イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アロットメントでの収穫

                                  3 October 2007


人気blogランキングへ

20071002085613.jpg

 10月1日、未熟な末生りを残してすべての南瓜を収穫する日を迎えました。これらは来年初め頃までは保存することができます。
 毎年、栗かぼちゃだけ栽培しておりましたが、今年は畑に彩を添えたくて、「あかずきん」のタネも送っていただいたのです。
 あいにくイギリスは、今年は異常なほどの冷夏で、野菜類の生育が例年ほどではありませんでした。
 これら「あかずきん」も小振りではありますが、それでも大変嬉しい収穫です。




20071002090222.jpg

 これは8月22日に写したものですが、あかずきん南瓜の写真です。朱色で元気が出てくるような色ですね。





20071002085634.jpg

 こちらは例年栽培している、栗南瓜です。やはりこちらもサイズがかなり小型です。実は8月末から収穫していますが、お味の方は問題ありません。美味しくいただいています。




20071002090452.jpg

 撮影日は8月22日です。大きくなっていく姿をのぞいて見るのは、いつもわくわくしますよね。





20071002085745.jpg

これらも種から蒔いて育てた日本のキャベツです。それぞれが1.8キロから2キロほどの重さです。外側の葉は穴だらけですが球の中は虫害は及んではおりません。全く消毒無しでこの程度に出来るのは、イギリスの冷涼な気候のお陰でしょうか。土も元々アルカリ性が強いので、石灰は施しておりません。




20071002090528.jpg

 8月22日撮影です。イギリスに初めて見えた日本人は、こちらで売られているキャベツが肉厚で硬くて、生食用の千切りキャベツに不向きであることに気づかれるはずです。多分こちらではキャベツは熱を通して食するのが主だからでしょう。
 柔らかな生の刻みキャベツを戴きたくて、アロットメントで日本のキャベツを育てるようになりました。消毒不要ですし、お味に甘みがのって大変美味しくできることに気がついたのです。
 昨年は見事に結球したキャベツが、最後にはちきれてしまいましたが、今年は今のところ大丈夫です。
 手前に見えるお野菜は水菜です。





20071002085815.jpg

 自家菜園の最大の喜びの一つは、何といってもとうもろこしの収穫です。お湯を沸かしてから畑にもぎに行きなさい、といわれるほど鮮度が大切だそうですね。
 アロットメントから帰宅直前にもぎ取って、帰宅と同時にお湯を沸かし始め、お湯がわいてる間に着替え、そして2~3分間茹でていただきます。この間、20分(捥いでから)ほどでしょうか。





20071002090613.jpg

 8月22日は、このような状態でした。
 イギリスのとうもろこしが大変美味しいという話を日本在住の友人に致しましたら、日本産も美味しいですよ、といわれて種が送られてきました。
 やや小振りですが、本当に美味しいとうもろこしが収穫できました。甲乙付け難いほどいずれも美味しいのですが、ほんの僅かの差で日本の方に軍配を挙げたくなるのは、私が日本人だからでしょうか。





20071002090114.jpg

 これより以下4枚の写真は、8月22日に写したものです。
 アロットメントの約半分に、果樹やソフトフルーツ(ラズベリーなど)を植えてありますが、これはグリーンゲイジというスモモです。
 イギリスには古くからあるスモモのようですが、これを初めて友人の家のお庭で食したとき、その風味と甘さに驚きました。蜂蜜を含んだような甘さなのです。





20071002090143.jpg

 私の感激した様子を覚えておられた友人が、庭で育っていた実生苗(この種類は接木苗でなくて大丈夫なのです)をアロットメントに植えるようにと、2本届けてくださいました。それから5年経ちましたが、今年初めてこんなにたわわに実をつけました。





 20071002090741.jpg

 サイズは大き目の梅程度で、熟しても色はグリーンです。何となく透明感のある雰囲気になってきた時が収穫の目安でしょうか。
 続けて10個くらいは戴いてしまうほどの美味しさです。スーパーで売られているものは、実が硬いうちに収穫しますので、甘さも風味もいまひとつだとおもいます。





20071002090654.jpg

 これはヴィクトリアプラムで、お庭などで良く見かけます。これは生らせ過ぎで摘果した方がいいですね。昨年はメインの枝が実の重さで折れてしまいました。ジューシーなプラムですが、グリーンゲイジと比較しますとどうしても影は薄くなります。
 この近辺には日本のヒヨドリに相当するような食欲旺盛な鳥がいませんので、鳥たちと分け合うわけにもいきません。ご近所にも何処からかこの時季同じような到来物があります。
 半分は観賞用、豊かな実りを見ているだけで、楽しく満たされてくる思いです。




