イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロムニア&アスチルベ

                    30 June 2007

人気blogランキングへ


20070630001339.jpg


 イギリスの四月はほとんど雨が降らず、異常なほど乾燥した月でしたが、この6月は逆に降雨量が多く、観測史上の記録だとも聞きます。
 さて、そんな雨がちなお天気ですが、今年も‘目玉焼き’のようなロムニア(Romneya coulteri)が咲き始めました。




20070630001317.jpg


 ツリーポピーとかカリフォルニアポピーという英名もあります。書物への記載はありませんがフライドエッグプラントと呼ばれるのを聞いたことがあります。この写真の花は直径が14センチはありましょう。
 これから秋まで咲き続けます。




20070630001627.jpg


 アスティルベも咲き始めました。濃いピンクと淡いピンクが一緒に咲いています。




20070630001656.jpg


 雨のお天気でも、急に空模様が一変して青空が見え、太陽が覗くことがあります。この写真はそんな時に写しました。アスティルベの後ろに陽の光が届いています。



20070630001436.jpg


 フロックスのような花を見ますと心が和みます。こちらの英人の友人からもこの花には郷愁を誘われると聞きました。コッテージガーデンタイプの花だと思います。




20070630001514.jpg


 これは前々回の24日にアップしましたアキリヤよりも遥かに背高の種類で1mはあります。これの日本名は、セイヨウノコギリソウの一種になるのでしょうか。この写真の種類は、Achillea filipendulina Cloth of Goldです。




20070630001544.jpg


  いつの年もこれが咲くたびにオミナエシとダブって見えてしまいます。



20070630001802.jpg


 赤フサスグリ(レッドカラント)がこんなに熟れてきました。青空を背景にしますと赤い実がより輝いて見えます。



20070630001911.jpg


 いつネットを外すかが問題ですが、当分はこのままにします。紅い実のなる木が庭にあるのは何となく幸せ気分にさせられます。




20070630001254.jpg


 アラビアンナイトという名前のダリアです。黒に近い赤に魅せられて球根を買い求めました。花のサイズはダリアとしては普通の大きさですが、傍に直径27センチほどのアリウムがありますのでダリアは少し小さく見えますね。




20070630001200.jpg



 
20070630001128.jpg


 これはニフォーフィア(Kniphofia Jjenny bloom)といいます。ニフォーフィアにもさまざまあって、ボーダーガーデンで各種見かけますが、私はこの種類が一番気に入っています。
この‘ぼかし’が何とも言えません。素敵だと思います。




人気blogランキングへ←←こちらをclick して戴きますと rankingのpointになります。お出でいただきましてありがとうございました。


スポンサーサイト
  1. 2007/06/30(土) 10:25:39|
  2. | コメント:6
<<ピースパゴダ27年祭のお花活け | ホーム | G.スミス氏のガーデン訪問>>

コメント

こんにちははなあかりさん

「紅い実のなる木が庭にあるのは何となく幸せ気分にさせられます。 」なんなくわかるような気がします。黒いダリア本当素敵ですね。本当おみなえしにそっくりです。今日万葉苑に行ったら、おみなえしの咲きはじめでしたよ
  1. URL |
  2. 2007/06/30(土) 11:28:39 |
  3. はなはな #-
  4. [ 編集]

懐かしいレッドカラント

以前の家の庭にあったレッドカラント。

引っ越すと言ったら、お向かいのご主人がスコップを持って飛んで来たの。
「ベランダに持っていけない木は、そのまま置いて行かれるとか・・・下さい」って。

根の周りを大きく掘って上げ、そちらのお宅のお庭に移植された時は、寂しかったけれど、すごく嬉しかったのです。

「この木に逢いたくなったら、いつでもいらしてね」と言ってくださったけれど。
丈夫に育ってたくさんの赤い実を付けているかしら。
  1. URL |
  2. 2007/06/30(土) 21:00:40 |
  3. ば~ば #-
  4. [ 編集]

目玉焼き・・・^▽^似てます!!
巨大なポピーですね!
汚れも虫跡もなく真っ白!!
勢いがあってすがすがしいですね~
  1. URL |
  2. 2007/07/01(日) 08:27:32 |
  3. 永月水人 #c5ZjinGs
  4. [ 編集]

hanahhana さま
 お近くに万葉苑があったり、バードウォッチングもできる立派な公園があったりでhanahhanaさまは本当に恵まれた環境にお住まいですね。
 もう秋の花、オミナエシが咲き始めたのですか。秋の七草は七種類が同時期に咲くことはないのですよね。私が日本におりました頃、それらをあえて重陽の節句ごろに同時に咲かせ、大鉢に寄せ植えにして神社に奉納していた方がおられました。懐かしい光景を思い出しています。
  1. URL |
  2. 2007/07/01(日) 08:50:01 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

ば~ば さま
 レッドカラントもお庭におありだったのですか。この前は野ばらのアーチのことをお書きくださいましたが、ば~ばさまのセンスで選ばれた植物がいっぱいの、お心こもるお庭であったことが想像されます。
 私も日本を離れる時、家も然りながら、植物との別れには更に切ないものがありました。季節が廻るたびに庭の果樹や花木のことなど思い出します。
 お向かいさんが堀上げて移植されたレッドカラントは、間違いなく立派に育って豊かに実をつけていること思います。そしてお向かいさんもば~ばさまのことを思い出しておられるでしょうね。
  1. URL |
  2. 2007/07/01(日) 09:17:22 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

永月水人 さま
 目玉焼きに似ていますよね。黄味の盛り上がり具合など良く似ていると思います。
 そう、そして真っ白なのです。 ピュアホワイトって感じです。
 花びらの表面が、縮みのようにシワシワとしたところもまたいいですね。こちらでもまだ一般的ではなく、かなり個性的なプラントだと言えると思います。
 
  1. URL |
  2. 2007/07/01(日) 10:41:00 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。