イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

英国での花祭り

                             10th April 2009



人気ブログランキングへ

DSC00037_edited oo
 4月8日はお釈迦様のお誕生日ですが、ミルトンキーンズの日本山妙法寺では、4月5日の日曜日にセレモニーが行われました。
 この写真はセレモニーに先立ち、3日にお花御堂を生花で飾る御奉仕に参上した時のものです。早朝でまだ人々の気配はありませんが、手前右の日本の桜ソメイヨシノや 左前方の三本のアコレイド(Prunus‘Accolade’)という桜が満開で、丘の上からひとりでお花見を楽しませていただきました。




DSC00044_edited oo
 ソメイヨシノには品格のようなものを感じます。





DSC00070_edited o
 こちらは上の写真の二日後で、4月5日のお花祭り当日の写真です。この広大な土地一帯はミルトンキーンズ市の公園課の管轄ですから、休日には大勢の市民が家族連れで散策やピクニックに繰り出します。





DSC00071_edited oo
 御本堂の中ではセレモニーが営まれている時刻です。
 外ではお花見を楽しんでおられる方々のお姿も見えますね。





DSC00081 o
 大勢の方々が参加されて厳かにセレモニーが執り行われています。




DSC00090 o
 読経が終わりますと、お花御堂の‘たらい’の中に安置されたお誕生仏に、参列者の方々は甘茶を掛けてお誕生日をお祝いします。




DSC00086 o


 

DSC00091 o




DSC00110 o
 参列者全員の甘茶を掛ける儀式が終わりました。ミルトンキーンズ市の市長さんのご挨拶です。首にかけておられるチェーンは、市長さんが公式行事に参列されるときには必ずかけられるもので、チェーン オブ オフィス(Chain of office)と言われています。
 この市長さんは今年の節分の豆まきの時にも、セレモニーに参加され豆まきをなさいました。このお寺とミルトンキーンズ市は30年の長きにわたり大変良い関係を維持されてきているようです。





DSC00121 o
 このお花御堂の生花による飾り付けをさせていただくようになって今年で5年目です。お釈迦様は花園でお生まれになられたそうですから、お誕生仏の周りはカラフルなお花で埋め尽くされます。





DSC00127 o
 初めの3年は一人で致しましたので、朝から始めましても終わるのは夜の11時ごろになりました。オアシスのセットだけでも手間取ってしまいます。その後お花を短く切って、一本一本オアシスにさしていきますが屋根だけでも四面ありますから、想像以上に時間がかかってしまうというわけです。




DSC00129 o
   昨年は生け花の生徒さんである中国人のYinghuaが、そして今年は日本人の郁子さんが一緒にアレンジをしてくださいました。そのためずいぶん手際よくはかどりましたが、それでも夜の9時半ごろまでかかりました。それくらい時間のかかる作業なのですが、御関係の方から大変お喜び戴けますので、疲れも大変快いものになります。




DSC00131 0
 花材も昨年より、依頼されて自分で選ぶようになりました。
 日持ちの良い菊や、ピンクと呼ばれる小型のカーネーション、それにアネモネやフリージャを栽培農家から直接仕入れてまいりますので、極上の新鮮度です。




DSC00118 o
 生け花では、‘場に活ける’という言葉をよく使いますが、その場にふさわしく活けるということは大切なことだと思います。びっしりとお花を敷き詰めたように活け込むお花御堂のお花活け、今年も楽しませていただきました。




DSC00134_edited oo
 セレモニーの後はドリンクや、スナック、ケーキ類、フルーツなどが供されました。お花見をしながら、市長さんも交えてパーティーのような雰囲気になります。
 節分の豆まきの時もそうでしたが、日本人の参列者のお姿が見えなかったことは、やはりさびしさとして心の片隅に残りました。
 信仰とは程遠い暮らしをしている私のような人間にも、いつも変わらぬ笑顔で暖かく接してくださるお上人様や庵主さまに、今は亡き祖父母や父母の温もりを重ねて、安堵する自分を感じます。
 離れた場所からこのお寺を眺めて、故郷を思い涙を流したという日本人もおられたと伺ったことがあります。 お傍まで行かれた方は、時にはどうか玄関の扉を開けてお坊さま方にお声をかけてくださいね。




