イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハナモモ、ヒュウガミズキの花

                                 19 March 2007


人気blogランキングへ




20070318110038.jpg


 庭に植えてこの3月でちょうど7年経ちました。日本ではハナモモという名で、これに近いものを良く見かけましたが、こちらではまだあまり見かけない花木の一つです。
 学名はPrunus versicolour 。そしてラベルには、A very unusual flowering peach とあります。花の後、豊後梅よりやや大き目の実を付け、それらはやや苦味を伴いますが、ジューシーで甘く、嬉しい驚きでした。食用になることまでは期待していませんでしたので。





20070318110012.jpg


 最初の一輪が開いたばかりで、花弁もまだ伸びきっていない初々しさです。




20070318105949.jpg


 白い花が多いのですが、濃いピンク一色だったり、白とピンクの花弁が混ざっている花も見られます。




20070318110330.jpg


 トサミズキにも似ていますが、ヒュウガミズキです。学名は Corylopsis pauciflora .英名は、バターカップ ウインターヘーゼル(Buttercup winter hazel)、又はただ、ウインターヘーゼルと呼ばれています。





20070318110406.jpg


 2000年の12月に求めましたが、まだ丈も低く、なかなか大きくなりません。成木で高さ2~3mだそうですから、庭が狭い場合は、このようにゆっくり成長するプラントは、歓迎です。




20070318110259.jpg


フッキソウ(富貴草)とも、キチジソウ(吉祥草)とも言われる、おめでたい名前を持ったプラントです。常緑の葉とこんもり茂るさまはグランドカバーには最適で、子孫繁栄を祝う意味から、上記のおめでたい名前はついたようですね。学名は Pachysandra terminalis で、こちらではパキサンドラと呼ばれています。
 このプラントには花を期待して植えるわけではありませんが、今のシーズン、白くてあまり目立たない花が咲きます。日本では茶庭のプラントのようですね。花にも独特の風情があると思います。




20070318105818.jpg


ムスカリも近づいてよく見れば、とても味わいのある姿かたちをしています。古くからこの家の庭にあり、バラエティーの名前はわかりません。我が庭にはありませんが、白や黄色もあるようです。英名でグレープ ヒヤシンス(Grape Hyacinth)ともいわれます。




20070318111209.jpg


 二階の窓からご近所の庭のレンギョウを写しました。近づいて見ることは出来ませんがもっとも一般的な Forsythia intermedia‘Spectabillis'だとおもいます。今の時期至るところでこの花が咲き誇っています。




20070318110545.jpg


 以前にもお目にかけましたが、やはり二階の窓からの木蓮の今の様子です。右側のアーモンドはほぼおしまいで左の木蓮が花盛りです。




20070318233346.jpg


この記事を書いている途中で、嬉しい花束の配達がありました。私宛てです。ひとしきり、写真に写したりして楽しみました。きょうはこのままの形を楽しみ、明日にはアレンジをしようとおもいます。楽しみです。



20070318233408.jpg


 こんな日はどこにも出かけないで、花の傍にずっといたいと思ってしまいます。



人気blogランキングへ★←こちらをクリックしていただきますと、ポイントになります。お出でいただきましてありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/18(日) 22:10:07|
  2. | コメント:12
<<アケビの花、シモツケの芽吹き | ホーム | ヤブ椿咲く>>

コメント

こんいちははなあかりさん

こうしてみると、花は日本とほとんど変わらない花が並んでいますね。そして、花は世界中共通言語かなとも思えてきます。ハナモモ、ヒュウガミズキと早春の美しい花ですね。そちらのほうがどの花も早いみたいですね。花束はお誕生日?それともお花を贈ることが普段よくあることなのかしら?素敵だなあ
  1. URL |
  2. 2007/03/19(月) 05:22:05 |
  3. hanahhana1952 #-
  4. [ 編集]

母の日

花束は、お子さんからの母の日のプレゼントでは?
我が家でも、今日大学から戻ってきた娘がカードと一緒にプレゼントの品を手渡してくれました。
毎年日にちが違うので、私はすっかり忘れていましたが・・・嬉しい一日でした。

フッキソウは山荘のケヤキの根元にグランドカバーとして植えて2年が経ちますが、寒冷地では無理なのか・・・昨年は姿が見えなくなりました。
  1. URL |
  2. 2007/03/19(月) 06:55:46 |
  3. 英香 #ZqL9wlhI
  4. [ 編集]

hanahhana さま
 私の庭好きの友人達の好みのプラントにはジャポニカが多いように、ジャポニカには魅力的なプラントが多いのです。私が選ぶプラントも自然にジャポニカとか日本原産のものが多くなります。
 きょうは英国では、母の日だったのです。一年中で一番お花の値段の高くなる日なのですよ。特にピンク色は一番人気で、普段の何倍かにつりあがります。気を遣わなくてなくていいのにと思いますのに、送られるとやっぱり嬉しいものですね。
  1. URL |
  2. 2007/03/19(月) 09:09:53 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

