イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

枝垂れ吉野桜、隣の猫キャシー

                                31 March 2007

人気blogランキングへ




 枝垂れ吉野桜が最初の花を見せました。学名は、Prunus x Yedoensis ‘Shidare Yoshino’です。庭に植えて12年になりますが、枝垂桜なので年数の割には大きくならず、コンパクトです。
 今、咲き始めたばかりですから、満開になるにはまだまだ時間がかかりそうです。




20070331074243.jpg


 このツバキは、わが家の五本のツバキのなかでも、一番最初に庭に植えたものです。もう12年になりますが、二度ばかり枯れそうになりました。一度は全体が黒いススにおおわれてしまい、そのときは葉の汚れを一枚一枚、洗剤で洗い流したこともあります。今はかなり回復していますが、まだひところほどの勢いはありません。




20070331074303.jpg


 樹勢が弱った時に、枝をかなり整理しましたので、花つきがまばらです。学名は、Camellia Williamsii E G Waterhouse 、ツバキは一般にジャポニカが多いのですが、これはそうではなく、ウイリアムジアイです。





20070331074636.jpg


これは沈丁花(Daphne)の一種ですが、13年ほど前に知人から実生を戴いて育てたものなので、バラエティーの名前がはっきりいたしません。本を見て調べるのですが、該当する種類が見つからないのです。
 花のあと真っ赤な実がつきます。それらの実がこぼれて、何本も実生が育ち、知友に差し上げました。





20070331074723.jpg


 ヴァイバーナム(Viburnum Burkwoodii)も咲き始めました。良い香りが周辺に漂います。





20070331074750.jpg


 ’98年に求めましたので程よい大きさに成長しています。私はヴァイバーナムの中でも、このような手まり状の花の咲く種類に惹かれます





20070331074704.jpg


 エレガンス(Camellia Japonica Elegans)の今の様子です。たくさん花が咲いて、今が一番賑やかな時かもしれません。とっても華やかです。




20070331074941.jpg


 お隣の猫、キャシーを大きくアップしました。キャシーは、とても良い性質を持った、誰からも愛される猫なのです。実はこの写真、窓ガラス一枚隔ててうつしたものなのです。




20070331075006.jpg


 こんな感じで、窓の外側に座っていました。カメラを構え、内側から窓を軽くノックすると、このような眼差しで、部屋の中にいる私の様子を伺っています。この表情こそいつものキャシーなのです。




20070331075057.jpg


アップの写真ばかりですが、可愛い写真が何枚か撮れましたので、おつきあいください。



20070331075129.jpg




20070331075220.jpg


 部屋の中から写真を写す私の相手をしてくれたキャシーに感謝です。
これらの写真は印刷して早速彼女の家族に届けます。
 わが家にも実は何年か前まで飼い猫がおりました。最期の二年は目が見えず耳も聞こえない二重苦を抱えて、18歳でなくなりました。最初の飼い主が海外移住か何かの理由で、犬猫病院に処分を依頼し、薬殺寸前にわが家に引き取られ命をつないだ猫だったのです。
 視力を失ってからは、庭の外に出られないように周囲に柵を張り巡らし、池にも柵をしたのですが、それでも柵をすり抜けていなくなり、探し回ったことも何度もありました。大変な二年間でした。
 今は、ご近所の方々が、ホリデーなどで家を留守にするとき、必ずわが家に猫の面倒を頼みにきますから、鍵を預かって猫に餌を与えに通います。この先、私どもは多分、猫は飼わないと思います。それにこんな可愛いキャシーともすっかり良い友達ですから、幸せです。



人気blogランキングへ★←こちらをクリックしていただきますとポイントになります。お出でいただきましてありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/31(土) 09:51:25|
  2. | コメント:6

