イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チッピング・カムデンを訪ねて


                            22nd September 2009



人気ブログランキングへ

 コッツウォルズ地方に今春転居された友人から、一泊のご招待を受けました。先週末のことです。
 その日はお天気にも恵まれましたので、友人宅を訪れる道すがら、まだ一度も訪れたことの無いチッピング・カムデンというヴィレッジで途中停車して、散策を楽しむことになりました。今回はその村の情景をお目にかけます。




 DSC00214_edited a
 イギリス、田園風景と言えば、その筆頭に思い浮かべる場所は、多くの方々にとって、このコッツウォルズ地方のイメージかもしれません。母親の優しいボディーラインのように、緩やかに波打つ、まさに‘母なる大地’をアップダウンしながら、車は点在するいにしえ(古)さながらのヴィレッジを幾つも抜けて走ります。




DSC00221_edited a
 丘陵地一面に広がる農作物、草を食む羊たちの群れ、放牧された牛や馬、そして土地の境界線代わりに植えられた大小の木々の緑は、風景に緑のアクセントを添えています。
 時間はゆったりと流れているような、まるで田園の理想郷とも言える光景が延々と続いていきます。





DSC00303_edited a
 英国にはこのコッツウォルズに匹敵するような田園風景は、実は至る所に拡がっていると申し上げても過言ではないほど、本当にどこのカントリーサイドも美しいのですが、コッツウォルズのコッツウォルズたる所以はコッツウォルズ ストーンと呼ばれる石灰岩の産地であることにあると言われているようです。
 そのためこの地方の家々のほとんどは、これら地元産の蜂蜜色の石灰岩によって造られており、それらは周辺の風景に穏やかに融けあって、この地方独特の風景美を醸していると言えましょう。
 この家も石灰岩の石づくりで、屋根は茅葺です。





DSC00291_edited a
 ファームハウスの入り口に、キノコ型のオーナメントが見えます。写真に写そうとして近づきましたら、ゲートがギッギギーと音を立てて自動的に開きました。
 あの石造りキノコ達は田舎道では時々見かけますが、アンティークショップで売られていることもあります。




DSC00301_edited a
 チッピング・カムデンの村の入り口辺りの景色です。





DSC00297_edited a
 重厚な雰囲気があって、家としての存在感も抜群ですね。もう紅葉が始まっています。





DSC00275_edited a
 交差点に面したお家の端正な刈り込みに目を奪われました。





DSC00274_edited a
 同じお宅を左方向から写しました。





DSC00290_edited a
 このお宅の中央部分の藁葺き部分はまだ新しく見えますが、あの部分だけは近年の葺き替えだと思います。




DSC00287_edited a
 刈り込みも芸が細かくてアートを感じます。




DSC00286_edited a
 お向かいのお宅も藁葺き屋根です。一帯には景観を妨げるものは何一つ無く、思わず息を呑む美しい情景です。




DSC00283_edited a




DSC00276_edited a
 このお宅も数百年前からここにあって、何十組の世代が住み替わったことでしょう。蜂蜜色の石灰石の壁と藁ぶき屋根との調和は、目にとても自然だと思いました。





DSC00288_edited a
 この石造りのお宅は藁ぶき屋根ではありませんが、大きくて素敵なお宅です。きっと邸内にも美しいイングリッシュガーデンが拡がっているのではないかしらと、想像を掻き立てられるような外回りの植物のあしらいだと思います。




DSC00227_edited a
 さてチッピング・カムデンの村の中心地、ハイストリートに着きました。




DSC00228_edited a
 正面に見えます石造りの建物は、1627年に建てられたマーケットホールで、現在はナショナルトラストの管理下にあります。この地域の産物はあそこで取引されていたということのようです。

 何と申しましてもコッツウォルズは、ヨーロッパでも最上質のウールを産出したといわれるほど、古来より羊毛産業で栄えてきた地域なのだそうです。このメインの通りは、当時の裕福な羊毛業者達が馬車を率いて日々往来していたのでしょうね。




DSC00260_edited a
 これがマーケットホールの内部です。コッツウォルズストーンと呼ばれる石灰岩がゴロゴロとむき出しになっておりました。どなたでも自由にこの中に入れますが、そのうち中に入れなくなるような処置がとられるのではないかしら、などと思ったことでした。




DSC00268_edited a
 アンティークのお店です。




DSC00254_edited a
 この建物もメインの通りにありますが、建物の左側部分は不動産業者のお店だったと思います。目立つ看板などは一切ありませんから、近づかない限り、何のお店なのかわかりません。でもそのことが、街の景観を守る上でとても大切なことだと言うことは、十分に納得できることです。





DSC00246_edited a
 観光客が多く訪れる村でもありますから、カフェーやレストラン、小物店、アンティーク、ファッションのお店など覗き込んでみたい小さなお店がたくさん並んでいます。
 看板もこの程度のものならところどころで見られました。





DSC00234_edited a
 メインの通り、ハイストリートには、左右にこのような小路がいくつもあります。小路を抜けると、素敵なカフェーがあったりしますが、くぐり抜けてみるのもなかなか愉しいものです。




DSC00239_edited a
 お天気の良い日のアイスクリーム屋さんは、商売繁盛ですね。




DSC00247_edited a
 コッツウォルズストーンは、落日の太陽を受ければ黄金色(ハニーゴールド)に輝くのだそうです。この教会も落日の刻には、ハニーゴールドに輝いて一段と荘厳さも増すことでしょう。





DSC00271_edited a
 カフェーのお店が二軒並んでおりましたが、私どもが入りましたのは右の‘The Bantam Tea Rooms’という小さな看板のかかっているお店でした。美味しいコーヒーが供され、一緒に戴いたブラウニーズも昔懐かしいお味で十分エンジョイすることが出来ました。
 この後は一路、友人訪問の途に就くことになります。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2009/09/21(月) 23:06:46|
  2. コッツウォルズの情景
  3. | コメント:17

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。