イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日英修交150周年

                                  16th January 2009



人気ブログランキングへ

 日本と英国の間に通商条約が締結されましたのは、1858年8月ということですから、2008年で150周年を迎えたことになります。この記念の年をお祝いし、英国全土では2009年12月末まで各種各様のイヴェントが開催されました。その数は451にも上ったと伺っております。
 150年の両国の関係は歴史書を紐解けば明らかなように、決して平和な時代ばかりが存続してきたわけではありません。
 この大きな節目の年に当たり、今後の日英両国の、そしてもちろん諸外国との関係も含め、揺ぎ無い友好と永遠の平和を、私も心から祈念したいと思います。






B0003716.jpg
 私たちの生け花のグループ展も、記念の公式イヴェントとして公認していただきますよう、在英大使館を中核とする組織体(在英日本商工会議所、日本クラブ、THE JAPAN SOCIETY、Mitsubishi Corporation) に認可の申請を致し、公認していただくことが叶いました。
 組織の新しいスタートの年が、奇しくも日英友好150年の年に重なり、小規模な生け花展ながら、‘華々しく’デヴューさせていただきましたことに感謝し、メンバー全員で喜びを共にしました。

 英国のフラワーアレンジメントではチャペルを会場にするのは普通のことですが、さて生け花という単純化された美の形が会場の華やかなステンドグラスとどのような対比を見せますやら、多少の不安も抱えながら当日を迎えました。
 ステンドグラスを通して差し込む太陽光が、会場の展示作品をライトアップするかのように照らし出し、神々しいような光景を目の当りにした時、不安は杞憂であったことを瞬時にして悟ったのです。来訪者の評判も上々で、この素敵なチャペルとのご縁にも深く感謝致しました。

 さらにこのようなイヴェントは数人の努力だけで良い結果に結びつけることは出来ません。コミティーメンバーや組織に所属する会員の方々みんなで協力して、この日を迎えられたことにも大きな感謝です。





DSC01123.jpg
 ジャパニーズ トラディッショナル フラワー アレンジメントを見るために、大勢の方が会場に見えてくださいました。




DSC01342(1).jpg
 このイヴェントの主目的は、生け花の紹介であり生け花を通しての文化交流にあります。それを三つのカテゴリーでいたしました。まずは作品の展示です。次に作品の仕上がるプロセスを見ていただくためのデモンストレーション、そしてこの生け花体験です。この体験コーナーは終日、常に順番待ちの方がおられるほどの盛況振りでした。





DSC01317(1).jpg
 指導には、私たちの組織の指導資格を持つメンバーが当たりました。休む間もないほど次々と体験希望者が見えて嬉しい悲鳴です。みんな一生懸命です。






DSC01359(2).jpg
 この11歳の男の子も念願の体験が叶いました。この会場に到着するまでの道中、本当に子供でも体験させていただけるのかな~と母親に問いかけながら来られたそうなのです。初めての作品が完成しました。


 

 

DSC01181_edited(1).jpg
 イヴェント コーディネーターの方から、私はこの広い素敵な場所を提供していただきました。前日の深夜に及ぶまで連絡に次ぐ連絡、とても自分の作品どころではありませんでしたが、何とか与えていただいた場所を埋めることができたかと思っております。春を迎える歓びのようなものが、いくらかでも表現できましたでしょうか。

 モンタナと言うクレマチスのツル、南天、椿、松の4種は庭からの調達です。季節は2009年の早春でしたから、庭には展示にふさわしいお花はほとんどありません。レンギョウや桃の花、ユリなどをお花屋さんから求めました。流木(ドリフトウッド)は一昔前に購入したものですが、レッドウッド(Redwood)でカナダからの輸入品だと業者の方からは伺っております。






DSC00173.jpg
 昨年の11月末に、この一連の大プロジェクトが、成功裏に終了することをお祝いするレセプションが開かれ、各参加団体もご招待を受けました。
 この写真は離れたところから、小さなカメラでご迷惑にならないように写したつもりです。駐英大使様をはじめ、王族の方、JAPAN-UK 150関連のご要職にあられる方々がスピーチをなさいました。

 



DSC00155.jpg
 この会場は大英博物館のThe Great Courtというホールです。荘重な雰囲気で、私には場違いな印象を受けておりましたが、思いがけず、存じ上げている方々が何人も参列しておられ、みるみる肩の緊張が抜けてリラックスムードに変わりました。その後は楽しいおしゃべりに興じましたことは申すまでもありません。





