イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コバルトブルーの実

                                  8 January 2007


人気blogランキングへ★←こちらをクリックして戴ければポイントになります。有難うございました。


20070108044447.jpg


 リュウノヒゲもしくはジャノヒゲと日本で呼ばれているプラント,学名をOphiopogon black dragon と言います。常緑ですから、グランドカヴァーには最適でしょうね。普通の種類はグリーンですが、これはブラックドラゴンの名のように、葉が墨色をしています。なぜか私はブラックと名のつくプラントに惹かれてしまうのです。




20070108044416.jpg


  花は夏に咲き、今はこんなコバルトブルーの冬の宝石のような実がついています。これらはこぼれて芽吹きますし、またこれらの実を埋めて、増やすことも出来ます。



20070108044512.jpg


  家では小さな池の周りに植えてありますが、水にも石にも小粒の砂利にもよく合います。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/08(月) 10:50:37|
  2. | コメント:8
<<クリスマスローズも咲いて・・・ | ホーム | 英国での日本酒テイスティング>>

コメント

こんにちは、はなあかりさん

きれいないろだなあとコバルトブルー。池にもはえそうですね。大吟醸という一番美味しいお酒でしたね。最近、日本は、ワインがどんどん浸透しているようなきがしますが、日本酒は、お米のワインなんていわれて、海外にでていっているようなきがします。それにしても大吟醸は、どれも美味しいですね。田舎から、地酒が送られてきて、お正月はちょっぴりおいしかった。ロンドンの機器酒もきっとおいしかったでしょうね~
  1. URL |
  2. 2007/01/08(月) 18:55:36 |
  3. hanahhana1952 #-
  4. [ 編集]

hanahhana さま
 きれいでしょう?この実は。 日本の庭にもこれの緑色で丈の短いのを飛び石の周りに芝代わりに敷きつけた場所がありました。それにも小さめでしたがこんな実がつきましたよ。かき分けては探すのが楽しみでした。
 温めていただくお酒はにおいが苦手でまったく戴きませんでしたが、冷酒をいただくようになって、お酒の味に目覚め?ました。今なら熱燗のお酒もひょっとしたら美味しいと思うかも知れませんね。
  1. URL |
  2. 2007/01/09(火) 03:42:40 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コバルトブルーの実の名・知りました

コバルトブルーの実が付く・・・リュウノヒゲと言うのですか。
我が家にもあります。
以前に住んでいた家では庭の石などの間にたくさん生えていて、草かしらと思いつつ、可愛い花が咲き、その後に綺麗な実が付くので、鉢に上げて来ました。
日本酒の利き酒、私も何度か体験(もちろん日本で)しましたが、美味しさに釣られてつい頂き過ぎます。
日本酒の美味しさがもっと世界に広がりますように。
  1. URL |
  2. 2007/01/09(火) 09:29:32 |
  3. ばら色婆ァバ #-
  4. [ 編集]

ばら色 さま
 丈の低いプラントですが十分個性的ですね。私のイギリス人の友人たちはこういう植物も上手に取り入れて庭つくりをしています。
 利き酒の会は日本酒の美味しさを他国の方々に広めるよいチャンスです。家に見えた方によそ様から戴いた吟醸酒などを供すと、何て素晴らしい!と感激されるのです。そして必ず、価格は?、どこで買えますか?と言う二つの質問が続きます。
 私の経験では、普通の日本食レストランでしたが、純米酒(720m入り)をお食事と一緒に戴いて、一本一万円ほどでした。吟醸、大吟醸ともなれば,推して知るべしですね。接待とか、特別のことでもない限り、ワインやビールにしましょう、ということになりそうです。私のレヴェルでは、レストランで吟醸酒を戴くなんてとてもそんな高額な支出をする余裕はありませんもの。
 日本食品店から求める吟醸酒もワインに比べれば当然ながらかなり割高です。日本酒を他国に広める上で、問題のひとつはやはり価格でしょうね。
  1. URL |
  2. 2007/01/10(水) 01:32:15 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

リュウノヒゲ、、、子供の頃はシノブ竹で作った竹鉄砲に、この青い実を詰めてポンポン打つ戦争ごっこが冬の遊びでした。
リュウノツメが見つからない時は、マンリョウの赤い実を玉にしました。
ぐすだま、、と言ってたのですが、リュウノヒゲという名前を知ったのは大人になってからです。
  1. URL |
  2. 2007/01/10(水) 22:12:17 |
  3. ナベショー #-
  4. [ 編集]

ナベショー さま
 私の兄も竹鉄砲や水鉄砲作っていました。リュウノヒゲの実を詰めて飛ばしたかどうかは覚えていませんが。紙を丸めて詰めていたような気もします。
 あの頃子供たちは自分達でおもちゃを作って遊んでいたのですよね。コマとか竹馬とかパチンコとか。日本人は創意工夫して物を作り出すのに優れている、と言われますけれどあのような子供時代の背景があったことと関係ありかもしれませんね。
 コンピューター時代に育つ子供たちはどうなるのでしょう。
  1. URL |
  2. 2007/01/11(木) 05:19:58 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

ブラックドラゴン

私もブラックと名のつく花に何故か魅かれるのです。
ブラックドラゴン大好きです。今度、我が家にお来しの際にお見せいたします。
結構、増えていますよ。毎年株分けをして頑張っています。
それから、苔むす庭。。。感動しました。とても美しいお庭ですね。
センスが輝いていらっしゃいます。
  1. URL |
  2. 2007/01/30(火) 07:17:13 |
  3. RAOJ #-
  4. [ 編集]

raoj さま
 このブラックドラゴンを初めて求めたとき、かなり高価でしたので、私も増やすため株分けしたり、ブルーの実を周辺に埋めたりしました。いずれの方法も効果がありますよね。
 和風コーナーは、ボーダーガーデンとのコントラストの意味もあります。植物で埋め尽くす庭とスペースをクリエイトする庭との対比でしょうか。英人の友人たちもこの和風コーナーに凄く関心を示してくれます。遠からず、我が家にもいらしてくださいね。
  1. URL |
  2. 2007/01/30(火) 20:35:54 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。