イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリスマスから新年へ

                              29th December 2008



人気ブログランキングへ

DSC00471 x
クリスマスは過ぎましたが、クリスマスデコレーションは25日から数えて‘12夜’はこのまま飾り、片付けは新年の1月6日です。こちらには新年の飾りつけというものも特にありませんので、クリスマスムードは飾り付けとともに新年に持ち越されるという感じでしょうか。

 さて今年もクリスマスツリーを出しました。この中にはもう30年以上も毎年飾られている思い出のデコレーションが、いくつも吊り下げられています。幼いころから親しんできたデコレーションが下げられていなかったら、二人の子供たちもがっかりするのでは・・・それに私自身にとっても子供たちとの過去を思い出す一つのよすがに・・・それで毎年こうして飾り続けているのかもしれません。

 (このツリーを写真に収めた時刻が偶然にも衛星放送によるNHK ニュースの時間と重なったようですね。日本地図がテレビのスクリーンに見えています。日本の天気予報や、東京の道路交通情報が目に入りますと、ここが英国であることを瞬間忘れてしまうほど、距離感をなくしてしまう私なのです。) 




DSC00508 x
 コンサバトリーにはボーブル(Bauble)だけのクリスマスツリーを飾りました。このようなシンプルなツリーも良いものです。




DSC00516 xx
 真っ赤なイチイ(Yow tree)の実を連想させてくれる、 これら赤い小粒電球の照明も気に入っています。





DSC00367 xx
 我が家恒例のクリスマスイヴのお寿司は、今年は地元で求めた材料で握ることになりました。
 お寿司用の食材購入を頼めることを期待していたロンドン在住の身内が、24日に来られないことがわかり、急きょ地元のお魚屋さんにオーダーすることになったのです。
 スズキ、黒鯛、いくらは上質なものが手に入りましたが、マグロなど希望していた何品かは残念ながら入手は困難でした。
 以上の材料に冷凍しておいたサーモン、アボカド、卵焼き、スモークトサーモンなども加え、握ったお寿司は100個余り、それに海老ときゅうりの海苔巻も3本巻きましたから量としては5人には充分過ぎるほどです。
 冷酒の「八海山」をかたむけながらゆっくりと戴いたお寿司は、バラエティーの少なさなど全く気にならないほどで、皆満足してくれたものと思います。




DSC00408 x
 クリスマス当日は一年に一度、七面鳥の丸焼をいただく日です。今年もターキー農場からクリスマス前日に受け取ってきました。二か月前に予約しておいたものです。今年も放し飼いで飼われた Norfork Bronzeという種類のターキーをオーダーしました。 7.5キロの重さがあり、ミディアムサイズと記されてあります。

 朝10時前にオーブンに入れて焼き上がったのは午後の3時半過ぎ、6時間弱かかりました。この写真はオーブンから出したばかりです。このまま30分ほど置いておきます。
 




DSC00424 xx
 一家の主はあらかじめ食べやすい大きさにスライスして温めたお皿に重ねるように載せておきます。
 ターキーを求めますとジブレットというターキーの臓物が付いてきますが、それでストックを作り、そのストックを利用した作ったブレッドソースや、ターキーの焼き汁で作ったグレービーソース、それにクランベリージェリーなどをかけて、ジャガイモや茹で野菜などと一緒に戴きました。

 火の通りを良くするなどの理由で詰め物をしない方も増えていると聞きましたが、我が家は詰め物も大好きなので止めるわけにはいきません。
 詰め物の組み合わせにもいろいろあるようですが、家では材料のほとんどは栗とクッキングアプルです。それにレシピに従って昨年までポークソーセージミートを入れておりましたが、今年からソーセージミートは一切止めて栗やアプルの量を増やし、玉ねぎ、ドライフルーツなどを少々加えフルーツ系に・・・結果は好評だったと思います。それに栗好きの私は今まで以上に詰め物、スタッフィングが好きになりました。





DSC00436 x
 クリスマスプディングに振りかけたブランディーから青白い炎が燃え立ちました。

 ことしのクリスマスディナーは8人で囲みました。北京オリンピックで大活躍なさった総合馬術部門の大岩義明さんも2時間余もドライブして今年もきてくださいました。
 ドーハ・アジア大会の金メダリストで、国際試合でも常に上位の記録を残しておられる義明さんですから、当然オリンピックでもメダルを狙っておられたのでしょう、不本意な結果であられたと御本人から伺いました。でも私どもにとっては、初出場であれだけの結果を残されたということは物凄いことなのです。人馬一体の競技の大変さを、競技に対する何の知識もない私でさえ、この度は改めて認識させられました。
 すでに2005年の時点で、“凄いJapanese whizzが現れた”と、イギリスの馬術界をあっと言わせた義明さん、彼を応援しているイギリス人も多いはずです。次回のロンドン大会は彼にとっては地元も同然、御本人も満足なさる結果が出せることを心から信じて応援しています。




