イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

七面鳥のロースト

                                29 December 2006


人気blogランキングへ


20061229042712.jpg


 今年は小さめのサイズで、6キログラムです。ローストの時間はオーブンを暖める時間も入れて約6時間でした。一年で私の連れ合いも一緒に台所に立つ唯一の日です。本当にこの日以外、一切料理はしませんが食後の洗い物をして下さるので、そのことは大変有難いと思っています。

 焼きあがったターキーと、このクマザサの組み合わせは結構気に入っています。ターキーはチキンと違って、あまりにもサイズが大きいので、テーブルのセンターに置くには無理があります。従って周りに野菜など盛り合わせることは致しません。



 20061229043644.jpg


 一家の主が皆の分を薄くスライスしてお皿に盛り、そのお皿を手渡しながら自分の適量を温められた自分のお皿に取ります。ソースは我が家では三種類用意します。
 グレイビーソースは一般的ですが、他にブレッドソースも作ります。生パン粉とミルクとターキーのストックで作りますが、ターキーにはよく合います。それからクランベリーソースというのもユニークなフルーツソースで瓶詰めが売られていますが、我が家では新鮮なクランベリーで自家製をつくります。お肉に甘いソースなんて、と最初は敬遠しましたが慣れるとなかなかよいものです。



20061229043902.jpg



 いよいよディナーがスタートです。実は今日は、ドーハ・アジア大会総合馬術個人で見事金メダルに輝いた(11月9日のブログでアップしました)大岩義明さんが日本への帰国を前にして、二時間余もドライブしてきてくださいました。まずはシャンペンでお祝いの乾杯です。
 義明さん本当におめでとうございました。カンパーイ!

 20061229121821.jpg



20061229043622.jpg


 個人での金メダル、団体での銀メダル、二つメダルがあります。彼は私の首に金メダルをかけて写真を写してくれました。私はとんでもないと、ためらったのですけれど。義明さんはそういう心遣いをする青年なのです。気持ちが嬉しくてちょっと目頭熱くなって、急いでそばにあったシニアグラスをかけ、写真に納まりました。




20061229044058.jpg


 この日ばかりは誰もがダイエットも忘れる日です。何度もお代わりして十分にいただきます。その後にクリスマスプディングが出てきますが、このプディングは大変甘くて、ちょっと日本人の口には合いにくいお味かもしれません。私もいつもほんの少しだけ戴きます。そんな理由もあってこれだけは、美味しいと評判のお店から買うことにして、自分で作ったことはありません。
 これがなくてはならないのは、やはり卓上のムード作りでしょうか。ケーキの真ん中にホリーをたて、ブランディーを上からかけます。そして火をつけるとアルコールが青い炎を上げて燃えるのです。それを見てクリスマスディナーの雰囲気はさらに高まるというわけです。ここで青い炎をお見せできないのが残念です。家のブランディーのクオリティーでしょうか。青い炎が短時間ですぐに消えてしまいました。



20061229044647.jpg


 プディングと並んで欠かせないのがこのクリスマスケーキ。いわばフルーツケーキなのですが、これはいつも私がつくります。ドライフルーツやレモン、オレンジピールなどを刻んでブランディーを絡め、数週間後スパイスも加えて焼き上げます。
 私のはオーブン弱火で2時間15分かかります。ナッツでデコレーションするなど自分流も入っていますが、基本は私が日本にいた頃の「きょうの料理」英国風フルーツケーキのレシピなのです。これが英国人の友人達に大変好評で、何人からもレシピを求められました。イギリスで普通に戴くものよりも確かに美味しいのです。「きょうの料理」に感謝です。

スポンサーサイト
  1. 2006/12/29(金) 11:41:15|
  2. クリスマス
  3. | コメント:4

ターキー農場




 毎年10月の半ばにこのターキー農場から、サイズと種類を問い合わせる手紙が届きます。私たちは、クリスマスディナーを一緒に囲む人数を考えてサイズを決め返信します。NORFOLK BRONZEはターキーのブランド名ですが、値段の違いは食べて納得です。それに放し飼いであることや、自然の飼料が与えられていることも、この農場の印象を良くしています。



