イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月の庭

                              25th July 2009


人気ブログランキングへ

  過去二年の冷たい夏に比べますと、今年の英国は気温がやや高目に推移しております。それでも20度以下の日が多く、半袖やノースリーブを身に着ける程の暑さはめったに訪れません。ロンドンの雨量も夏の間、東京よりもはるかに少なく(36%前後)、突然お天気が変わってシャワーを浴びたりは致しますけれどそれも長くは降り続きませんし、総じて英国の夏はお天気の穏やかさゆえに過ごしやすいということになりそうです。 
 私の方は相変わらず時間に余裕の無い日々ですが、庭に出て植物に触れ合う僅かな時間を大切にしております。前回のアップ以降の庭の様子ですが、ご覧いただければ嬉しく思います。



DSC01602_edited z
 遠目にはオミナエシのようにも見えますアキリア(Achillea filipendulina Cloth of Gold)が咲き始めますと、本格的な夏の訪れを感じます。周辺のダークな色合いのシュラブ類が、アキリアの黄色を引きたてていますが、後方の濃い紫色のシュラブはニワトコの一種で、学名を Sambucus nigra ‘Purpurea’といいます。




DSC09932 z
 ヘレニウムの中でも、この赤いお花(Helenium.‘Moerheim Beauty’)に特に惹かれています。




DSC09936 z
 サーシスの一種でフォレストパンジー(Cercis canadensis ‘Forest Pansy’)は、やや赤みを帯びた紫色で、えび色(葡萄色)に近いでしょうか。
 そのまま置けば、丈も広がりも9mほどになるそうですが、毎年適度に切り戻しますと、このように狭い場所でもしばらくは大丈夫かと思います。 しなやかな枝とハート型の葉が、周辺に馴染んで素敵だとおもいます。




DSC01606 z
 英名でツリーポピーと言われておりますロムニア コールターライ(Romneya coulteri)は、丈が2mほどにもなります。




DSC01636_edited z
 塀の外にもこのようにしなだれて咲いています。直径15cmほどのお花が上向きに咲き、そんな大らかさも気に入っています。





DSC01635_edited z
 ガーデンセンターではたくさんの種類のラヴェンダーが見られますが、このヒドコット(Lavandula ‘Hidcote’)というごく一般的な種類が、私どもの庭との相性が良さそうです。





DSC01626_edited z
 アリウム クリストフィーアイ(Allium Christophii)は、お花が終わった後も魅力的です。風などで折れない限り長くお庭で楽しむことができますが、切って花瓶に挿せばお部屋の素敵なオブジェにもなります。




DSC01633_edited z
 このフロックスを買い求めたときの色は濃い赤紫色だったのですが、数年でこちらの色に取って代わられました。これら昔ながらの優しいピンク色のフロックスは私の郷愁にもつながりますので、これはこれで有難くエンジョイ致しております。
 デルフィニュームのこの青は夏の花壇に嬉しいカラーですね。
 



DSC01599_edited z
 葉に斑の入ったライシマキア(Lysimachia punctata ‘Alexander’)で10年以上も庭にあります。春先の新芽が意外にもピンク色を帯びて目を惹き、一体どんなプラントかしらと見る者に期待感を抱かせる一面もあります。




DSC09956_edited z
 日本ではカシワバアジサイと呼ばれるようですね。2001年に求めた時のラヴェルにもHydrangea quercifoliaと記されております。他の植物に挟まれて必ずしも良い環境では無いのですが、今年はきれいなお花を見せてくれました。




DSC01594_edited z
 ピンク色の薔薇はグランドカヴァー用の種類でお花も小振り、名前は、オックスフォードシャー(Oxfordshire)と言います。数年前にスタンダードづくりの赤フサスグリ(レッドカラント)の足元に植えましたところ、数年でたちまち大きくなり昨年から赤フサスグリの立ち上がりの部分に絡ませてあります。
 他の一季目の薔薇が咲き終わったころから咲き始め、夏の間中お花がリピートしますから有難いのですが、本当は適した場所でのびやかに地面に這わせてあげたい種類なのです。




DSC09924 z
 スモークブッシュと言われますコティナス(Cotinus coggygria Golden Spilit)です。
ライムグリーン色の明るい葉の色や綿毛のようなフワフワのお花も雰囲気があって目立つ存在です。




DSC01584 z
 咲いているお花をガーデンセンターで初めて目にした時、日本の彼岸花を連想しました。球状のお花のサイズは16cmほどあり個性が強すぎて私の庭にはマッチしないのではと思ったのですが、なぜか求めてしまいました。多分に彼岸花への郷愁からだと自身を納得させたのですが。

 その名もブラッドリリー(Blood lily、学名;Scadoxus Multiflorus)、ドキッとするような名前ですが、原産地はサウスアフリカで、アフリカ産ヒガンバナ科属であることがわかりました。これはやはり‘南アフリカの彼岸花’なのですね。
 



DSC09945_edited z
 ゴールデンオーツ(Golden oats,学名;Stipa gigantea)は、丈が2.5mほどあります。強い風に当たるたびに穂の数が減るのですが、今年は、穏やかな気象条件の中にあってまだ安泰です。
 



DSC09957_edited z
 和のコーナーのカツラの名を持つ(Pieris Katsura)この馬酔木は、お花も美しいのですが、艶やかな栗色の新葉も大変に美しいとおもいます。




DSC09937 z
 ダイエラマ(Dierama)は、“エンジェルの釣竿(Angel's fishing rod)”とも呼ばれておりますが、今年も咲きました。大好きなお花ですのに写真に写すベストな時期を逸してしまい、少し残念です。
 友人のお庭から数本でしたが株分けしていただいてすでに9年ほどになります。一旦活着してしまえばその後は順調ですが、まずは適所に植えることが大切なことかもしれません。これは成長した苗を戴きましたが、それでも咲き始めるまで4年ほどは待ちました。




