イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

南フランス;森の中のレストラン

                         3 December 2007


人気ブログランキングへ

DSC08254_edited as

 南仏を訪れましたのは四月末のことです。すでに過去のことにはなりましたが、かつてアップした記事に加え、もう少しご覧戴きたい写真もございますのでお付き合いください。

 この辺りは、カンヌのビーチから7キロほど山の手に入り、丘の上のムージャンの森の一角に位置しています。ムージャンの村は、ピカソのような芸術家を始め、ファッション界、芸能界の著名人が多く住んだところとしても知られており、高級レストランも多く、いわば芸術とグルメの村(町)ともいわれている所のようです。

 さて、私どもが訪れたこのレストランにそれらの著名人が立ち寄られるかどうかは、定かではありません。なぜならば、ミッシェランの星付きでもなければ、特に高級レストランというわけでもないからです。
 でも私には、十分に素敵な雰囲気で、お料理も美味しく、印象に残る思い出のレストランになりました。

 ゴッホの絵にも出てくる糸杉は南仏の景色に似合いますね。
 ゲートにはマナーハウスの名前が書かれていますが、名前の両脇には白いクローバーのようなマークが見えます。あれはマナーハウスの傍の湖に咲く蓮の花をデザインしたもののようです。
 右下の白い小さなボードには、クリアではありませんがレストランの名前も見えます。




DSC08270_edited as

 このマナーハウスの敷地は四ヘクタールもあるのだそうです。広大な敷地の中をドライブしてたどり着いたところには、見事に手入れされたお庭が拡がっていました。
 タイム、ローズマリー、セージ、ラベンダーなど多種多様なハーブ類の植栽で覆われた、一面のハーブガーデンです。レストランのシェフはこれら新鮮なハーブを思いのままにお料理に使用することが出来るということですね。
 ハーブガーデンの前方、ちょうど糸杉の辺りから左下に、蓮の池(湖)が見えるはずです。

 建物は19世紀建立だそうで、4月から10月末までは、ホテルとしてもオープンしているとのことです。



DSC08266 as

 お庭から左方に向かっての眺めです。拡がる森が素敵ですね。森の中に白い大きな一軒家が見えますが、どんな方がお住まいなのでしょう。
 近辺にゴルフコースがいくつもあるそうですが、ユアロピアンチャンピオンシップのゴルフコースも、このマナーハウスから数分のところに位置しているそうです。




DSC08286_edited ass

 レストランの中に入りメニューが出されました。レストランの名前は「イル ラゴ」、イタリア語で「みずうみ(湖)」という意味なのだそうです。そうなのです。ここはフレンチレストランではなくて、イタリアンレストランなのです。
 まず前菜のメニューから見てみましょう。最初の方に“tenpura”の文字が見えますが、これは野菜などに衣をつけてフライにしたものをこのように呼ぶそうで、日本語がメニューの中でそのまま使われている例のようです。フランス語の読める身内がいろいろ説明してくださり、全員の註文が決まりました。
 ここは身内の勧めだったのですが、南仏滞在中に一度くらいはイタリアンレストランに行くのもアイディアですね。 




DSC08287_edited as

 おやおや、何だか中華料理店で見慣れているようなスプーンに“お通し”が盛られてきました。全員同じです。



DSC08288_edited as

 “お通し”の第二弾です。



DSC08289 as

 今夜のワインは Coteaux de Bellet という地元のワインです。ニースの北のBelletというところで産出されたという、興味をそそられるワインなのです。価格もリーズナブルで美味しいという身内お勧めのワインでした。
 私どもは大変気に入りましたので、ニースを離れる時にエアポートで何本か買い求めて持ち帰ったほどです。



DSC08290_edited as

 前菜が出てきました。紫の花はチャイブの花にも似ています。




DSC08291_edited as

 ホタテのお料理ですね。




DSC08292_edited as

 私は懐かしくて、たこ(蛸)料理をお願いしました。




DSC08296 as

 ここからはメイン料理です。これは子羊料理のようです。




DSC08297 as

 これは私が戴きましたのに、何のお魚だったか確信がもてませんが、確かヘイク(Hake)だったような、ということは日本語ではメルルーサでしょうか。

 薄紫色のグラスは、ローカルのビオットというガラス工芸で有名な村で作られたものだそうです。普通のグラス類に較べ分厚くて、少々のアクシデントでは壊れないような丈夫さも魅力です。それに泡粒のようなものが含まれているのもむしろ味わいがあって素敵だとおもいました。



DSC08282_edited as

 傍らに置かれたフラワーアレンジメントにどうしても目が行きます。デザインがフランス的でとっても素敵です。



DSC08308 as

 さて、デザートタイムになりました。
 スターフルーツとストローベリートマトが見えています。



DSC08309 as

  星の形をしたのはスターフルーツです。そのままを薄く輪切りにしますと黄色くて星の形に見え、デザートやフルーツサラダのデコレーションに効果的ですね。イギリスでもスーパーでは良く見かけますが、まだ求めたことはありません。 