DSC00193.jpg
 会場では和太鼓や筝の演奏もありました。

 この写真ではパーカッショニストの方々の映像がはっきりしませんが、これは打楽器演奏時の体の動きと振動のためで、写真には一切手を加えてはおりません。これだけのバイブレーションを体全体で受け止める和太鼓は、本当に大変な打楽器なのでしょうね。演奏と同時に五臓六腑のエクササイズも出来ますし、健康にも大変よろしいのではないかと想像されます。

  このパーカッショニスト、ヒロタジョージ氏(中央)は、70年代から英国を中心に活躍しておられ、ヨーロッパに於ける和太鼓の草分け的な演奏家だと伺っております。その彼の、本当に見事な熟練の撥裁きに再度お目にかかれ、大変感激いたしました。
 




DSC02010.jpg
 最近の庭の小鳥たちの様子です。このひまわりのむき身には、やはりゴールドフィンチの数が一番多いようです。





DSC01960.jpg
 右側の小鳥はグリーンフィンチです。





DSC01971.jpg 
 チャフィンチ(Chaffinch)も愛らしい野鳥です。
 隈取り化粧を施したようなゴールドフィンチの表情にも、愛嬌がありますね。





DSC02023.jpg



 

DSC02016.jpg
 このファットボール(ナッツ類と油脂を固めたもの)にやって来るのは、ブルーティット(Blue tit)です。体長は12センチほどでシジュウカラよりも小さ目です。頭部、羽、尾はブルーで美しく、動きもアクロバット的、見ていて飽きません。この鳥は日本には棲息していないようですね。





DSC01986.jpg
 今年は三十数年ぶりの寒波とやらで、雪の降る日や、雪で地面が凍りついた日が長く続きました。野鳥達にとっては受難の冬で、食べ物を探すことが出来ないばかりか、相当数が凍死するのではないかと心配されます。人間に出来ることは、まずは出来るだけたくさんの餌を庭に撒いたり餌かごに補ってあげることでしょうか。
 水も凍り付いて飲めないので、家では定期的にお湯を容器に入れて与えています。すぐに冷めるのですけれど、凍るまでの時間が長引くことを期待しているのです。





DSC01953.jpg
 ロビンはいつも可愛いです。小虫を食べるのですが、パンも食べられるのでラッキーでしたね。





DSC01996.jpg
 ブラックバードは凍った地面から、好物のミミズを掘り出すのは大変だと思います。でも木の実も好物ですし、りんごなどのフルーツ類も食べますから、しばらく寒さが続きましても、人家の周辺で過ごす限りは大丈夫でしょう。





DSC02038.jpg
 コークスクリューヘーゼルに止まっているのは、ダンノック(Dunnock)です。別名ヘッジスパロー(Hedge sparrow)とも言われるほどですからすずめにそっくりです。
 こちらは主として小虫をたべるそうですから、この寒さで虫たちの数が激減すれば問題ですね。





DSC02042.jpg
 幾分臆病な小鳥だと考えられているようですが、色合いも地味であまり目立ちません。物陰に隠れるようにしてちょっと控えめに行動するような性質が、私はなぜか気に入っています。





DSC02049.jpg
 100メートルほど先のお向かいの洋梨の木にとまっている二羽の渡り鳥を見つけました。英国が寒くなり始める10月頃、スカンジナビア辺りからやってくるのだそうです。レッドウイング(Redwing)と言う名前で、羽を広げて飛んでいるときに羽の内側が赤く色付いているのを確かめることが出来ます。大きさはブラックバードよりやや小さめですが、それでも体長は21センチと記されております。
 民家にやってくるのは珍しいそうで、普段は広々とした野原で過ごしているようですが、このところの雪の影響で餌を求めて人家近くに飛来したのでしょう。
 日本語名はワキアカツグミだそうです。





DSC02052.jpg
 私がこのフィールドフェア(Fieldfare)の来訪を初めて受けたのは昨年の2月初めでした。そのときは自宅の庭でしたから、至近距離で写真に収めることが出来ましたが、今年は、上記のレッドウイングと同じでお向かいのお庭です。
 この鳥もスカンジナビアから飛来した渡り鳥で、普段は果樹園とか農場あたりで過ごすようです。日本語名はノハラツグミだそうです。

