイビーソース、新鮮なクランべりーで手作りしたクランベリーソース、これら三種類のソースでいただきました。
 クリスマスディナーは、ローカルの農場で飼育された新鮮なターキーのローストをいただく唯一のチャンスで、家族も大変楽しみにしております。このジューシーさや上品な風味は、新鮮で焼きたてのターキーならでは・・・かと思っております。


 


DSC01883.jpg
 26日はボクシングデーと呼ばれ、25日同様各種交通機関もストップしてしまうほど大切な日です。
 この日のメニューも昨年同様サーモンのローストで、体長は70センチ、重さは3.5キロほどありました。そのままではオーヴンに入りませんから、真ん中で二つに切り分けて同時に二つのオーヴンに入れて焼きました。
 10年ほど前になりますが、ガスストーヴと言われておりますガス台を新しくしました折に、オーブンが二つ付いているものを選びました。同時に二種類のオーヴン料理が出来ますので大変重宝しております。
 大皿の乗っている台は保温用のプレートです。





DSC01876.jpg
 焼く時にお腹にもローズマリーの葉やアンチョビを入れ、白ワイン、オリーヴオイルなどをふりかけて焼きました。






DSC01887.jpg
 家族がこうして元気でクリスマスの食卓を囲めることに感謝です。
 歴史的にはこのシーズンは冬至のお祝いであり、キリスト教の渡来以前からすでに祝われていたということは一般の方も知るところのようです。クリスチャンでなくても誰もが幸せなクリスマスムードに包まれたい、そして大切な方々を包んであげたい、そんな優しい気持ちになれる時期ではないでしょうか。





DSC01903.jpg
 今回のソースはヨーグルトソースと、ニンニク、タイムなどの風味の利いたハーヴソースで戴きました。
 ご飯が戴きたいというリクエストで玄米ご飯を炊きました。もち米玄米とのミックスですから口当たりも良くて、家では玄米ご飯といえばいつもこのミックスです。






DSC01931.jpg
 こちらはコンサバトリーのボーブルだけのクリスマスツリーです。

 私の生家は僧兵だった平家の落人以来の僧侶の家系でしたから、僧侶だった父は当然ながら、祖母も母も神道を含めた年中行事を大変大切にしておりました。しばしば小豆ご飯が食卓に上り、お饅頭が作られ、それらの日が特別な日であることを知らされました。
 その末裔の私が英国に移住し、クリスマスのお祝いを地域の方々同様に一緒になって、何の違和感もなく楽しんで繰り返すのは、やはり幼少時の年中行事の体験と無関係ではなさそうです。キリスト教も仏教も神道もどうやら私の深い心の奥では一体になっているようです。





DSC01920.jpg
 たった一つの初生りの柚子を木から取り外せなくてずっと付けたまま眺めて楽しんできました。でももう採らなくてはなりません。その前にボーブルのそばで大きさ比べしながら記念撮影です。8cmになっていました。





DSC01911.jpg
 2010年の元旦の窓からの景色です。雲ひとつ無く晴れ渡った静かな朝を迎えました。

 遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
 ご無礼続きの私のブログにおいでくださり、お励まし戴きました皆さまに心からの感謝を申し上げます。
 本当にありがとうございました。
 本年の皆さまの更なるご発展とご多幸をお祈り申し上げます。
 今後ともブログの窓を通してのお付き合いをどうかよろしくお願い致します。



人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
  1. 2010/01/04(月) 06:20:46|
  2. クリスマス
  3. | コメント:18

クリスマスから新年へ

                              29th December 2008



人気ブログランキングへ

DSC00471 x
クリスマスは過ぎましたが、クリスマスデコレーションは25日から数えて‘12夜’はこのまま飾り、片付けは新年の1月6日です。こちらには新年の飾りつけというものも特にありませんので、クリスマスムードは飾り付けとともに新年に持ち越されるという感じでしょうか。

 さて今年もクリスマスツリーを出しました。この中にはもう30年以上も毎年飾られている思い出のデコレーションが、いくつも吊り下げられています。幼いころから親しんできたデコレーションが下げられていなかったら、二人の子供たちもがっかりするのでは・・・それに私自身にとっても子供たちとの過去を思い出す一つのよすがに・・・それで毎年こうして飾り続けているのかもしれません。

 (このツリーを写真に収めた時刻が偶然にも衛星放送によるNHK ニュースの時間と重なったようですね。日本地図がテレビのスクリーンに見えています。日本の天気予報や、東京の道路交通情報が目に入りますと、ここが英国であることを瞬間忘れてしまうほど、距離感をなくしてしまう私なのです。) 