20061229042210.jpg


 将来のこのターキーファームの農場主? 次々と引き取りに訪れる人や車を誘導しています。ターキーの帽子が彼を誇り高く見せます。




20061229042236.jpg


 この日は24日ですから、家に帰って早速下ごしらえです。大忙しのスケジュールですが、皆さんターキー抱えて嬉しそうです。
  1. 2006/12/29(金) 10:35:20|
  2. クリスマス
  3. | コメント:2

クリスマス三が日

 20061229044956.jpg


 日本でお正月三が日に勝るとも劣らないのが、こちらのクリスマス三が日の忙しさです。12月10日ごろからクリスマスカードが届き始め、こちらも折を見ては書き始めます。クリスマスらしい雰囲気を演出する為に、ツリーやドアリースなどの飾りつけも大事です。プレゼントも考えなくてはなりません。買い物もあります。家の内外のお掃除、もちろん庭の片付けもあります。
 時間がどうしても足りなくなりますから、睡眠時間を大幅に削ることになります。私は、何かと手順が悪くて反省することも多いのですけれど、でもこのように差し迫った状況に自分を追い込んでいくのが嫌いではありません。
 不手際でも自分なりに誠意を尽くす、そうしてすべて終わった後に、緩むのです。その緩急の落差をエンジョイするのが私流です。しかし年齢的にいつまでそんな生き方が可能でしょうか。

 写真はクリスマスまでに届いたクリスマスカードです。


20061229045405.jpg


 さて、24日はクリスマスイヴ。我が家には三が日の定番メニューがあります。イヴは握りずし、クリスマス当日はもちろんターキー、26日のボクシングデイ(Boxing day)はローストサーモンなのです。ところが今年、変更を余儀なくされたのがイヴのメニューでした。
 例年の如く、ロンドンの日本人の経営になる魚屋さんに買出しに出かけましたが、その日は運悪く鮮度に満足できなかったのです。いつもなら一度も冷凍されてない新鮮な本マグロが、トロ、中トロ、赤身と切り分けられて売られているのですが、その日ばかりは買うのをためらってしまいました。
 10年余一度も変えなかったメニューですが、今年はスコティッシュビーフのしゃぶしゃぶにしたのです。
 初めはちょっと肩を落とした娘でしたが、この夜のしゃぶしゃぶは大好評でした。一人当たり250グラム盛り付け、お野菜もたくさんでしたのにほとんどたいらげたのですもの。
今夜は日本で友人から頂戴した静岡の大吟醸酒です。一部の愛好家の間でのみ流通し、市販はされてない秘蔵のお酒のようです。いつ戴いても素晴らしいお味、Hさん、ありがとうございました。



20061229044837.jpg


 26日のローストサーモンです。
 オリーブオイルや白ワインなども振り掛けてローストしてあります。お腹にはアンチョビやローズマリーの葉も。ハーブソースやモルネーソースをかけていただきます。
 
 このディナーが終わると三が日もお仕舞いという感じで、後は何も心配しないで緩むのみです。フランスに住む息子の家族は、日本で彼の妻のご両親と一緒に、幸せなクリスマス、お正月シーズンを過ごしています。
 大岩義明さんも、日本への帰国直前でしたのにお友達とご一緒に2時間余もドライブして来てくださいました。お陰で幸せ気分に包まれたクリスマスとなりました。息子も帰仏の途中1月3日にこちらへ寄ってくれるようです。



20061229095149.jpg


 2006年も程なく暮れようとしておりますが、9月半ばより拙い私のブログにお付き合いくださいまして、本当にありがとうございました。来年も細々と続けさせていただきますので、よろしくお願い致します。

 来年は世界が少しでも平和に向かって前進が見られ、希望の持てる年になりますよう、私も祈りたいと思います。
 そして皆さまもどうかお体お大切になさって、お幸せな新年をお迎えになられますように。
  1. 2006/12/29(金) 09:32:40|
  2. クリスマス
  3. | コメント:4
次のページ

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。