 数日前のTVのローカルニュースにありましたが、今年のこれらフィールドフェアの数は、かつて例を見ないほど多いのだそうです。特にクリスマス前から一挙に数が増えましたそうで、原因は北極圏から流れ込んだ大寒波の影響で、欧州北部から大多数が英国に渡ってきたのではないかと、解説しておられました。体長は25センチとあります。






DSC02056.jpg
 こちらは体長23センチ程のソングスラッシュ(Song thrush)で、ブラックバードとほぼ同じサイズか、あるいはわずかに小振りかもしれません。ソングスラッシュと言われるほどですから、さえずりの美しさは誰もが認めるところだと思います。日本語ではウタツグミと訳されているようですね。
 昨年はカーポートの壁に沿わせた藤の茂みに、二度も巣を作って雛が育ちました。そのため、我が家の庭を‘実家’とするソングスラッシュ達の姿が、家の周辺で日常的に見られるのは嬉しいことです。

 15日、気温もやや緩み周辺の雪もやっと融けました。気温は現在4度だそうです。 





人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
  1. 2010/01/16(土) 09:51:12|
  2. 生け花
  3. | コメント:23

“祝50周年”I.I.ロンドン支部新年会

                                23 January 2008


人気ブログランキングへ

DSC00544 aaa

 イケバナインターナショナルロンドン支部は今月半ばに、支部創設50周年をお祝いする新年会を催しました。
 第二次世界大戦終結からまだほんの12~3年しか経っていない頃、かつて戦った相手国、日本の文化である生け花の支部がこのロンドンで発足したことになります。ヨーロッパに於ける最初の支部として誕生し、しかも半世紀に亘って継続されてきたということは大変に意義深いことだと思います。
 メンバー構成はほとんどがノンジャパニーズなのですが、この数年日本人の姿もちらほらと見えるようになりました。
 新年会は例年、会員の方々が大変楽しみにしておられるイヴェントの一つです。それも今年は大きな節目のおめでたい年ですから出し物も盛りだくさんで、まずは和太鼓の演奏で賑々しい幕開けとなりました。




DSC00533 aaa
 女性の和太鼓奏者もいますね。威勢が良くて素敵です。私などそばに立って聞いているだけで震動が五臓六腑にまで伝わり、まるで体内がエクササイズしているような良い気分になるほどですから、奏者にとっては体全体で受け止めるバイブレーションが壮快でしょうね。



DSC00534 as

 このパーカッショニスト、広田丈自(ヒロタジョージ)氏は、70年代から演奏家としての活動のみならず、TVや舞台、フィルムなどの音楽制作、音楽監督として英国を拠点にヨーロッパ、アメリカ、カナダ、メキシコ、香港など、世界を巡演して活躍しておられるお方なのです。携わったお仕事での受賞歴も数多く、この日も熟練の見事な桴さばきをご披露いただき参会者を興奮の渦に巻き込みました。
 今でこそ和太鼓は在英のグループもいくつかあり、私が住むこの田舎都市でもポスターが時々見られるほどになってきましたが、このヒロタジョージ氏こそ、和太鼓演奏に於いて草分け的な存在であられたのですね。




DSC00480 aaa

 お寿司屋さんの屋台もセットされました。見ているだけで嬉しくなってしまいますね。パーティーのムード作り満点です。この日の参加者は100人を少し上回ったようですから、このお寿司シェフはいったい何個握られたのでしょう。
 他に五目チラシ寿司や、稲荷ずし、ポテトサラダ、豆きんとんなども用意されていました。何かと豊富にご用意いただき、和食の好きな参会者の味覚を満足させてくださったのです。





DSC00506_edited sss

 さて昨年の新年会での”着物の着付けショー”(ブログ)をご記憶の方もおいででしょうか。あの時鮮やかな手さばきで私たちの目をくぎ付けにしたRie Yanagisawaさんが、今回はお琴、お三味線で再び見事なタレントぶりをご披露くださったのです。一芸に秀でた方は二芸にも三芸にも秀でるということの見本のようなお方です。
 これは「春の海」を演奏しておられる時ですが、筝と、尺八ではなくてフルートによる二重奏をお聞かせくださいました。ゆったりとしたのどかな海辺の光景が快く脳裏に広がっていくような、そんな気分にさせられる素晴らしい演奏でした。
 フルート奏者のお名前を伺いませんでしたが、日本で三年間、尺八をご修業なされたのだそうです。この演奏の後で‘江差追分’を尺八で独奏されました。




