イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

庭でバードウオッチング

                        25 November 2007


人気ブログランキングへ

20071124041407.jpg

キッチン南側の窓から、台所仕事をしながらバードウォッチングが出来るのは嬉しいことです。これら12枚の写真を写すのにかけた時間は20分ほどでしょうか。いつものように窓の中から写しました。
 このカラフルな鳥はゴールドフィンチです。そして食べているのはひまわりの種です。




20071124042002.jpg

 たくさん小鳥達が庭にやってきて餌をついばむのは、わが家でも日常の光景となっています。ヤマモミジが落葉して小鳥達の姿が良く見えるようになりました。




20071124041443.jpg

 ゴールドフィンチは同じ場所に長くとどまってナッツを食べ続けるタイプです。




20071124042338.jpg

 右側のブルーティット(日本のシジュウカラよりもやや小柄)や、グリーンフィンチ(中央)、そして左側のシジュウカラが、待ちくたびれた様子で下を覗き込んでいますね。




20071124041517.jpg

 いっこうにお構い無しで食べ続けます。




20071124042042.jpg

 早く交代して頂戴!とばかり、促しに行くのも常のことです。




20071124041618.jpg

 見ている限り、ゴールドフィンチがいちばん攻撃的に見えます。優しい表情の小鳥達が多い中で、この顔つきは、私には少しどう猛な感じに見えてしまいます。




20071124041920.jpg

 これは私のお気に入りのひとつ、チャフィンチ(Chaffinch)です。遠慮深いタイプなのか、他の鳥を追い払ってまで餌にありつこうとはしないようです。空きがあるときのみ食べています。





20071124042128.jpg

 毎朝一回フィーダーにナッツを補っています。雪が降ったり、凍りついたりした日は、カゴが空になり次第、補います。イギリスでは人間が与えなければ多くの小鳥達は飢えと寒さで凍え死んでしまうと言われています。
 こちらではほとんどの幸福な家庭の庭には餌台や餌かごが置かれ、小鳥達の好きな実のなる木を周辺に植えているようです。
 子供たちも生まれた時からそんな環境を当たり前のように思って育ちますので、自分達が家庭を築いた時も、やはり同じような環境をつくることになっていくのでしょうね。




20071124041810.jpg

 この手前の鳥はシジュウカラでグレイトティットと呼ばれます。ブルーティットもそうですが、フィーダーのナッツをひと口くわえたら、すぐに飛び去るタイプです。
 グレイトティットもブルーティットも、庭の青虫やアブラムシなどを食べて害虫退治をやってくれますので、たくさん来れば来るほど有難い小鳥達です。



20071124042214.jpg

 この日はゴールドフィンチの姿ばかりが目立ちますが、どうやら彼らは集団で行動するようです。
 左上の枝に止まっているのは、グリーンフィンチでウグイス色をした美しい鳥です。でもナッツフィーダーを巡っての順番争いではかなり攻撃的で、ゴールドフィンチと大差はありません。




20071124041724.jpg

 朝、フィーダーいっぱいに補ったナッツもこんなに少なくなりました。きょうはそろそろお終いですよ、この後は庭や街路樹などから自分でハントしてね、また明日来てね~という感じでしょうか。

 キッチンの窓からの、バードウオッチングのひと時はいかがでしたでしょうか。
 (ブログ上ではすべて写真の右端がカットされてしまいます。
 写真のサイズが適格ではないことが原因なのでしょう。
 写真をクリックして戴きますとオリジナルが見えてきます。)


人気ブログランキングへ★←こちらをクリックして戴きますとランキングのポイントになります。お出で戴きましてありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/25(日) 01:44:03|
  2. 庭にくる鳥
  3. | コメント:11

霜の朝

                       19 November 2007


人気ブログランキングへ

20071119014158.jpg

帰英して久々に迎えた朝の庭は、白く凍りついておりました。レイディー エマ ハミルトンもご覧のとおりです。




20071119021509.jpg

 ウイリアム シェイクスピアも触れば花びらがハラリとこぼれ落ちそうです。




20071119020133.jpg

 前夜まで大丈夫だったダリアもついに霜の害をこうむりました。大変に旺盛な種類で、常に30輪以上の大輪の花を咲かせ続けてくれましたが、霜害には勝てません。




20071119015803.jpg

  彼岸花似のネリーンもすっかりうなだれてしまいました。




20071119015026.jpg

 ペレ二アル ウオールフラワー(Erysimum Bowles Mauve)は、春から咲き続けていますが、まだこれだけの色を残しています。




20071119014126.jpg

 “フジヤマ”という名のペンステモン(Penstemon Fujiyama)も凍りついていますが、寒さに強いのでまだまだ大丈夫でしょう。




20071119014410.jpg

 ソフト シールド ファーン(Polystichum Setiferum)は、白く凍った状態も美しいと思います。




20071119014503.jpg

  Cyrtomium fortuneiは寒さに強く、マイナス12度くらいの耐寒性があるということから、英名でハーディー ファーン(Hardy fern)とも呼ばれています。
 後方のシダは先端に特徴があり、私などはクリスタータムと省略して呼びますが、正式な学名は Athyrium filix-femina‘Cristatum'のようです。



20071119013842.jpg

  ベンケイソウの仲間のシーダム スペクタービレ(Sedum Spectabile)は、個性的なお花の形をしており、晩秋、初冬のお庭には重宝な存在です。



20071119015952.jpg

 和のコーナーには二本のヤマモミジがありますが、こちらは春の芽吹きも秋の紅葉ももう一本にやや遅れて始まります。




20071119020038.jpg

 石灯籠の上の苔も凍っています。左側の緑のプラントはヤマホトトギス、その後方の黄葉はシダレヨシノザクラです。


 二週間の間に庭の様子は一変しておりました。これから庭のクリーニングに時間がかかりそうで、小春日和が待たれます。



人気ブログランキングへ ★←こちらをクリックして戴きますとランキングのポイントになります。お出で戴きましてありがとうございました。

  1. 2007/11/19(月) 06:07:47|
  2. | コメント:17

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。