イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロンドンバスに乗って

                                20th December 2009


人気ブログランキングへ

 心ならずもブログに戻れない日々がひと月余も続きました。お立ち寄りいただきました皆様にはご無礼のお詫びを申し上げます。



DSC00208_edited ap
 ひと月の間に私用も含め5回ほどロンドンに出かけました。網の目のように張り巡らされたロンドンバスの利用に慣れていない私は、めったにバスを利用することもありませんでしたが、この日は旅上手の友人に促されてボンドストリート駅辺りからピカデリーサーカスまでバスに乗りました。
 行動的な友人はさっさと二階に上がり、最前列に着席しました。私もこれは良いチャンスとばかり、小さなカメラを取りだして早速何枚か写真に収めたのです。この通りはオックスフォードストリートで、バスはオックスフォードサーカス方面に向かっているところです。




DSC00211_edited ap
 二階席の最前列に陣取るなんて私には思いもつかなかったこと、初めての経験です。この高さとこの角度から歳末の人通りを眺めるなんて何とも言えない快適さ、そしてこのゆっくりと走るところも気に入りました。普段は田舎都市に住んでおりますから、周りをきょろきょろ見渡しながらおのぼりさん気分が味わえるのですもの。私もロンドンバスのファンになってしまいそうです。




DSC00218_edited ap
 左側にジョンルイスの看板が見えます。もうすぐオックスフォードサーカスです。





DSC00229_edited app_edited-1
 バスは、オックスフォードサーカスをリージェントストリートに向かって大きく右折しようとしているところです。この場所が最近スクランブル交差点に変わりました。ロンドン市長さんのお話によりますと東京の渋谷交差点にヒントを得たのだそうです。





DSC00232_edited Spp
 今年のリージェントストリートのデコレーションはこの星型のイルミネーションです。写真ではまだ明るい時刻で目立ちませんが、夜になれば素敵な輝きを見せておりました。カラフルな派手さこそありませんが、品位のあるデザインだと思います。
 ロンドンにお住まいだった方がご覧になられましたら、この辺りも懐かしい!と思われる場所の一つではないでしょうか。



 
DSC01627.jpg
地元のNAFAS(ナショナル アソシエイション オブ フラワーアレンジメント ソサエティー)の例会も、12月はいつものようにクリスマスデモンストレーションでした。タイトルは、‘Christmas is Coming’、そしてデモンストレーターはナショナルデモンストレーターの資格をお持ちのMargaret Rumensさんです。

 デモ用の花材費をサポートするためにほぼ全員が入場時にラッフルチケットという籤を買うのですけれど、デモ終了後デモンストレーターが籤をひきます。めったに籤に当たる幸運が巡ってこない私ですが、今回は左端に見えます黄色いバラの作品を家に持ち帰ることができました。小さく見えますが実際にはかなり大きな作品で、素敵なアレンジメントでした。





DSC01641.jpg
 英国国内でしたら津々浦々にこのようなNAFASの支部組織がありますが、今夜も120人を超えるメンバーがこの場所に集い、ひと時を楽しんでいます。この地元の組織も発足してすでに50年の歴史がありますそうで、オーガナイズの大変しっかりした確固たる組織だと思います。




DSC01647.jpg
 デモンストレーションを拝見するため毎月のように例会があります。私も所属してすでに15年を超えましたし、素敵なお仲間にお会いできるのがいつも楽しみです。この方々を対象に夏には生け花のワークショップも要請されて致しましたが、単純化された美を追求する日本の生け花はイギリスのフラワーアレンジャーにとりましても大変興味をそそられる対象のようです。
 新しく立ち上げたロンドンの生け花組織、そして英国の伝統的なフラワーアレンジメントの地元の組織、私にはいずれも大切で、これからも長く深く関わっていくことと思います。



 

DSC01797.jpg
 18日の朝、二階の窓から眺めた日の出の様子です。8時半ごろでした。初雪が積もっています。





DSC01776.jpg
 和のコーナーには雪が似合いますね。




DSC01779.jpg
 裏庭のランプやポールに絡みついたアイヴィーにも雪が降り積もりました。





DSC01793.jpg
 ‘コントーティドヘーゼル'もしくは‘ツイステッドヘーゼル'(学名:Corylus avellana contorta)と呼ばれ、フラワーアレンジャーたちに人気の低木がすっかり落葉し、くねくねと曲のついた枝ぶりで冬の庭を楽しませてくれています。それらの枝に降り積もった雪にも味わいがありますね。
 来英したばかりの頃、日本では見かけたことも無かったこの植物に大変感激して、一度に2本も植えてしまった私です。今では花材として惜しみなく使うことができるほど成長しました。