DSC00503 aaa

 Yanagisawaさんのお唄に合わせてしっとりと「春雨」を舞います。美しいですね。お名前を伺わなかったのが悔やまれます。




DSC00501 aaa

 イギリスで日本舞踊をこんなに身近で拝見できるなんて感激してしまいます。でも日本で最後に日舞を見たのは10年前に京都で、しかも舞台の上でしたから、こんなチャンスに恵まれるのも外国ならではなのかもしれませんね。




DSC00499 aaa

 後ろ姿も何てあでやかなんでしょう。
 ところでカメラを向けてから気付いたのですが、左端のポットとテーブルの位置はちょっと残念でしたねェ。




DSC00498 aaa

 お衣装を替えて何曲も優雅な舞姿をご披露くださいました。
 今年の50周年を祝う新年会は、皆さんの記憶に中にいつまでも残ることと思います。





DSC00504 aaa

 今年もジュリア クレメントさんのお姿をお目にかけられることを、大変うれしく思います(前列右からお二人目の方)。
 この方は、このイケバナインターナショナルロンドン支部の設立メンバーのお一人であられますから、今日の50周年をきっと感慨深く受け止めておいでのことと思われます。
 50年前と言えばクレメントさんはフラワーアレンジメント界では第一人者で、世界中に出かけてデモンストレーションなどをされ、英国風のアレンジメントを大変ポピュラーなものにされました。エリザベス女王さまから叙勲(OBE)されたのもそれらのことが評価されたからだそうです。
 何十冊も出版されたご著書の中に出てくる写真には、生け花的なデザインも数多く見られ、当時から生け花を高く評価しておられたことが歴然です。それゆえに設立メンバーとして生け花のロンドン支部を立ち上げ、ご高齢になられてもこの会場にお運びいただけるのだと思います。




DSC00485 aa

 お美しい方はお年を召しても尚、美しいのですね。御髪の豊さにも驚きです。 
 5月には102歳のお誕生日をお迎えです。この日もタクシーでおひとりで会場に見えました。お帰りもタクシーです。おみ足が以前よりもお弱りになられたようで今回はどなたかがタクシーに乗り込むまで付き添われましたが、おひとりで行動なさる所がご立派だと思います。今でも執筆活動をされ、取材にも応じるご生活のようです。

 (今回は薔薇園の写真の予定でしたが、新年会で写真を写しましたのでそれらを先にアップロードすることになりました。デイヴィッド オースティンの薔薇園は次回にご覧いただきます。)


人気ブログランキングへ✰←←こちらをクリックしていただきますとランキングのポイントになります。おいでいただきましてありがとうございました。
 
  1. 2008/01/23(水) 02:45:42|
  2. 生け花
  3. | コメント:6

マナーハウスに生け花

  28 July 2007

人気blogランキングへ


20070727092714.jpg

 
 この建物はワデスドンマナー(Waddesdon Manor)で、1874年から1889年にかけて ロスチャイルド(Baron Ferdinand de Rothschild) によって建てられました。設計者はフランス人で、デザインもフランスのルネッサンス様式の建築です。
 1957年、当時の当主、Mr James de Rothschild の死去に伴いナショナル トラストに遺贈されました。今年はちょうど50年目に当たります。
 この写真は今年の5月初旬のものですが、建物の後方から写しました。
 



20070727092822.jpg


 ナショナルトラストの管理するマナーハウスは英国国内に数多くありますが、このワデスドンマナーは、建物はいうまでもなく、ヴィクトリアスタイルのランドスケープガーデン、アートのコレクション、家具、陶器、ありとあらゆる点で、おそらくトップクラスのマナーハウスであることは、多くの人々の認めるところのようです。





