イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

庭のクリスマスローズ

                    28 February 2008


人気ブログランキングへ

DSC09762_edited a

 私の庭にも何種類かのクリスマスローズや春咲きクリスマスローズ(レンテンローズ)があります。開花は早く、ここ数日の春のような明るい光の中で陽光と戯れているようにも見えました。
 右側に横たわるテラコッタのハーブポットは、あえて横にして、中にアイビーを植え楽しんでいます。




DSC09727_edited a

 光を受ける花たちは輝いて一層美しく見えますのに、写真におさまる被写体としては、日蔭や曇り空の方が綺麗に写るようですね。



DSC09799_edited a

 これら二本のクリスマスローズはHelleborus Orientaris Double flowering " Wilgenbroek Selection"とラベルには記されてありました。プレゼントとして戴いたものですが、固有の名前は記されておりませんでした。ダークなチョコレート色からスポット入りまで何種類かの色があるようです。



DSC09704_edited a

 やはりく曇り日に写した方が美しく見えます。



DSC09702 a




DSC09797_edited a

 ニシキギが傘のように広がって、夏場は直射日光の射さない場所です。
 やっとこの花壇全体の表面をを軽く耕して、土の中に空気を送り込むことができました。少しばかりの模様替えも例年のこの時期の作業です。



DSC09796_edited aa

 上の写真の左端のピンク花です。すでに15~6年の古株です。



DSC09781_edited a

 春咲きクリスマスローズで、求めた時のラベルにはHelleborus orientalis Hillier Hybrid White Spotted と記されてありました。



DSC09683_edited a





DSC09687_edited a





DSC09750_edited a

 ピンク花の古株からはこぼれ種で沢山の実生苗が育ちました。これもその一つです。親花よりも色が濃くてこの庭から生まれた新しいガーデンハイブリッドという感じでしょうか。いろいろな新種も素晴らしいのですが、このように自宅の庭生まれのごく普通の実生苗も愛おしいものです。




DSC09744_edited a





DSC09794 as

 Helleborus x hybridus Ballard Seedlings とラベルにはありますが、2000年に求めたレンテンローズ(春先クリスマスローズ)です。午前中の日光はさしませんが、午後は直射がそのままあたる場所です。確実に株が大きくなってきているようです。
 上から写しましたが、クリスマスローズはどの角度からでもエレガントですね。




DSC09773_edited a

 こちらは Hillier Hybrid のPink Spotted です。一本だけ花芽が立ち上がってきました。




DSC09671_edited a




DSC09729_edited a

 ホワイトビューティー(White Beauty)の今の様子です。とても丈夫な種類でお花のサイズも大きめです。クリスマスローズは一輪だけのお花も十分に存在感がありますが、このまとまって咲くボリューム感もまたいいですね。


DSC09737_edited a




DSC09758_edited a

 またこの濃紫色をアップしました。‘99年に求めた苗ですが、今年も二本だけの花芽です。原因は弄り過ぎ(私によって)かもしれません。我が家はほとんどが宿根草の花壇ですから、毎年、少しずつ花壇のプラントの模様替えをしては変化をつけます。
 この春咲きのクリスマスローズ(Helleborus Orientalis)は、気になる種類だけに植え替えの回数も多く、いちばん弄られているのかもしれません。陽射しが強すぎるかしらとか、肥料不足かも、あるいは深植えかしらなどなど、きっとかまい過ぎるのですね。



DSC09661_edited a

 クリスマスローズ(Helleborus niger)は、やはり大輪の純白が素敵です。この種類はその名もホワイトクリスマス、最もクリスマスローズらしいお花かしらと思います。



DSC09660_edited a




DSC09663_edited a




人気ブログランキングへ✰←こちらをクリックしていただきますとランキングのポイントになります。お出で戴きましてありがとうございました。



スポンサーサイト
  1. 2008/02/28(木) 09:16:18|
  2. | コメント:6

(Ⅳ) D. オースティン薔薇園

                         23 February 2008


人気ブログランキングへ

DSC01433 c

 どのコーナーもゆったりと格調高くデザインされています。“薔薇の花園”と呼んでみたくなりました。



DSC01431 c

 中心のピュアなピンクそして周りに広がる淡いぼかしが素敵、そして完璧とも思えるこの花弁の整い振りに、ただため息です。名前を記録してこなかったことが悔やまれます。



DSC01423 c

 園内のデザインは変化に富んでおります。




DSC01474 cc

 これはGentle Hermioneという名前で、シェイクスピアの作品に登場する人物名から名付けられたようです。D.オースティン氏は淡いピンクの花に、誠実で優しい妻、Hermioneのイメージを重ねたのでしょうか。2005年作出の薔薇で、まだ比較的新しい品種のようです。