DSC00503 x
 26日のボクシングデーも例年と同じで、サーモンのローストです。体長は65cmほどですから、そのままではオーブンに入りません。尾に近いところで切りわけてローストし、盛りつける時にあわせました。
 今年は白ワインの代わりにお酒を振りかけました。表面のところどころに見える黒いものはアンチョビです。オリーブ油も振りかけました。ローズマリーの枝葉も散らしてローストしますが、お腹にも詰めてあります。
 モルネーソースとハーブソースをかけていただきました。
 

 毎年同じメニューのクリスマス‘三が日’、お洒落で特別な御馳走というわけでもなく、大変家庭的なメニューですが、今年も家族揃って何とか健康で食卓を囲むことができることに感謝です。





DSC00561_edited x
 庭に来る小鳥たちへのクリスマスプレゼントは、新しいナッツ ディスペンサー、餌かごです。
初日は恐る恐るという感じで警戒して近づいてきませんでしたが、二日目辺りから慣れてきました。いま餌をついばんでいるのはゴールドフィンチとブルーティットです。ブルーティットはシジュウカラよりも小型で、尾や頭部までもブルーの大変美しい小鳥です。





DSC00549_edited x
 ロビンはミミズなどを食べるのでナッツ ディスペンサーそのものには来ませんが、この辺りでもよく遊んでいます。



 さて2008年もいよいよ暮れようとしております。
 今年も私のブログにお出でいただきまして本当にありがとうございました。
 皆さまがお健やかに佳い新年をお迎えになられますよう、心からお祈りいたしております。

 ✰人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2008/12/29(月) 23:03:20|
  2. クリスマス
  3. | コメント:16

メリークリスマス

                             22nd  December 2008                                  


人気ブログランキングへ

DSC00229_edited as
 カムチャッカ半島とほぼ同じ緯度に位置する英国は、クリスマス前のこの時期、日照時間も8時間弱(12月21日)という極端さです。一方で暗さはイルミネーション効果を高めますから、街も人家もそれぞれに工夫を凝らして、暗い時季の光のアートをたっぷりと楽しんでいるようにも見えます。

  このアレンジメントはまだ私がデジカメを使い始める前でしたが、フローラル アート ソサエティーのクリスマスショーに出品した作品で、なぜか忘れ難い一作なのです。
 いくつかの理由がありますが、まずは生け花用の鉄花器にアレンジしたこと、そして自分でスケルトナイズ(葉肉を除去し葉脈だけに)した椿の葉や、ホオズキを使っていること、更にオレンジにクローブを挿して作る15~6世紀のチューダー時代に登場したポマンダー(においだま)も自作のものをアレンジして、すっかり私風のスタイルになっていることでしょうか。
 写真をデジカメで写しなおしましたから鮮明ではありませんが、思い出のアレンジメントです。




DSC00241_edited as
 アメリカがまだイギリスの植民地だった頃、特に18世紀になってからのようですが、アメリカのウイリアムズバーグ辺りでの、数あるクリスマスリースのデザインの一つを模倣したスタイルです。
 今は一つのクリスマスリース作りにとてもこれほどの時間はかけられません。そんな意味でも懐かしい作品です。


 

DSC00244_edited as
 この頃はカレッジでNAFASのコースをとっておりましたから、世界のアレンジメントの歴史のレクチャーでアレンジメントの歴史的背景を学び、コースワークとして実際にインタープりタティブアレンジメントに取り組み、私には充実した有難い人生の一時期(当時はパートタイムで4年間)だったと思います。




DSC00357 as
 これらのポマンダーは上のリースの写真の中で飾られていたものも含まれております。クローブには防腐効果が有りますから、クローブを刺しこまれたオレンジは腐敗せずに今もこのように長持ちしています。オレンジの色はすぐに変わりますが未だに匂い消しとして、またデコレーションとしても部屋の中で役立っています。
 チューダー時代(1485~1603)には、一般の人々にはお風呂の設備もなく、この‘においだま’を袋に入れて防臭や厄病除けのために持ち歩いたり部屋に置いたりしたのだそうです。
 (ツッシー ムッシー(Tussie-mussie)という名の, ラヴェンダーやハーブを小さな束にした物もあり、当時同じような目的で使われたようですが、いずれ別の機会にご紹介できたらと思っています。)




