イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

薔薇咲き始め

                           29th May 2009


人気ブログランキングへ

DSC01146 B
庭の薔薇がやっと開花し始めました。東京辺りよりもかなり遅れますが、冷涼な気候の関係で, 咲いた薔薇もすぐには散らず、しかも雨が少ないのでお花も傷まずで、英国のイングリッシュガーデンは一年中で最も美しい季節を迎えます。
 最初に咲きましたのは、アプリコットオレンジ色の、クラウン プリンセス マーガリータ(Crown Princess Margareta)です。





DSC01129 B
 何回か植え替えを余儀なくされましたのに、逆境をものともせず元気に育ちました。蔓薔薇扱いでフェンスに沿わせてありますが、お花のサイズは大きめです。





DSC01127 B
 深紅の蔓薔薇の写真に魅かれて、昨年地元のガーデンセンターで求めました。名前はフォルスタッフ(Falstaff)、デイヴィッド オースティン氏が ’99年に作出された薔薇だそうです。




DSC01195 B
 フォルスタッフのこの深紅色に惹き込まれてしまいそう、蔓薔薇なのにお花のサイズは大きく、花弁数も多くてオールドローズ風の香りもパワフル、それにシェイプも完璧なオールドローズタイプです。うっとりです。





DSC01133 B
 これもクライマーですが、テス オブ ザ ダーバヴィルズ(Tess of the D'urbervilles)という名前です。トーマス ハーディーの同名の小説のイメージは暗いのですけれど、でもテスが幸せそうな姿で毎年庭に咲き戻ってきてくれることを念じて求めました。





DSC01106_edited B
 この小さな庭には不釣り合いなほど大きなサイズのグラス(Stipa gigantea)が穂を伸ばしてきました。この庭で十年になります。英名でゴールデン オート(Golden oats)と言われるほどですから、陽光を受けて黄金色に輝く穂は美しいと思います。





DSC01154 B





DSC01086 B
 後方中ほどでピンクの穂を見せていますのは、パーシカリア(Persicaria bistorta ‘Superba’)、かつてはポリゴナムと言われておりました。アイリスやオリエント ポピーも咲いています。





DSC01089 B
 これはフリティラリア インぺりアリス(Fritillaria Imperialis)の花後に出来た種の部分です。お花も大きかったのですが、シードヘッドも巨大です。もうすぐ刈り取ってドライにしますが、面白い形なので生け花にも効果的ですね。





DSC01093_edited B
 このアイリスはお隣さんから15~6年前にいただいたものですが、シベリアンアイリス(Iris Siberica ‘Toropic night’)ではないかと思います。花の期間が大変短いのですが、この時節どうしても出会いたいアイリスです。





DSC01110 b
 これは2007年にベス チャトー ガーデンを訪れた時に求めたものです。普通のパーシカリアよりも小さめで、可愛いらしく感じました。学名はPersicaria bistorta subsp carnea と記されてあります。





DSC01150 B





DSC00678_edited B
 このアイリス(Iris pallida “Aurea Variegate”)は、お花は咲かなくてもいいのよ、と言いたくなるほど、フォーリッジそのものが大変美しいと思います。でも咲いたお花も素敵ですね。それに蕾の数も多いので、しばらく咲き続けます。





DSC01158 B
 ラナンキュラスですが、バラエティー名は不明です。水辺の好きなキンポーゲ科のプラントです。





DSC01191_edited B
 アストランティア(Astrantia maxima)も優しい風合いのお花ですね。次々と咲き、最後はドライになって姿を崩しません。





DSC01203 B
 キッチンガーデンに昨年の秋、アリウム(Allium Lucy Ball)の球根を5個埋めておきましたら、直径15cmもある大きなお花が咲いてきました。こんなドラムスティックのようなお花がお庭で見られるのも楽しいものです。





DSC01113_edited B
 フィラデルファス(Philadelphus coronarius Aureus)のお花は、素晴らしい香りを放ちます。葉も、ゴールデン モック オレンジと英名で言われますように、明るい緑色で全体が優しい雰囲気の花木です。




