イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

庭でバードウオッチング

                        25 November 2007


人気ブログランキングへ

20071124041407.jpg

キッチン南側の窓から、台所仕事をしながらバードウォッチングが出来るのは嬉しいことです。これら12枚の写真を写すのにかけた時間は20分ほどでしょうか。いつものように窓の中から写しました。
 このカラフルな鳥はゴールドフィンチです。そして食べているのはひまわりの種です。




20071124042002.jpg

 たくさん小鳥達が庭にやってきて餌をついばむのは、わが家でも日常の光景となっています。ヤマモミジが落葉して小鳥達の姿が良く見えるようになりました。




20071124041443.jpg

 ゴールドフィンチは同じ場所に長くとどまってナッツを食べ続けるタイプです。




20071124042338.jpg

 右側のブルーティット(日本のシジュウカラよりもやや小柄)や、グリーンフィンチ(中央)、そして左側のシジュウカラが、待ちくたびれた様子で下を覗き込んでいますね。




20071124041517.jpg

 いっこうにお構い無しで食べ続けます。




20071124042042.jpg

 早く交代して頂戴!とばかり、促しに行くのも常のことです。




20071124041618.jpg

 見ている限り、ゴールドフィンチがいちばん攻撃的に見えます。優しい表情の小鳥達が多い中で、この顔つきは、私には少しどう猛な感じに見えてしまいます。




20071124041920.jpg

 これは私のお気に入りのひとつ、チャフィンチ(Chaffinch)です。遠慮深いタイプなのか、他の鳥を追い払ってまで餌にありつこうとはしないようです。空きがあるときのみ食べています。





20071124042128.jpg

 毎朝一回フィーダーにナッツを補っています。雪が降ったり、凍りついたりした日は、カゴが空になり次第、補います。イギリスでは人間が与えなければ多くの小鳥達は飢えと寒さで凍え死んでしまうと言われています。
 こちらではほとんどの幸福な家庭の庭には餌台や餌かごが置かれ、小鳥達の好きな実のなる木を周辺に植えているようです。
 子供たちも生まれた時からそんな環境を当たり前のように思って育ちますので、自分達が家庭を築いた時も、やはり同じような環境をつくることになっていくのでしょうね。




20071124041810.jpg

 この手前の鳥はシジュウカラでグレイトティットと呼ばれます。ブルーティットもそうですが、フィーダーのナッツをひと口くわえたら、すぐに飛び去るタイプです。
 グレイトティットもブルーティットも、庭の青虫やアブラムシなどを食べて害虫退治をやってくれますので、たくさん来れば来るほど有難い小鳥達です。



20071124042214.jpg

 この日はゴールドフィンチの姿ばかりが目立ちますが、どうやら彼らは集団で行動するようです。
 左上の枝に止まっているのは、グリーンフィンチでウグイス色をした美しい鳥です。でもナッツフィーダーを巡っての順番争いではかなり攻撃的で、ゴールドフィンチと大差はありません。




20071124041724.jpg

 朝、フィーダーいっぱいに補ったナッツもこんなに少なくなりました。きょうはそろそろお終いですよ、この後は庭や街路樹などから自分でハントしてね、また明日来てね~という感じでしょうか。

 キッチンの窓からの、バードウオッチングのひと時はいかがでしたでしょうか。
 (ブログ上ではすべて写真の右端がカットされてしまいます。
 写真のサイズが適格ではないことが原因なのでしょう。
 写真をクリックして戴きますとオリジナルが見えてきます。)


人気ブログランキングへ★←こちらをクリックして戴きますとランキングのポイントになります。お出で戴きましてありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/25(日) 01:44:03|
  2. 庭にくる鳥
  3. | コメント:11
<<南フランス;森の中のレストラン | ホーム | 霜の朝>>

