イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マナーハウスに生け花

  28 July 2007

人気blogランキングへ


20070727092714.jpg

 
 この建物はワデスドンマナー(Waddesdon Manor)で、1874年から1889年にかけて ロスチャイルド(Baron Ferdinand de Rothschild) によって建てられました。設計者はフランス人で、デザインもフランスのルネッサンス様式の建築です。
 1957年、当時の当主、Mr James de Rothschild の死去に伴いナショナル トラストに遺贈されました。今年はちょうど50年目に当たります。
 この写真は今年の5月初旬のものですが、建物の後方から写しました。
 



20070727092822.jpg


 ナショナルトラストの管理するマナーハウスは英国国内に数多くありますが、このワデスドンマナーは、建物はいうまでもなく、ヴィクトリアスタイルのランドスケープガーデン、アートのコレクション、家具、陶器、ありとあらゆる点で、おそらくトップクラスのマナーハウスであることは、多くの人々の認めるところのようです。





20070727092904.jpg


 これは前方から写しました。左にテントが見えますが、レストランやティールームの入り口になっています。
 この建物の一部には、かの有名なロスチャイルド家のワインセラーがあり、19世紀以降の膨大な数のロスチャイルドワインが貯蔵されているのだそうです。
 ロスチャイルド家はフランスに良質のぶどう園を持っており、そこで製造されるワインは、大変クオリティーが良いのだそうです。私どももここを訪れます度に、ワインショップで廉価なワインを何本か求めて参りますが、お味にはいつも満足致します。
 このレストランでは折々にワインテイスティングなども催されているようですが、それなりのお値段だと聞きました。納得です。




20070727093010.jpg


 さてここは、結婚式などが行われる時に使われる建物です。
 五月初めでしたが、私は友人の紹介でこの凄い場所に、結婚式のテーブルアレンジをさせていただくことになりました。
 なんと花嫁さん(英国人)の希望は生け花風なのです。テーブルは洋風の円卓ですから、テーブルの中央に置いてどの角度からも正面に見えるように生けなくてはなりません。お花の数は少なく、シンプルにとの註文も有りました。
 今まで例がなく、どうしたものか何日も考え込んでしまいましたが、かなり引っ込み思案の私も今回はイエス!のお返事を致しました。
 デザインなどの大まかなアイディアは事前に示して了解を得ました。
 そしていよいよ当日がやってきたのです。



 
20070727093102.jpg


 教会で式を挙げない若者が増えているようです。ここも宗教とは無関係で、花嫁さんと花婿さんは参列者の前で結婚の誓いをし、婚姻届にサインをするのだそうです。
 正面に見える二客の椅子が花嫁花婿のかける椅子です。この雰囲気、とても洗練されたシンプルさで、どんな装飾も及ばない感じですね。椅子にはロスチャイルドの「R」のマークがくっきりと見えます。
 ちなみにこの式場はロスチャイルドの直営で、ナショナルトラストの管轄ではありません。




20070727093129.jpg


 左側の池に向かって突き出た場所は、合唱隊の並ぶ場所です。
 フジの花や周辺の新緑が大変綺麗でした。野鳥が池面を泳ぎ、五月の爽やかな風が辺りを包み素晴らしい結婚式日和です。




20070727093252.jpg


 この場所が祭壇と言うことになります。
 ここに置かれた一対のアレンジは、他の生け花とは異なり、オアシスにアレンジしてあります。式が終わった後でパーティーの会場に移動させたいというご希望がありましたので、移動するときに剣山に挿したものでは形が崩れますし、それに式の途中で活けたものが風で倒れたりしては大変なことになります。
 しっかりとオアシスにアレンジし、パーティーが終わったあとは、このまま器ごとお持ち帰りいただこうと考えました。



 
20070727093347.jpg

 
 これら一対のお花は、花嫁さんの手に持つブーケに使われた材料を使ってアレンジしてあります。胡蝶蘭とトクサがメインです。状態の良い胡蝶蘭を手に入れるために随分神経を使いました。




20070727093418.jpg


 一対のアレンジを除いて残りの八杯は、すべて異なる花器に異なるデザインで活けました。このアイディアは大歓迎されました。
 この写真は家で予備活けをした時の写真です。二つの色違いの花器を使いました。二つで一つの作品になっております。