DSC01356.jpg
 上記のコントーテドヘーゼルの枝を一本切り取って、クリスマス風にシルバーをスプレーしました。そこにウメモドキ、カラー、庭のヒイラギ(Ilex Golden Milkboy)をあしらってみました。

 このウメモドキは‘Japanese winterberry’の‘Irex serrata’ではないかと最近まで思い込んで参りました。ところがこちらのフラワーマーケットで一般に流通しております種類は、どうやら‘American winterberry’の方で‘Irex verticillata'ではないかと気付かされました。よく見れば枝の張り方や実の付き加減もいくらか異なるようです。お花屋さんでは単にIlex sprayなどと記されて売られておりますから、種類名までは知ることができません。


 


DSC01760.jpg
 コントーテドヘーゼルの枝はそのままで、今度は庭から実の付いたヒイラギを刈り取りシルバーを少しスプレーしてみました。お花はヘリコニアです。中央のブルーの実はヴァイバーナム タイナス(V.tinus 'Gwenllian')の実です。

 二作とも同じヘーゼルの枝を使用し、あしらう花材が異なりました。
 このコントーティドヘーゼルは枝の曲がり加減は千差万別、どんな花材をあしらいましても、一つの作品に仕上げてくれる本当に面白い花材だと思います。
 



DSC00235.jpg
 クリスマスももう目前です。近くのガーデンセンターにもトナカイの引くソリに乗ってサンタクロースがやってきました。サンタクロースは、特別室で子供たちのプレゼントのお願いを聞いてあげているところです。そのお部屋の前にはご両親を伴った子供たちの長い行列が出来ておりました。
 その間、レインディーアと呼ばれるこれらのトナカイさんたちは、サンタクロースのお仕事が終わるまで外で待機しているのですけれど、子供たちとの触れ合いも楽しんでいます。触ったり一緒に写真を撮ったりで子供たちも興味津々です。





DSC00240.jpg
 皆さまもどうかお幸せなクリスマスシーズンをお過ごしになられますように心からお祈り致しております。




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2009/12/20(日) 22:57:19|
  2. 外出先にて
  3. | コメント:24

(Ⅱ)セントパンクラス・インターナショナル駅

                                   30 March 2008


人気ブログランキングへ

DSC00405_edited as

 昨年末頃からロンドンに出かける機会が増えました。時には電車の待ち時間を利用しては、広大な駅構内を散策し、ウインドーショッピングなどを楽しむこともあります。
 前回の1月7日に、まだクリスマスの飾りつけの取れない駅構内をご覧いただきましたが、今回はその後に写した写真をお目にかけたいと思いました。

 このブロンズの彫刻は‘The Meeting Place’というタイトルで、Paul Day という彫刻家の作品です。‘待ち合わせ場所’という意味のようですが、私などは渋谷の忠犬ハチ公を思い出してしまいます。でもハチ公に比べれば巨大サイズですね。9メートルもあるそうです。
 セントパンクラス駅は待ち合わせをするなら、ロンドンで最もロマンティックな場所という記述を何かで目にしましたが、実はあの彫刻のそばで人待ち顔の方を未だ私は見かけたことはありません。駅構内全体がとても洗練されたデザインですから、どこで待ち合わせてもきっとロマンティックだという意味なのでしょうね。


 
 

 DSC00395 as

 正面の丸い時計の下辺りに9メートルの高さのブロンズ像が大変小さく見えます。





DSC00454 as

 この日はあいにく雨模様でしたが、駅から外に出て駅舎を写しました。駅構内はこの建物の後方に続いておりますが、その一部が右手後方に見えます。





DSC00455 as

 このセントパンクラス駅舎は、1868年(明治元年)の完成だそうです。壮大なゴシック建築ですね。『リチャード三世』の映画(1995年)では、王宮の設定でこの駅舎が登場し、宮殿の前には川が流れているそうです。





