イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6月の庭

                             27th June 2009

人気ブログランキングへ


DSC01331_edited ppp
 6月初旬の庭は、シャクヤク、オリエントポピー、遅咲きのアイリス、それにバラも咲いて、華やいだ色調になります。




DSC01330_edited ppp
 毎年同じ時期に、同じ花々と出会えるのが宿根草のお庭の愉しみでもあります。




DSC01269 ppp
 フリルのように波打つ花弁がエレガントで、三年前に求めました。ジャスト ジョイ(Just Joey)という名前で、ハイブリッド ティー ローズです。
 この種の薔薇は、一輪ざしの切り花にしますのも良い雰囲気が出るかとおもいます。




DSC01325_edited ppp
 ボール オブ ビューティー(Paeonia lactiflora‘Bowl of Beauty’)という名のシャクヤクです。 




DSC01263_edited appp
 カップシェイプの中には白い炎が・・・英国でも人気の高いシャクヤクだと思います。




 DSC01271 ppp
 手前の白薔薇はスタンダード仕立ての、アイスバーグ(Iceberg)です。




DSC01393_edited appp
 ジュビリーセレブレイション(Jubilee celebration)は、ラヴェンダー(Lavandula spica Hidcote)の中にしなだれるように咲いています。




DSC01421_edited papp
 エリザベス女王様の戴冠50年をお祝いして名付けられた名前だそうですが、花弁の立ち上がり部分は黄金色で、ピンクとの絡みも絶妙、何やら高貴な色調に見えます。




DSC01400_edited appp
 白い小さなお花の咲いているプラントはジレニア トライフォりィアタ (Gillenia trifoliata)と言いますが、日本名は‘みつばしもつけ’だそうです。
 アラムリリーとかカラーリリーといわれております夏のお花、ザンテディシア(Zantedeschia)も咲き始めました。




DSC01342_edited ppp
 スーヴェニア ドゥ ドクター ジャメイン(Souvenir du Dr Jamain)、このダークな赤に惹かれます。





DSC01319 ppp
 ハイブリッド ティー ローズのレイディー ミッチェル(lady mitchell)、このようなクラシックな形の薔薇も素敵です。長い間前庭にありますが、なぜか株が大きくなりません。でも咲いたお花は確実に満足を与えてくれます。




DSC01321_edited ppp
 和のコーナーに咲いたマータゴン リリー(Lilium martagon)です。直径4cm前後のお花が、多いものでは20個以上も咲き上がり、和の風情もあって気に入っています。




DSC01230_edited appp
 コンスタンス スプライ(Constanse spry)は一季咲きですが、それだけで十分に満足を与えてくれる薔薇だと思います。芍薬程もあるサイズのカップ型のエレガントなお花が咲くころは、庭もひとしきり優しい雰囲気につつまれます。




DSC01228_edited appp


 


DSC01214_edited appp





DSC01371_edited ppp
ファーディナンド ピチャード(Ferdinand Pichard)は、1921年に登場した薔薇だそうです。お花のサイズはやや小振りですが、芳香も申し分なく、長きにわたって人々を魅了し続けてきたということなのでしょう。私もすっかりこのオールドローズのとりこです。




DSC01366_edited ppp



DSC01514 ppp
 スモークブッシュ(Cotinus coggygria Golden Spirit)のお花も咲いてきました。





DSC01357_edited ppp
 一般にプリンセス ダイアナと言われますクレマチスが、今年も咲き始めました。ラヴェルにはClematis Texensis - Princess of Wales と記されてあります。
 



DSC01429_edited ppp
 他種のクレマチスに比べますと、サイズ的にはやや小さめですが、チューリップ型のお花は印象的で愛らしいですね。




人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
  1. 2009/06/26(金) 08:54:55|
  2. | コメント:4

チェルシーフラワーショー ’09

                           15th June 2009



人気ブログランキングへ

DSC00679_edited a
 今年のチェルシーフラワーショーは5月19日から23日まで一般公開され、私は20日に訪れました。朝から夜の8時近くまで、毎年10時間ほど歩き回りますが、それだけ時間をかけましても、すべての展示場を見尽くすことはできません。
 あらかじめRHSにカタログの郵送をオーダーし、目的の展示場に一応の目星をつけて出かけるのですけれど、それでも途中の魅力的な展示物につい気を引かれ、目的の場所に到着する前に時間を過ごしてしまうというのが実情です。
 年に一度の園芸の祭典、言わばお祭り気分で繰り出しておりますから、そんな時間の過ごし方もまた楽しいのですけれど・・・。