DSC08310 as

 左側のものはスッフレに見えますが何のスッフレでしょうか。小さな形のデザートが二種類ずつ出てくるのは楽しいですね。




DSC08311 as

 左側のデザートにほうずきを包む袋状のものが反り返って見えますが、このフルーツは一見ほうずきに見え、実は黄色いプチトマト状の形をしており、イギリスではストローベリートマトと呼ばれます。

 さてこの後、エスプレッソを戴いてこの夜のディナーはお開きです。南仏に来てから食後のコーヒーは必ずエスプレッソになりました。コーヒーやティーにはお砂糖を入れたことがない私ですが、このエスプレッソにだけはブラウンシュガーをスプーンいっぱい加えるのが好みです。


 終わった後で私のシンプルな疑問です。戴いたお料理は何処がイタリア的だったの?フレンチ料理と何処が違うのかしら?
 身内の答えは、かなりフランス風にアレンジされてはいましたが、シェフがイタリア人なので、ソースや素材の扱い方がやはりイタリア的、例えばフランス風ならソースがもっとこってりかかっている料理が多いですよ、とのことでした。

 お料理のクオリティーに較べ、金額がそれ程高額でないのも、イタリアンレストランだからなのだそうです。南仏でクオリティーの良いイタリアンレストランに行くことの意味を、教えられたような気がしました。

 カンヌの海もいいけれど、私はやはり奥座敷的な森の中が好き、いつかこのホテルに泊まって、再びフランス風イタリア料理を戴きたいなどと思ったことでした。


人気ブログランキングへ★←こちらをクリックして戴きますとランキングのポイントになります。お出で戴きましてありがとうございました。
 
スポンサーサイト
  1. 2007/12/03(月) 05:43:26|
  2. 旅先にて
  3. | コメント:6

南仏:地中海マグロでお寿司

                                  4 June 2007


人気blogランキングへ


20070603222249.jpg


 旅に出る前から、新鮮な地中海の黒マグロ(本マグロ)でお寿司を握りたいという希望がありました。念願叶い、カンヌの市場に買出しに出たところです。マグロは鋸で輪切りにされたものを求めることになりますので、その輪切りにしていただく部位がちょうど美味しそうな部位に当たればラッキーです。
 この見覚えのあるお姉さんのマグロはどうやら良い部位に当たりそうでしたので、ここで買うことに決めました。前回訪れた時、写真を撮らせていただいたお店です。
 どれくらい?と聞かれましたので、切る場所を指でポイントしましたら、約1.5キロほどありました。5人分にしてはちょっと買いすぎでしたね。値段は忘れましたが、日本円で4500円弱くらいかしらって思った記憶はあります。
 




20070603222356.jpg


 ホテルのバルコニーのテーブルに並べました。黒鯛,アジ、コウイカ、サバなど次々と買い求めていくうちに、5人ではこれ以上とても食べきれないということで、打ち止めがかかりました。他にも試したいものがたくさんありましたのに、この日は黒マグロがメインということで、これだけであきらめることになりました。




20070603222509.jpg


 バルコニーから外を眺めますと、眼下にはこんな光景がみられます。身内の住まいの近くにホテルを取りましたので、カンヌ市街からは歩かれない距離ではありませんが、やや離れております。




20070603222558.jpg


 バルコニーからカンヌ方面に向かって写しました。身内のアパートメントからもちょうどこのホテルと同じような景色がみえます。バルコニーで海を眺めながら、お食事を戴くのもなかなか良いものです。




20070603222731.jpg


 包丁はちょっと切れ味に問題はありましたが、私どもの好みは厚めのスライス、何とかお寿司のネタ風にスライス出来ました。
 サバは時間が十分ではありませんでしたが、急いで、しめ鯖にしました。調味料はあらかじめ求めてありましたし、炊飯器や必要な食器類は身内が整えてくれましたので、困ることは一切ありませんでした。





20070603222819.jpg


他の魚は、三枚におろすことから始めましたが、それもまた楽しいプロセスです。コウイカもさすがにクオリティーは抜群で、お味も期待通りでした。




20070604094552.jpg


 トロやチュウトロの部分も量は十分にあり、赤身を使わなくても間に合うほどです。黒マグロは赤身が美味しいとも聞きましたので、赤身を戴くのも楽しみでした。




20070603222917.jpg


 初めは私一人で握っておりましたが、途中から飛び入りで体験希望者が現れ、結局は全員で握ることに・・・。大きいのあり、小さいのあり・・・とっても楽しいひと時となりました。案外みんな待ちきれなかったのかもしれませんね。
 テーブルクロスもなく、マットもなく、飾り気無しのテーブルセッティングですが、お味のほうは新鮮なお魚のお陰と、みんなの心が握りこめられていたことで、飛び切り美味しいお寿司になりました。
 マグロの1.5キロはやはり多すぎて、戴き切ることはできませんでしたが。
 ロゼワインはお寿司との相性もまた、いいですね。
 お寿司の上に、無造作に散らされているグリーンは、庭から持参した山椒の葉です。