20070727093446.jpg

 
 これは同じ作品を反対側から見たものです。白い花器が後ろになり黒い花器が手前に来ていますね。どのお席からも、それなりに見応えのある活け方にしたつもりです。




<20070727093541.jpg


 このテーブルは花嫁さんのお掛けになるテーブルですから、胡蝶蘭とトクサが使われています。

 以下、当日のテーブル花です。




20070727093803.jpg


 これもブルーと白の二つの花器を使いました。




20070727093840.jpg




20070727094004.jpg


 ブラウンと白の二色の花器に活けてあります。




20070728073010.jpg




20070727094052.jpg




20070727094140.jpg


 お花の色は白がご希望でしたが、一杯だけこのバーガンディーの赤を使うことにしました。花嫁さんのドレスが赤だったからです。もちろん事前の打ち合わせで、このアイディアはご賛同いただいておりました。

 このお話をご紹介してくださった友人も当日駆けつけてくださり、何かとお手伝いくださいました。この友人のお陰でこのような素敵な経験をさせていただけたと心から感謝しています。



人気blogランキングへ★←こちらをクリックして戴きますとランキングのポイントになります。お出でいただきましてありがとうございました。

 
スポンサーサイト
  1. 2007/07/28(土) 07:43:27|
  2. 生け花
  3. | コメント:16

ハンギングバスケット&庭の様子

                         25 July 2007


人気blogランキングへ

 
20070725023035.jpg


 ハンギングバスケットのプラント達も成長してそれらしくなってきました。 わが家の庭のプラントはほとんどが宿根草ですが、ハンギングバスケットで一年草を楽しんでいます。




20070725023516.jpg


 このタイプのハンギングは、華やかさが出るように色彩の取り合わせを考えながら、下方から順に植えていきます。バスケットの外側はミズゴケで覆われています。




20070725023242.jpg


 ハンギング用の小さな苗がシーズンには各種売られていますから、好みのものを求めて植え込みますが、ひとつのハンギングにこのサイズですと15本から18本は植え込むことになります。
 水遣りを一日も怠ることはできませんから手はかかりますが、夏の庭のアクセサリー的な存在となり、華やかな雰囲気を演出してくれるように思います。




20070725023125.jpg




20070725023307.jpg


 フューシャー(フクシァ)や、ベゴニアも合いますね。




20070725023443.jpg


 右下に小さな可愛いポリゴーナムの種類がみえますが、シーズン後、植木鉢に植え替え、直接冬の寒さに当てなければまた来年も使えます。




20070725090834.jpg


 南天の花が咲きました。



20070725090919.jpg


 昨年の赤い実は、色はややあせましたが、まだまだ綺麗です。でも夏の赤い南天の実というのも、どうなのでしょうね。イギリスの小鳥達に何とか味を覚えて貰って、食べてもらう手立てはないものでしょうか。




20070725091520.jpg


 “エンゼルの釣竿”と呼ばれる、ダイエラマ(Dierama pulcherrimum)の今の様子です。このような個性的な花姿を眺めていますと、何となく楽しくなってきます。




20070725091605.jpg




20070725091012.jpg


  南アフリカ原産のカンナ(Canna Tropicanna)です。この葉の縞模様の美しさには感嘆してしまいます。




20070725091346.jpg


今回はゴールデンオーツ(Stipa gigantea)を光の中でとらえることが出来ましたでしょうか。ゴールド色の穂が光を受けてきらきら輝くさまは本当に美しいのです。




20070725091418.jpg


 俗にフウチソウと呼ばれるウラハグサ(Hakonechloa macra ‘Aureola')は、さらに風格が増しました。これだけの大株になりますと、存在感があります。でもちょっと茂りすぎにも見えますから、来年は同じ形のポットをもうひとつ求め、株分けして二つにしようかしらと考えていいるところです。



人気blogランキングへ★←こちらをクリックしていただきますと、ランキングのポイントになります。お出でいただきましてありがとうございました。
  1. 2007/07/25(水) 09:38:28|
  2. | コメント:8

