イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

薔薇;コンスタンス スプライ

                                  25 May 2007


人気blogランキングへ

20070525045810.jpg


 コンスタンス スプライ(Constance Spry CLG.)という名のつる性品種です。花のサイズも大きくて芳香にすぐれ、色といいエレガントな形といい、これ以上何も望むことがないほど完璧な薔薇に見えます。



  
20070525045726.jpg


 あえて、何か挙げるとするならば、四季咲き薔薇ではなく、年に一度しか咲かない種類ということでしょうか。でもこんなに美しい姿を見せてくれるのですもの、年一回でも私は満足なのです。




20070522221106.jpg


 リバーティア(学名;Libertia lxiodes)も咲きました。乾燥に強いプラントです。




20070525045956.jpg


 アストランティア(学名;Astrantia maxima)です。




20070525050121.jpg


 アリウム(学名;Allium Christophii)は、こぼれダネから簡単に発芽しますので、10年ほど前に10球求めて植えた球根が今ではこんなに増えました。まだ咲き始めたばかりです。このアリウムは花後、種が充実してからの姿もまた目を惹きますので、これのドライフラワーはフラワーアレンジャーにとっては貴重です。




20070525050205.jpg


 アイリスも前回アップした時よりも花の数がふえました。他の種類の花たちが大きくて立派過ぎるからでしょうか。これら小振りのアイリスに心惹かれております。




20070525050037.jpg


 オリエンタル ポピー(学名;Papaver Orientale Princess Victoria louise)ですが、これも強くて一度植えれば年毎に株が大きくなっていきます。やわらかく優しいピンクの花が咲きます。




20070525050302.jpg


 グリーンイエローのグラス、私の好みです。
(学名;Carex elata ‘Aurea’)




20070522220909.jpg


 このポピーは、コルチェスターのベス チャトーガーデンでチャトーさんと永年お仕事をしておられた友人から苗を戴いたのが最初です。チャトーさんの庭園にはこのポピーがたくさん咲いています。。 (学名:Papaver rupifragum)




20070522220728.jpg


 ティッシュペーパー細工のような花弁が面白いとおもいます。





20070522221216.jpg


 リソドラ へヴンリーブルー(Lithodora Heavenly Blue)とラベルにありました。へヴンリーブルーとはこういう色を言うのですね。草丈は15センチほどです。





20070522221145.jpg


 英語名でゴールデン モック オレンジと言わていますが、花の咲いている間、オレンジのような花の香りがそこらじゅうに漂います。
 葉の色も明るい黄緑色で、人気のある花木のひとつです。
(学名;Philadelphus coronarius Aureus)



20070522221028.jpg


 一番手前のグラスは日本のススキ、右側の羊歯はコゴミ、その奥にあるのがゼンマイです。いずれもガーデンセンターから求めたものですが日本の野山に自生しているものばかりですね。
 こちらの庭好きにはいずれも魅力的なプラントばかりです。





20070525045858.jpg


 日本ではケムリノキというのでしょうか。この二色のコントラストが気に入っています。
 {学名;Cotinus Grace (紫)}
 {学名;Cotinus coggygria Golden Spirit (グリーンイェロー) }

 次回はモナコの写真を見ていただきます。

人気blogランキングへ←←こちらをクリックして戴けますとポイントになります。お出でいただきましてありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/25(金) 12:36:50|
  2. | コメント:14
<<南仏;モナコ公国を訪ねて | ホーム | アイリスの咲く庭>>

コメント

天国の青空?

