イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(Ⅳ) ベス チャトー ガーデン

                             25th January 2009


人気ブログランキングへ

 イギリスのベス チャトー ガーデンの映像が、この新春に日本のテレビで放映されたということを伺いました。それを機に検索を通して私の過去の記事にご訪問くださる方もおられ、それに関わるコメントもいくつか頂戴いたしております。
 過去3回の記事をご覧いただきましたのは、2007年の8月(5日、7日、10日)でございましたが、その後は中断したままで今に至っておりました。この度、その後半のUPをご希望くださる方もおられますので、いささか間は空きましたけれど、お目にかけさせていただきます。



DSC00568_edited a
 2007年8月10日の記事の最後は、熟年ご夫婦が坂を登ってこられるところで終わっております。ゆるい勾配の坂の上一帯は、The Reservoir Garden と言われております。貯水池あるいはため池風の池が右手から奥の方に続いておりました。この写真はため池とは反対側で左方向に向かって写しました。白樺の木も左手に見えています。




DSC00569 a
 これも上の写真と同じ方向で、白樺を外して右寄りの角度で写しました。この前方をさらに右寄りに進みますと、ベス チャトーさんのお宅に突きあたります。中ほどに三角状の屋根のグレーのラインが写真にもうっすらと小さく見えていますが、白壁なので空の色に融け込み判別しにくいかとも思います。




DSC00571 a
 これは坂を登って右方向でため池側に向かって写しました。お盆のお供え花、ピンク色のミソハギ(Lythrum salicaria)が見えますね。アイリスの葉も見えますし、この辺り一帯には水際の好きな植物が植えられているようです。




DSC00573 a
 左側のオレンジ色の花はこちらでは一日だけの花、へメロカリス(Hemerocallis)、一般にはデイ リリーと呼ばれておりますが、日本の野カンゾウやユウスゲに近い種類だと思います。
 右側のピンクのお花はフロックスでした。




DSC00574 a
 ホスタ、オレンジ花のクロコスミヤ、そして日本のウラハグサ(フウチソウ)も見えます。




DSC00575 a
 ベンチに腰かけておむすびなどいただくと美味しいでしょうね。大きなタオルを拡げてお昼寝される方や、読書なさる方のお姿も見えました。




DSC00577 a




DSC00578 a
 この橋を渡って貯水池に近付くこともできます。




DSC00581 a
 ここで立ち止まって右方向を眺めたのが下の写真だったと思います。




DSC00582 a
 右の淡いピンクのお花はフロックス、左はパーシカリア(Persicaria)、15~6年ほど?前まで、このプラントはポりゴナム(Polygonum)と呼ばれていたようです。
 中ほどの丈高のプラントはユーパトリウム(Eupatorium purpureum)ではないかと思います。
ため池はこのような感じで道に沿って続いていました。





DSC00584 a
 このガーデンを散策しましたのは7月末でしたが、程よい気温で私は薄手のカーディガンを羽織っておりました。土曜日の午後でしたのに訪問者の数はそれほど多くはありません。ゆったりとした時間が流れていきました。




DSC00586 a
 足の向くまま、心の趣くままに・・・。




DSC00588_edited a
 スモークツリーと一般に言われております、赤銅色のコティナス(Cotinus coggygria)が右側に見えますね。前方に枝垂れ柳が見えますので、あの辺りにもため池が広がっているということになるのでしょう。




DSC00591 a
 手前右側に見えます緑のプラントも、丈は低目ですがスモークツリーの一種でした。足元の方でピンク色のお花を見せています。
 左側でピンク色のお花が平らに広がって咲いていますが、あれはこちらの方がジェレイニアム(Geranium)と発音するプラントです。フウロソウ科で、日本のゲンノショウコに近いと思いますが、種類も多くボーダーガーデンではやや丈高のプラントのフロントなどで大切な役割を果たす宿根草かと思います。




DSC00590 a
 ベス チャトーさんのガーデンを散策する楽しみのひとつに、通路が程良くカーブしていることが挙げられます。あの先にはどんな光景が拡がるかしらと言う期待感で、疲れを覚えることもありません。
 このような木陰も素敵ですね。足元にはイカリソウ(Epimedium)の葉や、こちらの方からジャパニーズアネモネと呼ばれておりますシュウメイ菊の一種がピンクのお花を見せています。


次回は庭に戻りますが、その次あたりにこの続きをご覧いただこうと思います。


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
  1. 2009/01/25(日) 22:15:38|
  2. ベス・チャトー ガーデン
  3. | コメント:10

