イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリスマス三が日

                             31 December 2007



人気ブログランキングへ

DSC00198 a

 在仏の身内の來英を機にパソコンを入れ替えました。そのためのセットアップに時間がかかり、記事の送信が滞っておりましたが、遅ればせながら送信させていただきます。

英国でクリスマスを迎える準備は、日本の年末年始に勝るとも劣らない繁忙さだと思います。お世話になった方々や身内への心こもるプレゼント選び、そしてクリスマスカードでのご挨拶は向こう三軒両隣にも及びます。
 クリスチャンではない私どものところにも、クリスマスはやってきました。30年以上も飾り続けているツリーデコレーションは、子供たちの幼かったころを思い出させてくれます。
 身内が持ち寄ったプレゼントもツリーの周りにたくさん並びました。
 我が家にもそれなりにクリスマスの雰囲気が漂っています。

 テレビのスクリーンにはJSTV (日本衛星テレビ)の映像が映っていますね。偶然にも私たちの大好きな竹内陶子アナウンサーです。
 


DSC00187 a

 三が日?の初日はクリスマスイヴです。昨年はおすしの材料の問題で急遽しゃぶしゃぶに変更しましたが、今年は我が家の定番メニューに戻りました。
 この夜は6人で食卓を囲みました。握ったお寿司は120個ほどです。材料は限られていますが、それでも自家製のしめ鯖や、黒鯛、スズキ、スコットランドのサーモン、えび、いくら、アボカドなどです。変わったところでは、南仏からのお土産のフォアグラ寿司でしょうか。



 
DSC00169 a

 このフォアグラは、特別な加工が施されていますから、苦手な方にも戴きやすいのだそうです。おすしに乗せても美味しかったのですが、こんがり焼いたパンとの相性もなかなかのものでした。



DSC00233  a

 クリスマス当日の七面鳥のローストです。今年も農場に注文してオーガニックの七面鳥を求めました。朝から6時間かけてオーブンでローストしました。どこの家庭のキッチンもクリスマス当日は大忙し、常に時間を計りながら手順良く進行させなければなりません。
 焼き上がったお肉を切り分けるのは、一家の主人の仕事です。




DSC00244  a

 クリスマスディナーの目標の時刻を午後4時にしました。わずかに4時をまわりましたが、ほぼ予定通りです。この時節、昼間の時間も最短で、午後4時には薄暗くなりました。
 昨年のドーハ・アジア大会の総合馬術部門個人で、金メダルを獲得された大岩義明青年も、友人を伴って今年も見えてくださいました。
 来年の夏はいよいよ目標とされてきたオリンピックの年です。彼は本当に努力の人で、世界のランキングもすでにトップクラス、必ず良い結果をだされるものと私達は信じています。皆様も応援してくださいね。




DSC00246  a

 これもクリスマスディナーにはなくてはならない伝統的なデザートで、クリスマスプディングといわれるものです。あまりにも甘すぎてちょっと苦手という日本人も多いのですが、伝統食品なので無ければ寂しい思いをしてしまいます。小さなサイズのものにしました。
 二ヶ月ほど前から材料をミックスして用意しておいたものを、当日約二時間半かけて蛍火で蒸します。それにブランディーをかけて火をつけました。青白い炎が燃えてクリスマスムードも頂点に・・・ちょっと大げさですが、何となく儀式めいていて素敵なひと時です。




DSC00269  a

 三が日の三日目は26日でボクシングデーといわれています。クリスマスのご馳走の残りを食べる日でもあるそうですが、家ではサーモンのローストに決めています。
 今年のサーモンのサイズは頭から尾の先まで70cm余ありました。オーブンに収まるサイズに切ってローストしてあります。たっぷりのアンチョビ、白ワイン、オリーブオイルとの絡みもなかなかです。ローズマリーもふりかけてローストしました。
 