DSC00508 x
 コンサバトリーにはボーブル(Bauble)だけのクリスマスツリーを飾りました。このようなシンプルなツリーも良いものです。




DSC00516 xx
 真っ赤なイチイ(Yow tree)の実を連想させてくれる、 これら赤い小粒電球の照明も気に入っています。





DSC00367 xx
 我が家恒例のクリスマスイヴのお寿司は、今年は地元で求めた材料で握ることになりました。
 お寿司用の食材購入を頼めることを期待していたロンドン在住の身内が、24日に来られないことがわかり、急きょ地元のお魚屋さんにオーダーすることになったのです。
 スズキ、黒鯛、いくらは上質なものが手に入りましたが、マグロなど希望していた何品かは残念ながら入手は困難でした。
 以上の材料に冷凍しておいたサーモン、アボカド、卵焼き、スモークトサーモンなども加え、握ったお寿司は100個余り、それに海老ときゅうりの海苔巻も3本巻きましたから量としては5人には充分過ぎるほどです。
 冷酒の「八海山」をかたむけながらゆっくりと戴いたお寿司は、バラエティーの少なさなど全く気にならないほどで、皆満足してくれたものと思います。




DSC00408 x
 クリスマス当日は一年に一度、七面鳥の丸焼をいただく日です。今年もターキー農場からクリスマス前日に受け取ってきました。二か月前に予約しておいたものです。今年も放し飼いで飼われた Norfork Bronzeという種類のターキーをオーダーしました。 7.5キロの重さがあり、ミディアムサイズと記されてあります。

 朝10時前にオーブンに入れて焼き上がったのは午後の3時半過ぎ、6時間弱かかりました。この写真はオーブンから出したばかりです。このまま30分ほど置いておきます。
 




DSC00424 xx
 一家の主はあらかじめ食べやすい大きさにスライスして温めたお皿に重ねるように載せておきます。
 ターキーを求めますとジブレットというターキーの臓物が付いてきますが、それでストックを作り、そのストックを利用した作ったブレッドソースや、ターキーの焼き汁で作ったグレービーソース、それにクランベリージェリーなどをかけて、ジャガイモや茹で野菜などと一緒に戴きました。

 火の通りを良くするなどの理由で詰め物をしない方も増えていると聞きましたが、我が家は詰め物も大好きなので止めるわけにはいきません。
 詰め物の組み合わせにもいろいろあるようですが、家では材料のほとんどは栗とクッキングアプルです。それにレシピに従って昨年までポークソーセージミートを入れておりましたが、今年からソーセージミートは一切止めて栗やアプルの量を増やし、玉ねぎ、ドライフルーツなどを少々加えフルーツ系に・・・結果は好評だったと思います。それに栗好きの私は今まで以上に詰め物、スタッフィングが好きになりました。





DSC00436 x
 クリスマスプディングに振りかけたブランディーから青白い炎が燃え立ちました。

 ことしのクリスマスディナーは8人で囲みました。北京オリンピックで大活躍なさった総合馬術部門の大岩義明さんも2時間余もドライブして今年もきてくださいました。
 ドーハ・アジア大会の金メダリストで、国際試合でも常に上位の記録を残しておられる義明さんですから、当然オリンピックでもメダルを狙っておられたのでしょう、不本意な結果であられたと御本人から伺いました。でも私どもにとっては、初出場であれだけの結果を残されたということは物凄いことなのです。人馬一体の競技の大変さを、競技に対する何の知識もない私でさえ、この度は改めて認識させられました。
 すでに2005年の時点で、“凄いJapanese whizzが現れた”と、イギリスの馬術界をあっと言わせた義明さん、彼を応援しているイギリス人も多いはずです。次回のロンドン大会は彼にとっては地元も同然、御本人も満足なさる結果が出せることを心から信じて応援しています。




DSC00503 x
 26日のボクシングデーも例年と同じで、サーモンのローストです。体長は65cmほどですから、そのままではオーブンに入りません。尾に近いところで切りわけてローストし、盛りつける時にあわせました。
 今年は白ワインの代わりにお酒を振りかけました。表面のところどころに見える黒いものはアンチョビです。オリーブ油も振りかけました。ローズマリーの枝葉も散らしてローストしますが、お腹にも詰めてあります。
 モルネーソースとハーブソースをかけていただきました。
 

 毎年同じメニューのクリスマス‘三が日’、お洒落で特別な御馳走というわけでもなく、大変家庭的なメニューですが、今年も家族揃って何とか健康で食卓を囲むことができることに感謝です。





DSC00561_edited x
 庭に来る小鳥たちへのクリスマスプレゼントは、新しいナッツ ディスペンサー、餌かごです。
初日は恐る恐るという感じで警戒して近づいてきませんでしたが、二日目辺りから慣れてきました。いま餌をついばんでいるのはゴールドフィンチとブルーティットです。ブルーティットはシジュウカラよりも小型で、尾や頭部までもブルーの大変美しい小鳥です。





DSC00549_edited x
 ロビンはミミズなどを食べるのでナッツ ディスペンサーそのものには来ませんが、この辺りでもよく遊んでいます。



 さて2008年もいよいよ暮れようとしております。
 今年も私のブログにお出でいただきまして本当にありがとうございました。
 皆さまがお健やかに佳い新年をお迎えになられますよう、心からお祈りいたしております。

