イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダイアナ妃名のクレマチス

                     31 August 2007


人気blogランキングへ




   過日、ガーデンセンターにて、何となく心惹かれるクレマチスを見かけたのです。近付いてラベルを確かめましたところ、Clematis texensis ‘Princess of Wales'とあります。
 そして別のラベルには、目立つ文字で大きくClematis X Texensis‘Princess Diana'と記されておりました。




20070829190909.jpg

 植える場所の問題で、新しいプラントにはかなり躊躇してしまう私ですが、この度はこの可愛らしい小さなチューリップ咲きの花に惹かれて、買い求めました。説明にはluminous pink とありますが、光を反射して輝くような鮮やかなピンク色をしています。そのイメージがダイアナ妃のお名前に繋がったのでしょうか。

 奇しくもきょう8月31日は、ダイアナ妃の没後10周年にあたり、記念の式典がバッキンガム宮殿近くのチャペルで執り行われました。





20070829191401.jpg

 今年もこの白いダリアが咲き始めました。丈は1m40cm、輪形は16cmもある大型のダリアです。力強くて支柱も要らず、初霜が降りるまで次々と見事な花を見せてくれます。




20070829191206.jpg

 お花の生徒さんから戴いた三球の球根が始まりです。。5~6年前でしたでしょうか。最初の年から素晴らしい花を見せてくれました。ダリアは花の期間が長いだけではなく、病虫害も比較的少なくて、夏や秋の花壇には嬉しい存在ですね。




20070829191443.jpg

 夏の終りごろから秋にかけて咲きます。カリオプテリス(Caryopteris Gland First Choice)と呼んでいますが、低木の一種です。花後に切り戻しを致しますと毎年1m弱のサイズをキープできますし、紫の花が秋らしくて大変気に入っています。
 これのこぼれダネから育ったもう一本が裏庭で育っていますが、親木の三分の一ほどに生長し、同じ花を見せてくれるようになりました。




20070829191144.jpg

 ホトトギス(Tricyrtis)が咲き始めました。ヒキガエルのイメージにつながるのでしょうか、英語名はトードリリー(toad lily)といいます。友人のお庭から戴いたのが最初ですから、品種名を記憶しておりません。日本のヤマホトトギスにも似ているようです。




20070829192340.jpg

 こちらはライラックピンク色をしたホトトギス(Tricyrtis Hirta)です。




20070829192033.jpg

 日本ではルリタマアザミと言うようですね。これの学名はEchinops ritro Globe thistle のようです。姿といい、色といいフラワーアレンジをする上で名脇役振りを発揮してくれます。
 ドライフラワーにも適しています。




20070829192458.jpg

 オミナエシを懐かしく思いだすアキリア(Achillea filipendulina‘Gold Plate')は、まだこんなに鮮やかな黄色を見せています。





20070829192254.jpg

 これはピンク色をした愛らしい花、ダイエラマ、別名‘エンジェルの釣竿’の種です。しっかりした粒の種で、私の経験ではほぼ100%の確率で発芽したと記憶しています。
 ゆっくり成長しますから、気長にお世話できる方でなければ、待ちきれないかもしれませんね。お花が咲くまでに少なくても5年くらいはかかると思います。私はどちらかと言えば気長の方に入りますでしょうか、庭にはこれの実生苗が育っています。




20070829192646.jpg

 ミズヒキに似たお花、パーシカリア(Persicaria amlex.Firetail)は、お花の期間の長いプラントです。




20070829191031.jpg

 古くから庭にあって品種名は定かではありませんが、二フォーフィア(Kniphofia)の一種です。
 一般に良く見かける色は朱色のような濃いオレンジ色で、まとまって咲いている姿は、まるでたいまつの炎のイメージに重なるのでしょうか、Torch lilyという英語名もあります。
 また、Red-hot pokerとも言われますが、燃える暖炉の中を突っつく火かき棒(鉄製ですから中をかき回していると真っ赤になります)の意味の名前もあります。印象がはっきりしていますから、覚えやすい名前かもしれません。

 後方の紫花は花期が長く、四月から秋まで次々と新しい蕾が立ち上がってきます。エリシマム(Erysimum Bowles' Mauve)と言います。




20070829191557.jpg

 ヘレニウムの遅咲き種(Helenium ‘Bruno’)です。同じような色をした、H.‘Moerheim Beauty'が同じ花壇にあり、写真の右後方に少し見えていますが、そちらはすでに花の盛りを過ぎました。




20070829191000.jpg

 ジャパニーズアネモネ”と言われているシュウメイギクのセミダブル咲きが咲き始めました。購入時のラベルは残っていませんが、多分、Anemone x hibrida ‘Whirlwind’ではないかと思います。





20070829191058.jpg

 ピンクのダブル咲き秋明菊は私には遠いはるかな日々の記憶を呼び覚ましてくれる花です。優しい風情が大好きで、庭の数箇所に植えて楽しんでいます。




20070829191318.jpg

 この小さなコーナーはキッチンガーデンでハーブ類を植えているのですが、次第に宿根草の数が増えてしまいました。
 後方に百合の花のまだ固い蕾が見えますが、実は今回ご覧戴く写真の何枚かは先週初めに写したものです。
 予測できなかった事態が生じ、少しの間、パソコンから遠ざかっておりましたが、元気を取り戻しましたのでこれからもよろしくお願いします。