DSC00557 as
  さて再び構内ですが、この正面に浮かぶように見えるのはシャンペインバーです。ここを‘待ち合わせ場所’にするのもロマンティックなのかもしれません。夕方から夜にかけていつも満席状態にみえます。
 実はあの後方は私も利用する、ミッドランドメインラインのプラットフォームにつながっていて、多くの通勤客もこの駅を利用しているのです。いうことはシティーなどに通う勤め人が、帰宅途中に‘赤ちょうちん’に立ち寄る感じで一呼吸入れているのかもしれませんね。






DSC00561 as

 シャンペインバーの座席は仕切りのあるボックス席で、ユーロスターの線路に沿って長く伸びています。中央前方がカウンターで、テーブル席は右手前に見える部分がすべてそうなのです。座席は通路よりもやや低くなっていて、エンジョイしている方々の様子はその方々が立ち上がらない限り良くみえません。
 このボックス席はカウンターをはさんで後方にも長く伸びているのです。私はまだここでシャンペインを楽しんだことがありませんので、なかの様子が本当はどうなっているのか、よくわからないのです。一度ここで待ち合わせましょうと仲の良い友人と話してはいるところですが。





DSC00422 as

 上の写真は夜写しましたから天井が暗いのですが、こちらは同じ場所を昼間に写しました。ドーム型の天井の一部がガラス張りになっていますので、構内は空模様を反映します。





DSC00577 as

 シャンペインバーの後方はプラットフォームにつながっています。右側に止まっている電車がパリやブリュッセル行き、そして正面の電車がいつも私の乗るミッドランドメインラインの電車です。
 車内も綺麗でイギリスの新幹線という感じですが、イギリスでは高速でも各駅停車でも料金に差のないところが有難いところです。
 ところがこのラインは普通車よりもファーストクラスの方が多いのです。シティーなどに通う高給取りの方々が通勤用に利用しているのでしょうか。テーブルの上にはワイングラスやコーヒーカップなどがセットされているのが垣間見えます。
 私はまだ一度もファーストクラスを利用したことはありませんし、地元の私の友人達(典型的なミドルクラスの方々ですが)と一緒に出かける時も、どなたもファーストクラスでなどとは言いません。
 ただ、一度ロンドンに住む日本人の友人3人を迎えたことがありますが、彼女たち、時間ぎりぎりに電車に飛び乗って座席が無く、ファーストクラスに移動したということを聞きました。コーヒーのサービスを受けて、とっても快適だったそうなのです。
 





DSC00576 as

 ユーロスターの内部を覗いてみました。すぐにでも飛び乗ってオランダやベルギーやパリに行きたくなってしまいます。





DSC00401_edited as

 こちらのブロンズ像も昨年の11月に、新ユーロスター駅の開通を記念して設置されました。この方こそ、この豪壮な駅舎を今に繋いでくださった立役者、Sir John Betjeman(1906~1984)なのです。
 1960年頃にこの駅舎は新開発のため取り壊しの危機に直面したことがあります。その当時、詩人として活躍中の彼は、その構想に対して反対運動に立ち上がり、その運動の強力な推進力となったのだそうです。東京駅の一件を思い出し、思わず背筋が寒くなる思いを致しました。
 彫刻家の名前はMartin Jennings という方です。 
 ‘待ち合わせ場所' からは数十メートルしか離れておりません。皆さまも機会がありましたら、ぜひこのジョン ベッジャマンさんにも会ってあげてください。


人気ブログランキングへ✰←こちらをクリックしていただきますとランキングのポイントになります。おいでいただきましてありがとうございました。



  1. 2008/03/30(日) 00:21:08|
  2. 外出先にて
  3. | コメント:8

ユーロスター新駅、セントパンクロス駅

                                7 January 2008


人気ブログランキングへ

DSC00009_edited s

 遅ればせながら、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。2008年も皆さまがお健やかであられますよう念じあげます。
 のろまなブログではございますが、今後ともよろしくお導き下さいませ。

 私が鉄道でロンドンに参ります折には、このセントパンクロス駅が終着駅で、そこから地下鉄に乗り換えて目的地に向かいます。
 このセントパンクロス駅が2007年の11月の14日からユーロスターの新しいターミナル駅としてスタートしました。過去100年の英国鉄道史上、最大のプロジェクトだったとも聞きます。かけた費用は800ミリオンポンド、5年間を要する大工事でした。
 工事中、この駅の利用客は建物の外を歩き、雨天時など不自由を強いられましたが、大改造後はこんなに素敵でおしゃれな駅に生まれ変わりました。
 これらの写真はクリスマス前に写したものです。
 