DSC01426 c

 ところどころに置かれた素朴な石の彫像がいいですね。まるで道祖神のようにも見えます。



DSC01441 cc

 クリムゾンやバーガンディー系の赤には出会えますが、このオレンジ系の赤?は珍しいと思いました。2005年に登場した品種ですが、これは我が家にもありますので名前がわかります。Summer song といいます。



DSC01445 c

 前方のレンガ塀の後方一帯が、ナーサリーになっているようですね。デイヴィッド オースティンと言えば、英国内のみならず世界中で絶大な信頼を得ている薔薇のナーサリーだと思いますが、あの場所で新作薔薇も生まれているということになるのでしょうね。



DSC01444 c




DSC01472 c



DSC01483  c

 閉店時間も迫りましたので、もう一度プラントセンターに戻りました。庭の大きな檜を切り倒したあとに蔓薔薇を植えようかと考えたのです。
 塀を覆い尽くす程になるのにはまだまだ年数がかかりますが、でも新しく求めた蔓薔薇の成長がこれからちょっと楽しみになりました。


 デイヴィッド オースティンの薔薇園はこれで終わります。おいでいただきましてありがとうございました。
人気ブログランキングへ



  1. 2008/02/23(土) 12:10:05|
  2. デイヴィッド・オースティン薔薇園
  3. | コメント:4

(Ⅲ) D..オースティン薔薇園

                           19 February 2007


人気ブログランキングへ

DSC01414 c

 デイヴィッド オースティンのプラントセンターには薔薇苗を求めて訪れる方が多いと思いますが、その一方で、これら別世界のような美ししい薔薇園にも自由に足を踏み入れることができるのですから、大変幸運なことです。


 
DSC01416 c

 レンガ造りのピラーがあり、彫像もありで、薔薇園のアクセントには効果的ですね。どのコーナーに行っても洗練されたデザインで、英国の庭園文化を感じます。



DSC01415 c





DSC01417 c





DSC01410  c

 エリザベス女王様ご在位50年を記念して、ジュビリーセレブレイション(Jubilee Celebration)と名付けられたそうなのです。私はこのお花にすっかり一目惚れをしました。
 ピンクに近いのですけれどいわゆるピンクではなく、かといってサーモンピンクでもない、とても暖か味のある優しい色合いなのです。まるで私の‘夢色’に限りなく近く・・・。




DSC01409 c

 花弁の奥深いところがゴールドがかって見えますね。女王さまのゴールデン ジュビリーにはぴったりのカラースキームだと思います。




DSC01419 c





DSC01421 c





DSC01422 c





DSC01430 c

 これはサマーソング(Summer Song)でしょうか。この赤も私の好きな色です。




DSC01438 c

 クラウン プリンセス マーガリータ(Crown princess Margareta)、これは蔓性の薔薇ですが三年ほど前から私の庭にもあります。



DSC01439 c

 最近植え替えをしました。新しい場所でこの写真のようにエレガントに咲いてくれることを期待しています。



DSC01428 c

 アーチに絡まっているアプリコット・オレンジ色の蔓薔薇も、クラウン プリンセス マーガリータだと思います。
  8月末でもこんなに豊かにお花が咲いているのですから、6月ごろの初夏の薔薇はいかばかりでしょうか。その頃に訪れて、ここに咲く一季咲き種の薔薇にも出会ってみたいものです。


人気ブログランキングへ✰←こちらをクリックしていただきますとランキングのポイントになります。おいでいただきましてありがとうございました。


 
  1. 2008/02/19(火) 13:01:23|
  2. デイヴィッド・オースティン薔薇園
  3. | コメント:4
次のページ

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。