DSC01552 z
 この白いお花の咲くダイエラマ(Dierama Guinevere)は、'02年の8月にカタログを見て注文したものです。まだ発芽して2年程の小さな苗が送られてきました。その後の成長もゆっくりで、株の分けつが見られ花茎が立ち上がって来るまでには、さらに3年はかかったと記憶しています。
 
 花後に充実した種がたくさん実りますので、その辺りにばら撒きますと高い発芽率で、無数に発芽が見られます。それらにお花が見られるようになりますまで、生育条件にもよりますでしょうが、5~6年は待たなくてはならないようです。
 人気のあるお花ですが、一般家庭のお庭ではまだまだ見かける機会の少ないお花だとおもいます。



DSC00070 z
 庭のキッチンガーデンに日本種のキュウリを6本植えました。家屋の陰で午後の日は当たりませんが、それでも美味しい収穫があります。




DSC00060_edited z
 ホスタ達の現在の様子です。まだお花の咲いている種類も見えますね。鉢栽培をしているのは、虫穴の開いていない葉をお花アレンジなどに使う目的もあるからです。個性豊かで端正なホスタの葉は観葉植物としても圧巻だと思います。英国にはホスタの愛好家が多く、チェルシーフラワーショーでも、ホスタのディスプレーは例年大変に見事です。




DSC00056 z
 ミズヒキを思い起こさせてくれるお花、パーシカリア(Persicaria amlex Firetail)です。晩秋の頃まで咲き続けてくれますので、ボーダーガーデンには貴重なプラントです。

 


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
  1. 2009/07/25(土) 01:48:23|
  2. | コメント:6

6月の薔薇

                             2nd July 2009


人気ブログランキングへ

DSC01384_edited px 1
 6月20日の裏庭の様子です。すでに咲き進んだ薔薇もありますが、今が盛りの遅手の種類もあります。右手に見えます深紅の薔薇はウイリアム シェイクスピア2000、そして左手前の赤い実のフルーツはレッドカラントのスタンダード仕立てです。
 (ガーデンシェドの後方に煉瓦塀があり,その先には他家のお庭が拡がっていますので、後方の緑は借景になります。)




DSC01363_edited px 2
 ウイリアム シェイクスピア2000側から、レッドカラントの方向に向かって写しました。




3.jpg
 いずれの薔薇にもそれぞれに魅力がありますが、私のこの薔薇への思いは格別です。以下4枚、ウイリアム シェイクスピア2000を並べてみましたが、いかがでしょうか。
 右に見えますオレンジ色の薔薇はパット オースティンです。




DSC01438_edited apx 4




DSC01499 pax 5




DSC01505_edited pax 6




DSC01291_edited ap 7




DSC01509 px 8
 レイディー エマ ハミルトンもやや遅れて咲く種類ですが、この薔薇はお花だけではなく、枝葉も赤みがかった鉄錆色をしていて、新芽の時から目立つ存在です。




DSC01380_edited apx 9
 コロンとしたお花の形が可愛いと思います。




DSC01226_edited apx 10
 これはクライマーのテス オブ ザ ダーバヴィルズ(Tess of the D'urbervilles)で、写真は6月初旬頃のものです。




 DSC01311_edited apx 11
 



DSC01520_edited px 12
 6月20日のテスの写真です。勢いのある元気な薔薇で、求めて2年目とは思えないほど力強く成長しています。




DSC01303_edited px 13
 アプリコットピンクの色も目に優しく、形の整った素敵な薔薇だと思います。名前はエイ シュロプシャー ラド(A Shropshire Lad)、男性をイメージした名前のようです。




DSC01341_edited apx 14
 上のお花も三日後の満開時には、このような咲き姿になりました。




DSC01275 px 15
 中心部分の巻き込み具合が緩やかではありますが、色がユニークでサイズも大きく大変アトラクティブな薔薇だと思います。
 作出者デイヴィッドオースティン氏がこの薔薇に奥方様のお名前、パット オースティン(Pat Austin)と名付けたのですから、相当のお気に入りに違いありません。よく目立つお花で独特の存在感があります。




DSC01358_edited px 16
 アプリコット色のお花で、リアンダー(Leander)といいます。やや小型ですが、これも丈夫で作りやすい性質の薔薇だと思います。




DSC01307_edited apx 17
 アプリコットカラーは‘母の色’に近いでしょうか。そういえば乳飲み子が初めて出会う色も、母親の胸元の色、杏子色かもしれません。とても心安らぐ色ですね。




DSC01360_edited px 18
 サマーソング(Summer song)といいます。オレンジ系ですが、日本では‘からくれない’あるいは鉛丹色に近いでしょうか。名前にふさわしい夏の色だと思います。

DSC01434_edited apfx 20
 赤い実のなる光景に対する郷愁があり、レッド カラントのスタンダード仕立てを楽しんでいます。ネットを被せられて、しばらくはブラックバードも‘御預け’となりました。




DSC01543_edited 19
 6月29日の写真です。これもデイヴィッド オースティン氏作出の薔薇(2006年)で、リッチフィールド エンジェル(Lichfield Angel)といいます。

 一季目の薔薇の盛りは過ぎ、これから夏の宿根草の出番になります。薔薇の季節はどうしてもそれらの美しさに目を奪われてしまいがちですが、これからは他のプラントとの対話が楽しみです。
 




人気ブログランキングへ

  1. 2009/07/02(木) 17:55:26|
  2. | コメント:6

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。