20070727092904.jpg


 これは前方から写しました。左にテントが見えますが、レストランやティールームの入り口になっています。
 この建物の一部には、かの有名なロスチャイルド家のワインセラーがあり、19世紀以降の膨大な数のロスチャイルドワインが貯蔵されているのだそうです。
 ロスチャイルド家はフランスに良質のぶどう園を持っており、そこで製造されるワインは、大変クオリティーが良いのだそうです。私どももここを訪れます度に、ワインショップで廉価なワインを何本か求めて参りますが、お味にはいつも満足致します。
 このレストランでは折々にワインテイスティングなども催されているようですが、それなりのお値段だと聞きました。納得です。




20070727093010.jpg


 さてここは、結婚式などが行われる時に使われる建物です。
 五月初めでしたが、私は友人の紹介でこの凄い場所に、結婚式のテーブルアレンジをさせていただくことになりました。
 なんと花嫁さん(英国人)の希望は生け花風なのです。テーブルは洋風の円卓ですから、テーブルの中央に置いてどの角度からも正面に見えるように生けなくてはなりません。お花の数は少なく、シンプルにとの註文も有りました。
 今まで例がなく、どうしたものか何日も考え込んでしまいましたが、かなり引っ込み思案の私も今回はイエス!のお返事を致しました。
 デザインなどの大まかなアイディアは事前に示して了解を得ました。
 そしていよいよ当日がやってきたのです。



 
20070727093102.jpg


 教会で式を挙げない若者が増えているようです。ここも宗教とは無関係で、花嫁さんと花婿さんは参列者の前で結婚の誓いをし、婚姻届にサインをするのだそうです。
 正面に見える二客の椅子が花嫁花婿のかける椅子です。この雰囲気、とても洗練されたシンプルさで、どんな装飾も及ばない感じですね。椅子にはロスチャイルドの「R」のマークがくっきりと見えます。
 ちなみにこの式場はロスチャイルドの直営で、ナショナルトラストの管轄ではありません。




20070727093129.jpg


 左側の池に向かって突き出た場所は、合唱隊の並ぶ場所です。
 フジの花や周辺の新緑が大変綺麗でした。野鳥が池面を泳ぎ、五月の爽やかな風が辺りを包み素晴らしい結婚式日和です。




20070727093252.jpg


 この場所が祭壇と言うことになります。
 ここに置かれた一対のアレンジは、他の生け花とは異なり、オアシスにアレンジしてあります。式が終わった後でパーティーの会場に移動させたいというご希望がありましたので、移動するときに剣山に挿したものでは形が崩れますし、それに式の途中で活けたものが風で倒れたりしては大変なことになります。
 しっかりとオアシスにアレンジし、パーティーが終わったあとは、このまま器ごとお持ち帰りいただこうと考えました。



 
20070727093347.jpg

 
 これら一対のお花は、花嫁さんの手に持つブーケに使われた材料を使ってアレンジしてあります。胡蝶蘭とトクサがメインです。状態の良い胡蝶蘭を手に入れるために随分神経を使いました。




20070727093418.jpg


 一対のアレンジを除いて残りの八杯は、すべて異なる花器に異なるデザインで活けました。このアイディアは大歓迎されました。
 この写真は家で予備活けをした時の写真です。二つの色違いの花器を使いました。二つで一つの作品になっております。




20070727093446.jpg

 
 これは同じ作品を反対側から見たものです。白い花器が後ろになり黒い花器が手前に来ていますね。どのお席からも、それなりに見応えのある活け方にしたつもりです。




<20070727093541.jpg


 このテーブルは花嫁さんのお掛けになるテーブルですから、胡蝶蘭とトクサが使われています。

 以下、当日のテーブル花です。




20070727093803.jpg


 これもブルーと白の二つの花器を使いました。




20070727093840.jpg




20070727094004.jpg


 ブラウンと白の二色の花器に活けてあります。




20070728073010.jpg




20070727094052.jpg




20070727094140.jpg


 お花の色は白がご希望でしたが、一杯だけこのバーガンディーの赤を使うことにしました。花嫁さんのドレスが赤だったからです。もちろん事前の打ち合わせで、このアイディアはご賛同いただいておりました。

 このお話をご紹介してくださった友人も当日駆けつけてくださり、何かとお手伝いくださいました。この友人のお陰でこのような素敵な経験をさせていただけたと心から感謝しています。



人気blogランキングへ★←こちらをクリックして戴きますとランキングのポイントになります。お出でいただきましてありがとうございました。

 
  1. 2007/07/28(土) 07:43:27|
  2. 生け花
  3. | コメント:16
次のページ

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。