イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミヤギノハギ、秋明菊、ススキ

                      8th September 2008


人気ブログランキングへ

DSC00045 a
 9月7日のミヤギノハギ(Lespedeza “Thunbergii”)の様子です。日本の植物を初めて研究したスエーデンの植物学者、C. P.チュンベリー(1743~1828)の名前が学名の一部になっていますね。家の庭に植えて8年目ですが、こちらではまだそれほど一般的ではなく、これを見た方からしばしば名前を尋ねられます。繊細でエレガント、一枝折り取って生け花に…それだけで日本情緒が醸されます。




DSC00050_edited a




DSC00044_edited a




DSC00054_edited a
 同じフロントガーデンに咲いています。カリオプテリス(Caryopteris Gland First Choice)などと呼んでいますが、これも秋の風情ですね。




DSC09893 a
 これは8月13日に写した写真です。少々時期がずれておりますが、秋明菊(Anemone japonica Bressingham Glow)の咲く光景をを見ていただきたくて載せました。英国では一重咲きが主流、どんなところでもよく育ち、コントロールしなければたちまち拡がってしまいます。家にはこれのダブル咲きの白もありますがいずれも風情があって好みのプラントです。




DSC09875 a
 こちらは上の写真よりも更にさかのぼり、8月8日に写しました。




DSC09873_edited a
 これらポンポン咲きのアザミは日本ではルリタマアザミと言われるようですが、こちらでは一般にはエキノップス(Echinops ritro Globe thistle)で通用しています。お花は個性的で素敵ですが、葉は必ずしも美しくはありません。それに丈高ですからボーダーガーデンの後方に植えますと効果的だと思います。
 中程のバーガンディー(ブルゴーニュ産赤ワイン)色をした葉は、サーシス カナデンシス フォレストパンジー (Cercis canadensis ’Forest Pansy’)、そして後方のオミナエシのような黄色いお花はアキリア(Achillea filipendulina‘Gold plate’)です。これら三色の取り合わせが面白いと思いました。8月8日の写真です。
 



DSC00013 a
 8月30日に写しました。南アフリカからやってきたプラントですが、マイナス10度までの耐寒性があると記されています。夏の終わりごろから晩秋まで咲き続け、秋のお庭に重宝します。名前はスキッツスタイラス(Schizostylus coccinea Major)と発音されているように私には聞こえます。
 後方中ほどに赤い実をトウモロコシのようにつけたプラントが見えますが、これは実よりも葉の美しさを期待して植えました。夏の間は葉はすっかり姿を消しますが、秋から芽生え、冬から春にかけてフラワーアレンジメントや生け花の葉物として大変重宝します。
 良く見れば白い筋の入った新葉がぼんやりと二枚ほど写真の中に見えますね。名前はアラム イタリカム(Arum italicum‘Marmoratum’)といいます。この実には毒が含まれているそうです。


 

DSC09944_edited a
 昨年の10月半ば過ぎに、エセックスの友人から郵送されて届いた“Fujiyama”という名のフロックスがこんな素敵なお花を見せてくれました。すぐお隣にピンクのペンステモンがぼんやりと少しだけ見えておりますが、実はこれもPenstemon Fujiyama という名前なのです。




DSC09925_edited a
 日本の桃太郎トマトを毎年、畑で露地栽培してきましたが、昨年は冷夏のためこの地域では収穫ができませんでした。そのため今年は、6鉢だけですがグリーンハウスで管理しています。残りは畑に植えましたが、今年はほとんど畑に出かける時間を作ることができませんでしたから、この小さなグリーンハウスの中でほんとうにささやかにトマト栽培の喜びを感じることになりました。
 右側で一緒に管理されているプチトマトはサンゴールドですが、風味や甘味が抜群で十年以上も欠かさず作り続けている種類です。
 8月16日の写真です。




DSC00024 a
 約三週間後のきょう9月7日には真っ赤に色づいています。今年は寒いだけではなく雨も多かったので太陽光も十分には受けておりません。小振りではありますが消毒一切無しの桃太郎トマトが英国で戴けるのですから幸せです。




DSC00022_edited a
 週に一度ほどシャワーを浴びせます。グリーンハウスのトマト達、シャワーが大好きです。




DSC00009_edited a
 ススキが穂を見せて秋の気配です。すぐ後ろには丈の半分ほどしか写っていませんが実生の柿の木が見えます。今年たった一つですけれど花が咲いて私を喜ばせてくれました。来年はもっと咲くのではないかという期待がうまれました。たとえ実をつけることがあってももちろん渋柿でしょうけれど、それでも私には夢のようなお話です。英国で柿の木そのものをまだ見たことがありませんもの。

