イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドイツのイングリッシュガーデン

                               28th February 2012




人気ブログランキングへ

 今回は、ドイツにてご訪問の機会を得た、素晴らしいイングリッシュガーデンをお目にかけたいと思います。

 昨年の夏、私は、ブレーメン近郊ご在住の友人ご夫妻のお招きで、ドイツに渡りました。
 その折、ご夫妻のご友人Aさんの、想像を絶するお住まいとお庭を、拝見させていただく幸運に恵まれたのです。

 ご夫妻との電話会話などでは、そのAさんのことは何度か話題にのぼってはおりましたけれど、実際にお宅にご招待戴き、ティータイムをご一緒させて戴く手筈まで整えられていたとは・・・ほんとうに思いがけなくて嬉しい驚きでした。

 ところで何ゆえにイングリッシュガーデンなのでしょう。
 実はこのお宅の主であられるAさんは、リタイアまでの三十余年間をロンドンで過ごされました。バリバリのキャリアウーマンとしてロンドンのビジネス街の中心で、定年までを勤め挙げられた凄腕でいらっしゃいます。

 そしてご趣味はガーデニング、とりわけカントリースタイルのイングリッシュガーデンに思いを寄せてこられました。御在英中に、英国内のさまざまなガーデンを数多く訪ね歩かれたそうです。
 長年にわたって培ってこられた、言わばこの方のガーデン哲学は、この理想郷のようなお宅とお庭に具現されているものと確信致します。
 


DSC09302(1).jpg
 リタイアを機にロンドンを離れて故郷に戻られたAさんは、ご自身の終の棲家として、廃屋となった何百年もの歴史ある古いファームハウスを購入されました。廃屋を現代の住居に蘇らせるのは、どなたが考えても至難の技です。
 新築家屋の方がはるかに簡便で、建築費も比較的廉価であることは百もご承知の上でのことでした。何と私の友人ご夫妻も当然の如く反対の立場をとられたそうなのです。

 でも彼女の理想郷に対する‘哲学’は揺るぐことはありませんでした。そしてアート建築さながらの素晴らしい現代の住居に再生させ、周辺には見事なイングリッシュガーデンを築かれたのです。




DSC09292(1).jpg
 前方から家屋に向かって右側になります。
 お家の前面の横幅も広いのですが、奥行きもかなり深いのです。
 オリジナルがファームハウスですから、農場主の家族以外に牛馬や豚、鶏などの家畜類も同じ屋根の下で暮らしていたわけですもの、建物が大きいのは当然ですね。




DSC09267(1).jpg
 三人のお姿が見えますが、両端が私の友人ご夫妻で真ん中の女性がこのお宅のご当主でいらっしゃいます。

 普通の家に較べひさし(庇)の位置が大変低いと思いました。。昔のドイツのファームハウスはこんなに軒が低かったのですね。そこで思い出しましたのは白川郷の合掌造りですが、あの集落群の中にもひさしの位置が極端に低い家がありますね。低い方が夏は涼しくて冬は家を暖かく保つ効果があるのでしょうか。

 手前左に置かれた自然石が印象的です。




DSC09268(1).jpg
 アナベルが花盛りで素敵です。後方には木のベンチが置かれてありました。
 ブラックバードの姿も写っていますね。




DSC09272.jpg 
 黄緑色や銅葉色の植物を巧妙に配置して、素敵なカラースキームの植栽です。ボーダーのカーブラインが延々と先まで続いていくようなイマジネイションの働く奥行きの演出が、素晴らしいと思います。




DSC09273.jpg
 はるか前方に柵が張られており、その先には馬や牛が放牧されているとのことでした。
 それにしましても、これだけの芝(牧草)を刈るのは大仕事でしょうね。

 中ほどに樹木が見え、その周辺に丸く刈り残された牧草地が見えます。
 広い芝生のお庭や牧草地を刈る時に、一部を円形や楕円状、場所によっては細長く刈り残して自然のままの状態をキープしている光景は、英国では良く見かけます。
 それらはデザイン上の面白さだけではなく、小動物の逃げ込む隠れ家にもなりますし、自然の生き物を身近に呼び込む為にも大切な場所になっているようなのです。
 私などもあのように芝地に浮かぶ島のような、または土手のような部分を見つけますと、ホッとした安らぎを覚えております。 



DSC09275(1).jpg
 グランドカヴァーとして最もポポピュラーなアルケミラ・モリスは、黄緑色の小さなお花がフワフワっと固まって咲き、とっても優しい風情のプラントです。切花にして挿せば、どんなお花との相性も良いようです。
 Aさんは、この日の午前中は、ほぼ花期の終ったアルケミラ・モリスのお花を刈りとりましたと仰っておられましたが、このコーナーのものはまだまだ十分に観賞に堪えるからでしょう、そのまま残されておりました。
  