一昨日のアイリスの青や紺、青紫・・・青い花は何だか神妙な雰囲気を漂わせますね。
小さな青い花、先日も気になった青でしたが、へブリン・ブルーですか。
天国の青空の感じなんでしょうか。

コンスタンス・スプライのような、非の打ち所がない、豪華で優雅な見事なバラは勿論大好き。
でも、小さな自己主張しないような花もいいですね。

オレンジ色のポピーがオリエンタルかと思いましたら、ピンクのポピーが・・・このポピーの色はあまり東洋的じゃないかと思えたんですが、面白いですねぇ。
  1. URL |
  2. 2007/05/25(金) 16:42:55 |
  3. ば~ば #-
  4. [ 編集]

ステキですね~♪

なんてステキなバラなんでしょう!!
豪華だけど派手すぎず、色合いも
形も本当に上品なバラですね~!
ウットリと写真を眺めています(^^)

そして、たくさんの種類の花たちも
どれもかわいい♪オリエンタルポピーは
私も植えてみたいと思いました。
アリウムってこぼれ種で増えるんですね。
来年は我が家でも植えてみようかしら?
どれもこれもステキで、見ているだけで
ウキウキしてしまいます(^^)
  1. URL |
  2. 2007/05/25(金) 17:30:17 |
  3. 紫苑 #JalddpaA
  4. [ 編集]

ソフトシールドファーンは見つけられなかったので、コゴミを一株買ってきて、植えました。
これは、第2候補だったので、まずは満足です。
これから成長するのが楽しみです。
  1. URL |
  2. 2007/05/26(土) 03:00:58 |
  3. yoken #Ce2ke55Y
  4. [ 編集]

花が咲きそろって

とっても素敵な季節です。毎日庭を眺めているだけで、時間が過ぎたらいいなあと思われているでしょうね(笑)私がそうです。ゆたりとした花の配置とゆたりした時間流れが感じられます。バラ、ポピーものびのび育っていますね。今頃庭を散策かな?
  1. URL |
  2. 2007/05/26(土) 05:31:30 |
  3. hanahhana1952 #-
  4. [ 編集]

ば~ば さま
 ヘヴンリーブルーってば~ばさまがおっしゃるように天国の青空の色なのかもしれませんね。ば~ばさまはブルーがきっとお好きなのですね。エリザベス女王様のお召し物にも濃いブルーが多く、とてもよくお似合いになるように思います。
 このオリエンタルポピーには朱色もあって植えたことがあります。一株に朱色の大輪の花がまとまって咲きますと、あまりにも色彩が強すぎて、他の花との調和が崩れてしまい、好きだとおっしゃる方にさしあげました。白もありますが素敵です。このサーモンピンク色は直径10センチほどで、一週間ほど散らずに咲いています。そして宿根草です。
  1. URL |
  2. 2007/05/27(日) 01:25:59 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

紫苑 さま
 コンスタンス スプライは香りも良くて、もう何にも言うこと無しの薔薇です。つる薔薇とは思えないほど輪径も11~12cmあり、前にたたずむと、もううっとりです。
 アリウムはこぼれた種から無数に芽が出てきますが、球根が充実して花が咲くようになるまで年数がかかります。私のところではあちらこちらに雑草の如くベビー苗が育っていて、不要な苗は抜き取っています。
 オリエンタルポピーは、昨年、庭から種を持ち帰った友人から、発芽して育っていますよ、ということを数日前に聞きました。宿根草のポピーですから、最初の年は花を咲かせるほど株が充実しないので花は咲かないかもしれません。でも丈夫なプラントですから毎年株が大きくなり蕾もたくさん出て来るようになるはずです。 オリエンタルポピーの苗が日本で買えるといいですね。
  1. URL |
  2. 2007/05/27(日) 02:07:06 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

yoken さま
 ソフトシールドファーンが求められなくて本当に残念でしたね。
コゴミも端正な育ち方をする羊歯です。四年ほど前に植えましたが、今では回りにベビー苗が7~8本も育っており、生育条件さえ合えば、胞子で簡単に増えるのだということを実感しています。
 
  1. URL |
  2. 2007/05/27(日) 02:18:23 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

hanahhana さま
 庭をぼんやり眺める時間はほんとうにいいですね。今週はロンドンに3日、病院に一日中付き添い(知人の)、お花のお稽古日、などでブログも開く時間もマネージできないほどちょっと忙しい一週間でした。
 庭やアロットメントでガーデニングしてぼんやり眺めて、お料理して、お花を活けて、ブログで皆さまと心の交流をして・・・だけで時間が過ぎていく週は幸せな週です。
 私は昔からぼんやりとしたタイプでしたから、ぼ~っと庭にたたずんでいる時間が特にハピーです。
 
