イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

庭のヘレボーラスたち

                                 25 January 2007


人気blogランキングへ★←こちらをクリックして戴けますとポイントになります。有難うございました。


20070125091354.jpg


 もう10年以上も同じ場所で咲き続けるヘレボーラスです。地味な色ですが、今頃咲いて花色が次第に緑色に変わり、三月ごろになっても形が崩れません。こぼれ種でたくさん子孫を残しています。すでに何鉢もチャリティーに寄付しました。




20070125091529.jpg


 これも、こぼれ種から育っていますから、親にそっくりです。でも違う色で出てくることもあります。こぼれ種から育つ苗は、成長が早く、苗も丈夫だと思います。




20070125091043.jpg


 これも、こぼれ種からでまだ三年ぐらいだと思います。親の名前はラベルによりますと、Helleborus x hybridus Ballad Seedlings とあります。
 親の方はまだつぼみが固いですが、子供の方は他の種類の性質が現れたのでしょうか、早く花を咲かせました。




20070125091330.jpg


 こちらもHelleborus Orientalis で、レンテンローズ(春咲きクリスマスローズ)です。99年に求めましたが、庭の事情で何度か植え替えました。移植の苦手なヘレボーラスにとっては、ハードだったのでしょう。昨年まではご機嫌がよくありませんでした。今年はどうでしょうか。少し咲き始めましたが。

 以上が花を見せ始めた庭のヘレボーラスたちです。





20070125091627.jpg


 スノードロップ(Galanthus nivalis)が、こんな感じに咲きました。




20070125091434.jpg


 これは Galanthus nivalis ‘Flore Pleno` という名前です。葉はグレーグリーンカラーで、花はダブルになっています。




20070125091506.jpg


 上のダブルのスノードロップのひとつを手にとってひっくり返して見ました。丈も低くて、下向きに咲く花ですから、こうして見ない限り、どうなっているのかわかりませんね。これが、普段は人目に触れることのない隠れた表情です。とても可愛いですね。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/25(木) 12:28:35|
  2. | コメント:4
<<二種類の南天 | ホーム | ロビン(イギリスの駒鳥)>>

コメント

こんばんは、はなあかりさん

あーあきれい。目のほようしました。ちょっと例年より早くありません?クリスマスローズ、スノードロップいいですね。こぼれ打ねでどんどん増えるのがうらやましい。
  1. URL |
  2. 2007/01/25(木) 22:13:41 |
  3. hanahhana1952 #-
  4. [ 編集]

スノードロップは葉のみ

ベランダ鉢のスノードロップは、結局5本の芽が伸びましたが、葉数が増えるばかりで、花芽の様子が見られません。
葉が15センチにもなって、花芽が無いと言うことは、今年は花が咲かないのでしょう。
残念ですが、こちらで見せていただいたので、少し満足。
  1. URL |
  2. 2007/01/26(金) 09:40:02 |
  3. ばら色婆ァバ #-
  4. [ 編集]

hanahhana さま
 ちょっと早いかもしれませんね。ただ、花日記をつけていないので、昨年よりもどのくらい早いのか、はっきりしないのです。でも今はこうしてブログに記録されていきますから、来年度以降は比較も可能になりますね。
 クリスマスローズは、花茎を摘み取らずにそのままにしておきますので、種がこぼれて周辺からベビーが芽を出して来ることがあります。芽を出したところが、まさに“生誕地”ですから、居心地が良いのでしょうね。丈夫で早く大きくなるように思いますよ。
 
  1. URL |
  2. 2007/01/26(金) 10:11:01 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

バラ色 さま
  スノードロップは丈がまだ低いときから、白い花を少し見せてそれを押し上げるように伸びてきますよね。今の時点で花芽が見えないということは、残念ですが今年はもう咲かないかもしれませんね。
 今年はエネルギーを蓄える年で、来年はきっと良い花に出会えることと思います。
  1. URL |
  2. 2007/01/26(金) 11:58:33 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。