イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

RSPBヘッドクオーター

                                  15 April 2007

人気blogランキングへ




  4月6日でしたから一週間以上も前になりましたが、ベッドフォードシャーにあります、RSPB(Royal Society for the Protection of Birds)の本部を訪ねました。RSPBは“王立愛鳥協会”で、110年以上も前に設立され、会員数は現在、100万人を超える組織です。
 私どもは折にふれてここへまいりますのは、まずこの広大な野鳥のサンクチュアリーでバードウオッチングを楽しむことと、餌を買うという目的があるからです。野鳥の餌なら、ガーデンセンターやペットショップなどでも買えますが、こちらで買えば、収益はすべてRSPBに帰属するからです。
 林の中で老夫婦が、ゆったりとした時間を楽しんでいるように見えます。




20070415085819.jpg


 あの小さな小屋は何だと思われますか。中に入ってみましょう。




20070415085922.jpg


 ここは、バードウオッチングをするための小屋なのです。もちろん会話をする人はいません。シャッターを押すカメラの音が聞こえる程度で、静かな場所なのです。




20070415085901.jpg





20070415090001.jpg


 シジュウカラが水辺にいます。




20070415090038.jpg


餌かごも置かれてあります。




20070415085605.jpg




20070415090112.jpg


わらびが生えているところもあります。まだ生え始めたばかりのようですね。イギリス人はワラビを食べませんから、増える一方です。




20070415090140.jpg


 この場所はわらびだけで他の植物は見えません。この場所はプロテクトされていますから、ワラビであっても手を触れることは致しません。




20070415090217.jpg




20070415090431.jpg


 入り口から一キロほど歩いたところに、本部の建物があります。大変大きくて立派な建物で、中では多くの職員が働いています。イギリス全体でRSPBの職員は1300名余と言われていますが、そのうちどれくらいの方が、この本部の建物で働いているのでしょう。




20070415090527.jpg


 倒れた桜の木の枝に、花が咲いています。根がどこかでつながっていて、水分が必要量、供給されているということでしょうね。



20070415090615.jpg

20070415090655.jpg


ご夫婦連れのようですね。大きなレンズです。本格的に鳥の写真を写されるのでしょうね。




20070415090822.jpg


 この建物は、RSPBのお店です。




20070415090923.jpg


 売り場がいくつかの部屋に分かれていて、この部屋には、主に餌が置かれています。家ではこの大きな袋入りのピーナッツや、ひまわりの種を買います。ゴールドフィンチの為にナイジェラの種を買うこともあります。



20070415091001.jpg


 驚かないでくださいね。これは乾燥させたワームです。家ではまだ買ったことがありません。私は生きたミミズにさわることには何の抵抗もありませんが、乾燥したものはちょっと気分的に苦手です。




20070415090856.jpg


 餌かごなどもあります。書籍類もこの部屋です。




20070415091100.jpg


 他の部屋も覗いて見ました。プレゼント用品もあります。

 この場所は相当広い小鳥たちの保護区ですが、隣接した林を数年前に買い足しましたので、さらにひろくなりました。ここは私どもが住んでいるところとは土のPHが異なり、酸性土壌なのです。そのため、酸性でしか育たないエリカを、新規購入した場所一帯に植える計画をすすめています。自然の生態系を守る為に有効なのだそうです。




人気blogランキングへ★←こちらをクリックしていただきますとポイントになります。お出でいただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/15(日) 10:02:16|
  2. バードウオッチング
  3. | コメント:6

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。