イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続:若葉の萌える庭

                                 21 April 2007


人気blogランキングへ

20070421104859.jpg


この後、南仏に出かけます。帰国後では遅くなりすぎますので、説明不足で申し訳ないのですが、昨日写した写真をご覧戴くことにしました。
 少し角度を変えただけで、同じ場所でも異なる表情になってしまうので、意外な感じもしています。実際よりも広く感じられるのもふしぎですね。



20070421104948.jpg




20070421104922.jpg




20070421104832.jpg




20070421104814.jpg




20070421105021.jpg


上の写真はすべて、前庭です。中ほどから、右方向から、そして左からという具合に写しました。




20070421104520.jpg


 ブルーベルの白です。




20070421104539.jpg


花蘇芳(Cercis chinennsis Bunge)。




20070421104634.jpg


 オーリキュラです。



20070421105118.jpg


馬酔木の白はまだ美しく咲いて、辺りに良い香りがただよいます。




20070421105141.jpg


グリーンハウスと、バックガーデンが見えます。




20070421104722.jpg


牡丹の花が、留守中に咲くのではないかと思っていましたが、間際に少し咲いてくれました。



20070421104701.jpg


蹲の傍のホスタ(Hosta undulata var. univitata)です。まだはっきりしませんが、フリルのように波打つ葉が、素敵なのです。


人気blogランキングへ★←こちらをクリックしていただきますとポイントになります。お出でいただきましてありがとうございました。

スポンサーサイト
  1. 2007/04/21(土) 11:42:08|
  2. | コメント:12
<<南フランス便り | ホーム | 若葉の萌える庭>>

コメント

こんにちははなあかりさん

お出かけ前のお忙しい中のアップですね。広々とした豊かなお庭ですね。とってもお気に入りになってしまいそうです。どのくらいの広さなのかちょっと想像つきません。ゆったりした中に、新緑が美しく映えていますね。オリキュアラは、お気に入りの花になりそうです。日本でもちらほら販売されているみたいですが、いい色と形です。ご旅行ご無事にいってらっしゃい
  1. URL |
  2. 2007/04/21(土) 14:05:11 |
  3. hanahhana1952 #-
  4. [ 編集]

芽吹きが本当にステキ!

どの草木の若葉も青々として本当にキレイですね~♪ 春の日の光をいっぱいに浴びて、どんどん成長しているのが分かりますね! 我が家も先日斑入りの葉の大きなポトスを買いました。シェードガーデンでは斑入りのものを植えると庭が明るく感じられるので、これから重宝しそうです。

ご旅行に行かれるのですね。春の南仏も花で溢れているのでしょうね~。ぜひ様子をご紹介くださいね。楽しみに待っています♪
  1. URL |
  2. 2007/04/21(土) 18:30:54 |
  3. 紫苑 #JalddpaA
  4. [ 編集]

お庭は雨だけで大丈夫なの?

これだけの花木、いくら地植えでも留守中は心配ないのですか。樹木類は丈夫でしょうが、花々への水遣りは大丈夫なのかしら?。
はなあかり様のことですもの、何か手を打っていらっしゃるのでしょうね。
私は、留守をするときは、ベランダの鉢植えが心配でたまりません。
鉢植えにも通用する手立てがあれば教えていただきたいのですが・・・。

ご旅行のご無事をお祈りしながら、お帰り後の楽しいお話を待っています。
行ってらっしゃ~い。
  1. URL |
  2. 2007/04/22(日) 15:38:10 |
  3. ば~ば #-
  4. [ 編集]

素晴らしいブログですね

たまたまウエブサーフをしていてこちらのページへ飛びました。素晴らしいブログですね。
私も昨年の後半ぐらいからブログが鳥や花がメインになってきていますので、とても参考になります。
また拝見させてください。
  1. URL |
  2. 2007/04/24(火) 13:53:50 |
  3. 赤い風車 #-
  4. [ 編集]

新緑がまぶしい素敵なお庭ですね~
広々!!

