イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

紅千鳥&枝垂れ猫柳


                            28th March 2009


人気ブログランキングへ

DSC00010_edited a
 やや遅れて到来したかに見えた英国の春も、今では周辺の庭や野原、街路にはたくさんの花木類が爛漫と咲き誇っております。二階の私の部屋からも他家のお庭に咲くレンギョウ、モクレン、桜、スモモなどが見えております。自然が一斉に芽吹き花咲く今のシーズンは、人々の気持ちも自ずから前向きになっていくようですね。
 この日本の梅‘紅千鳥’は一週間ほど前の状態ですが、小サイズながら春の華やぎが溢れます。
 




DSC00022_edited a
 昨年、梅の実が数十個は生りましたのに、大きくならずに落果しました。5月6月の気温が日本に比べ、かなり低いからではないかと思います。それに梅の実が日毎に大きくなる梅雨もこちらにはありませんもの。梅雨のシーズンも梅の実にとってはきっと大切なのでしょうね。




DSC09890_edited a
 枝垂れ柳(Salix caprea ‘Kilmernock’)も光の中で輝いて、なかなかの華やかさです。
 



DSC09893_edited a




DSC09957 a
 ブルーのアネモネは10年以上も前にお隣さんから戴きました。多分Anemone blanda ‘Atrocaerulea’ではないかと思います。古いお庭ではよく見かける種類です。
 緑がかったお花の咲くヘレボーラス ホワイト ビューティー (Helleborus White Beauty)もまだまだ見応えがあります。





DSC09966_edited a
 このコーナーの雰囲気も何となく気に入っています。横倒しのハーブポットにアイビーが育ち、ポットにもやや苔がむし始めたように見えます。





DSC09970_edited a
 一輪のクリスマスローズも十分にゆかしいと思いますが、これだけまとまって咲く姿を見るのも華やぎが感じられます。





DSC09965_edited a





DSC09998_edited a
 こちらは白というよりはクリーム色がかった春咲きクリスマスローズ(Helleborus X hybridus Ballad Seedlings)です。他に遅れて咲き始めますが、下向きの端正なカップシェイプが素敵だとおもいます。




DSC09992_edited a
 一旦芽が地表に見えたかと思うと、見る度に丈が伸び、たちまちお花を見せる・・・まるでそんな感じで春を感じさせてくれるのは、この中ほどに見えるユリ科のフリティラリア インぺりアリス(Fritillaria imperiallis)です。
 2001年からこの場所で咲いていますが、脇から子供の球根も育って本数も増えました。





DSC09887 a
 一般にプリムローズ(Primula vulgaris)と呼ばれておりますが、多くの英国人から例外なく愛される代表的な野の花の一つだと思います。土手や野原でも普通に見かけますし、今の時期どなたのお庭でもきっと何株かが植わっていて、春を告げる優しいお花を咲かせているのではと想像します。





DSC00001_edited a
 今の時期、皆さまにご紹介させていただきたくなるのが、このピットスポーラム(Pittosporum tenuifolium Tom Thumb)です。2000年からこの場所にあり、丈は1mをやや越えるほどでしょうか。姿は刈り込まなくても球状で、しかもゆっくりと成長しますから、狭い庭には好都合のブッシュです。
 写真では全体が明るく見えますが、この実際の色名を何と表現すればいいのでしょう。葉の裏側は深紫(黒紫)、葉の表面は艶やかな紫みのある黒、ぬればいろ(濡れ羽色)というのが一番近いかもしれません。不思議な魅力を放つブッシュさんです。





DSC09985 a
 ミツマタ(Edgeworthia Chrisantha=E.Papyrifera)が満開になり、周辺には素敵な香りがただよいます。
 ところでこの苗を求めた時に根元から何本も小さな芽が伸びておりましたので、それらを欠きとって挿し木にしておりました。幸いにもそれらは確実に活着し、この春、確かな新葉が伸び始めたのです。
 そこで英国で40年以上もお暮らしの、生け花界でご活躍の友人に、ミツマタの挿し木苗2本、それにお花も一輪だけですが添えて差し上げました。
 偶然でしたが、そのご婦人の御生家の周辺には、春になりますとミツマタのお花がたくさん咲いていたのだそうです。「この香りは40数年ぶりですよ・・・故郷の春の香り・・・イギリスでミツマタに出会えるなんて思ってもいませんでした・・・」と大変感激していただけたのです。
 故郷の春の香りを共感される方が他にも居られたなんて、私の幸せ気分も倍加する思いでした。





