イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリスマスローズも咲いて・・・

                                  10 January 2007


人気blogランキングへ★←こちらをクリックして戴けますとポイントになります。有難うございました。





   家の庭で毎年一番最初に咲き始めるクリスマス ローズ、学名はヘレボーラス(Helleborus)です。私がここに来る以前から庭にあり、バラエティーの名前はわかりません。
 クリスマス ローズも、それから遅れて咲き始めるレンタン ローズ(Lenten Rose)も、こぼれ種でしかも他種とミックスされて、新たなガーデン ヴァラエティーとなって芽を出し成長することがあるので、庭に実生で出てきたヘレボーラスの種類の特定は難しいのではないかと思います。




20070108044609.jpg


 元旦の花としてアップしたウインターアコナイト(Eranthis hyemalis)も
蕾がこんなに立ち上がってきました。




20070108044647.jpg


 スノードロップ、学名はGalanthus nivalis. もっとも一般的な種類だとおもいます。ウインターアコナイト同様、新年が明けて春も近いことを知らせてくれる小さな花たちです。





 20070110062418.jpg


  このへーべ(Hebe)も(英国ではヒービーと発音)花が初冬の間咲き続けますので、冬の花壇には嬉しい色です。





20070108044821.jpg


  学名はPachysandra terminalis, 通常パキサンドラと呼んでいます。これの日本名が大変お目出度い名前なのです。ふっきそう又の名をきちじそう、漢字では富貴草、吉祥草だそうです。
 常緑で、姿かたちもこんもりと茂り、端正な拡がり方をするので繁殖を祝う意味がある、と書かれた本がありました。
 こちらでもグランドカヴァーとして重宝されている植物です。中心部分に小さな蕾があり、ほとんど目だたない花を咲かせます。一年中このような緑色で、姿も乱れることがありません。
 日本ではよく茶庭に植えられていたように記憶しています。今では我が家の日本風庭園に、なくてはならない一角となりました。




スポンサーサイト
  1. 2007/01/10(水) 06:37:53|
  2. | コメント:9
<<家すずめ:ハウススパロー | ホーム | コバルトブルーの実>>

コメント

私のスノードロップ・2本だけ

私の鉢植えのスノードロップ・・・昨年の初夏以来すっかり存在を忘れていました。
数本あったと思いましたら、2本だけが芽を伸ばし、はなあかり様のお庭の花芽くらいの大きさに育っていました。
咲くでしょうか?。咲いたらアップしてみますね。
  1. URL |
  2. 2007/01/10(水) 20:05:35 |
  3. ばら色婆ァバ #-
  4. [ 編集]

お花きれい

レンタンローズのレモン色がすてきだなあ。クリスマスローズもいいなあ(笑)こちらは、クリスマスローズまだ蕾も発見できずうーんって感じです。スノードロップの芽がかわいらしいですね。そちらも暖冬でしょうか?
  1. URL |
  2. 2007/01/10(水) 21:37:33 |
  3. hanahhana1952 #-
  4. [ 編集]

ばら色 さま
 勢いのある夏や秋の花の影に隠れてどこに咲いていたかさえわからなくなり、うっかりシャベルを打ち立てたりして、ごめんなさいということになったりするのが、このスノードロップと節分草です。スノードロップも花がダブルだったり、香りのするものなど種類が何種類かあります。ばら色様の写真のアップを楽しみにしています。
 
  1. URL |
  2. 2007/01/11(木) 02:23:37 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

はなあかりさま
今年の冬は、寒さは厳しくありませんが雨が多く、それでなくても日が短いのに、さらに日中、なんだか暗い日が多いですね。
なので、リージェントパークにもすっかりご無沙汰してしまっているのですが、ちゃんと新芽が育っているんですね。
春の気配を感じることが出来て、なんだかホッとします。
特にHebeは、ワイヤリングでコサージュをアレンジしていた時、よく使っていた花材なのですが、こんなにきれいな花が咲くことを
知りませんでした、フラットの敷地内にも確か、あったと思うのでチェックしてみます。
引き続き、お庭の写真を楽しみにしています~。
  1. URL |
  2. 2007/01/11(木) 03:15:58 |
  3. Baker Streetの住人 #-
  4. [ 編集]

hanahhana さま
 こちらも暖冬だと思います。今日は車で出かけましたが、ネコヤナギが白く咲きかけていて驚きました。家の他のクリスマスローズは、蕾は硬いですが色を見せているものもあります。
 レンテンローズはクリスマスローズと同じでヘレボーラスですが、クリスマスローズの、雑種,混種で出来た新しいヴァラエティーのものをレンテンローズといっているようにおもいます。違うかも知れませんが。
 ちょっと見たところクリスマスローズとの区別がむずかしそうですが、レンテンローズの方が、丈高で花数も多く勢いもあり、華やかに見えます。
 でもクリスマスローズの方が清楚で好き、という方もいると思いますよ。
 
  1. URL |
  2. 2007/01/11(木) 03:21:39 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

Baker Street の住人さま
 このヒービーは枝がしなやか、葉も小振り、花の期間が長い、水揚げが良いなど、フラワーアレンジメントには打ってつけの花材です。花が咲いてないときも新芽の先端が赤紫っぽくて、花が咲いているときと同様に重宝です。
 ブログは他の方々のように毎日は無理ですが、自分のペースで楽しみながら関わらせていただくつもりです。ブログの中に遊びにいらしてくださいね。
  1. URL |
  2. 2007/01/11(木) 08:23:36 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

ウィンターアコナイト!

 
 早くもクリスマスローズいいですね。我が家の庭はコンパクトなのでクリスマスローズそれだけで、いっぱいになるのですが
 まだまだ蕾もでてないのもあり、スノウドロップもまだ2センチくらいです、ところで、レンテンローズの色あざやかですね!なんとも素敵な花ばかりが並んでいて、いいな、いいな、 ヒービーのはなもセアノサスのブルーの色に似てこんな色が我が家にあれば・・・とか想像してます。
  1. URL |
  2. 2007/01/11(木) 09:40:45 |
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集]

あれー!


 黄色の花レンテン・・・・とか書いてしまい,書き直そうとしてるうち、送信してしまいました。ウインター・・・と言うのですよね知らないということは恐ろしい(笑)

  1. URL |
  2. 2007/01/11(木) 09:49:19 |
  3. スノードロップ #-
  4. [ 編集]

スノードロップ さま
 スノードロップさまは、スノードロップのお花がきっとお好きですよね。咲いたらアップしますから見てください。
 ウインターアコナイトは日本でも、黄花節分草として、種苗会社のカタログに載っているということを、このコメント欄に書いてくださった方がいました。
 クリスマスローズとレンテンローズは、見分けがつかなかったりするので、こちらでは共通の学名で、ヘレボーラと呼んでいます。コメントは私などうっかりしておなじ内容で二度送りしたこともありますよ。
  1. URL |
  2. 2007/01/12(金) 02:08:07 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。