凍てついた庭で

                              9th January 2009


人気ブログランキングへ

 年頭にあたり皆さまがご多幸であられますよう心からお祈り申し上げます。
 松飾りも取れての新年のご挨拶というのも面映ゆいのですが、なにとぞ御容赦ください。そして本年もよろしくお願い致します。

イギリスは、大変寒さの厳しい冬を迎えております。クリスマスの数日間は比較的マイルドなお天気でしたが、その後は連日のように夜はマイナスの気温、PC上の気温表示でマイナス5度を示した夜もありました。数日前にオックスフォード辺りではマイナス12度を記録したのだそうです。
 

 

DSC00667_edited a
 コーク スクリュー ヘーゼル(学名;Corylus avellana contorta)は落葉してタッセル状のお花を咲かせる冬が一番個性を発揮する時期かと思います。庭にリスたちの姿が見られるようになったのはこの木が成長し、ヘーゼルナッツの実が生るようになってからのことでした。今では小鳥たちの食べ物を横取りするのが目的でやってくるリスもいるほど数が増えています。




DSC00655_edited a
 5日の夜半からこの界隈での初雪が降りました。早朝には降り止み半分ほど融けましたが、その後凍りついたままで融ける気配がありません。




DSC00606_edited a
 この場所にはカエルの産卵を目的とした自然風の小さな沼状の池がありましたが、庭に棲みつくカエルの数も増えたことですし、昨年の秋口にその窪みを酸性の土、エリケイシャス ソイル(PH5~6)で埋め尽くしてしまいました(他にカエルたちが遊べる小さな池があります)。
 それまで鉢管理を余儀なくされていたアルカリ土壌嫌いの植物達の専用花壇にしたというわけです。
 馬酔木2種、ミヤマシキミ2種、ミツマタ、ツツジなどを植えました。すべてが嘗て日本から渡来した種類のプラントばかりです。これらを直接庭に植えてしまいますと、この辺りの土はアルカリ度が高い(PH7~)ので、根を張ることができず殆どは1~2年で枯れてしまいます。

 チャールズ皇太子のお庭を訪問(グループで)させていただいたときに、お住まいのすぐ窓の下に拡がっていた酸性土壌花壇、エリケイシャスコーナーが大変印象に残りました。日本原産の酸性土好みのプラントが各種植えられていて何だか嬉しくなったものです。
 規模において我が家のこのコーナーは皇太子さまの花壇に比べればほんのミニアチュアサイズにしかすぎませんが、それでも私には楽しみなコーナーです。空いているところにリンドウも植えましたし、野牡丹が見つかればそれも植えたいと思っています。



DSC00618_edited a
 ゴールドフィンチは絶え間なくやってきます。これらの小鳥たちが一斉に姿を消すときは必ずと言っていいほど、猫が傍を闊歩しています。
 毎朝この餌かごをひまわりの剥き実でいっぱいにしますが、夕方にはすっかり無くなっています。




DSC00632_edited a
 餌かご、ナッツディスペンサーのすぐ下にあるつくばいで小鳥たちは水を飲みます。このときは表面がほとんど凍りついておりましたから、筒から流れ出るわずかな水滴を飲もうとしておりました。




DSC00660_edited a
 ブラックバードはロビンと同じくらいイギリス人に愛されている小鳥だと思います。クロウタドリという日本名にもありますように、歌声の素晴らしさは聞きしに勝るほどで、私も初めて耳にしたときは感動してしまいました。
 その歌の王者が、庭仕事を始めますとロビン同様たちまちどこからともなく現れて、掘り返していくすぐ傍らでミミズや虫けらを嬉しそうに食べていきます。私もつい話しかけますが、ガーデニング友達のような愛くるしい存在で私の最も愛する小鳥です。




DSC00625_edited a
 ブラックバードの水飲み場もこの小さなつくばいです。この粗末な手作りのツクバイが庭に来る小鳥たちの喉を幾分かでも潤しているのかと思えるのは嬉しいことです。




DSC00578_edited a
 凍てつく寒さの中、ヘレボーラス(Hellebourus Orientalis double flowers "Wilgenbroek Selection" )のお花が咲いてきました。


 

DSC00574_edited a
 これは5日の撮影ですが、その後これらの雪は凍りついたまま4日間も解けずに残りました。きょうは(8日)久しぶりに夜の気温がプラスに変わったところです。




DSC00596_edited a
 ヘレボーラスには白い雪が似合いますね
 蕾が少しずつ立ち上がり膨らんでくるのがこれから楽しみです。
 同じ場所に何種類かのヘレボーラスが植えられていますので、咲き姿を見るまでこれの名前に自信が持てません。咲きましたら種類名を加筆させていただきます。



人気ブログランキングへ
  1. 2009/01/09(金) 12:41:35|
  2. | コメント:28

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。