イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

100歳のお祝い

                               1 January 2007        

人気blogランキングへ★←こちらをクリックして戴ければポイントになります。ありがとうございました。 


20070101101824.jpg


 ジュリア クレメントさんは1906年のお生まれで、昨年100歳のお誕生日を迎えられました。私にとってこの方は女神さまのような憧れの女性です。今日は元旦、年の初めはそんなおめでたいお話から始めさせていただきます。
 私がNAFASで学んだ時、コースワークの中に英国のフラワーアレンジメントに貢献した五人の女性のリサーチがありました。クレメントさんはその五人の中で唯一今もご健在でいらっしゃいます。そしてイケバナインターナショナルの組織をヨーロッパで初めてロンドンで立ち上げた時のメンバーでもあられます。1989年にはフラワーアレンジメントの発展に多大な貢献をされたことで、エリザベス女王からOBEを叙勲されました。今も機関紙に記事を寄せたり、テレビに出て対談なさったりで、活躍されていらっしゃる有名人なのです。


20070101045847.jpg



 クレメントさんは今でもイケバナインターナショナル(I.I.)の例会に、タクシーでお一人でお見えになられます。お帰りもタクシーで誰のお世話にもなりません。入り口では入場料を払います。もしこれが日本なら、名誉会員扱いで料金などいただかないと思うのですが、そこがさすがイギリス人です。特別扱いしない方が、彼女に気持ちよく来ていただけるという配慮だと私はおもいました。


20070101043923.jpg



 さて昨年の五月に、彼女の100歳のお誕生日をお祝いする催しがI.I.でありました。それはファンシーハットを会場で作り、それを被ってクレメントさんの前をパレードするというものです。
 私も喜んで参加いたしました。色はクレメントさんのお好きだというピンクの帽子を用意しました。そして、ワイヤリングしたバラ、スプレーカーネーションをシリカゲルで乾燥させたもの、それからガリヤ エリプティカの葉をスケルトンにしてワイヤリングし、小枝状につないだものなどを使い、帽子に取り付けました。
 後ろの方にちいさな白いアジサイが見えますが、それらは普通のドライです。
 
 20070101045711.jpg


 クレメントさんはとてもお美しい方で、どの角度から写してもエレガントなお方なのです。あこがれの女性で、I.I.に参加するたびに私は真っ先にこの方のお姿を探すのです。まだ75歳くらいにしか見えません。
 私の帽子を被って、クレメントさんと写真に納まって下さった方はシャイな方、ちょっと‘落ち葉’をかけました。


それでは新年もどうぞよろしくお願い致します。

スポンサーサイト
  1. 2007/01/01(月) 12:27:50|
  2. 100歳のお祝い
  3. | コメント:8
<<ゴールドフィンチ | ホーム | 謹賀新年>>

コメント

新年おめでとうございます

ご健康でご多幸な一年となりますように。本年もよろしくお願いします。元旦にいいお話読ませていただきありがとう。美しく老いるというのは、自分だけでなく、周りのあり方も大事なことと思いました。今年も楽しくお話しましょう
  1. URL |
  2. 2007/01/01(月) 15:07:34 |
  3. hanahhana1952 #-
  4. [ 編集]

元旦に慶いお話をありがとう

あけまして おめでとう ございます。
新春に相応しい、ご長寿でしかもお元気に美しくいらっしゃるクレメント様のお話。あやかりたいです。
ご一緒に写真に写っておられるのは、他人のふりをした“はなあかり様”ご本人では?。
昨年末になってから、お邪魔させて頂いていますが、いつも眼や心の保養になります。
今年も、どうぞよろしくお願いいたします。
  1. URL |
  2. 2007/01/01(月) 16:28:17 |
  3. ばら色婆ァバ #-
  4. [ 編集]