 エントランスは二か所あり、こちらは主として車やタクシー、バスなどで行くときに使われる、テムズ川サイドの入場口です。午前11時ごろまでなら混雑の程度もそれほどではありません。





DSC00720_edited a
 まず最初に駆けつけるところは他の多くの方々がそうであられるように、この私もショーガーデンに直行致します。
 大勢の方々が詰めかけておられますので、思う場所で写真を写すのには忍耐が必要です。この場所をゆっくり観賞し、周りに気兼ねすることなく写真を写したい向きには、午前八時の開門と同時に入場、この場所に直行されることをお勧めいたします。

 今年のショーガーデンの出展数は13で、昨年までの20を上回る数に比べますと、意外な印象を受けてしまいました。不景気がガーデンデザイナー達のスポンサー獲得に影響を及ぼしたのでしょうか。

 さて、この写真のガーデンは、『The Cancer Research UK Garden』, デザイナーはRobert Myers 氏です。この方のデザインされたガーデンを楽しみにして毎年チェルシーへ足を運ばれる方も多いことと思います。今年のデザインもモダンでありながらエレガント、隙がないほど洗練されていて、さすがと舌を巻きます。、チェルシーでは連続してゴールドメダルに輝き続けている、ケンブリッジ大の地理学の学位を持つデザイナーです。

追記(6月20日); 私はこのロバートさんのガーデンのことを、今年も又ゴールドだと信じて疑いませんでしたが、きょう配達されましたRHSのマガジンの記事を見て、ゴールドとシルヴァーの間の賞、シルヴァーギルトであったことに気付かされました。
 審査は、時には多くの人々の予想に反する結果が出されることもあり得るという一つの実例だとも思いますが、このガーデンは、一般の方々の投票の結果、最高の得票数で ’The RHS People's Choice Show Garden'に輝いたそうです。ロバートさんは、ベストショーガーデンに選ばれるのと同じくらい、あるいはそれ以上にこちらの賞の方が嬉しかったかも知れませんね。





DSC00723 a
『The Laurent-Perrier Garden』、デザイナーはLuciano Giubbilei という方です。チェルシーへのデザイナーとしての参加は初めてのようですが、ゴールドメダル受賞でした。





DSC00725 a
 色を見せる草花のコーナーはこの一か所のみ、この色彩の選び方にもハッとさせられるものがあります。




DSC00815_edited a
 『Perfume Garden」』、デザイナーはLaurie Chetwood、そしてPatrick Collins両氏の共同デザインです。タイムやラヴェンダーのようなプラントがたくさん植えこまれておりました。中央に見えます丈高の塔もデザインの一部です。あの塔の向こう側に回ってみましょう。





DSC00821_edited a
 香りの強い花弁を乾燥させた、赤紫やピンクのポプリが見えますね。隅々まで無駄がなく研ぎ澄まされた感覚で仕上げられています。





DSC00733 a
 『The Daily Telegraph Garden』、デザイナーはUlf Nordfjell氏、スゥエーデンのランドスケープ アーキテクト(landscape architect)だそうです。スゥエーデン風のガーデンに英国風エレメントが加味されているのでしょうか。
 このガーデンを含め上記4点のショーガーデンはすべてゴールドを受賞しておられましたが、それらの中でベスト ショー ガーデンに選ばれていたのは、このガーデンでした。





DSC00731_edited a
 北欧、スゥエーデンの春の訪れはこのような色合いで始まるのでしょうか。





DSC00735_edited a
 このシルバーグレーの葉物と、白やブルー系の花々の組み合わせがクールで素敵ですが、白くてシャープな石も含め、やや寒々としていてどちらかといえば男性好みのお庭ではないかしらとも思ってしまいました。




DSC00697_edited a
 『The HESCO Garden』、これは地方自治体である英国北部のリーズ市(Leeds City Council)が、出展されたガーデンです。特定のデザイナーに頼るのではなく、市民のそれぞれのスキルを生かし、共同で築き上げたガーデンなのだそうです。
 市長さんが、市の関係者とにこやかにお庭にたたずんでおられました。ほっとするような英国カントリー風の素敵なガーデンでした。