DSC00138_edited o
 表の賑わいから離れ、お寺の後方に回って写しました。大岡実博士設計のこの本格的な美しい仏閣の存在も、英国在住の日本人にもっと知っていただきたいと心から思います。




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2009/04/10(金) 09:55:25|
  2. 日本山妙法寺
  3. | コメント:12

ピースパゴダ27年祭のお花活け

                     4 July 2007

人気blogランキングへ


20070702075227.jpg
 

 宮大工による本格的な仏閣、日本山妙法寺に関しましては、4月10日、12日の記事にてご紹介させていただきました。このお寺には丘の上に大変立派なお仏舎利塔がありますが、建立されて27年、そのご法要が去る6月の17日に営まれました。このお仏舎利塔のことはこちらではピースパゴダと呼ばれ、ミルトンキーンズ市のシンボル的な存在となり、市民に親しまれています。
 この立派なお仏舎利塔を設計なされたお方は、日本山妙法寺の仏閣を設計なさった大岡実博士であられるとお聞きしました。




20070702075144.jpg


 さて17日のご法要に先立ち、15日にお花活けのご奉仕にお寺に参上いたしました。昨年までは、私のお花の教室の方々で致しましたが、今年はロンドンとケンブリッジの生け花界でご活躍中の友人三人が大変興味を持たれましたので、その方々にお出でいただき、私の教室からはおひとり参加、私を入れて全部で5人で致しました。
 この写真に写っているような華やかで豪華な壺活けを数多く活けていただきました。


 
20070702075109.jpg


ピースパゴダといわれるお仏舎利塔、ご本堂、そのほかの場所も合わせますと大小20程もアレンジ致しましたでしょうか。アレンジのスタイルとしましては、華やかに、カラフルに活けるのがこの日本山妙法寺流です。新鮮な花材がたくさん用意されていて、一日中、思いのままにお花に触れることが出来、みんなとっても幸せな時間を過ごしました。
 終わった後で、半田上人さま、丸田庵主さまもご一緒に記念撮影をしました。お一人は早目に帰途につかれましたのでここに写っていないのが残念です。一葉式のHさん、草月流のKさん、同じく草月流のYさん、そして私(一番年上!)。写真掲載のご了解はいただきました。



 20070702080747.jpg

 
 当日のご法要に戻ります。私が伺いました時は一連の儀式は終り、キリスト教の牧師様のスピーチの途中でした。ミルトンキーンズ市の市長様ご夫妻もお見えで、スピーチもございました。




20070702075542.jpg


 同じ仏教でも宗派の違うお坊様方も見えていますし、教会の牧師さんは勿論、宗教とは関係のない平和運動家も招待されておられます。





20070702075324.jpg


 ぺデスタル風の大きなアレンジメント二つが、形もほとんど崩れることなく、丘の上まで運ばれてきていることに驚きです。お寺からピースパゴダまで400mはありますから、その間を何人かで抱えて持ってこられるのは大変なことだと思います。
 青いりんごの両脇の壺活けも周辺のディスプレーとの色彩のバランスも良く、素敵に活けていただきました。




20070702075615.jpg


 青空の下で映える色を考えてアレンジしたつもりです。アレンジ全体の丈は170cm以上あります。
 三年前にご法要のアレンジを初めてさせていただいた時、祭壇の両脇のお花をこのような英国風のぺデスタルスタイルで試みました。ご関係の方々に喜んでいただき、以来このスタイルです。
 インド製の丈高の壺をぺデスタルとして使い、アレンジのスタイルは英国風、仏教のご法要のお花で、活けるのは日本人(私)。でも不思議なほど,ミスマッチの感じはしないように自分では思います。