 ここでも低目の石が周囲にしっくり馴染んでいます。




DSC09276(1).jpg
 こんなに見事なお花を咲かせるホスタも珍しいと思いました。それに葉の縁取りもフリルのように波打っていてエレガントに見えます。





DSC09277(1).jpg
 Aさんに管理されているプラントはすべてコンディションがいいですね。




DSC09279(1).jpg
 これはダイアシア(Diascia‘Pink Queen’)でしょうか。シーズンは7月から咲き始め、秋の終わりごろまで咲き続けるようですが、イギリスでは一年草扱いではないかと思います。
 マイルドな地域でなければ冬越しは難しいと考えられていますのに、この株を拝見する限り、Aさんは越冬させたようですね。




DSC09278(1).jpg
 決して多過ぎない植栽、それらは周りとのバランスを考えて必要最小限に押さえられていると思いました。また人工的なガーデン用のオーナメント類は一切置かれておりません。適所に置かれた自然石の存在感が抜群で、Aさんの研ぎ澄まされたシンプりファイドの精神に感心させられました。
 




DSC09280(1).jpg
 グラス類が随所に植えられています。
 レンガ造りの建物は物置のようですが、あの中にはガーデニング用の必需品などが収納されているのでしょうね。





DSC09281(1).jpg
 ハーブ類を植えたキッチンガーデンの周囲を、ツゲの植栽が囲んでいます。
 ツゲは英名ではボックス(Box)と言われ、それらボックスの植栽で作られた、15世紀終わりごろからのチュウダー朝に始まるノットガーデン(Knot garden)は、余りにも有名です。
 そんな歴史的背景も有り、花壇の縁取りにツゲの植栽を使うことは私も大変憧れます。本当に素敵だと思います。
 




DSC09284(1).jpg
 キンシバイの黄色が、紫系のお花とのコントラストで効果的です。





DSC09285(1).jpg
 ここからの眺めは、家屋の正面から眺めますと、向かって左側になります。
 お天気の良い日には、あのパティオで、お食事やティータイムやドリンクをエンジョイなさるのでしょうね。




DSC09286(1).jpg
 母屋と、左側のキッチンに続く建物のつなぎ目はこのようになっています。屋根の上に煙突が見えますが、あれが一階の暖炉につながっているのですね。




DSC09287(1).jpg
 車以外に資材や薪も積み上げられているのが見えます。右には別の建物が見えますが、どんな用途に使われているのでしょうか。




DSC09264(1).jpg
 再び正面から写しましたが、今度はお二人がポーズをとってくださいました。
このエントランスが大きいのは、ファームハウスだった頃、馬や荷馬車の出入り口だったからだと伺いました。

 こちらが正面ですけれど、プラント類はホリーホック(タチアオイ)と、丸く刈り込んだツゲ、他数種が見えるのみです。正面から拝見する限り、両サイドや後方に素晴らしいガーデンが拡がっていることなどどなたの想像も及びませんよね。
 表は何気ない表情に抑え、押し開いた‘扉’の先には素敵な花園が拡がる・・・これもAさん流の美意識の現れなのでしょう。本当に畏れ入りましたという感じで、私はAさんのガーデン哲学に感服です。





DSC09266(1).jpg
 建物の周囲をひと回りしましたので、最初の場所に戻りました。出入り口は正面ではなく、こちら側の中程でひさしに切れ込みのあるところです。

 




DSC09293(2).jpg
 想像以上の広さで、床面積はちょっとした体育館ほどの広さに見えました。寝室などのようなプライベートルームは二階だそうです。昔はこの空間に人間と家畜が仲良く同居していたのですね。
 真っ黒な柱や梁などが見られましたが、それらはこの建物の歴史を物語っているようでした。

 お屋敷が広いので、周囲からの視線を気にかける必要は一切ありませんね。そのためカーテンは不要なのです。光をさえぎる目的で寝室に取り付けるだけでいいのですもの。カーテンが不要なお住まいなんて、何という恵まれた住環境でしょうか。



DSC09297(1).jpg
 一階部分は一切間仕切りが無くて広いワンルームです。一枚上の写真の逆方向の一角にこの暖炉のコーナーがあります。
 この写真の方は食品化学がご専門の化学者で、そのご関係で、奥様もご一緒に日本に三年間駐在されました。二十数年も昔のお話です。




DSC09298(1).jpg
 一つ一つの調度品が選りすぐられていて、それぞれが他のものとうまく調和がとれているのです。
 風流な花瓶が何箇所にも置かれ、お庭から摘まれたお花やグリーンがさりげなく挿されておりました。
 広いお部屋なのにとっても居心地良くて、戴いたティーやケーキのお味も一層美味しく感じさせられました。
 このような広~いお部屋に毎日暮しておられますと、お気持ちもますます大らかになられるでしょうね。

