イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

若葉の萌える庭

                                    18 April 2007


人気blogランキングへ

20070418073139.jpg


 このところ新芽の伸び具合が著しいのです。ボーダーガーデンでは、色彩や個性の異なる低木類と、宿根草の組み合わせを楽しんでいます。花も大切ですが、花の咲かない時期の植物達の姿の美しさも同じくらい大切です。




20070418073111.jpg


 このコーナーは小さなキッチンガーデンでハーブ類を植えています。右手前の木は三メートル以上にも伸びた山椒の木です。ローズマリー、ミント、レモンバーム、フレンチタラゴン、ニラ,ルッコラ,チャイブなどがとりあえず植えられています。茗荷もかなり伸びてきました。





20070418073236.jpg


 ヤマモミジの新緑も本当に爽やかです。




20070418073309.jpg


 日本風のコーナーも今はこんな感じです。




20070418073405.jpg


 椿もこれくらいの大きさになると見ごたえがあります。




20070418072955.jpg


 他種の椿(セレブレーションズ)も木は小振りですが、まだ咲いています。




20070418073630.jpg


これは色は違いますが,カタクリの花を思い出させてくれる花です。
友人より球根を戴いて植えました。Erythroniumですが、種類名はわかりません。多分、oregonumではないかと思うのですが。





20070418073602.jpg

 
 来年はカタクリにそっくりなピンク色も植えて見たくなりました。





20070418073657.jpg


 ブラックバードがすぐ傍にやってきて、何写してるの?って問いかけているような表情です。




20070418073037.jpg


オーリキュラも7鉢ほどありますが、いずれもよく咲き揃っています。




20070418072927.jpg


 イカリソウの黄色です。




20070418072828.jpg


 イカリソウの中でもこの花の色は特に気に入っています。

 これからボーダーガーデンが賑やかになってきますが、身辺もいろいろとあわただしくなり、外に出かけることも多く、ブログに時間をかけられないのがとっても残念です。
 特に今週末からは南仏に参りますので、しばらくご無沙汰になるかも知れません。あちらからも何度かトライしてみますが、さてどうなりますでしょうか。ときどきは覗いてみてくださいね。



人気blogランキングへ★←こちらをクリックしていただきますとポイントになります。お出でいただきましてありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/18(水) 08:50:28|
  2. | コメント:12
<<続:若葉の萌える庭 | ホーム | ロンドンへの道&菜の花畑>>

コメント

素敵なお庭ですね。山椒、日本庭園とうっとりです。オーリキュラ
もかわいらしい色ですね。ブラックバードもとってもかわいらしい。なんともいいなあって思います。イカリソウ最後の子素敵な色ですね
  1. URL |
  2. 2007/04/18(水) 20:11:36 |
  3. hanahhana1952 #-
  4. [ 編集]

hanahhana さま
 庭って気持ちを込めて毎日見回っていれば、庭はいつしか自分になってしまうような気がしますね。ですから、旅行に出かけるときが、一番切ないのです。でもたまには旅行もしたいし、でも出かけると残して出た植物のことが気になりますし、庭好きもこんな時困りますね。
 旅先から(南フランス)青いカンヌの海の写真がブログで送れるといいな、とおもっています。
  1. URL |
  2. 2007/04/19(木) 05:04:25 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

落葉して木々や花が新しい黄緑の葉を出して、生き生きと成長し、競って花を咲かせる、、、、ガーデニングにとって、もっとも楽しく、遣り甲斐のある時期、はなあかりさまの庭も、いろいろな楽しい花や木でいっぱいですね。
  1. URL |
  2. 2007/04/19(木) 07:10:34 |
  3. ナベショー #-
  4. [ 編集]

ナベショーさま
 ナベショーさまの素敵な“雑木林風里山ガーデン”を拝見してきました。お庭の一角が雑木林につながっているガーデンは私の憧れですが、もしかしてそういう自然環境でしょうか。これからは植物好きにとって、本当に楽しみな季節ですね。
  1. URL |
  2. 2007/04/19(木) 09:40:01 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