 


DSC00003_edited-1 s

 “Meet me at St.Pancras”の文字が見えますね。その文字の下にアーティストの制作した若い男女のロマンティックなブロンズ像が見えます。新ターミナル駅を記念して設置されました。




DSC00004 s

 セントパンクロス駅はイースト ミドランド メインラインの発着駅で、ノッティンガムやダービー、シェフィールドとロンドン間を繋ぐラインです。私が降り立つプラットホームは、この写真の後方になります。
 ちなみにスコットランドのエディンバラとロンドン間(約400マイル)を1928年からノンストップで走った有名なSL、フライング スコッツマンは、この建物に隣接しているキングスクロス駅からの発着になります。
 このフライング スコッツマンは、1962年からはディーゼルになり、現在は電気ですが、今もその名前は健在です。



 
DSC00015 s

 エスカレーターや、エレベーターが何箇所かにあり、グランドフロアーに降りてきました。

 クリスマスツリーなどの飾りつけは12月の25日から12夜を数えて撤去されます。1月6日がその日に当たり、我が家でも今片付けたばかりです。




DSC00046_edited s

 ここからフランスのパリまで、2時間15分、ベルギーのブリュッセルまでは1時間15分の所要時間だそうです。電車の最大時速は186マイルと言いますから、時速300キロを超えますでしょうか。スタンダード席の料金はパリ往復で67ポンドだそうです。日本円で15000円程になるようですね。
 このセントパンクロス駅が新しいターミナル駅になる前は、ウォータールー駅がユーロスター開通以来、13年間ターミナル駅としての役割を果たしてきました。
 パリとの距離を、このたび特に短く感じるのは、イーストミッドランドメインラインを利用している私にとって、降り立ったプラットホームがそのままユーロスターの乗車駅につながっていることにあります。
 通常は一日に17便もパリに向けて発車しているとか、国内旅行と同じ気分でパリ往復ができるなんて私には夢のようです。




 DSC00024 s

 さまざまなお店が両側にたくさんあります。ヨーロッパ最大のカウンターの長さを誇ると言われるシャンペンバーもあるそうです。お寿司バー“YO! Sushi !”が2008年に この駅構内に開店するという宣伝も目にしました。




DSC00027 s

 この駅は1866年に完成しました。奇しくも日本では明治元年です。ビクトリア風の荘厳な建物の外観は駅のイメージからはほど遠く、私にはまるで宮殿のように見えます。
 そういえば、『リチャード三世』の映画(1995年)で、この駅舎はイングランドの王宮の設定で使われているとのことです。
 建物内の構内としての空間は当時あらゆる建築物の中で世界最大であったという記述もあります。
 建物外観の写真が今回は写せませんでしたが、上階部分は昔はホテルとして使われており、今回の大改造を機に、Marriot hotelが五つ星ホテルとして再スタートさせる計画のようです。
 今まで何となく寂れて見えたセントパンクロス駅やキングスクロス駅界隈は、建物の外観は変わりませんのに、新ターミナル駅としての再生により、イメージが大きく変わりました。 




DSC00043_edited - コピー s

 レンガ部分はオリジナルな建築部分だと思いますが、煤けた地肌をよくよく磨きあげたのでしょうね、ピンク色がかって見えます。




DSC00034_edited s

 ドーム型の頂上はガラス張りで、青空が見えています。




DSC00020 s

 この写真撮影をした時点ではまだ構内も完全に出来上がっていたわけではありません。
一時的だと思いますが、こんなかわいい出店もありました。




DSC00044_edited s

 ヨーロッパ大陸から見える観光客にとって、ここは新しいイギリスの玄関口です。テロ警戒に当たるお巡りさんの姿は各所に見えますが、現実には道案内役も務めておられました。




DSC00028_edited s

 1868年(明治元年)にこの駅が出来て139年目に、ユーロスターの新ターミナル駅として大きく生まれ変わったセントパンクロス駅、これからも末永く歴史を刻んでいくことでしょう。
 “Meet me at St.Pancras”・・・・・素敵なフレーズですね。


人気ブログランキングへ  こちらをクリックしていただきますとランキングのポイントになります。おいでいただきましてありがとうございました。


  1. 2008/01/07(月) 10:49:21|
  2. 外出先にて
  3. | コメント:12
次のページ

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。