 ✰人気ブログランキングへ
  1. 2008/12/29(月) 23:03:20|
  2. クリスマス
  3. | コメント:16

クリスマス三が日

                             31 December 2007



人気ブログランキングへ

DSC00198 a

 在仏の身内の來英を機にパソコンを入れ替えました。そのためのセットアップに時間がかかり、記事の送信が滞っておりましたが、遅ればせながら送信させていただきます。

英国でクリスマスを迎える準備は、日本の年末年始に勝るとも劣らない繁忙さだと思います。お世話になった方々や身内への心こもるプレゼント選び、そしてクリスマスカードでのご挨拶は向こう三軒両隣にも及びます。
 クリスチャンではない私どものところにも、クリスマスはやってきました。30年以上も飾り続けているツリーデコレーションは、子供たちの幼かったころを思い出させてくれます。
 身内が持ち寄ったプレゼントもツリーの周りにたくさん並びました。
 我が家にもそれなりにクリスマスの雰囲気が漂っています。

 テレビのスクリーンにはJSTV (日本衛星テレビ)の映像が映っていますね。偶然にも私たちの大好きな竹内陶子アナウンサーです。
 


DSC00187 a

 三が日?の初日はクリスマスイヴです。昨年はおすしの材料の問題で急遽しゃぶしゃぶに変更しましたが、今年は我が家の定番メニューに戻りました。
 この夜は6人で食卓を囲みました。握ったお寿司は120個ほどです。材料は限られていますが、それでも自家製のしめ鯖や、黒鯛、スズキ、スコットランドのサーモン、えび、いくら、アボカドなどです。変わったところでは、南仏からのお土産のフォアグラ寿司でしょうか。



 
DSC00169 a

 このフォアグラは、特別な加工が施されていますから、苦手な方にも戴きやすいのだそうです。おすしに乗せても美味しかったのですが、こんがり焼いたパンとの相性もなかなかのものでした。



DSC00233  a

 クリスマス当日の七面鳥のローストです。今年も農場に注文してオーガニックの七面鳥を求めました。朝から6時間かけてオーブンでローストしました。どこの家庭のキッチンもクリスマス当日は大忙し、常に時間を計りながら手順良く進行させなければなりません。
 焼き上がったお肉を切り分けるのは、一家の主人の仕事です。




DSC00244  a

 クリスマスディナーの目標の時刻を午後4時にしました。わずかに4時をまわりましたが、ほぼ予定通りです。この時節、昼間の時間も最短で、午後4時には薄暗くなりました。
 昨年のドーハ・アジア大会の総合馬術部門個人で、金メダルを獲得された大岩義明青年も、友人を伴って今年も見えてくださいました。
 来年の夏はいよいよ目標とされてきたオリンピックの年です。彼は本当に努力の人で、世界のランキングもすでにトップクラス、必ず良い結果をだされるものと私達は信じています。皆様も応援してくださいね。




DSC00246  a

 これもクリスマスディナーにはなくてはならない伝統的なデザートで、クリスマスプディングといわれるものです。あまりにも甘すぎてちょっと苦手という日本人も多いのですが、伝統食品なので無ければ寂しい思いをしてしまいます。小さなサイズのものにしました。
 二ヶ月ほど前から材料をミックスして用意しておいたものを、当日約二時間半かけて蛍火で蒸します。それにブランディーをかけて火をつけました。青白い炎が燃えてクリスマスムードも頂点に・・・ちょっと大げさですが、何となく儀式めいていて素敵なひと時です。




DSC00269  a

 三が日の三日目は26日でボクシングデーといわれています。クリスマスのご馳走の残りを食べる日でもあるそうですが、家ではサーモンのローストに決めています。
 今年のサーモンのサイズは頭から尾の先まで70cm余ありました。オーブンに収まるサイズに切ってローストしてあります。たっぷりのアンチョビ、白ワイン、オリーブオイルとの絡みもなかなかです。ローズマリーもふりかけてローストしました。
 
 勝手に三が日などと申しましたが、毎年メニューが決まっていますから深く考えることもありませんし、かえって楽だともいえます。それに女性軍に手伝っていただきながらの台所は、いろいろなお話で盛り上がりますので、なかなか楽しいのです。
 クリスマスに比べますと、新年はのんびりと静かに過ごすのが普通ですが、今年は在仏の身内の家族がお正月の三日まで滞在しますので、まだまだ賑わいは続きます。

 
 皆様もどうぞ良い新年をお迎えになられますように念じます。
 なかなか更新できない私のブログに、いつもお出でいただきまして本当に有難うございました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ
 
  1. 2007/12/31(月) 14:16:23|
  2. クリスマス
  3. | コメント:14
次のページ

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。