DSC00003 a
 これも私の大好きな日本の馬酔木の一種(Pieris Katsura)です。この種類は日本の絞り染めのようなお花も素敵ですが、花後に延びてくる新葉も、照りのあるえび茶色もしくは栗色で、とても魅力的なのです。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2009/03/28(土) 09:26:22|
  2. | コメント:10

(Ⅴ) ベス チャトー ガーデン

                           14th March 2009                                                                            


人気ブログランキングへ


DSC00596_edited m
 ベス チャトーさんのお庭は前回の1月25日に続いてこれで5回目になります。
 この辺りは右手にかなり広い範囲にわたって貯水池の拡がる Reservoir Garden と言われているところです。
 水際好みの柳の木々が向こう岸に見えていますね。シルヴァーグレーの葉が輝いておりました。




DSC00599_edited m
 7月末のボーダーガーデンの様子もまだまだ美しいと思います。黄色いお花のフロミス(Phlomis)、赤銅色のバーべリス(Berberis)、白とブルーのアガパンサス、そして英名でゴールデンオーツ(学名;Stipa gigantea)と言われる丈高のグラスなどが、目立っているでしょうか。





DSC00601_edited m
 赤銅色のバーべリスはBerberis thunbergii atropurpurea ではないかと思います。お庭のアクセントカラーとしては大変効果的で美しいブッシュなのですが、全体が棘だらけなので、周辺の清掃が大変だった記憶があります。我が家の狭い庭で大きくなりすぎて、処分を余儀なくされましたので、見るたびに思い出してしまいます。




DSC00602_edited m
 何のお花を写しているのでしょう。濃い紫のお花はまだ丈の低い、バタフライブッシュと言われるブッドレイア(Buddleia)だったでしょうか。。記憶が定かではありません。
 中ほどの優しいピンク色のお花は、俗にジャパニーズアネモネとこちらで呼ばれている一重咲きのシュウメイ菊だったと思います。




DSC00603_edited m




DSC00606_edited m
 濃いブルーのアガパンサスがとても素敵ですね。ナーサリーで苗を探しましたが、あいにく品切れで残念ながら求めることができませんでした。




DSC00607_edited m
 炎のように見えるオレンジ色のお花は二フォーフィア(Kniphofia)と発音しますが、英名でトーチりりーとかホットポーカーと呼ばれています。
 懐中電気のことをこちらではトーチ(torch)と言いますし、ポーカー(poker)は、火かき棒だそうですから、確かにそんなイメージのお花で、よく目立ちます。
 白のアガパンサスも素敵です。




DSC00609_edited m
 お庭の彼方に空が続いて、ぽっかり雲が浮かんでいるなんて、のどかな光景ですね。
この先に進みたいところですが、でも私には目指すところがありました。





DSC00612_edited ss
 こちらの奥に向かっています。




DSC00615 m
 すると左手にはこのような景色が・・・。
 このコントラストを何と表現すればいいのでしょう。ベス チャトーさんの庭園哲学にひたすら黙して脱帽です。




DSC00620 m
 まだため池が続いています。




DSC00628 ss
 このベスチャトーさんの庭園に伺う愉しみの一つに、私には森のお庭、Woodland Garden、の散策があります。 せせらぎが流れ、素敵な森の植物にたくさん出会うことが出来ます。
 カラフルな植物たちに堪能した後、このナチュラルなウッドランウオークはとても心に優しいのです。




DSC00635 ss
 この白いお花は素敵ですね。そばに、Eucryphia nymansensis と記されている名札があり、それも写真におさめました。


DSC00631 m


DSC00633 ss



DSC00641 m




DSC00652_edited m




DSC00650 m
 森のガーデンを抜け再びボーダーガーデンです。
 正面中ほどにユウカリの木が見えます。




DSC00651_edited m
 ユウカリに近づきました。




DSC00653_edited m
 視線をやや右方向に移しました。




DSC00654_edited m
   やはりベスチャトーさんのガーデンはどの一角を拝見してもパーフェクトだと思います。

 今回21枚の写真を御覧いただきましたが、ご一緒に散策していただきましてありがとうございました。この続きはいずれ近いうちにと思います。
 



人気ブログランキングへ
  1. 2009/03/14(土) 00:16:30|
  2. ベス・チャトー ガーデン
  3. | コメント:4

庭のクリスマスローズ再び!