キバナカタクリ

お久しぶりです。日に何度もお庭の花や野鳥たちなどを拝見させていただき、イギリスの風景や雰囲気に浸り、バーチャルな生活を勝手に楽しませていただいています。有り難うございます。ところで、カタクリ(Erythronium japonicum)に似た黄色い花は、東京でも見かけるキバナカタクリ(Erythronium grandiflorum)と呼ばれている外来の花にそっくりです。園芸店で小鉢物で売られているのを見ると黄色のカタクリと勘違いするほどですが、カタクリよりも葉も茎丈も大きくなるようですね。
  1. URL |
  2. 2007/04/19(木) 11:02:50 |
  3. 飛行船 #-
  4. [ 編集]

見る角度で顔が違うお庭

ハーブ類が各種間に合うキッチン・ガーデンは、お勝手口から近いのかしら、タッセルの枝越しに一つの顔。

そして日本式のお庭、見事な和庭園の顔です。

たくさんの種類の花が咲き競う顔。

茂った葉が陽光に輝く顔も・・・。

観る方向、角度で、さまざまな表情があるお庭ですね。
ステキ!
  1. URL |
  2. 2007/04/19(木) 13:18:08 |
  3. ば~ば #-
  4. [ 編集]

いろいろな種類の花たちが咲いて楽しいお庭ですね。
それに広い!!
いいな~
鳥たちも遊びに来て、
さえずりを聞きながら本場のアフタヌーンティタイム。。。。
映画のようですね~

南仏へはヴァカンスですか?
ゆっくりなさってくださいね。
南仏のほうが暑いかしら?
違う花たちをたくさん見られるといいですね。
  1. URL |
  2. 2007/04/19(木) 14:03:29 |
  3. 永月水人 #c5ZjinGs
  4. [ 編集]

なんて広いお庭でしょうか。
若葉がとても美しいですね。

オーリキュラ。
最近、こちらの園芸店でも見かけるようになりました。
良いお値段ですが。。
でも、日本の高温多湿では育てるのが難しそうなので、
ためらっています。
  1. URL |
  2. 2007/04/19(木) 19:58:32 |
  3. yoken #Ce2ke55Y
  4. [ 編集]

飛行船 さま
 キバナカタクリという名の花が日本でも売られているのですね。E.grandiflorumはこちらでも売られています。
 ピンク色のカタクリ(E. japonicum)を探すのですが、実は残念ながらカタログにも載っていないのですよ。そこでそれに良く似たピンク色の、E.dens canis Rose Queen を、来年用に求めようかしら、と考えているところです。
 お久しぶりにお出でいただきましてありがとうございました。 
  1. URL |
  2. 2007/04/20(金) 08:32:57 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

ば~ば さま
 レンガの壁の内側がキッチンですから、お勝手口には近いです。
 この日本式の庭は、イギリス人の友人達が特に喜んでくれます。砂利を敷き詰めた部分は竹箒で掃き清めて、足もとをできるだけ美しく見せる努力をしますが、それも結構、面白いらしいです。
 ば~ばさまがおっしゃるように、観る方向,角度で、確かに庭の表情が変わり、写真の面白さにも気付きはじめました。 

  1. URL |
  2. 2007/04/20(金) 09:29:42 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

永月水人 さま
 街の近くの住宅地としては、まあまあの広さかもしれません。少し郊外に出れば庭はもっと広くなるのですが、年をとってからのことを考えると私にはこれくらいが管理にはちょうどよいのかも知れませんね。
 後方の家や、近所の家のバックガーデンがとなりあわせになってちょっとした緑地帯が出来、小鳥達はいつも庭から庭へとびまわっています。
 南仏はカンヌやニースですが、気温は高めだと思います。オレンジやレモンが街路樹のように植えられ、たわわに実をつけているのを初めて見たとき、静岡を思い出しました。ラベンダーが丘の上でたくさん野生で育っていました。
 いつも家の内外でゴソゴソしているのが好きな私は、ホリデーは却って落ち着きません。
  1. URL |
  2. 2007/04/20(金) 20:52:14 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

yoken さま
 オーリキュラはこちらでは古典的な?植物です。簡単に栽培でき、株分けすればどんどん増えるし、値段も普通のプリムラと変わりません。家のものはすべて友人が株分けしてくださったものです。私も毎年のように株分けしてチャりティーや友人に差し上げています。auriculaとは、かわいらしい(ちいさい)耳’という意味だそうです。葉っぱが耳のような形をしていますものね。
 私はこのオーリキュラはすべて鉢管理をしていますが、yoken
さまも鉢なら、暑いときの管理も工夫しやすいかもしれませんね。
  1. URL |
  2. 2007/04/20(金) 21:13:18 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。