 勝手に三が日などと申しましたが、毎年メニューが決まっていますから深く考えることもありませんし、かえって楽だともいえます。それに女性軍に手伝っていただきながらの台所は、いろいろなお話で盛り上がりますので、なかなか楽しいのです。
 クリスマスに比べますと、新年はのんびりと静かに過ごすのが普通ですが、今年は在仏の身内の家族がお正月の三日まで滞在しますので、まだまだ賑わいは続きます。

 
 皆様もどうぞ良い新年をお迎えになられますように念じます。
 なかなか更新できない私のブログに、いつもお出でいただきまして本当に有難うございました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ
 
スポンサーサイト
  1. 2007/12/31(月) 14:16:23|
  2. クリスマス
  3. | コメント:14
<<ユーロスター新駅、セントパンクロス駅 | ホーム | クリスマスデモンストレーション>>

コメント

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
ご家族様のご健康とお幸せをお祈りいたします。
今年も花一杯、そしてイギリス生活のブログを楽しみにしています。

  1. URL |
  2. 2007/12/31(月) 19:47:46 |
  3. 飛行船 #-
  4. [ 編集]

素晴らしいクリスマスディナーですね。

一年間お付き合いいただきまして本当にありがとうございました。
ヨーロッパ大好きな私にとってどのお写真も夢のようでした。
来年もまた宜しくお願い致します。

よいお年をお迎えくださいませ。
  1. URL |
  2. 2007/12/31(月) 23:56:01 |
  3. 永月水人 #c5ZjinGs
  4. [ 編集]

明けましておめでとうございます
遠くからもご家族が集まられ、楽しいクリスマスそしてお正月で良かったですね。
ロンドンとは違い、お寿司の材料を揃えるのも大変だったことと思いながら、読ませていただきました。
イギリスからのはなあかりさんのブログを楽しみにしています。本年もよろしくお願いいたします。
  1. URL |
  2. 2008/01/01(火) 09:20:32 |
  3. リズ☆ #-
  4. [ 編集]

明けましておめでとうございます。
はなあかり様のblogの大ファンで、いつも楽しみに拝見しています。素敵なblogでコメントは何度も書いたのですが、読み返すと少々気後れがして、削除ってことになっていました。今年は勇気をもってコメントをさせていただきます。

キッチン・ガーデンの方もとても楽しみだったのに終わってしまったのが残念です。お子さんもおできになり、そろそろ目が離せなくなりますね。

とっても楽しみなブログです。是非頑張ってお続け戴きますように。
  1. URL |
  2. 2008/01/01(火) 10:20:16 |
  3. M.K. #-
  4. [ 編集]

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。こちらは、正月晴れで、今朝茅ヶ崎では、(ここに兄が住んでいます)朝日を浴びた富士山がとっても綺麗に大きく見えました。やっぱり山は富士といったところです。そちらは、今頃正月のゆったりした一日でしょうか?今年も季節を感じてお話したく思います
  1. URL |
  2. 2008/01/01(火) 17:14:40 |
  3. hanahhana1952 #-
  4. [ 編集]

あけましておめでとうございます。
クリスマス、お正月、、それぞれ、素晴らしいご馳走ですね。
日本では、一般家庭でこれだけのお料理を作られるところは、あまり無いのではと思います。
日本にすんでるより、かえって外国にいらっしゃる日本人のほうが、日本らしいお料理を自ら作っていらっしゃる、、そんな気がいたします。
今年もどうぞよろしく!
  1. URL |
  2. 2008/01/01(火) 20:33:11 |
  3. ナベショー #-
  4. [ 編集]

初めてコメントを書きます。

素敵な テーブルコーディネートですね。
うっとりします。


  1. URL |
  2. 2008/01/02(水) 14:20:17 |
  3. ミュウ #-
  4. [ 編集]

飛行船 さま
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。お礼のお返事が遅くなり申し訳ございません。
 今日は南仏に帰る身内を空港に送りました。帰宅して一服のお茶を戴きながら、時計の秒針の音や小鳥たちのさえずりのみが聞こえる静寂さの中で、ひととき、“宴のあと”のような心地よい疲れに酔いしれました。
 更新も滞りがちのブログですが、今年も続けさせていただきたいとおもいます。どうかよろしくお願いいたします。
 
