イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

目玉焼きのような花

                                 16 October 2006

人気blogランキングへ ←ここがランキングのクリックポイントです。


     ロムニヤ (Romneya coulteri)


 英名はツリーポピー(Tree poppy)、さらにカリフォルニアポピー(Californian poppy)の記載も見られます。他にフライドエッグプラントの愛称があるのでその出所を探しましたが、私がチェックした範囲では今のところその記述は見当たりません。ひょっとしたら私の周辺だけで通用するニックネームかもしれないのですが、“目玉焼き”とは、花のサイズといい黄身部分の盛り上がり具合といい妙味のあるネーミングだとは思いませんか。


   6年ほど前にガーデンセンターで求めました。移植の嫌いな植物らしく、動かすと数年は不機嫌な姿しか見せません。一旦根付いてしまうと勢いが増し、根を拡げて大株になるのも早く、株の周辺からはサイドシュートもたくさんでてきます。丈も1.5mほどあり道に面した庭にありますので、道行く人々の目を惹くようです。7月末から咲き始めましたが、少しずつ咲き代わってまだ蕾が残っています。





  アマランサス(Amaranthus caudatus)


 ラヴ ライズ ブリーディング(Love-lies -bleeding)の英名での呼称は、一般に親しまれています。傷ついたハートから流れ落ちる血のイメージをこの花の姿に重ねたのでしょうか。


 我が家の庭には一年草はほとんど植えないのですが、この花とそして色違いの黄緑色のグリーン サムは、毎年必ず栽培しています。フラワーアレンジングの際に大変重宝な花ですが、花屋さんで求める段階ですでに状態が良くないことが多いからです。業者も細長いタッセル状の形状ゆえ、扱いが難しいのでしょう。




  誕生日にフローリストから花束の配達を受けました。私の身内の一人からです。しばらくそのままで眺めた後、トラディッショナルな英国風にアレンジしました。


 花器はポルトガル製のアーン型です。贈られた花材だけを使いたかったので、庭から折り取ってきて加えたものは、南天の葉、アイビー数本と、ラヴ ライズ ブリーディング二本です。戴いた花で自分のために花をアレンジするなんて、もったいないほど有難い時間だと思いました。




   お花の生徒さんと一緒に持ち寄りのランチパーティーをしました。もちろん私の誕生日とは関係がありません。パン作りやお菓子作りの上手な方がいて、見事な出来栄えのものをご持参くださいました。


  テーブルの上にまだ並んでないものもありますが、この日のメニューは、マッシュルームが中にたっぷり入ったスナックパン、サンドイッチ、サラダ風の海苔巻き寿司、ポークパイ、タピオカ入りの中国風スープ、豆の三色サラダ、栗南瓜の煮物、そしてデザートは栗かぼちゃを使っての南瓜饅頭、いちごのムース、フルーツサラダなどがありました。そして赤と白のワインです。


 日本人、中国人、イギリス人みんな一緒に、もう夕食は要らないというほどたくさん美味しいものを戴いて、おしゃべりして、満足した一日でした。


 アレンジメントは数日経っていましたがまだまだ綺麗です。


 


 




スポンサーサイト
  1. 2006/10/15(日) 03:48:44|
  2. | コメント:0
<<初めまして! | ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。