コメント

はなあかりさんこんにちは

幸せな家庭は・・・・はいいですね。それだけ自然を大事にする空気があるてことでしょうね。人の存在そのものが自然を犯す存在なんでしょうから、自然を守るのは大事なことです。先日歩いた山里では、熊の歩く沢の上に自動車道がまたがり、間違った熊たちがたまに道に出てきて捕獲さえてしまうそうです。自然と人の共存は素敵なことです。そういう目で見ると、はなあかりさんのお庭でも光景は、そちらでは普通に見られる光景でしょうか?すばらしい文化ですし、庭でのバードウォッチングは楽しい事ですね。今日はお休み、公園にバードウォッチングでもと言う気持ちになりました
  1. URL |
  2. 2007/11/25(日) 06:48:13 |
  3. hanahhana1952 #-
  4. [ 編集]

かわいいですね

はなあかりさん
寒くなって花が少なくなっても、小鳥たちがやってくるのはうれしいですね。時間がたつのを忘れてしまいそう・・小鳥たちははなあかりさんのお庭が大好きなことでしょう。私もそちらにいたときは木に鳥のえさ箱をぶらさげていました。東京の私の庭でもシジュウカラが来るのですが、えさ箱は置いていません。日本ではカラスがよって来そうな気がして・・もっとも、カラスの嘴ではとどかないか・・
  1. URL |
  2. 2007/11/25(日) 09:38:07 |
  3. フラのママ #-
  4. [ 編集]

ゴールドフィンチはアメリカにもいますが、黄色と黒の模様でこんなにカラフルではありません。
歌舞伎役者を思わせる面白い顔ですね!
20分間でこんなにいろんな種類の小鳥がやってくるなんて羨ましいです。
うちの周りではコモンなフィンチは2種類ですが、イギリスにはいろんな種類のフィンチがいるんですね!
シジュウカラはこちらではチカディと呼ばれていて人気のある小鳥の一つです。
うちの周辺には昔にイギリス(?)からもち込まれたハウススパロー(スターリングもその一つですが)が非常に繁殖していて、こういった形のフィーダーを置くとすごい群れで集まってきてすぐに食い荒らされてしまうんで庭に置けません。。
最近は寒くなってきたのであまり姿を見かけなくなってきてほっとしています(笑)。
ゴールドフィンチは止まり棒がなくても上手にフィーダーにくっついていますね!
  1. URL |
  2. 2007/11/25(日) 10:29:57 |
  3. スリーピー #-
  4. [ 編集]

hanahhana さま
 花咲き溢れ小鳥達の遊ぶ庭を実現することは、英国人にとって、やはり望ましい家庭の姿なのでしょうね。
 フィーダーの数やナッツの種類によって、訪れる鳥たちの数や種類には差異がありますが、写真のような光景は、英国ではごく普通に見られることだと思います。

 イギリスには鳥やワイルドライフを保護する活動を、1889年の発足以来続けているRSPB(The Royal Society for the Protection of Birds)という慈善団体があります。パトロンはエリザベス女王さまで確たる組織、わが家も微力ながらそのメンバーです。強力な組織で、次々と林などを買い拡げては開発の手からワイルドライフを守る活動もしています。
 バードウオッチングが趣味という方が多いのも、やはりこのような背景があって育った文化なのでしょうね。
  1. URL |
  2. 2007/11/26(月) 04:45:20 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

フラのママ さま
 カラスはたまに周りで見かけますが、なぜかわが家には来たことがありません。時々鳩がやってきて、小鳥達がフィーダーのナッツをついばむ様子を羨ましそうに見あげています。そしてこのフィーダーからのおこぼれを地面であさっているのです。

 ピーナッツのフィーダーもあり、このモミジの木には全部で三個のフィーダーが下がっていますが、それらに集まる鳥たちを見ていますと、その数の多さに、まるで小鳥達の楽園ではないかしらと思ってしまうこともあります。そんな時は本当に時間の経つのも忘れてしまいそうですね。
 それに日本では、こんな光景は目にしたことがありませんでしたもの。
  1. URL |
  2. 2007/11/26(月) 05:07:12 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