 雑草も目立たないほどびっしりとプラントで埋まったフロントやバックガーデンとのコントラストを、この和のコーナーでエンジョイしている私です。



人気ブログランキングへ✰ おいでいただきまして有難うございました。



スポンサーサイト
  1. 2008/09/08(月) 03:24:15|
  2. | コメント:15

長のご無沙汰の後で・・・

                         2nd September 2008


人気ブログランキングへ

DSC09969_edited 
 更新の無いブログにたびたびお訪ねくださいました皆さまに心からのお詫びと御礼を申し上げます。写真を写してブログ用に編集する愉しさはかけがえのないものであることを今また改めて実感いたしました。これからも細々ではございますが続けさせていただきますのでよろしくお願い致します。

 さてこれは現在の裏庭ですが、限られた場所に多種類のプラントが隙間なく植えられ、春から秋まで季節の花が咲き代わりますので、雑草が芽生える隙間はほとんどありません。




DSC09943 
 クロコスミアはこのシーズンには必須のボーダープラントかもしれません。これは炎のように紅い(fiery-red)と説明にありますが、Crocosmia ‘Bressingham Blaze ’という種類です。




DSC09941 
 こちらはCrocosmia ‘Golden Fleece’と言われるゴールド色のクロコスミアです。




DSC09940_edited 
 アスティルベ(Astilbe)はほとんどの種類が咲き終わりましたが、まだ穂先にピンク色のお花を見せているのは、バラエティー名は不明ですけれど、Astilbe Chinensis です。少しずつ下方から咲き進んで長く楽しませてくれます。




DSC09933_edited 
 スタンダード仕立てのアカフサスグリは、すでに完熟状態です。そろそろネットを外して小鳥たちと分け合えば良いのですが、まだ自分でもぎ取ることも始めておりません。たわわに実る赤い実の向こうには私の幼い日々の記憶がちらついて、それらはグミの実に見えたりユスラ梅に見えたり・・・。どうやらこれらの赤い実は、私には遠いはるかな日々への郷愁につながるセンティメンタルな意味も含んでいるようです。




DSC09992_edited 
 昨年、エセックスの友人宅を訪問した際、お庭に美しい青花のアサガオが栽培されているのを見て感激しました。英国でもガーデンセンターなどで種は売られておりますが、咲いているアサガオを見かけた記憶があまり無いのです。
 その後、同じ友人が種を郵送してくださいましたので、私もこちらで初めてアサガオの種をまきました。植え場所は一季咲きの薔薇の根元です。同じアーチに絡みつかせて、薔薇のお花のない頃にアサガオを楽しもうという考えでした。その考えは的を射ていたようです。
 毎朝かなりの数のお花が咲いていますが、花色はブルーヴァイオレットとヴァイオレットの中間くらいで、それに透明感を加えたような深い青、この色を正確に言い当てる色名はあるのでしょうか。↑の写真の方が実際の色に近いのですが↓の写真は背景の関係で実際よりもかなりブルーが明るく出てしまいました。




DSC09995_edited 
 日本のアサガオに比べお花はやや小さめかもしれません。それに葉の形がハート形ですね。正式な名前がまだわからないのですが、マルバアサガオでしょうか。あるいはヘブンリーブルーのようなソライロアサガオの一種かもしれません。この友人が今月半ばに我が家に見えることになっていますので、その時バラエティー名も伺ってみましょう。




DSC00007 
 ローザ グラウカ(Rosa glouca)の実が赤くなりました。お花はピンク(cerise-pink)、葉はグレーを帯びたパープル系で幹は赤く、しかも枝はアーチ状に延びるのです。とあってはフラワーアレンジャー達を虜にしないはずはありません。
 これらの実が落ちて実生苗が芽生えます。これもその一本ですが、アロットメントにも植えてアレンジ用の枝ものとして重宝しています。




DSC00008_edited 
↑の写真から見て右下辺りはほとんど日光が当たりません。家にあるアスティルべの中で一番最後に花を見せるのはこのAstilbe Chinensis ‘Pumila’という種類です。丈が低く、葉も乱れず日陰や半日影のグランドカバーとして最適だと思います。限りなく広がりますが、不要な部分を取り除けば簡単にコントロールできます。




DSC09977 
 これは雨上がりに写したゴールデン セレブレーション(Golden Celebration)のセカンドフラッシュです。花壇の中ほどに位置しておりますが、庭の薔薇は一季目も二季目もこの種類から咲き始めます。耐病性もあり、いつも決して期待を裏切らない格調の高いお花を見せてくれます。




人気ブログランキングへ✰ おいでいただきまして有難うございました。



  1. 2008/09/02(火) 00:04:15|
  2. | コメント:12

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。