フリティラリア、花桃

                                  29 March 2007


人気blogランキングへ

20070329092724.jpg


フリティラリア(Fritilaria Imperialis Orange perfection)が、咲いてきました。この場所に植えて7年になりますが、球根が少しずつ増え、今では周辺にベビー苗もかなり育ってきました。




aa.jpg


 他の花に較べてパワフルな感じがするのは、形から来るのでしょうか。とにかく目立つ花です。




20070329092814.jpg


 全体の姿も元気そのものです。春の花壇にあって、チュウリップよりも早く花を見せます。




aaa.jpg


 ハナモモ(Prunus Versicolour)は七、八分咲きといったところでしょうか。ハナモモといわれるだけあって、花の形が華やかでエレガントです。




20070329093009.jpg


 あまりにも美しいので、何枚かご覧くださいね。



20070329093053.jpg




20070329093224.jpg




20070329093139.jpg





20070329105406.jpg


ヤブツバキ(Camellia Japonica)のきょうの姿です。今年は蕾の数が多すぎて、花のサイズが小さいように思えます。しかるべき肥料が不足していたのかもしれません。でも咲く花々は、充分に私の郷愁を誘います。





20070329093430.jpg


 お隣の猫、キャシーを紹介させてください。この写真ではまるで地面の保護色みたいな毛皮の色ですが、性質の良い猫で、わが家の庭は百%、彼女の縄張り同然です。 
 会えば、必ずハローと私が言いますが、彼女はミャオーと応え、ハロー、ミャオーのやりとりがいつも数回づつ、繰り返されます。“挨拶”のできる楽しい猫で、可愛いことこの上ありません。


人気blogランキングへ★←こちらをクリックして戴けますとポイントになります。お出でいただきましてありがとうございました。
  1. 2007/03/29(木) 10:22:33|
  2. | コメント:10

イケバナインターナショナル例会

                   27 March 2007


人気blogランキングへ




 先週、イケバナインターナショナルの三月の例会がありました。会場はいつものようにウエストミンスター大聖堂のホールです。
 大聖堂を背景に、丸いポンポン状の実をつけたロンドンプレイン(London Plane)を、枝の一部だけですが写真におさめました。30mに達するほど大変大きくなる木で、ロンドンだけではなく、至るところにこの木は植えられています。
 学名はPlatanus acerifolia Wild 、日本語では、アメリカスズカケの木と、スズカケの木の雑種で、モミジバスズカケというのだそうです。



 
20070327091151.jpg


 今回のデモンストレーターは、一葉式のティネカ ロバートソン さんです。タイトルは,I am 'her'shadow and 'they' are my silhouetteだそうです。 
 ティネカさんは、イケバナインターナショナル ロンドン支部の支部長さんでもあられます。尚、左端のこのガラス花器は、お母さまから譲られた大切な思い出の花器だそうです。




20070327091219.jpg


 舞台度胸が据わっている方なのでしょう、落ち着いて自信に充ち、しかもチャーミングで、見る者をたくみに惹きこんでしまいました。





20070327091244.jpg


 上段の作品は立って活けられましたが、下段の作品は、ガーデニング用の車輪付きの腰掛に座って活けられました。車輪付きですから自由自在に移動が可能です。スーと横滑りして皆を笑わせる一幕もありました。両足を開いて活けるお姿は、日本では見られない何ともユーモラスなスタイルですね。





 20070327091423.jpg


 これも車つきの椅子に腰掛けて活けられました。こちらの方の生け花は大らかで天真爛漫、という感じのものが多いように私は思います。あまり細かなルールにとらわれず、花を活けることを心から楽しんでおられるという風に見えます。





20070327091538.jpg





20070327091321.jpg


 すべての作品のデモンストレーションが終わりました。会場に見えていた方々も満足されたようです。
 次回の例会は五月で、草月流のデモンストレーター(Mrs. Kornelia Zierke)がドイツから見える予定です。




20070327091040.jpg


最後は、前回アップしてご覧戴いたツバキのきょうの様子です。




DSC06408_edited.jpg




人気blogランキングへ★←こちらをクリックしていただきますとポイントになります。お出でいただきましてありがとうございました。
  1. 2007/03/27(火) 10:55:11|
  2. 生け花
  3. | コメント:5
次のページ

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。