英香 さま
 花束はご想像の通りです。確かに日にちが違うのでわすれますね。
 フッキソウが山荘のお庭に根付かなかったのはどうしてだったのでしょう。北海道でも山地の樹の下にはえるくらいですから、寒さは問題ないと思いますが。フッキソウは、葉にクリーム色の縁取りのある種類もこちらにはありますが、それでしたら樹下が明るくなるかもしれませんね。
 
  1. URL |
  2. 2007/03/19(月) 09:48:18 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

ベランダのエニシダが

レンギョウも好きですが、鉢植えでベランダに置くには枝が伸びすぎるので、他所のお庭で拝見するだけです。
でも、黄色の花はエニシダが見頃になっています。
この木も大きくなるのですが、鉢植え用改良されたものがあります。
マメ科ですから、独特の形の花が枝にビッシリ咲いています。

ハナモモは綺麗ですよね、以前の家にあったのは、枝ごとに花色が違う一本の木でした。
  1. URL |
  2. 2007/03/19(月) 11:08:38 |
  3. ば~ば #-
  4. [ 編集]

ハナモモって初めて知りました。
つぼみも花もすごくステキですね!
一つの木に白やピンクや模様入りの
花が咲くなんて不思議ですね~。
しかも果実まで楽しめるなんて
いいですね~♪
  1. URL |
  2. 2007/03/19(月) 14:20:37 |
  3. 紫苑 #JalddpaA
  4. [ 編集]

良い感じでフッキソウが茂っていますね。
うちのフッキソウはまばらです。
うちのも年数が経てばよくなるのかもしれません。
  1. URL |
  2. 2007/03/19(月) 21:46:47 |
  3. yoken #Ce2ke55Y
  4. [ 編集]

ば~ば さま
 レンギョウは家にもありませんが、隣の庭のものが少し伸びてきますのでそれを楽しんでいます。エニシダがもう咲いているなんて早いですね。枝垂れて咲く感じがいいですよね。
 こちらでこんなハナモモが買えるなんて意外でした。まだ他のところで見たことがありません。家の山椒の木もガーデンセンターで一本だけ在ったのを求め、家の庭に根付いていますが、その後どこの大庭園でもガーデンセンターでもまだ見かけたことがありません。そんな不思議な偶然の出会いというのはあるものですね。 
  1. URL |
  2. 2007/03/19(月) 23:44:21 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

紫苑 さま
 種類は少しちがいますが、日本にもハナモモというのがあって見たことがあります。紅桃色と白の花が同じ木で咲き、それは人目を惹いていましたよ。他所様のお庭の植木でしたが、毎年花が咲くのを私も楽しみにしておりました。
 実はたくさんは生りませず、昨年は10個ほどでしたでしょうか。小さいながら、いわゆる白桃のような色と形で、最初は食べられるとは思っていなかったのでそのまま眺めて楽しんでいましたら、鳥たちがたべはじめたのです。私もためしに口にしましたら、思いがけなくおいしかったというわけです。今年も実を付けるといいのですが。
 
  1. URL |
  2. 2007/03/20(火) 01:42:08 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

yoken さま
 お行儀の良いプラントで少しずつ拡がっていきます。これだけで一つの‘島’のような感じになっていますよ。周りに拡がり過ぎた部分だけむしりとっていますが、処し易いプラントだと思います。急に拡がるという性質のプラントではありませんので、おっしゃるように年数が要るのだと私も思います。 
  1. URL |
  2. 2007/03/20(火) 01:52:02 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

素敵な優しい色の花束ですね。
お花を頂くととっても嬉しいですよね。

ムスカリは我が家の庭にも咲きました。
よく見れば結構複雑なつくりになっていますよね。
1つ1つもとても可愛いです。
色も好きなのでよく描きます。
今年もがんばろう~!
  1. URL |
  2. 2007/03/20(火) 17:09:17 |
  3. 永月水人 #c5ZjinGs
  4. [ 編集]

永月水人 さま
 ピンク色のお花は気持ちもふんわりやさしくしてくれますね。
ムスカリは自分で写真に写してみるまで、あんなに完璧なベルシェイプの小花の集まりであることに気付きませんでした。永月様のように“描く”と言うことは、更に深く見つめられるということ、であろうと思います。いつかムスカリのお作をブログで拝見できますのを楽しみにしています。
  1. URL |
  2. 2007/03/21(水) 12:54:26 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。