                              4th March 2009



 英国は記録的な寒さの後、例年並みのマイルドな気候に戻り、庭のクリスマスローズたちも伸びやかに花開いてきました。予定を変えてしまいますがもう一度お目にかけさせてください。

人気ブログランキングへ

DSC09865 a
 ヘレボーラス ホワイト ビューティー (Helleborus White Beauty)も咲き始めました。一本の花茎に大小合わせて多いものでは16~7個も蕾がついております。さらにお花の直径は7~10cmほどもありますから、このボリューム感も素敵だと思います。




DSC09908_edited a
 日本の梅‘紅千鳥’(Prunus mume ‘Beni-Chidori’)が咲き始めました。イギリスではアプリコットは普通に見られますが、英名でジャパニーズアプリコットと呼ばれる梅は大変稀少です。まだ小さな木ですが、庭でこれらの蕾がほころび始めるころ、春を迎える期待感も一気に高まります。




DSC09851_edited a
 春咲きクリスマスローズのピンクスポット(Hillier Hybrid Pink Spotted)が最初の花を咲かせました。昨年は一本だけでしたが、今年は4本も花茎が立ち上がってきました。




DSC09841_edited a
 これも春咲きクリスマスローズで、ホワイトスポット(Hillier Hybrid White Spotted )です。




DSC09837_edited a
 庭のクリスマスローズの中では一番の古株だからでしょうか、ありふれた種類ですが、私には目に優しい風情です。




DSC09853_edited a
 春咲きクリスマスローズ(Helleborus Orientaris Double flowering " Wilgenbroek Selection)です. 庭では一番早く咲き始めました。




DSC09914_edited a
 こちらはれっきとしたクリスマスローズ(Helleborus niger)です。名前もホワイトクリスマス、大輪の純白が素敵です。




DSC09842_edited a
 実生苗から育った春咲きクリスマスローズも満開になりました。




DSC09936_edited a
 前庭の一部です。古い屋根瓦で囲まれた中央部に、今の季節、切り戻されていますが宮城野萩の株が見えます。



 
DSC09881_edited a
 三枚花弁のスノードロップはすでに終わりましたが、こちらのダブル咲き種は(Galanthus nivalis ‘Flore Pleno’)遅く咲き始め、まだまだ楽しめます。




DSC09885_edited a
 実生から成長したガーデンハイブリッドですが、お花の数が昨年よりも増えました。




DSC09933_edited a
 この濃紫色の春咲きクリスマスローズ(Helleborus Orientalis)は、10年程前に求めたものですが、植え替えが多かったせいでしょうか、今年も3本の花茎しか立ち上がってきませんでした。数は少ないのですが、この色合いに惹かれています。
 後方に見えますドーム型のカバー(Victorian cloche)は霜に弱い植物を保護する為のものです。カラー(calla)に被せましたが、カンナにも被せてあります。




DSC09895_edited a
 これは2000年に求めた時、すでに実生苗であるという記載がありました。裏庭で育っているこれの実生苗は更に他の性質がミックスしていますので、親株とはまた違った性質が見えるのが面白いと思います。




DSC09868_edited a

 冬咲き(1月~3月)シクラメン(Cyclamen coum)のシーズンですが、うっかり踏みつけてしまいそうな処に拡がっていきます。




DSC09871_edited a
 10cmにも満たない低い草丈ですが、雑草のようにたくましい生命力です。




DSC09938_edited a
 コークスクリューヘーゼルの花、タッセルが風に揺れます。一年中でこの木が一番美しく見える時期かもしれません。




DSC09909_edited a
 ヴァイバーナム ボドナンテンス(Viburnum bodnantence Charles Lamont)は、もう4~5か月に亘って少しずつお花を咲かせてきました。このところの暖かさで花序の大きさも更に膨らんだ感じを受けます。長く咲き続けても決して見あきることのない初々しさが不思議です。




DSC09900_edited a
 昨年買い求めたミツマタが(Edgeworthia Chrisantha=E.Papyrifera)、新しい土に馴染んでお花を見せてくれたことは嬉しいことです。後方にぼんやり写っているプラント達は馬酔木や深山シキミですが、これから徐々にお花を見せてくれることでしょう。



人気ブログランキングへ


  1. 2009/03/04(水) 00:15:35|
  2. | コメント:10

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。