 ちなみにこのAさんは、ロンドンには毎月のようにお出かけなのだそうです。きっとロンドンの‘喧騒’とのコントラスト、動と静を、たっぷりエンジョイしておいでなのかもしれませんね。
 ご自身のお力で築き上げて来られた本当に素晴らしい生き方だと思います。




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2012/02/28(火) 09:53:12|
  2. 友人知人のお庭
  3. | コメント:21

西洋ヒイラギ

                               3rd February 2012


 ご訪問いただく方々の中には、日本でセイヨウヒイラギと呼称されますイングリッシュ・ホリーにご興味を示される方がしばしばおいでになられます。2010年の11月にマンチェスター郊外を訪れる機会が有りましたので、そこで見かけたセイヨウヒイラギを、遅ればせながらではありますが、ここでお目にかけたいと思います。




人気ブログランキングへ


DSC05483.jpg
 正面の中ほどに屋根の高さまで伸びた樹木が見えますが、あれがこちらでごく普通に見かけますホリーのオリジナル、つまりセイヨウヒイラギ(Ilex aquifolium)で、樹高は20メートルにも達します。

 来英間もないころは、この種のヴィクトリア朝(1830~1901)様式の建物を見る度に、屋根の上の煙突、チムニーポットに目が引きつけられたものです。
 骨董屋さんによってはこれらのような100年以上も古いチムニーポットを販売しているところが有り、私もプラント用に求めたいと何度も思ったことが有りましたが、なぜか微妙に異なるデザインの選り好みで、最後の決心がつかないまま今に至っています。

 この写真は私の身内の住むフラット(アパート)の窓から写しました。




DSC05488(1).jpg
 別の部屋に移動して、同じ樹をズームインしました。




DSC05477(1).jpg
 今度はバルコニーに出て右隣方向の眺めを写したものです。
 お庭に円錐台のように刈り込んだ樹木が2本見えますが、あれらは斑入りのセイヨウヒイラギ、ホリーです。




DSC05503.jpg
 斑入りの葉の間から赤い実が覘いて風情が有ります。


 

DSC05500.jpg
 先ほど上から見下ろして写したホリーです。これらの実を小鳥たちが食べてタネを周辺に運びますから、ホリーは思いがけないところからも発芽してきます。




DSC05465(1).jpg
 ついでにご近所をお散歩することにしました。
 車はほとんど通らないことにも驚きです。地域住民以外はこの道路を通り抜ける必要は無いのでしょう。しかもダブルイエローラインで左右ともに駐車禁止区域です。きっと不審者を近付けないという保安上の問題、さらに駐車によって落ち着いた住宅地の景観を損ないたくないという理由が有るのかもしれませんね。
 住民や訪問者は広い敷地内に乗り入れて駐車しますから道路に止める必要も無いはずですもの。

 マンチェスター郊外に、これほど重厚で落ち着いた雰囲気の住宅地が有ることを初めて知りました。生垣沿いに季節の移ろいを感じながら、毎日このような通りをお散歩なさる地域住民はどんな方々なのでしょう。




DSC05469(1).jpg
 この道路はプライベートな道路なので、この道路沿いの住民と関係者以外は進入を遠慮しなくてはなりません。つまり、駐車もUターンも待つことも禁止ですし、それにこの赤いTの字マークは行き止まりを表しますから、関係の無い方の車はこの道路に入ること自体が、許されていないようです。

 


DSC05471(1).jpg
 ご門の右には白樺の木、そして左側に赤い実の付いたホリーが見えます。
 ホリーは常緑で、四季を通してアトラクティヴな植物ですから、大抵の家のお屋敷内には植えられているように思います。




DSC05507.jpg
 この斑入りのホリーの生垣がとても素敵です。 Ilex aquifolium ‘Argentea Marginata’では無いかと思われます。ほとんどのホリーは刈り込みに耐えますし、それに泥棒さんたちも、鋭いとげのあるホリーの生け垣の前では、たじろいで侵入を諦めることでしょう。
 日本でも種類は異なりますが、いわゆる日本のヒイラギ(Osmanthus ilieifolius)の生け垣を、私も見かけたことが有ります。

 日本のヒイラギも、疼らぐ(ひいらぐ=痛む)、つまり葉のトゲに触れますと疼痛を起こすという意味だそうですが、英語のホリーの古語の原義も「チクチク刺す」なのだそうですから、名前の付け方は面白いですね。




DSC05510(1).jpg
 この生垣はホリーとイボタノキを混植していたと記憶していますが、あえて先端部分は刈り取らないで自然に延ばしているところが面白いと思いました。