20071002085658.jpg

 ライセステリア フォーモサ(Leycesteria formosa)というプラントです。何かでヴィクトリア時代のプラントだと書かれてある一文を目にしましたが、古くからあるようです。
 春先に根元から10センチほどのところで刈り取りますが、新芽が伸びてご覧のように丈高になります。
 種がこぼれて簡単に実生苗が育ちますが、これも庭から移植したものです。また赤い実を食べた小鳥達によって思いがけないところから発芽することもよくあります。(10月1日撮影)





20071002085717.jpg

 在ロンドンの活け花の友人が、日本ではこのプラントをまだ見たことがありませんと仰って、お花のマーケットから買ってこられ、花材として使っておられました。
 こちらではフラワーアレンジャーにも人気のあるプラントです。





 ★人気blogランキングへ★←こちらをクリックしていただきますと、ランキングのポイントになります。お出でいただきましてありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/03(水) 02:15:26|
  2. アロットメント
  3. | コメント:6
<<ポンペイ麗人の手折る花、マートル | ホーム | 秋色アレンジメント>>

コメント

実りの秋

ですね。野菜も果物も夏から秋の最高の贈り物。お庭と畑、自然を愛してやまないはなあかりさんが浮かびます。こちらは、今年は暑すぎて畑もいまいちでした。虫もすごく多かったです。
  1. URL |
  2. 2007/10/03(水) 05:17:10 |
  3. hanahhana1952 #-
  4. [ 編集]

hanahhana さま
 ソラマメを栽培した時に黒いアブラムシが大量に発生し、成長が止まってしまったかのような状態になったことがありました。家庭菜園なので、消毒は施さないことを前提に野菜作りをしていましたから、随分悩みましたが、結局はオーガニックの薬剤を散布したことがあります。
 イギリス人はオーガニック食品に大変感心が高いので、オーガニック薬剤にも種類が多くあり、ちょっとした驚きでした。
 日本の虫の害は、やはり日本の蒸し暑さと関係が深いのでしょうね。
  1. URL |
  2. 2007/10/04(木) 06:58:15 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

お久しぶりです(^^) 本当にたくさんの秋の実りですね~。取れたてのお野菜や果物は風味や甘味が全然違いますよね。
以前、祖母が庭でトウモロコシやニンジン、スイカ、ジャガイモなどたくさんの野菜を育てていて、収穫を手伝ってそのまま茹でて食べた思い出があります。
今でも伯父がキュウリやトマト、ナスやニガウリ、サトイモなどたくさん植えていますが、どの野菜も風味も甘味も全然違うな~と思います。
最近日本でも「安心・安全」と強調するようになっていますが、オーガニックについては外国に遅れをとっているように感じます。
実りの秋を満喫できるなんてステキですね~♪
  1. URL |
  2. 2007/10/04(木) 17:13:32 |
  3. 紫苑 #JalddpaA
  4. [ 編集]

紫苑 さま
  家庭菜園で育った野菜や果物がいただけるのは、贅沢なのでしょうね。イギリスでマナーハウスなどを訪ねますと、素敵なお庭の他に必ずといってよいほど菜園があります。使用人たちが領主さまの家族の為にお野菜やフルーツを栽培したのだそうです。
 今でもお屋敷の中に、菜園を所有しておられる方々はかなりおられますが、なんて贅沢なお暮らし、と私を羨ましくさせてしまいます。庭に菜園が確保できない方々の為に、市町村の所有地を僅かな賃料で貸し出すのがアロットメントですが、私もそれをお借りしているというわけです。
 オーガニック栽培は、英国のプリンス・チャールズも1980年より‘断固として誘惑に負けない’オーガニック栽培の菜園とガーデンを、ハイグローブというところではじめました。見学者の希望が多く、今の時点で申し込んでも3年間は待たなくてはならないそうです。また同じグループの訪問は一回のみ許可されるのだそうです。皇太子がオーガニック農法の先導者の一人で有られることは確かでしょうね。
 日本でオーガニック栽培に徹しておられる方々は、気候条件の違いから英国の何倍も努力されているのではないかと私は思います。
 
 
  1. URL |
  2. 2007/10/05(金) 21:05:22 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

素敵な収穫

こんなにいろんな野菜や果物が収穫出来たら楽しいですね。
あのプラム、、ジャムにしたら美味しそう!
私も、畑をさらに拡張し、来年はかぼちゃを植えたい。
  1. URL |
  2. 2007/10/06(土) 21:52:35 |
  3. ナベショー #-
  4. [ 編集]

ナベショーさま
 ナベショー様に較べればささやかな収穫ですけれど、それでもすべて種から手塩にかけて育てたものは、うれしいものですね。
 私は、ジャム作りそのものが好きなので作りますが、食べる量はほんの少しです。フリーザーの中には冷凍のジャムがたくさんたまってしまいます。
  グリーンゲイジのジャムは色は良くありませんが、素晴らしいお味です。ナベショー様にも召し上がっていただきたいくらいです。
  1. URL |
  2. 2007/10/07(日) 05:31:01 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。