  1. URL |
  2. 2007/05/27(日) 02:57:34 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

丹精込められた花たち

いや、本当に羨ましいですね。
庭もそうだけど、それ以上にここに掲載されている花々がとても丹精され、注意深く、愛情を持って育てられているのがよく判ります。
家では、庭の花も、ベランダのプランターの花も、虫食いだらけ、放置されて、いじけて育っています。
家の花たちがこのブログを見たら、すぐにでもパスポートを取ってイギリスまで飛んで行ってしまうでしょう。
少し、世話してあげなければと反省しきりです。
  1. URL |
  2. 2007/05/28(月) 00:10:53 |
  3. 赤い風車 #-
  4. [ 編集]

フラワースクールと同じ名前なんですね。

はなあかりさん

いつも、楽しくブログを見ています。
ロンドンにこの名前と同じフラワースクールがあるので、びっくり。
そういえば、花の名前って人の名前が多いですよね。
はなあかりさんのお庭っていろいろなお花が植えてあって、見ごたえがあります。
今回のチェルシーフラワーショーでも、バラは、かかせない花材でしたね。毎年、バラのアーチを作るところがあって、そこで写真を撮るのが恒例なのです。
今年は、ハンプトンコートも行ってみようと思っています。
  1. URL |
  2. 2007/05/28(月) 05:48:19 |
  3. les fleurs #-
  4. [ 編集]

赤い風車 さま
 お褒めいただき、ありがとうございます。
 日本では年に数回は庭師さんに消毒をしていただいておりましたが、こちらでは一度もその必要を感じません。ただ、薔薇だけは部分的に施すことがあります。
 野菜も完全に無農薬ですが、問題なく収穫できます。5月末までゆっくりと暖かくなり、その5月末の状態が秋まで続く気候が病害虫の発生を抑えているのではないかと思います。
 ただし高温を必要とする西瓜やなす、生姜、サツマイモなどの栽培はこちらでは難しいですから、冷涼な気温を必ずしもプラス面だけでは考えられないのですけれど。
  1. URL |
  2. 2007/05/28(月) 09:46:55 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

les fleurs さま
  ブログをご覧いただいているとのこと、ありがとうございます。
 コンスタンス スプライ女史の開校されたフラワースクールは、女史亡き後もお名前がスクール名として残り、現在も本校がサリーに存在しますよね。この薔薇名もこの女史のお名前からとって付けられたものであることは確かだとおもいます。
 チェルシーフラワーショーでも薔薇の展示場は大変な人気でしたね。ハンプトンコートは、一ヶ月余り展示の時期がずれますから、チェルシーとはまた違う種類の薔薇が見られるとおもいます。
 開花時期との関係だと思いますが、薔薇の展示に関する限り、ハンプトンの方が種類も多くてさらに充実しているという話を聞いたことがあります。その辺りのことも確かめてきてくださいね。

 
  1. URL |
  2. 2007/05/28(月) 10:26:57 |
  3. はなあかり #.rnnPOac
  4. [ 編集]

黄色いポピーの手前の低木樹、、ナベショーの庭にあるベニマンサクとよく似てるのですが、、、、
  1. URL |
  2. 2007/05/30(水) 11:50:09 |
  3. ナベショー #-
  4. [ 編集]

ナベショー さま
 ナベショー様のブログでベニマンサクを拝見した時に、葉の形が確かに似ていると思いました。花の時期が秋とありましたので、違う種類だということがわかりましたが、本当によく似ていますね。
 私のはサーシス カネイディアンシス ‘フォレスト パンジー’といい、花蘇芳のカナダ種です。芽吹きから紅葉まで、紫色をしています。花は葉に先がけて春先に小さな目立たない花を咲かせます。近いうちにブログにアップしてみますね。
 
  1. URL |
  2. 2007/05/30(水) 18:50:20 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。