イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

花ずほう、ブラックエルダー

                                   3 April 2007


人気blogランキングへ




ヤマモミジ(Acer palmatum)の新芽です。庭園灯にこの小枝が重なって見えるところが、気にいっています。夜に灯りをともすと、更に風情が出ます。



20070402084546.jpg


 庭に三種類のサーシス(Cercis)がありますが、これは Cercis chinensis で、日本のハナズオウと同じか、あるいはそれに大変近い品種だと思います。




20070402084428.jpg


 垂れ下がったレンギョウ(Forsythia)の枝に、アケビ(Akebia quinata)の蔓がからまり、いずれも花開きました。偶然ではありますが、二色のコントラストカラーが美しいと思います。




20070402084746.jpg


 馬酔木(Pieris Japonica Debutante)がやっと白い花をみせはじめました。満開になるには、更に一週間はかかりそうです。傍を歩くだけで良い香りが楽しめます。




20070402084952.jpg


 Snake's Head Fritillary といわれていますが、何となくイメージが蛇の頭を連想させるのでしょうか。これの学名はFritillaria meleagris といい、何と前々回アップの、オレンジ色のフィリティラリア インペリアリス オレンジ パーフェクションと、分類上の属が同じなのです。



20070402084622.jpg


 濃い紫色、むしろ黒に近い、エルダー(Sambucus nigra Black Lace)の新芽です。これの花は美しいピンク色をしています。秋には実がなりますが、これらのエルダーベリーでワインを造ることも可能だそうです。
 日本ではニワトコというのですね。



20070402084337.jpg


 ヤブ椿(Camellia Japonica)の花はいつ見ても、ホッとさせられます。



 20070402084841.jpg


 ヘレボーラス(Helleborus argutifolius)、 グリーンの花もなかなか見応えがあると思います。



20070402084805.jpg


 ヘレボーラス(Helleborus White Beauty), 花の盛りは過ぎましたが、まだまだ楽しめる花です。



人気blogランキングへ★←こちらをクリックしていただけますとポイントになります。お出でいただきましてありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/03(火) 10:37:42|
  2. | コメント:6
<<エピミーディアム、桜 | ホーム | 枝垂れ吉野桜、隣の猫キャシー>>

コメント

日本画を見るよう

ヤマモミジが影を映す庭園灯、日本画のようですね。
はなあかり様のお庭は、絵画の世界そのままに・・・それ以上に、色彩と光が溢れていて、俗世を忘れます。
  1. URL |
  2. 2007/04/03(火) 19:46:36 |
  3. ば~ば #-
  4. [ 編集]

こんばんは、はなあかりさん

どれもこれも素敵な感じです。蛇にはちょっとびっくりです。クリスマスローズは、とっても素敵な感じ。庭にいっぱい咲かせてみたいな。今はちょぼちょぼです。みどりがいいなあ
  1. URL |
  2. 2007/04/03(火) 21:03:29 |
  3. hanahhana1952 #-
  4. [ 編集]

ば~ば さま
 家の庭は英国サイズの標準から言えば狭い庭ということになります。日本風のコーナーには植えたい植物がいろいろあっても、抑えに抑え、狭いなりに、いかにして心休まる“空間”を作るかを課題としてきました。見る者の心がいつでも入り込める空間をそのコーナーに作りたかったのです。
 一方、イギリス風のコーナーには、季節になれば、空間などまったく無いほど、ひしめき合うように多種類の植物が咲き溢れます。
 これら二つのコントラストを、結構楽しんでいるつもりです。
 
 写真は良い景色だけ切り取るように写しますから、実際以上に良く見えたりもしますが、ば~ばさまからお褒めいただきますと嬉しくなりました。ありがとうございました。 
 
 
  1. URL |
  2. 2007/04/03(火) 23:28:46 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

hanahhnah さま
 これからお庭を眺めるのが楽しみな季節ですね。
 クリスマスローズ系は、お花の形も崩れず長持ちしますから、お庭にあって、嬉しいプラントです。ホワイトビューティーも、写真ではわかりませんが、お花のサイズが普通のものよりも少し大き目で、ちょっと素敵な品種なのですよ。
  1. URL |
  2. 2007/04/04(水) 00:12:22 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

モミジは秋の紅葉も綺麗ですが、若葉も美しいですね。
  1. URL |
  2. 2007/04/05(木) 00:01:43 |
  3. ナベショー #-
  4. [ 編集]

ナベショー さま
 しなやかに優しく萌え出るモミジは良い感じです。連日の春の明るい日の光の中で、いっそう美しく輝いています。
  1. URL |
  2. 2007/04/05(木) 20:16:57 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。