DSC01115_edited B
 昨年の秋に、ケンブリッジの友人から‘ツタンカーメンのエンドウ豆’の種を10粒いただきました。すべて発芽し生育も大変順調なのです。お花もかわいいのですが、サヤの色が紫色で何ともドラマティックな色なのです。
ツタンカーメンのミイラが発見されましたのは1922年、その時豪華な副葬品も数多く発掘され、お豆もそれら副葬品の一つとして発見され、その後、英国の学者によって、発芽に成功したということは周知の事実のようです。
 三千数百年もの悠久の眠りから見事に蘇生した、そんな奇跡のようなストーリーがこのお豆の背景にはあるのですけれど、ツタンカーメン王もきっと食したに違いない同じお豆を、今こうして手軽に庭で栽培し味わっているという事実に、ロマンを駆り立てられます。

 サヤが固目なので、サヤそのものはいただけませんが、充実してきたお豆を取り出して、生で戴いた時のさわやかな甘さが大変印象的でした。、おいしさは期待以上で感動しています。御来客には紫のサヤのままおつまみの一品として供しますと、目先も変わっておしゃれかもしれません。それに数千年前のツタンカーメン少年王に話題が及び、お客さまに思いがけない話題を提供できることでしょう。



 
DSC01174_edited B
 写真には写っておりませんが、ホスタは鉢植えだけで25鉢ほどあります。




DSC01170_edited B
 一番小さなミニチュアサイズのホスタはキャッツアイという名前です。


 
 先週はチェルシーフラワーショーでにぎわいましたが、私は毎年このフラワーショーだけは見逃したことがありません。次回は会場の写真を(今年こそ)お目にかけさせていただきます。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2009/05/29(金) 11:04:32|
  2. | コメント:8

オープンガーデン


                             22nd May 2009



人気ブログランキングへ


 個人のお庭を一般に公開して、その入場料をチャリティーに寄付するというオープンガーデンのシーズンに入りました。私どもの住む町に隣接する村々でも、週末は必ずどこかしらの村で実施されております。これらのお庭は、一般に公開することを前提に作られたお庭ではなく、日常の暮らしの中で築かれてきた個人のお庭ですから、住まわれる方々のライフスタイルも垣間見え、大変興味深いものがあります。 

 この何年間か私自身はそれらの場所に出向く時間的な余裕も無かったのですが、今年は友人のお庭も初公開というご案内をいただきましたので、何を差し置いてもとばかり、お訪ねいたしました。
 この村でオープンガーデンを始めたのは数年前からなのだそうです。今回は8軒のお宅のお庭が公開されました。最初の場所で日本円に換算しますと約500円ほどの入場料を支払い、それで8軒のお庭をお散歩気分で拝見することができました。



DSC00601_edited a
 最初のお庭に伺って、個人のお庭にしてはあまりの規模の大きさに驚いてしまいました。道路からお家までの距離は200メートルほどはありましたでしょうか。まるでランドスケープガーデンという規模なのです。中程に見えるのは池ではありません。川なのです。




DSC00600_edited a
 お家の真下を川が流れています。




DSC00606_edited a
 そうなのです。ここは古くは製粉所だったのです。水車が見えますね。今も粉が挽かれているかどうかはわかりませんが、あの水車は回り続けておりました。このお宅のことを村の方々はミルハウスと呼んでいます。村人たちは、かつてはここの‘水車小屋’で粉ひきをしたということなのでしょう。
 右端に見える馬は、ブロンズ製のようです。川の向こう側に渡ってみましょう。




DSC00599_edited a
 柳の足元に赤やブルーの色が見えますが、岸辺にうつぶせにしたボートだと思いました。あるいはカヌーだったかもしれません。あそこにはもう一本、左の川に並行して大き目の川が流れており、小船なども浮かんでおりました。高くそびえるポプラの木のある辺りもこのお宅のお屋敷の一部ではないかと思います。
 お家の向こう側の眺めはどうなっているのでしょうか。