20070703082416.jpg


 この方は元ロンドン市議会の議長を勤められたお方だそうです。ロンドンのバタシーパーク(Battersea Park)にもお仏舎利塔がありますが、その建立が認可される時、ロンドン市議会に諮られ決定されたそうなのです。この方とはその時以来のご縁で、今では日本山妙法寺の信者さんであられるとも伺いました。毎年お見えになるそうです。




20070702075829.jpg


 一連のスピーチが終り、ランチの時間になりました。この祭礼に参会しておられる方はどなたでも(無料で)いただくことができます。これらのお食事はすべてボランティアの方々によって用意されました。今年はインド風のお食事で、カレーや、お豆をスパイシーに煮たものなど10種類ほど大量に容易させていました。





 20070702080458.jpg


 これはランチの為の行列です。左奥にテントが見えますね。行列は右手前からあのテントに繋がっているのです。でもこれはまだまだ行列の始まりなのです。このようにランチを振舞うという習慣は英国国内でも他所にはないのでは、と話しておられる方がいました。
 二日前のお花活けの時は、5~600人ほどは見えるでしょうとの予想でしたが、当日は1000人近い人々が見えたそうです。もちろん全員がランチの列に並ばれるわけではないでしょうが、参会者も振舞うランチも年毎に増えてきているそうです。
 このお寺が市や地域住民に広く受け入れられ、愛されているのは、お坊様がたの30年にも及ぶ地域密着の真摯なご努力が実を結んでいるのでしょうね。





20070702075753.jpg


 参集者が芝生の上でランチやドリンク、団欒を楽しんでいるとき、舞台の上ではミュージッシャン達が自慢の喉や腕を披露します。ダンスもあります。何組も見えていて、丘の上のピースパゴダの回りは、アトラクションが夏の日の午後、延々と続きました。楽しいお祭りのような雰囲気です。




20070702075916.jpg


 丘の上から見たお寺、日本山妙法寺のこの日の様子です。


人気blogランキングへ←←こちらをclickしていただきますと ranking のpointになります。お出でいただきましてありがとうございました。
  1. 2007/07/03(火) 21:02:54|
  2. 日本山妙法寺
  3. | コメント:12

続;英国の美しい寺・日本山妙法寺

                                   12 April 2007    

人気blogランキングへ

20070412023714.jpg


 前回に続きますが、日本山妙法寺のお庭をご覧ください。お庭のお手入れは伴田上人さまとイギリス人のご奉仕の方々がなさっておられます。



20070412024027.jpg


 満開の桜の名前は、Prunus Accolade だとうかがいました。




20070412023813.jpg


 前方に見える建物部分は庫裏になっています。



20070412024532.jpg


 後方に回りますと石庭があり、多宝塔が見えます。




 20070412024930.jpg


 多宝塔を右側から写しました。




20070412024613.jpg


“タイハク”と言う桜が咲いていました。




20070412024636.jpg


 ソメイヨシノを芝を背景にして写しました。




20070412024841.jpg


 小高い丘を登れば、湖が一帯にひろがっているのが見えます。8月のヒロシマデーには平和を祈って手作りの灯籠流しが近くの湖であり、すでに地元の風物詩にもなっているようです。





20070412024712.jpg


 前方に見えますのが仏舎利塔です。ピースパゴダの名で市民に親しまれています。丘の上で威風堂々という感じですから、ミルトンキーンズ市のシンボル的な存在だと思います。
 辺り一帯は、市民が自由に散歩をしたり、ピクニックをしたり、野外学習の場に使われたりで、市民の憩いの場所になっています。




人気blogランキングへ★←こちらをクリックしていただきますとポイントになります。お出でいただきまして有難うございます。
  1. 2007/04/12(木) 09:45:33|
  2. 日本山妙法寺
  3. | コメント:8
次のページ

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。