イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

着物は神秘に満ちて?

                                  21 January 2007


人気blogランキングへ★←こちらをクリックして戴けますとポイントになります。いつも有難うございます。

20070120185317.jpg

 A KIMONO SHOW 
          By Mrs Rie Yanagisawa

 
 前回に引き続き、イケバナインターナショナルの新年会のご報告です。上記のショーは、ビュッフェランチの後、アトラクションとしておこなわれました。

 着物はイギリス人にとっては大変ミステリアスな衣装のようです。その神秘性を少しでも理解するために、この着物ショーは企画されたとのことでした。
 上の写真は着付けが完了したときのものです。
 モデルさんはいわやようこさんです。
 これから、上掲の写真にいたるプロセスをお目にかけます。





20070121024522.jpg


 まずはI.Iのメンバーの方がモデルさんです。





20070121033947.jpg


 少し緊張しておいででしょうか。



 
20070121024836.jpg


 上品で、素敵な感じに仕上がりましたね。





20070120184055.jpg


 さて、いわやようこさんの登場です。いわやさんのお仕事はアーティストです。お顔のメーキャップはご自身でなさいました。
 いわやさんの日本髪を結い上げたのは、やなぎさわりえさんです。
豊かな長い黒髪を見せていただくチャンスが、実は後でありましたが、
かつらではありません。
 何事も中途半端にはしない、というやなぎさわさんは、徹底して正統派志向、着付けの手順にもごまかしはありません。ちなみにやなぎさわさんはミュージッシャンでお琴の演奏もなさるそうです。イヴェント オーガナイザーとしてご活躍です。





20070121024951.jpg


 美しい柄のお着物ですね。




20070121025137.jpg


 ジュリア クレメントさんもオペラグラスで熱心にご覧になっていらっしゃいます。




20070120184305.jpg


 いいですね。この帯の色も紫のお着物の色に良く合います。




20070121025036.jpg


 いわやさんの手さばきの鮮やかさ、そしてモデルさんが次第にあでやかなお姿に変化していく様子に、皆さんは釘付けですね。




20070120184938.jpg


 着付けもほぼ完成です。




20070120185015.jpg


 帯姿もすてきです。




20070120185136.jpg



 打ち掛け姿です。素敵な花嫁さんですね。
 もう皆さん、うっとりです。
 さて、日本の着物の神秘性に、少しは会場の皆さま、理解が深まりましたでしょうか。あるいはますますミステリアスになられたでしょうか。
 私たち日本人もこのような着付けの場面はめったに見る機会がないので、本当に心からたのしみ、また良い勉強にもなりました。
やなぎさわさん、そしてモデルを勤められたいわやようこさん。本当にお疲れ様でした。本当に素晴らしかったですよ。これからも、いろいろなところでご活躍くださいね。 
 (最後の写真は、さらにピンボケで申し訳ありません。)


人気blogランキングへ★←こちらをクリックしていただきますとランキングが上がります。有難うございました。


スポンサーサイト
  1. 2007/01/21(日) 05:36:11|
  2. 生け花
  3. | コメント:4
<<シャトルワースハウスでのアレンジ | ホーム | ロンドン支部のI.I.新年会 >>

コメント

はなあかりさんこんにちは

着物も見る機会が日本も減りました。先日、成人式で、ご近所のお友達のお嬢さんが成人式の振袖姿を見せに来てくれました。いつもと違ったきりっとしたあでやかな感じでした。着物は、姿勢もきりっとしてくれて、今の若い人を格好よく(笑)普段姿勢が悪いので、みせてくれますね。色もあでやかでした。ましてや、そちらで、英国人の方がごらんいなったら、びっくりでしょうね、さらに着付けですから。着物はちょっとおしゃれないい文化ですが、なかなか・・・。昔の父親は、夏は浴衣、冬はなんか着物を羽織っていたような?
  1. URL |
  2. 2007/01/21(日) 07:26:29 |
  3. hanahhana1952 #-
  4. [ 編集]

着物姿

日本に興味をもってくださる方が多くなるのは嬉しいですね。
・・・ティネカ・ロバートソンさんが着物で、椅子に座って脚を組まれてるでしょ、「あ、やはりイギリスだわ」・・・何だか微笑ましく感じました。
帯は窮屈ではなかったのかしら。
  1. URL |
  2. 2007/01/21(日) 15:22:34 |
  3. ばら色婆ァバ #-
  4. [ 編集]

hanahhana さま
 夏に帰国したとき、若い男女が何組もお洒落な浴衣姿で電車に乗り込んでくるのをみて、最近は若者も気軽に着物を着るようになったのかしらと、嬉しく思ったことがありました。とてもよく似合っていて誰もが粋で美しく見えました。改まったときの着物もいいですが、浴衣や街着の着物姿が多くなると、街中のファッションもぐっと日本的なエレガンスに包まれるでしょうね。
  1. URL |
  2. 2007/01/22(月) 09:14:18 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

ばら色 さま
 そうそう、ティネカさんたら足を組んで、まあ! しかも一番前の良く目立つところで。
 実は彼女はお生まれはオランダ人なので、ご体格が普通のイギリス人よりもおおがらでいらっしゃるのです。借り物だそうですが、サイズの合う足袋や草履がよくあったものだと感心しました。何の違和感もなくすたすたと歩いていらっしゃいましたもの。この日はいつも以上に終始にこやかでしたから、帯も窮屈ではなかったのかもしれませんね。
  1. URL |
  2. 2007/01/22(月) 09:31:55 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。