DSC00596_edited a
 大きなお家ですね。左端に少し水車が見えています。右側の建物は、1812年の建築だそうですから、200年ほど前の建物ということになりますね。左側は比較的近年の建物にも見えましたが・・・。




DSC00593 a
 右に視線を移しました。あの建物の中には何があるのでしょうか。大勢の方々が出入りしておられました。




DSC00616 a
 車庫だったのです。他にもほぼ同じサイズの車庫があり、いずれの車庫の中にもクラシックカーが6台ずつ納まっておりました。当然ながら埃もかかっておりません。ピカピカです。




DSC00614 a
 この車は結婚式の時に業者の方が使う車に似ています。車種など私にはさっぱりわかりませんが、紙片には、VANDENPLAS PRINCESS LIMOUSINE 1962 と記されておりました。

 それにしましてもお庭拝見ということで伺いましたので、このようなゴージャスなクラシックカーを数多く拝見させていただけるとは、予想も致しておりませんでした。本物を拝見できる幸せ気分にどっぷりと浸からせていただきました。他にモーターサイクルなども10台ほどありましたし、大きな車輪の自転車も飾られておりました。ここにお住まいのご当主はクラシックカーなどのコレクションがご趣味の方のようですね。

 予告もありませんでしたから、他の方々も思いがけないナイスサプライズに感激されたこと思います。このようなお宝公開はリスクも伴いますのに、持ち主のご好意に感謝いたしました。




DSC00607_edited a
 手前のレーシングカーにはM.SCHUMACHERと車体に記されてありますので、シューマッハの乗ったレーシングカーなのでしょうね。




DSC00609_edited a
 こちらにはSENNAの名前が車体に書かれてありました。ヘルメットにもSENNAの名前があります。’94年に事故死されたアイルトン・セナのレーシングカーでしょうか。壁に激突したときの衝撃的なシーンを繰り返しニュースが報じていたのを、鮮やかに思い出してしまいました。
 これら2台のレーシングカーには、きっとそれぞれに興味深いストーリーがあることと思いますが、ご当主から伺わない限り、私たち見学者にはわかりませんね。

 このお宅も初めてオープンガーデンに参加されたと友人から伺いました。これだけの広大なお庭をオープンされるためのご準備は大変だったことと思います。ご当主さまに感謝しながら、このお宅を離れました。



  
DSC00663 a
 ここがこの村の中心地です。パブが二軒、それに何でも少しずつ売られている万屋さんのようなスーパーマーケットが見えます。写真には見えませんが、小さなフィッシュ&チップスのお店もあります。お店はたぶんそれだけだと思いますが、イギリスの田舎でしたらどこにでも見られるような、平和で落ち着いた小さなヴィレッジの光景です。
 ロンドンのような大都会では、普通に暮らすイギリス人に会うことも少ないと思われますが、このような田舎では、いわゆるイギリス人の暮らしに触れ合うことができます。




DSC00629_edited a
 これは三軒目のお庭の写真です。サイズ的には小さめのお庭でしたが、お手入れが行き届いた素敵なお庭でした。特に私の目を惹いたのがこの池周りのデザインです。写真の左右に小さな日本風の石灯籠が見えますね。左の石灯籠のそばには日本のカエデの鉢植えも置かれてありました。これは明らかに日本風を意識されて造られたコーナーだと思います。
 お庭の一部に日本風なタッチを加えることは、こちらのお庭好きのあこがれでもあるということを、このようなお庭訪問を通してしばしば実感させられております。





DSC00641_edited a
 さてこの日のハイライトである、私の友人、Aさん(日本人)のお庭拝見です。友人と申しましても英国ご在住歴は50年を数え昨年金婚式をお祝いされました。私の住む町の界隈には日本人はほとんどおられませんから、この方は数少ない日本人のお一人で、 しかもガーデニングが大好き、美しいものが大好きというお方、私にはとても大切な人生の大先輩なのです。