  1. URL |
  2. 2008/01/04(金) 06:26:51 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

永月水人 さま
 いつもお出でいただきまして光栄に存じます。
 私も油彩画作家水人さまの素晴らしいブログをいつも楽しく拝見させていただいております。
 水人さまにも更なるご発展の佳きお年になられますよう念じます。
 
  1. URL |
  2. 2008/01/04(金) 06:46:10 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

リズ✰ さま
 家族は帰宅しましたが、昨晩はお呼ばれ、明日はランチのご招待があります。12月21日に始まったクリスマスシーズンも12夜に当たる1月6日でお終いになり、その後は私もPCの前に座り、皆様との交流を楽しむ時間が増えるものと楽しみにしています。
 お寿司に使ったお魚は、一週間前にロンドンの‘あたりや’さんから求め、冷凍しておいたものを使いました。黒鯛、スズキは地元の懇意にしているお魚屋さんに頼んだものです。イクラは瓶詰めですが大きなスーパーなら手に入るようになりました。
 こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。
  1. URL |
  2. 2008/01/06(日) 02:27:29 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

M.K. さま
 温かなお励ましのコメントをお寄せいただきましたのに、こんなに遅れてお礼のコメントをお返し致すご無礼をお赦しくださいませ。
 私は不器用ですから、同時にいくつものことができませず、家族などが滞在しますと嬉しくてそのことだけしか考えられなくなります。
 あきれるほどのんびり、ゆっくりのブログですが、こんな状態でもおよろしければ、どうぞまたお出でてくださいね。
 M.K.さまのコメントを今後も楽しみにしています。ありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2008/01/06(日) 02:53:57 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

hanahhana さま
 茅ヶ崎から望む富士山は美しいでしょうね。
 私の家は、日本平の裾野の一角でしたから、新春には山頂まで車でドライブしたものです。山頂からの富士の眺めもなかなかのものでした。お正月三が日の富士山は空気も澄んで特に美しく見えた記憶があります。
 クリスマスもお正月も家族ムードを楽しんでいる間に、本当にあっという間に過ぎてしまいました。皆様のブログをお訪ねする時間も無かったものですから、明日以降はゆっくり、じっくりご訪問を楽しませていただくつもりです。
 今年もよろしくお願いいたします。
  1. URL |
  2. 2008/01/06(日) 03:18:28 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

ナベショー さま
 何をなさっても並はずれていらっしゃるナベショーさまからのお褒めのお言葉、光栄です。そしてご訪問いただくお優しさに感謝します。
 我が家では夫の考えで、滞在客があるときでも外食、テイクアウエイ、出前の類を一切致しません(私は外食にあこがれていますからちょっと残念ですが)。
 今回は家族でしたから、女性組は台所に立ち、いろいろとお料理談義を楽しみました。そして若い感覚で吸収した新しいアイディアを、逆に私がいろいろと教わったのです。何人か一緒に台所に立つというのは、昔はどこの家庭でも見られた光景なのでしょうね。私は久々にそんな雰囲気を楽しむことができました。

 私の方こそ今年もどうかよろしくお願い致します。
 
 
  1. URL |
  2. 2008/01/06(日) 04:09:38 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

ミュー さま
 料理をしている間はそのことに夢中、出来上がったら早く戴き始めることに気を取られ、美しいセッティングはつい忘れがちになります。ミューさまからお褒めいただき嬉しくなりましたから、今度からはもう少しコーディネートということを考えてみようかしらと思いました。ありがとうございました。
 
  1. URL |
  2. 2008/01/06(日) 04:41:46 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。