ブルーベル、かわいらしいですね。
まさしくベルの形なんですね。
オーリキュラの鮮やかなブルーも素敵です。
黄色を見たことがありますが
ブルーも素敵ですね。

南仏の旅。いってらっしゃ~い!!
  1. URL |
  2. 2007/04/24(火) 14:28:59 |
  3. 永月水人 #c5ZjinGs
  4. [ 編集]

hanahhana さま
 カンヌは、日本の五月の晴れた日のような感じです。ちょっと暑くて、でもさわやかで快適です。毎日出かけていますので、PCに向かう時間がなかなか見つけられません。それに私の連れ合いは、私がPCに触ることを喜びませんし、私も納得なのでちょっと遠慮気味なのです。
 オーリキュラは、色にバラエティーがあって可愛いですよ。
  1. URL |
  2. 2007/04/28(土) 00:46:50 |
  3. #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

紫苑 さま
 ホスタも日陰では明るい色の種類が引き立ちますよね。留守宅でわが家のホスタもきっと大きく葉が開いてきていることと思います。今の時期は、本当に庭の様子が毎日変化していきますもの。
  1. URL |
  2. 2007/04/28(土) 00:55:35 |
  3. #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

ば~ば さま
 お隣の方に水掛をお願いして来ました。鉢植えのキャベツは、毎日水掛が必要なのです。後はグリーンハウスの中の発芽して間もない野菜の苗などが気にかかるところです。
 この時期には庭のことを思えば本当に家を空けたくありません。いつも旅先で心配ですが、帰ってみますとと思いの外、良く成長していて驚くのですけれど。
  1. URL |
  2. 2007/04/28(土) 01:04:28 |
  3. #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

赤い風車 さま
 初めまして! ようこそおいでくださいました。つたないブログですがこれからもよろしくお願いします。
 帰英しましたら、赤い風車さまのブログもゆっくり拝見させていただきます。楽しみに致しております。
  1. URL |
  2. 2007/04/28(土) 01:09:24 |
  3. #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

永月水人 さま
 ブルーベルはブルーが主で、家から車で15分ほどの林にも一面、野生のブルーベルが咲いているところがあります。素敵なので写真を写して来ようと思いながら、今年は機会を逃してしまったようです。
 白のほかピンクもありますが、ブルーベルの名前にはやはりブルーカラーがふさわしいように思います。
 オーリキュラは、グリーンや赤、ワインレッド、オレンジ、また八重咲きも有って種類が豊かです。
  1. URL |
  2. 2007/04/29(日) 23:05:21 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

英国の春、新緑のお庭を拝見

はじめまして、英国の新緑のお庭を拝見いたしました。
日本は、初夏の日差しが眩しく感じられる季節になりました。
そして、緑のコントラストやカラーリーフの彩が花木以上に存在感を与えてくれるそんな四季の移ろいが伝わる季節です。
瀬戸内地方で庭づくりをしております。
狭い空間ですが、地形に変化があります。
健全な緑と季節の彩をテーマに地域の素材を生かして行きたいと思っております。
今後も楽しみに拝見させていただきます。
  1. URL |
  2. 2007/05/04(金) 20:23:33 |
  3. islandscape #-
  4. [ 編集]

islandscape さま
 お出戴きありがとうございました。 コメントを嬉しく拝読しましたのに、遅れてお返事を差し上げますご無礼をお許しください。  ひょうご環境・緑化研究会のページを拝見致しました。屋上緑化や壁面緑化はテレビなどで番組を見たことがありますが、今後の素晴らしい緑化の方法だと思います。ビルの屋上でなくても、普通の家でも、屋根の代わりに平らな屋上庭園にするデザインもいいですね。庭の面積が少ない方も軽量培養土を使って、屋根の上で野菜や花作りが楽しめるなんて素敵なことです。今後の貴会のご発展を心から念じております。
  1. URL |
  2. 2007/05/09(水) 04:18:18 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。