 右に見えておりますのはサマーハウスです。




DSC00643_edited a
 Aさんは日本人をご両親としてハワイで生まれ、御幼少時をハワイで過ごされましたが、戦争開始と同時に日本に引き揚げられました。
 やがて朝鮮戦争が始まり、当時通訳をしておられたAさんは、国連軍に伴って呉に来ておられた現在のイギリス人のご主人との御縁がつながることになったのです。

 ロマンティックなAさんには、このようなオーナメントがお似合いです。




DSC00656_edited a
 芝刈りはご主人がなさるそうですが、植物のお手入れはすべてAさんがなさると伺いました。




DSC00647_edited a
 ここは昨年出来上がったAさん念願の日本庭園です。鯉も泳ぐ池造りを実現されました。グリーンのネットを池に被せてありますのは、サギに鯉を食べられないようにするためです。




DSC00651_edited a
 素敵なパティオもできました。水の流れる音を聞きながらの、朝食やティータイムは素敵ですね。50年も前に後にした遠い日本のことを思いながら、ここで過ごされる時間を大切にしていらっしゃることでしょう。




DSC00648_edited a
 訪れた方々も、ここは何てピースフルなんでしょうと、称賛のコメントを惜しみません。
 写真中央の後方に、柱が見えますが、あれは私の目には神社の鳥居のイメージにも重なります。A
さんには、あるいは遠い故郷の原風景のおひとつかしらとも思いましたが、まだあの建造物の意味を伺ってはおりません。




DSC00674 a
 こちらは6軒目に拝見したお庭のあるお宅です。このお家は16世紀のチューダー時代の建物だそうですから、四百数十年も経っていることになりますね。
 この建物は実は左にも長く続いていたのだそうですが、古くに焼失してしまったとのこと、焼け焦げた柱や板ががむき出しになっておりました。そんな部分も大切に保存して語り草にされるところなど、とてもイギリス的だと感心してしまいました。




DSC00666 a
 建物の左側の奥にお庭の入口がありました。カリフォルニアン ライラックとも言われております、セアノサス(Ceanothus)が塀の上で見事に咲いています。




 DSC00672 a
 正面にレンガで囲まれたものが見えますが、あれは今でも水をたたえている、立派な井戸なのです。使われてはいませんけれど、古くから存在するものは大切に保存されています。




DSC00669 a
 お庭の奥からお家に向かって写しました。左に見えます黄色いお花は、ラバーナム(Laburnum)という花木で、多分Laburnum X watereri ‘Vossii’ではないかと思います。葉も枝も種にも毒性があるとのことですが、藤のお花のように垂れ下がって咲くところがエレガントで人気があり、今の時期、各所で見られます。

 最初のお宅で長く楽しませていただいたこと、友人のお宅でティーも御馳走になりましたし、開園時間の3時間はたちまち過ぎてしまいました。ここまで拝見しますと、残りの二つのお庭にも心が残りますが、またいつの日かきっと機会はめぐってくることでしょう。
 チャリティーのために大切なお庭をオープンしてくださったこのヴィレッジの方々に心から感謝しながら、帰路につきました。


人気ブログランキングへ
  1. 2009/05/23(土) 02:27:50|
  2. オープンガーデン
  3. | コメント:12

萌えて輝き・・・

                             16th May 2009


人気ブログランキングへ

DSC00390 s
 萌え出る新緑にもそれぞれに個性があり色彩も一様ではありません。異なるプラントたちの奏でるハーモニーの美しさには言葉も失います。
 中央のグラスはCarex elata ‘Aurea’、牡丹のフロントに植えられているグラスと同じものです。

 今回ご覧いただく写真の中には5月初めのころの写真も含まれておりますことを、御容赦ください。


                                     