DSC00756 a
 『The Quilted Velvet Garden』、デザイナーはTony Smith 氏です。中央に円形の部分が見えますが、あそこにはキルトのベルベットクッションが敷き詰められておりました。ピンク色のお花は、英名でビジーリジー(busy lizzie)といわれます、インパチェンスです。





DSC00747_edited a
 英国のガーデンデザインの最先端は大変モダンだと思いますが、これほどまでに!と思わせられたのがこのデザインです。タイトルは『Future Nature』、デザイナーはAdrian Hallam, Chris Arrowsmith, Nigel Dunnettの三氏です。私には、このガーデンの意味を理解するにはまだまだ時間がかかりそうです。




DSC00749_edited a
 この構築物をどう思われますか。見学者の中にはファンタスティック!などと言って楽しそうに見上げている方も何人もおられました。動物の頭蓋骨や背骨のようなものも見えます。





DSC00744_edited a
 『The Foreign & Colonial Investments' Garden』、デザイナーはThomas Hoblyn氏です。
 チェルシーガーデンは更地の状態から始め、三週間ほどで仕上げなくてはなりません。この雑草はそんな短期間でこの場所に馴染んだとは思えない自然さです。





DSC00741 a
 ガーデンそのものがモダンなデザインの場合と異なり、このようにナチュラルな感じに仕上げたガーデンに、モダンなタッチを加えようとするとき、その加減が問題だと考えさせられます。いかにモダンをナチュラルに溶け込ませるか、モダンとナチュラルのバランスなど難しそうですね。





DSC00739 a
 半透明のニンフのような女性の像がこの場所にマッチしていて素敵だと思いました。 





DSC00701_edited a
 ショーガーデンの最後にご紹介させていただくのは、今回展示されていた13のショーガーデンの中で、唯一の女性デザイナー、しかも唯一の日本人デザイナー、Kay Yamada さんのガーデンです。
タイトルは『Echoes of Japan in an English Garden』。

 ケイ山田さんが過去にご出展なされたショーガーデンを幸運なことに私は三回とも、拝見させていただいております。最初は蓼科の風景をデザインされ、二回目は堂々とイングリッシュガーデンに挑戦され、いずれも立派な賞をお取りになっておられました。前回は2003年でしたから、今回は6年ぶりのご出展ということになります。

 ガーデンデザインの最先端国英国の、チェルシーのショーガーデンは、前掲の写真などでもお分かりのように、モダンデザインが主流となり、伝統的ないわゆるトラディッショナルは少なくなってきております。それを御承知でケイ山田さんはご自身の理想のイングリッシュガーデンをチェルシーにご出展なさっていらっしゃいます。トラディッショナルなイングリッシュガーデンを愛してやまないケイ山田さんのご信念の現れだと思います。





DSC00714_edited a
 前掲の多くの男性デザイナー達の、クールでシャープな?デザインに比べ、何て優しく心休まるデザインなのでしょう。
 異国の審査員たちに、ケイ山田さんがアピールなさろうとされた、水琴窟や青海波のデリカシーは、どこまで理解していただけましたでしょうか。





DSC00702_edited a
 日本的な情趣の加わったイングリッシュガーデンに来場者はうっとりです。ゴールドメダル受賞のお庭達はデザインの斬新さでは評価されますでしょうが、実際に目の前にたたずんだとき、多くの方の心癒されるお庭とは、このような自然調のお庭ではないでしょうか。




DSC00713 a
 ケイ山田さんのお写真を写させていただきました。お人柄も穏やかで大変お優しいお方です。
 この最も規模の大きなショーガーデン部門に、日本からエンターなさるのは、並大抵のエネルギーでできることではありません。この方の奥に秘められたパワーには計り知れないものがあると思います。




DSC00707_edited a
 このガーデンをご覧になられた方々の中には、感嘆の声をあげておられる方もおられました。『ここが一番素敵だわ』とおっしゃった方もおられました。ショーガーデンのデザインはモダンに移行しましても、自宅に築く庭は、ほとんどの方はやっぱり伝統的なトラディッショナルが好きなのですもの。
 ケイ山田さんのガーデンを真剣に眺め入るこの来場者たちの表情が、何かを物語っているようですね。

 
次回は自宅の庭に戻りますが、チェルシーの他の部門も、ご覧いただきたいと思っております。 


人気ブログランキングへ
  1. 2009/06/15(月) 18:46:24|
  2. チェルシーフラワーショー
  3. | コメント:6

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。