明けましておめでとうございます

 
 100歳のお祝い、なんてすばらしいことでしょう。とてもとてもそういうお歳にはみえませんね!いつまでも見守ってほしいものです。日本でもアートフラワーの創始者で100歳になられた方が、いらっしゃいます、なんかこういうお歳でお元気な方は凛としていっぽん筋が通っていらっしゃるように思います。
はなあかりさんの帽子もとてもエレガントですてきです私すきです。クリーム色のばら、あじさい。はなあかりさんの感性とセンスが光ります。
  1. URL |
  2. 2007/01/01(月) 17:06:22 |
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集]

hanahhana さま
 こちらこそよろしくお願いいたします。
 I.I.のミーティングには会員手作りのサンドイッチやケーキ類、飲み物など軽いランチ用として売っているコーナーがあります。クレメントさんはそこでそれらをお買いになられるのですが、誰も手伝わないのですよ。もちろんご自身ですべてできるからではありますが、たまにステッキをついておられることもあるので、つい手が出そうになることもあると思うのですが、みんな見守るだけなのです。タクシーでお帰りになるときも見送るなどの特別扱いは一切しないのです。最初は驚きましたが、それもマナーだということがわかりました。でも頼まれたら出来る限りのことをして差し上げるのもイギリス人です。手を出す親切もあれば出さずに見守る親切もあるのですね。
 
  1. URL |
  2. 2007/01/02(火) 01:48:37 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

ばら色様
 御髪も豊かで、階段も上手に上り下りされます。杖が見えますが、いつもお持ちとは限りません。一番の驚きは、例会に見えたときデモンストレーションのそれぞれの作品を小型のオペラグラスで熱心にご覧になっているお姿です。何歳になっても新たに何かを追求なさる姿勢、私はいつも教えられます。
 写真のこと、さすが元編集長、切り込み方が単刀直入でいらっしゃいます。見えないようで見える、見えるようで見えない、これもブログの妙味でしょうね。隠せば見える、見せれば隠れるのもまた真也りです。
 ばら色様にお出でいただいて本当に光栄です。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
  1. URL |
  2. 2007/01/02(火) 04:50:03 |
  3. はなあかり #.rnnPOac
  4. [ 編集]

スノードロップ さま
 この方のお姿が会場に見えるだけで、その周辺に特別な暖かい灯りがともっているようにおもえます。そして自分ももっとしっかりしなくてはと励まされます。この先何年もお元気で会場にお運びいただきたいと祈る思いです。
 帽子をお褒めいただいて有難うございます。
 ピンクの帽子、普通なら私の年齢では被れないのですけれど、お祝いのファンシーハットですから、思い切って華やかにしました。実はクレメントさんから、『あなたの帽子、私は好きですよ』とお声をかけていただいて嬉しくなったのですよ。今も箱にいれて保存してありますから、そのうち娘が友人の結婚式に参列する時にでも被ってくれると嬉しいのですが。
  1. URL |
  2. 2007/01/02(火) 09:09:04 |
  3. はなあかり #.rnnPOac
  4. [ 編集]

あけましておめでとうございます。
今年も仲良くしてください。

あっという間に ランキングが上がってきましたね。
一枚目に入っているので、私も嬉しく思います。
これからもお互いブログ更新をがんばりましょう。
  1. URL |
  2. 2007/01/02(火) 09:35:54 |
  3. chie #-
  4. [ 編集]

chie さま
 今年もどうぞよろしくお願いします。
 ブログはchieさまが先輩です。友人からあなたのブログのことをお聞きするまで、ブログなるものの存在さえ私は知りませんでしたもの。chieさまのサイトを初めて開いたとき、とても楽しそうで、私も始めたいと瞬時に思いました。そう、実はchieさまのブログを拝見したのがきっかけで始めたようなものです。
 chieさまががんばっていらっしゃるからと、励まされながらここまできました。いつも拝見するのを楽しみにしていますよ。
 I.I.の新年会でお会いしましょうね。
 
  1. URL |
  2. 2007/01/02(火) 10:33:19 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。