DSC00251_edited as
 植民地時代のアメリカ、ウイリアムズバーグ辺りではこのようなテーブルデコレーションがクリスマスの祝宴の雰囲気を盛り上げていたようです。

 現存する当時の絵画などから推定してアレンジするこのようなインタープリタティブアレンジメントに取り組んでみるのも愉しいのですが、今は時間をマネージできません。
 ウイリアムズバーグではこのスタイル用の木の型が売られているそうです。でもそこまで出向いて入手するのは私には遠すぎますので、知り合いの大工さんにお願いして型を作っていただきました。
 これも愉しく仕上げた懐かしい一作です。




DSC00326_edited as
 寄生植物、ミッスルトウ(Mistletoe)を写真に収めました。木の上で丸くボール状になって寄生している常緑のヤドリギ科のプラントです。落葉樹が葉を落とした後であのように姿があらわになりますが、こちらでは冬の間ところどころで見かける光景です。
 ところであのミッスルトウが、イギリスではクリスマスで大切な意味を持ってくるのです。比較的高価なので少量ではありますが、私もクリスマスの雰囲気作りに今年も買い求めました。
 人々はこれの束を頭上に掲げてキスをし合ったりされるようですが、愛の叶う‘おまじない’として楽しんでいるのでしょう。
 これを専門に扱う業者もいて、ヴァレンタインデーや結婚式にも注文に応じて配達してくださるようです。愛と多産のシンボルという記述も読みましたから、子孫繁栄という大切な意味が含まれているプラントなのでしょうね。




DSC00340 as
  これはガーデンセンターで求めたミッスルトウです。まるで真珠の粒のように美しく輝いていますね。この実の中には粘汁があり、それらの実が鳥などによって他の木に付着した時そこから発芽して育つようです。例えばこれら白い実を、我が家の庭の楓の幹にこすりつけてもそこから発芽する可能性があるということですから、クリスマス後に庭で実験してみようかしらと考えているところです。 




DSC00218_edited as
 過日、ロンドンご在住の友人からご招待をいただいとき写させていただきました。お庭に大きなミモザが何本もあり、すでにお花が咲き始めていました。

 (23日追記;このミモザの主であられますご友人から、このミモザは四季咲きで一年中、冬でも次々とお花を咲かせますというご連絡をいただきました。)




DSC00198_edited as
 ご主人さまが種を蒔かれたという実生苗を戴きました。10センチほどのかわいらしいベビー苗ですから、成長の過程が観察できるのは大変嬉しいことです。数年でかなりの大きさになると伺いました。私の庭でこんな素敵なお花が見られるとは・・・想像するだけでも愉しくなります。





DSC00295_edited as
 水引をクリスマス用の生け花にあしらいました。今年のクリスマス花はこの日本風の生け花です。



 今年は目前に迫った予定を手落ちなくクリアすることだけを考えて、ひたすらそのことに集中するという、私にはかつて経験したことのないほど、繁忙な一年となりました。所属する組織の今年最後の行事が終わったのは一週間前ですが、クリスマスや新年を迎える準備は何も整っておりませず今頃大慌てでそれらの準備にとりかかったところです。
 お花の組織とは言え、要請を受けてロンドンに新組織を立ち上げ、及ばずながらそれをオーガナイズする立場に立つことは、私には想像した以上に能力を超えたことでした。
 特に発足したばかりの新組織が、組織そのものを作り上げていく一方で、全英に呼びかけてマスターインストラクターの講習会を開いたときなど、ブログの更新も三ヶ月間一度もタッチできませんでしたし(庭の植物の最もにぎやかな時でしたのに)、それに毎年あれ程楽しんでいたアロットメントでのお野菜づくりもほとんど手がけることができませんでした。
 でも一方ではこの新組織を通してたくさんの素敵な方々との出会いもありました。有能な組織役員に恵まれた幸運もさりながら、役員以外の会員の方々のサポートも大きく、その方々にも大きく支えられて初年度を乗り切って参りました。
 組織が発足しなければ決して得られなかったこのような出会いや喜びは、かけがえのないものであることも心から実感致し感謝の思いです。

 どなたさまも多忙な時ほど気分転換は大切だと思いますが、私にとりましては庭の植物との触れ合いが唯一のそれで、庭がなければ組織のお仕事も続けてくることは出来なかったかもしれないと思うほどです。そして庭の様子を折々にブログにてご報告させていただき、ご訪問いただく方々との交流は本当に大きな心の支えでした。滞りがちの私のブログにおいでいただきました皆さまに心から感謝を申し上げます。ほんとうに有難うございました。

 皆さまもどうか楽しいクリスマスをお過ごしになられますように!