 20070603223039.jpg


 さてこれら美しいケーキは身内がデザート用に持ってきてくれました。La Boutique de l'Casis という、何でもミシュラン二つ星のレストラン製のケーキなのだそうです。
 ぜひ特別な美味しさを味わってほしいからという、私どもへの心遣いなのです。見るだけでもアートを感じさせる繊細さで、幸せな気分になりました。




20070603223138.jpg


 らせん状のチョコレートのあしらいがエレガントですね。



20070603223316.jpg


 選りすぐりのフルーツの種類もたくさんです。



20070603223230.jpg


 これはマカロンですね。これはイギリスへのお持ち帰りように買ってきてくれました。エズ村のレストランで初めて戴いて、すっかり大好きになってしまったスイートです。このお店のは、マカロンも飛び切り美味しいのだそうです。
 (これは帰英してから戴きましたが、やはり特別な味わいでした。時々思い出してしまう美味しさです)

 というわけで、身内を招待してのお寿司パーティーは、大成功でした。それにしても黒マグロをノコギリで挽いて売る光景は強烈な印象です。次回はあの輪切りを冷蔵してイギリスまで持ち帰ろうかしら。



 ★人気blogランキングへ←←こちらをクリックしていただきますとポイントになります。お出でいただきましてありがとうございました。

  1. 2007/06/04(月) 11:03:23|
  2. 旅先にて
  3. | コメント:10

南仏;(続)モナコ公国を訪ねて

                                   29 May 2007    


人気blogランキングへ




グラン・カジノの裏手に回りました。沖に豪華客船が停泊しています。   




20070527215233.jpg


 モナコ港が手前に、そして大公宮殿の建つモナコの旧市街があの丘の上にあります。




20070527215157.jpg


 同じ位置から左方向を写しました。晴れていますのに、かすかにもやがかったようなお天気です。鯉の泳ぐ日本庭園は、ここからビーチ沿いに歩いて10分ほどのところだそうです。





20070527215450.jpg


 朱色の花の咲く木は何でしょうか。種類のわからない植物にたくさん出会いました。




20070527215605.jpg


近づいて見ました。地中海の青い空や、青い海の色にこのオレンジの花は似合いそうです。




20070527215819.jpg


これはどこかで見たような気もするのですが、名前がわかりません。上のオレンジ色とこのスカイブルーのコントラストは、地中海的ですね。





20070527215706.jpg


 ピンク花はブーゲンビリアで、深い切れ込みのある葉モノはモンステラです。英国ではいずれも冬は室内か温室に取り込みます。モナコではモンステラもこんなに見事な巨大サイズに成長するのですね。




20070527225443.jpg


 さてグラン・カジノの脇にある、カフェ・ド・パリに戻ってきました。正面の建物はオテル・ド・パリで、左側に少し見えている建物がグラン・カジノです。
 ここでドリンクをいただきながら身内の迎えを待ちました。
 あ、マスタードカラーの車が見えましたね(正式にはペルセポリスイエローというのだそうですが)。これから彼のドライブでカンヌに戻ります。




20070530012309.jpg


ここからの画像はすべて走る車の中からの撮影です。そのため、曲がっていたり、ボケていたり、ポイントから外れていたりしますが、ご容赦ください。
 赤と白二色の旗が至る所にはためいていますが、あれはモナコ公国の国旗だそうです。




20070530011417.jpg

 



20070527225646.jpg


 上の二枚は街中の光景です。




20070530011556.jpg




 
20070530011828.jpg


 上の二枚は、アパートメントのようですね。バルコニーが素敵です。




20070527225749.jpg


モナコでのF1グランプリは、5月24日から5月27日まで開催されましたが、これはグランプリに向けての、コース設営に関わる一部の模様です。ちょうど一ヶ月前です。




20070527225843.jpg


 モナコF1グランプリは、皆さまもご存知のように常設のサーキットではなく、普段は一般道路として使われている市街コースですから、レースに向けての設営は大変な作業でしょうね。




20070530011924.jpg


 港に停泊している豪華ヨットには、ここでも旗の一部にイギリスのユニオンジャックが見えます。イギリスの桁外れのミリオンエアーの方々が、ここにもホリデーハウスを構えているのでしょうね。




20070530013837.jpg


 短い滞在時間でしたから、宮殿のある旧市街を散策する時間は無かったのですが、それでも車で大公宮殿前をさっと走り抜けるチャンスはありました。
 この写真は宮殿のすぐ近くで、右端の建物がモナコ大聖堂です。
宮殿に向かって写した写真は、焦点がずれておりましたのでここに載せられないのが残念です。周りには人気も無く、お巡りさんが何人も見張っていましたので、車を止めて写すことをためらいました。





20070530013729.jpg


 これはモナコ大聖堂の建物の一部です。中にはモナコ歴代君主の墓所があります。1956年に、人気絶頂だったハリウッド女優から王妃となり、1982年に自動車事故で死を迎えたグレース王妃も、この大聖堂の中に眠っているそうです。
 墓碑銘はGratia Patricia、王妃の本名だそうです。

 次回は自宅の庭に戻ります。


人気blogランキングへ←←こちらをクリックしていただきますとポイントになります。お出でいただきましてありがとうございました。
  1. 2007/05/30(水) 04:56:14|
  2. 旅先にて
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。