20070829191519.jpg="0">

 前庭の一角です。ブロンズ色のオーナメントグラス(Pennisetum rubrum)が穂を出しました。右手前に見える紫の花はヒービー(Hebe Autumn Glory),白い花はエキナシア(Echinacea purpurea ‘White Swan')です。

 次回は、庭の薔薇のセカンドフラッシュなど、ご覧戴きたいと思います。

人気blogランキングへ★←こちらをクリックしていただきますとランキングのポイントになります。お出でいただきましてありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/31(金) 08:25:32|
  2. | コメント:6
<<セカンドフラッシュの薔薇 | ホーム | 美しい樹木の庭園;ワデスドンマナーハウス>>

コメント

こんにちははなあかりさん

素敵に咲いていますね。これだけのお花が咲き揃っているんですね。本当どれをとっても綺麗で和みます。赤いクレマチスもかわいらしいですね。こちらは、今年は猛暑猛暑でやっと一息ついたところ、お花達にはかわいそうな夏でした。夏枯れしたものが多かったですよ。素敵なお花ありがとうですね
  1. URL |
  2. 2007/09/01(土) 04:39:03 |
  3. hanahhana1952 #-
  4. [ 編集]

きれいですね。

はなあかりさま

ブログが更新されないので、案じていました。
素晴らしいお庭ですね。
今日は、テレビは、どのチャンネルもダイアナ妃の10周年イベントでしたね。なくなられたとき、わたしたちは、パリの自宅で、ちょうど休暇から戻ってきて、なぜTVでダイアナ特集をしているのか不思議に思ったものです。自宅からすぐそばのガードの中で事故があったと聞いて、痛ましく思いました。
今も、アルマモルソーのガードの上の場所には、記念碑にお花を供える人がたたないのです。
自宅そばの、Kensigton Palaceも、花と写真でいっぱいでした。
人は、なくなっても心の中に生きています。
お元気を出されてくださいね。

  1. URL |
  2. 2007/09/01(土) 05:39:19 |
  3. les fleurs #-
  4. [ 編集]

hanahhana さま
 日本は過去に例を見ないほどの猛暑だったようで、大変でしたね。逆にこちらは私にとってはかつて経験したことがないほどの冷夏だったのですよ。
 桃太郎トマトを20本も植え付けましたのに、記録的な雨量と寒さのため、葉や茎が黒くなって成長が止まり、すべて抜き取りました。丈は50センチほどになり実もなり始めていましたのに、こんなことは初めてです。毎年、トマトは私の自慢の作物でたくさん育てては知人に差し上げて、日本のトマトを自慢していましたのにそれが出来なくてとっても残念です。
 日本では猛暑でお花が枯れ、イギリスでは異常な雨量と冷夏でお野菜が育たず、地球環境は本当に変ですね。これから先が本当に心配ですよね。
  1. URL |
  2. 2007/09/01(土) 08:24:16 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

les fleurs さま
 10年前はパリにお住まいだったのですか。しかもあの事故現場のガードはお宅のすぐ傍だったなんて・・・。私は日本であのニュースを聞きましたが、les fleurs さまにとっては、身近な場所で起きた事故ですから、なおさら衝撃的で当時の記憶は今も鮮明でしょうね。
 私もきょうは少しだけ、テレビを見ましたが、式典の執り行われたチャペルの外にも大勢の方がダイアナ妃を偲んでいましたね。
10年も経過したとは思えないほど、まだまだダイアナ妃のイメージには強烈な存在感があります。
 本当にあなた様のおっしゃられる通りだと思います。亡くなられてもその方のことを思う心の中には、その方は生きています。
 les fleurs さま ありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2007/09/01(土) 09:16:32 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

お花たちの元気を貰いましょう

鉄線・クレマチスの色や形が最近は豊富なのに驚かされます。
このプリンセス・ダイアナの名を冠したクレマチスは、色も花形も始めての驚き。
さすが、品が感じられます。

エンジェルの釣竿、花はピンクでしたが、種は青いのですね。

我がベランダも、青~紫~赤紫の色合いが増えました。
秋の色でしょうか・・・。
  1. URL |
  2. 2007/09/01(土) 20:04:36 |
  3. ば~ば #-
  4. [ 編集]

ば~ば さま
 チェルシーフラワーショーに参りますと、クレマチス専門のいくつかの種苗会社が、その時期に一番美しく咲くように開花時期を調整して、それぞれ見事な展示コーナーを作り上げてあります。いつの年も品種の豊富なことに驚くばかりです。
 何年か前に“SHIRAYUKIHIME"と言う日本名の、それは素敵な純白のクレマチスを見かけました。紫の濃い“テッセン”のイメージが定着している頭(私)には、それでもやっぱり昔のテッセンが好き!などと言いたい所ですが、現実には素敵な種類がイギリスにもたくさんあります。
 庭もこれから秋の色に染まりますね。
  1. URL |
  2. 2007/09/02(日) 06:39:48 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。