DSC05463.jpg
 黄色い実の生るホリーです。葉に鋭いトゲが有りますので、Irex aquifolium ‘Ferox’でしょうか。セイヨウヒイラギには赤、黄色の他に、黒い実のなる種類も有ります。




DSC05511(1).jpg
 イボタノキの生垣の上から、庭内のホリーが歩道上に枝を伸ばしています。




DSC05512.jpg
 閑静な住宅地の歩道を歩きながらこんな風にプラントウォッチングが出来るとは、何て贅沢な時間でしょうか。
 



DSC05515(1).jpg

 斑入りのウイーピング・ホリーが、濃い緑のホリーの生垣にしな垂れかかって、とっても素敵な光景ですね。

 以上のようなゴージャスな気分に浸りながらのお散歩の写真は、これでお終いです。




DSC03020(1).jpg
 こちらは私のご近所さんのお庭のホリーです。庭内とは言え、歩道の際に植えられていますので、歩道側に大きく枝を伸ばし、まるで街路樹のようにも見えます。 

 私の家の周辺は町中に近く、マンチェスター郊外の豪壮な邸宅の居並ぶお屋敷通りとは全く対照的で、英国では極めて普通の住宅地です。
 



DSC03026(1).jpg
 このホリーのすぐ先には交通量の多い幹線道路が走っています。多分その為なのでしょう、赤い実は野鳥たちについばまれることもなく、このような状態のまま、長い間私たち通行人の目を楽しませてくれます。




DSC03054(1).jpg
 こちらは(Ilex aquifolium Myrtifolia Aurea Maculata)前回も写真をご覧いただきましたが我が家のホリーで、今回は先端部分です。’99年にこの場所に植えましたのですでに11年経っていますが、丈はまだ2メートルを僅かに超える程度ですから、ゆっくり成長する品種のようです。




DSC03113(1).jpg
 こちら(Irex Golden Milkboy)に至りましては、私がこの家に参りました時にはすでに庭に有りましたので、少なくても20年は超えている筈なのです。この種類は丈が6メートルは伸長しても良い筈なのですが、幹はしっかりしておりますのに枝葉の成長が大変ゆっくりなのです。。
 もっとも、クリスマス時に、この明るいゴールドカラーのホリーをお花アレンジに使いたくて、かなりの量の枝を刈り取りますから、きっとそれも原因なのでしょう。
 前回のクリスマスに大皿に乗せた蒸し焼き七面鳥の周りを飾ったのも、このホリーでした。


 

DSC03046(1).jpg
 これは2009年に我が家に到来した‘ゴシキ’という名前の、日本のヒイラギ(Osmanthus heterophyllus ‘Goshiki’)です。
 こちらにも日本のヒイラギは何種類か売られているようですが、説明には‘一見イギリスのHollyによく似ているジャパニーズプラント’として紹介されております。
 セイヨウヒイラギがモチノキ科で有るのに対し、日本のヒイラギ、Osmanthus、はモクセイ科ですから、葉が鋭いトゲを持つという共通点は有りますが、明らかに別種なのですね。


 

DSC03060(1).jpg
 庭のシロボケ(Chaenomeles speclosa‘Nivalis)が咲き始めました。こちらでは赤やピンクのボケも含め、英語名はなぜかジャポニカ(Japonica)と呼ばれます。




DSC03048(1).jpg
 ミツマタ(Edgeworthia Chrysantha)のお花にはほのかな温もりを感じ、故国へのノスタルジアを覚えるお花でも有ります。




DSC03031(1).jpg
 このレンテンローズ(Helleborus Orientaris Double flowering " Wilgenbroek Selection")は、他に先駆けて
開花しますが、それにしましても今年は例年よりも早いようです。




DSC03116(1).jpg
 こちらはクリスマスローズ( Helleborus niger 'White Christmas')ですから、レンテンローズよりも先に咲くはずなのですが、今年はやや遅れ気味かと思います。




DSC03040.jpg
 木立性のヘレボラス(Helleborus argutifolius)はキッチンガーデンコーナーで育っています。




DSC03082(1).jpg
 これはレンテンローズ(Helleborus Orientalis Slaty Blue "Wilgenbroek Selection")の一種ですが、11月に夏日のようなお天気がしばらく続いた所為でしょうか、蕾が立ち上がるのが早くて今が満開状態です。




DSC03099(1).jpg
 今年も‘紅千鳥’( Prunus ‘Beni-chidori' )、英語名はジャパニーズ・アプリコットに美しい花が咲き始めました。最初の一輪がほころびる日は、私の胸もときめきます。




人気ブログランキングへ
  1. 2012/02/03(金) 10:34:58|
  2. | コメント:14

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。