イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

苺のケーキ&庭

                          20 July 2007


人気blogランキングへ

20070719211258.jpg


 6月から7月にかけてわが家でも必ず作るのがこの苺のショートケーキです。直径23センチのスポンジを三段重ね用に均等に切り分けるのに昔は苦労でしたが、今では慣れてきました。
 日本ではもっともポピュラーなこのタイプのケーキも、なぜかイギリスではまだ見かけたことがありません。でも、今まで召し上がったイギリス人は例外なくみんな大好きでした。




20070719211331.jpg


 畑の苺の収穫はほとんど終盤です。一ヶ月間だけの苺畑の賑わいですが、たくさんの喜びをもたらしてくれました。


20070719211357.jpg


 この日はロンドンから身内が友人と共にやってきました。握り寿司希望の彼女は、日本人経営の鮮魚店から新鮮なお寿司のネタを買ってきてくれたのです。黒鯛、はまち、本マグロのトロと赤身、しめ鯖、いくらの六種類です。それにアボカドを加えました。
 美味しそうな寿司だねなのでつい90個も握ってしまいました。かなり大きな器なのに載り切りません。マグロの赤身とタイの一部は別の器に盛り付けました。4人でつまみましたが、やはりちょっと数が多すぎたようですね。でもたまにはこんなムードもいいものです。




20070719211604.jpg


 さて、庭には一日だけの花,ヘメロカリス(Hemerocallis)が毎日のように咲き代わっています。日本のニッコウキスゲやユウスゲなどを思い出します。




20070719211540.jpg


 へメロカリスの後ろにぼんやり黄色く見える花は、ハイペリカンです。




20070719211628.jpg


 黒のマツムシソウは、今も相変わらず咲き続けています。





20070719211747.jpg


 フロントガーデンは宿根草のみで一年草を育てたことは無いのですが、今年初めてコスモスのタネを蒔きました。そしてオリエンタルポピーの花後の隙間に植え付けましたが、それらが咲いてきました。子供の頃から親しんできたせいでしょうか。郷愁にも似た風情を感じます。





20070719211947.jpg


 ゼラニウムのこの色にも、惹かれます。




20070719211825.jpg


 ホスタのジューンです。他のホスタに遅れてお花が咲いてきました。葉には厚みがあってしっかりした風格のあるホスタだと思います。





20070719211848.jpg


 蕾が花茎の先のほうにまとまり、他のホスタとは少し違う蕾のつき方をしていているようです。花弁に白い筋が引かれていて、素敵だと思います。




20070719211652.jpg


 ヘレニウム(H.‘Moerheim Beauty’)も、さらにお花の数が増えました。




20070719212011.jpg


 これはミズヒキを思い起こさせるお花です。学名は、Persicaria(Polygonum) amlex Firetail です。友人間では単に‘ファイアテール’で通じています。




20070719212029.jpg


 ずっと晩秋のころまで咲き続けますから、ボーダーガーデンには重宝なプラントです。




人気blogランキングへ★←こちらをclickして戴きますと rankingの pointになります。お出でいただきまして有難うございました。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/20(金) 11:06:07|
  2. 料理
  3. | コメント:16

お魚事情

20070221052924.jpg


 新年が明けて5日のことです。畏れ多いのですが、私のブログにも、しばしばコメントをお寄せ下さる、ばら色アば様(以下ばら色さま)のブログ『美味しい一日に』で、“真鱈尽くし”の記事を拝見しました。
 その記事の中で見る真鱈の卵巣の写真は、まさに私がイギリスで求めるものと同じではないかと思ったのです。
 ばら色様の“美味しい”記事にすっかり惹き込まれ、どうしてもこの卵巣を塩漬けにしたくて、いつもお願いしている魚屋さんに註文をしました。
 待つこと一ヵ月余、やっと生食しても大丈夫なほど、鮮度の良いものが入手され、届けられたのです。鱈半身と黒マグロの刺身用も届きました。お寿司ブームの勢なのでしょう、サシミチューナという表現は、すでに魚屋さんの間に浸透しているようです。
 ちなみにお値段を記しますと、真鱈の卵巣は3キロで日本円にして約5100円、鱈半身で約3600円、マグロ500グラムで約3800円といったところでしょうか。真鱈は2キロお願いしましたのに3キロ届きました。いつもこんなに買っているわけではありません。今回は特別です。
 でもこれらのお値段、日本に較べてどうなのでしょうか。私にはこちらで求める魚類は高価な感じがしてなりません。一般の方々も魚類をもっと食卓に取り入れたいのに、高額なので仕方なくお肉中心になります、という声を聞いたことが有ります。
 (一合徳利を添えましたのはサイズの判断の目安です。)





20070221053025.jpg


 これが真鱈の塩漬けです。こんな感じに漬かりましたが、ばら色様、いかがでしょうか。数日後、ロンドンのお友達からランチのお呼ばれがあり、これを持参して試食していただいたのです。同席された方々から、大変好評だったのですよ。日本酒がいただきたい!などと言われる方もおられて・・・。これは本当に素敵なデリカシーの一品だと思います。



20070221095417.jpg


 これは塩漬けをグリルで焼きました。これは焼いただけで食感が一変します。塩漬けのネットリした感じから、プチッとした食感に変わります。

この塩漬けがあれば、ばら色様がご紹介しておられる素敵な和え物にも使えますし、私はパスタにも使いました。
 



★ 人気blogランキングへ★←こちらをクリックしていただきますとポイントになります。お出でいただきましてありがとうございました。


  1. 2007/02/21(水) 10:31:27|
  2. 料理
  3. | コメント:4

謹賀新年




20070101101511.jpg


 日本とイギリスの時差は9時間、日本の元旦午前9時にこちらは新年を迎えました。この花火はつい先ほど、午前0時の新年を迎えた直後の花火の模様をテレビ画像から写しました。画像が鮮明でないのはそのためです。
 花火はウエストミンスター宮殿(国会議事堂)からテムズ川を挟んで向かい側のロンドンアイ側から打ち上げられました。この寒さの中、物凄い数の人々がこのイヴェントを楽しんでいる様子がうつしだされていました。



20070101101400.jpg


 6~7年前まではこの暖炉で薪を焚きました。今は石炭です。お掃除は少し楽になりましたが、薪の燃える暖炉はよいものです。今では石炭の暖炉さえ敬遠され、お掃除をしなくてもよいガスや電気に変わってきました。でも形は石炭や薪の形をしているので一見した限り、見分けがつかなかったりします。我が家はまだオールドファッションかもしれません。
 それでは皆さま今年もどうぞよろしくお願い致します。
  1. 2007/01/01(月) 00:00:00|
  2. 料理
  3. | コメント:0

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。