人気ブログランキングへ
  1. 2008/12/22(月) 00:29:59|
  2. フラワーアレンジメント
  3. | コメント:8

西洋マユミ;スピンドルツリー

                              11th December 2008



人気ブログランキングへ

DSC00018_edited v
 このところ連日抜けるような青空のお天気が続いています。お散歩の圏内にスピンドルツリー(Euonymus europaeus ‘Red Cascade’)があり、まだ実がかなり残っていましたので写真におさめてまいりました(12月9日)。
 この木の紅葉も美しかったのですが、たわわに実る赤い実は本当に見事で私の最も心惹かれる実物なのです。盛りは過ぎましたが、お花の少ない今のシーズン、まだまだ嬉しい存在です。




DSC00019_edited v
 赤い実の中から黄色い種が覗くのですが、すでにはじけて落ちてしまったか、あるいは小鳥たちが食べてしまったのかもしれません。日本では西洋マユミというのでしょうか。
 我が家にも植えてありますが、まだ木が小さくて実が数えるほどしか生りません。このように豊かに実をつける日を夢見ています。



DSC00033 v
 赤い実のクラブアップルが、レンガ造りのお家を背景にして、豊かに実をつけている光景も素敵だと思います。



DSC00031 v

 

DSC00036_edited v
 フクシア(Fuchsia)のことをこちらではフューシアと発音しているように聞こえます。フューシアの種類は何百種類も数え、愛好家も大変多いのですが、ほとんどの種類は耐寒性が無くて冬季はグリーンハウスでの管理になります。
 この写真の種類は耐寒性のある種類で、零下の気温で凍りついても解凍すれば御覧の通り、ほんとうに冬のお庭には貴重な存在です。これはご近所さんのお庭からレンガ塀越しにこぼれ咲く姿を写しました。




DSC00038_edited v



DSC00070_edited v
 これは我が家の南天(Nandina domestica ‘Sacred Bamboo’)で、日本の南天と同じ種類です。14~5年、玄関脇にあって、‘難転’の役目を果たしてきた…確かに縁起の良いプラントかもしれません。




DSC00069_edited v
 冷夏を過ごした年の南天の実はこのように小さなサイズにしかなりません。昨年も同じようなサイズでした。三年前は思いがけなく暑い夏でしたので、実は丸々と充実して日本のものと比べても見劣りしないほど立派な実でしたのに。
 実のサイズが夏の暑さと関係があるなんてちょっと意外な発見です。




DSC09988 v
 12月7日の朝は霜でリッチフィールド エンジェル(Lichfield Angel)も凍りついてしまいました。




DSC09994 v
 常緑のソフト シールド ファーン(Soft Shield fern, 学名;Polystichum Setiferum)も御覧の通りです。
 


DSC00011_edited v
 ミクルマス デージー(Aster amellus ‘Violet Queen’)の咲き殻にも何となく風情が感じられて刈り取らずにそのままにしておりました。霜でほんのり薄化粧です。




DSC00002_edited v
 日本のタニワタリの仲間だと思いますが、ハート タング ファーン(Hart's-Tongue fern、学名;Asplenium scolopendrium)も凍っています。




DSC09982_edited v
 ここは市の総合病院の中にある小さなチャペルです。地元のフラワークラブのメンバー10人ほどでローテーションを組んでお花アレンジの御奉仕をしていますが、今週は私のお当番でした。
 始めてからもう7~8年にもなるでしょうか、どんなに忙しい時でもこのボランティアのことはいつも大切に考えてきました。
 今回のお花も長持ちする菊が中心ですが、クリスマスも間近ですから枝ものにはホリーを使いました。


人気ブログランキングへ✰お出でいただきまして有難うございました。
  1. 2008/12/11(木) 10:50:56|
  2. 近隣の風景
  3. | コメント:8
次のページ

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。