アスティルベ‘スプライト’の気品

                         23 July 2007


人気blogランキングへ

20070723020715.jpg


 アスティルベ スプライト(Astilbe ‘Sprite')が咲き始めました。まだほんの咲き始めです。草丈は30センチ以下でアスティルベの中でももっとも低い種類に属します。
 花は淡いピンク色でフォリッジも美しく、大変気品のあるアスティルベだと思います。。



 
20070723020556.jpg


 このスプライトが1994年の Perennial of the Year に選ばれていたことに、今まで気がつきませんでした。名前をインターネットで確認していて気がついたのです。カー オブ ザ イヤーなら 耳に入ってきますが、宿根草にもそういうのがあるなんて知りませんでした。でも、数ある宿根草の中で、どうしてこれが選ばれたのかは十分納得できます。




20070723020446.jpg


 朝日が少しの間当たる程度なら良いのですが、日中は日陰好みのプラントです。ホスタやシダ類の育つところなら、このアスティルベも大丈夫のようです。水分を好みますが、それでいて水はけが良くなくてはなりません。
 このように記しますと難しそうですけれど、栽培は比較的簡単だと思います。居心地が良いとわかれば、かなりの勢いで増え続けます。




 
20070723021133.jpg


 宿根スイートピーの白(Lathyrus White Pearl)が、咲きました。





20070723021201.jpg


 ピンクのスイートピーと白の二色が絡み合って咲いています。




20070723021453.jpg


 ゼラニウム、ブルーサンライズ(G.Blue sunrise)の優しいブルーが素敵です。




20070723021521.jpg


 このように数がまとまって咲いた時は、うっとりです。思わず佇んで眺め入ってしまいます。




 
20070723022112.jpg


 このフューシャー(フクシァ)も、ちょっとドラマティックなお花のように思います。メシベ、オシベの長さの変化と、四枚の花弁?の反り返り方にご注目くださいね。




20070723022129.jpg




20070723022030.jpg




20070723022841.jpg


 三たび、黒花マツムシソウ((Scabiosa ‘Chile Black')です。今回は雨上がりに上から写しました。まだ雨を含んでしっとりしています。





20070723022908.jpg


 こういうのも美しいと思ってしまう私です。




20070723020815.jpg


 エキナシアのホワイトスワン(Echinacea purpurea ‘White Swan')です。デイジーのようなお花ですが、大きめで花茎もしっかりしていて、お花も長持ちします。これのピンクも家の庭にありますが、いずれも丈夫で性質の良いお花だと思います。




20070723020933.jpg


 庭に大きな山椒の木があり、お寿司を始め和食に大変重宝しています。それの剪定を昨日行っていて、山椒の実を見つけました。このように実であるとはっきり認められるほど充実したものを見たのは始めてです。例年花は咲いても全く実らずに、花後すぐに落ちてしまいました。



20070723021003.jpg


 これら二枚の写真は二階の窓から写しました。
 実の数はぱらぱらと付いているだけで、ほんの少しです。一粒噛んで見ましたらしっかりした歯ごたえがありました。その後、舌は痺れて麻痺状態、やがて唾液が口中を洗うかのようにあふれ出ました。しかしそれもつかの間、なんとも言えない清涼感のようなものが残ったのです。さすが山椒ですね。
 多ければこの状態で塩漬けにしたいところですが、今年はこのまま観察することにしました。
 実の生る山椒であるということがわかっただけで、大変嬉しいニュースです。来年以降に期待しています。




20070723021237.jpg


 最後は、中国原産のアスティルベ(Astilbe chinensis ‘Superba') です。草丈は90センチほどあり、家の庭ではもっとも丈高の種類です。このアスティルベに限って、ドライな環境の方が適していると説明には書かれてあリます。
 家の庭ではほとんどのアスティルベは、つまりウエット好みも乾燥好みも、半日影の場所に一緒に植えて同じように管理していますが、どの種類もほどほどに良い状態で咲いています。
 ということは、それほどウエットでもなく、それほど乾燥しすぎてもいないという庭の状態なのかも知れません。




人気blogランキングへ★←こちらをclickして戴きますと rankingの pointになります。お出でいただきまして、ありがとうございました。

 
  1. 2007/07/23(月) 11:29:26|
  2. | コメント:6
次のページ

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。