DSC00299 s
 イカリ草、薔薇、ヒイラギ、メギ科のバーべリス二種、シモツケ、グラスなどが見えます。お花も楽しみですけれど、やはりそれ以上にフォーリッジの美しいプラントを選んでしまいます。




DSC00295 s
 しもつけ(Spiraea japonica ‘Goldflame’)と、バーべリス(Berberis thunbergii ‘Aurea’)に5月の陽光が輝きます。




DSC00319 vv s
 後方は借景で、左方に白樺、右方にはポプラがほんの一部分ですが見えております。




DSC00293 s
 白のイカリ草(Epimedium X Youngianum‘Niveum’)も、薔薇の樹下で木漏れ日を受けています。



DSC00382_edited s
 ソフト シールド ファーンという英語名の羊歯植物で学名はPolystichum setiferum と言います。
触りますと手のひらに柔らかくて,癒されるような優しい感触のファーンです。




DSC00378_edited s
花壇の一部にはブルーベルが年ごとに増えてきました。抜き取って適度に整理しているつもりですが、、蕾を付けたものはあまりの可愛らしさにそのままになりますので、あちらにもこちらにも拡がってしまいます。




DSC00380_edited s
 これら白のブルーベルは雨後に写しましたので水滴も写っています。左の小さくて濃いめのブルーベルもいつの間にかこの場所で咲くようになりました。





DSC00344_edited s



 
DSC00336_edited s
白のブルーベルは、すでに5~6年前になりますが、友人から戴いたプラントに何個か球根が混じっていたのが始まりのようです。それが今では御覧の通りなのです。
 英国にはブルーベルの一面に咲く林があちらこちらにあり、メルヘンの世界のような雰囲気をつくりあげています。庭のブルーベルも5~6年でこの勢いですからブルーベルの林も十分にうなづけます。
 



DSC00321 s
 イカリ草はほぼお終いですが、10日ほど前にはまだこんなお花が見られました。この種類は、ローズクイーン(Epimedium grandiflorum ‘Rose Queen’) と言われます。




DSC00546 x
 このオレンジ色のポピーのふる里は、ベス チャト-ガーデンです。毎年庭のあちこちから芽を出してきますので、家の庭ではやはりコントロールを必要としています。
 多すぎても困るのですが、でもどこかしらには咲いていてほしいというような、親しみやぬくもりを感じさせてくれるお花です。場所が決まっていなくて、毎年思いがけないところから蕾が立ち上がってくるのも、面白いと思っています。





DSC00550 v
 ティッシュペーパー細工のようなお花は、可愛いのです。




DSC00542 v
 種から育てたアイリスのベビー苗を、友人からいただいたのが始まりです。名前はわかりませんが、濃い紫のお花が咲きます。これも10日ほど前の写真です。




DSC00443_edited s
 新葉の大変に美しいカエデ(Acer palmatum ‘Dissectum Atropurpureum’)は、道行く方々の視線も集めているようです。




DSC00447_edited s
 中ほどに大きく見える樹木は山もみじです。植えて16年ほどになりますが、この種類は成長が早くて毎年1mほど枝を伸ばし、剪定が次第に大変な作業になってきました。
 脚立で届くところはまだ良いのですが、高いところは木に足を掛けることになります。先々のお手入れの大変さを思い、今年はかなりコンパクトに切り落としたつもりですが、それでもこの大きさです。
  私にいつまでこんな作業ができるかしらと思いながら、自己流ですが何とか必要最小限の剪定を毎年致してまいりました。

 右側で丈高のピンクのお花が咲いている木は、ユダが首を括ったということから、英名でJudas tree と言われておりますセイヨウズオウ(Cercis siliguastrum)です。すでに盛りは過ぎていますが、日本で見られる花蘇芳のようなお花が全体につきますので、盛りにはなかなかの見応えがあります。
今は花びらが落ちて地面はピンクのカーペットを敷き詰めたようになっております。



人気ブログランキングへ
  1. 2009/05/16(土) 09:13:55|
  2. | コメント:5
次のページ

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。