スリーピー さま
 歌舞伎役者とは楽しいイメージです。いわれてみれば確かにそんな感じにも見えますね。そう考えれば、このちょっとアグレッシブな鳥たちにも愛嬌を感じて、もっと愛せるようになれそうです。
 フィンチ類はシスキンも入れれば5種類いますが、日常的に見えるのは写真の三種類だけだと思います。
 ハウススパローもフィーダーに来ますが、回数は少ないです。遊ぶ姿やチュンチュンというささやきが楽しくて、何と夫の最大のお気に入りの鳥なのですよ。スズメ用の巣箱を設置したのですが、まだ残念ながら一度も巣作りに利用されてはおりません。ツリースパローという日本のスズメと同じ種類は、林などに住んでいて人家に寄ってこないのが残念です。
 スターリングは地面にパンくずや、りんごなどをばら撒くと集団でやってきてあっという間に食べ尽くします。
 このスターリングが何万という数で大空に飛翔する姿は圧巻ですが、スリーピー様はご覧になったことがおありでしょうか。あのパフォーマンスをご覧になればスターリングに対するイメージも少し変わるかもしれません。
 すべての鳥がリーダー?に従って、向きを変えながら、うねるように描く模様は、壮大な大空ショーだといえます。時の経つのも忘れて釘付けになるほどです。動くアートとも言えるほどで初めてみた時は私も大変感動してしまいました。
 NHKが日本で紹介していたのを見たこともあります。
 スリーピー様も小鳥がお好きですね。
  1. URL |
  2. 2007/11/26(月) 05:57:14 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

落ち着かれましたか

少しは、落ち着かれましたか。

旅行は楽しいのですが、帰ってからの仕事はけっこうありますね。

私のベランダにも、シジュウカラがたまに訪れてくれます。

それにしても、居ながらにして、これだけのバードウォッチングは、心楽しいことでしょうね。
  1. URL |
  2. 2007/11/27(火) 19:27:55 |
  3. ば〜ば #-
  4. [ 編集]

ば~ば さま
 時差ぼけというのを以前はあまり感じたことがなかったのですが、今回は帰英してから何日間か睡眠障害があり、自分の年齢を改めて自覚させられました。
 日本への帰国旅行はいつも沢山荷物を携えて動きますので疲れるのですが、でもたまに見る東京大好き、新宿大好き、そして生家のある田舎もまた大好きなのです。だから一年に一度は大荷物抱えて里帰り旅行したくなるのです。
 家ではお庭や畑の片付けも待っていましたのに、寒いので怠けております。クリスマスまでには綺麗にしなくては、と思うのですが寒くなる一方ですよね。
  1. URL |
  2. 2007/11/27(火) 20:45:22 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

羨ましいですね

知人で、やはり冬になると餌をあげ、鳥がやってくるのを写真にアップされている方がいます。那須の山に住んでいる方ですけど、夏はウッドデッキの修理の話とか、身近な花の話で満載ですけど、冬には雪に覆われるので、鳥の話などが多くなります。
はなあかりさんも同じですけど、自然の中で広い庭を庭園のようにつくり、整備されている記事を読んだりすると、回りの木々や草を見て、ため息が出ます。
風の道を空けて上げなきゃとか、木の剪定とか、雑草の整理(草花や木を植えても、雑草に隠れてしまいます)とか、やらなきゃいけないことはたくさんあるのですけど、毎年暮れになると、今年も何もできなかったな~って反省しています。
  1. URL |
  2. 2007/11/29(木) 14:54:07 |
  3. 赤い風車 #-
  4. [ 編集]

赤い風車 さま
 日本の家では梅雨が明けた直後、ちょうど庭の梅の収穫を目安にしていましたが、一度ばっさりと庭木を剪定し、できれば避けたかった消毒もしなければ、やがて訪れる盛夏が大変でした。毛虫やアブラムシの害はもとより、伸びた枝葉は周辺をうっとうしく、気分的にも暑苦しくさせたからです。
 こちらでは薔薇などのように部分的には致しますが、庭木を消毒するという光景をまだ目にしたことはありません。それだけでも庭の管理は日本に較べて数段楽だと思います。
 日本でのことですが、万事ワイルドがお好きで、庭木の剪定は一切なさらないという方があられました。邸内は木陰が多くひんやりとして独特の趣もあり、こんなあり方も面白いなァと感心したことがありますが、でもやぶ蚊の攻勢にだけはちょっとたじろぎました。
 
  1. URL |
  2. 2007/11/30(金) 22:12:59 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2007/12/02(日) 14:09:26 |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。