イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゴールドフィンチ

20070103030207.jpg


 これは2日の昼下がり、キッチンの窓越しに写しました。小鳥の名前は、ゴールドフィンチ、カラフルな鳥です。日本の鳥の本をめくりましたが、同じ鳥の姿が見つかりませんので、多分存在しないのではないかと思います。
 餌は、ナイジェラ(Nigella)の種,日本ではニゲラでしょうか。この鳥を庭に呼びたくて、まったくいない状態から、餌を吊り下げて待つこと一ヶ月間、5年程前のことです。初めてその姿を見たときは感激でした。
以来、すっかりご常連です。多いときには10羽以上もこのヤマモミジの枝に止まって順番を待っています。


20070103030317.jpg



20070103030441.jpg


 庭に訪れる小鳥の数は、やはり寒さが厳しくなる冬に多くなります。人々は小さなスペースしかなくても、食べ物の残りも含め、餌を与えて野鳥を大変大事にします。
 家でも野鳥愛護協会;RSPB(Royal Society for The Protection of Birds)のメンバーですが、野鳥の安全地帯の拡充など、野鳥を保護する為のプロジェクトをサポートしています。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/03(水) 05:07:30|
  2. 庭にくる鳥
  3. | コメント:4
<<元旦の庭 | ホーム | 100歳のお祝い>>

コメント

はなあかりさま
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!
キッチンの窓から小鳥たちを見ながらクッキング、和みますね。
私もフラット近くのリージェントパークに行くときは、パンを持参して、リスや白鳥にあげるのを楽しみにしています。
そういえば、昨年、フラットの敷地内で、夜、きつねを見つけました。2匹でねこがじゃれあうように遊んでいたんです。
どこから敷地に入ってきたのかとても不思議だったのですが、その後も、何回か目撃し、ついにえさもあげてしまいました。
夜になるとつい、きつねを探してしまうこのごろです。
  1. URL |
  2. 2007/01/04(木) 21:22:43 |
  3. Baker Streetの住人 #-
  4. [ 編集]

名前が夢見るような・・・・鳥


ゴールドフィンチと云う名も素敵ですが、色のきれいな鳥ですね。日本にはいないのでしょうか?
我が家に、毎年主人の作ったえさ台のうえにすずめとめじろがやって来ますが、
昨年は不思議なことにめじろが1羽もきませんでした、ことしは元旦にも2,3羽が時折きてはミカンを啄ばんでいたのでホッとしたものです。
昨年は全国的にめじろがいなかったようでそんな年もあるようですね。
ところでランキングがすごいですねおめでとうございます。今年のご活躍たのしみです。

  1. URL |
  2. 2007/01/05(金) 09:29:04 |
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集]

Baker Streetの住人さま
 新年おめでとうございます。そしてお帰りなさい。ご旅行は素晴らしかったでしょうね。
 ところできつねのお話ですが、ロンドンのど真ん中、かの有名なBaker Street 界隈に狐が出没するなんて驚きです。シャーロック ホームズさんはなんておっしゃるでしょう。多分、彼なら少しも驚かれず、それは広大なリージェントパークに隣接しているフラットなので、夜間食べ物を求めてやってくるのでしょう。おそらくそこには狐の好物、油揚げなどを与える日本人が居住しているのではないかと考えられる、なんてコメントされるかどうか・・・。
 でも動物との交流はほのぼのとした気持ちにさせられますね。これからもずっと来てくれるといいですね。
  1. URL |
  2. 2007/01/05(金) 10:40:44 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

スノードロップ さま
 こちらでは家の庭に来る鳥の種類は14~5種類はいるようです。日本のメジロはほんとうに美しい鳥ですが、残念ながらこちらにはいないのですよ。すずめは二種類いて、いつも庭のどこかで遊んでいます。そのうち写真にアップしますね。
 皆さまから思いがけず、ランキングを上げていただき、もっとしっかりしなくてはと思うのですが、家庭内の事情で、記事の更新が明日までできないのが残念です。これからもよろしくお付き合いくださいね。
  1. URL |
  2. 2007/01/05(金) 11:07:00 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。