イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デイヴィッド オースティン薔薇園

                               31 January 2008     


人気ブログランキングへ

DSC01399 a

 昨年の8月29日、Wolverhamptonにあるデイヴィッド オースティンの薔薇園を訪ねました。家から車で北に向かって二時間ほどの所に位置しています。
 看板や案内板なども一切なくて、静かなたたずまいのまま迎えてくださるのが、うれしいです。



DSC01401 a

 初夏の頃にも訪れたかったのですが、時間が作れなくて見逃してしまいました。八月末の薔薇たちは二季目以降の花ばかりですが、花数においても美しさにおいてもどこに違いがあるのでしょう。さすが世界に名だたるデイヴィッド オースティンです。いつ訪れても期待を裏切らない管理は見事だと思いました。




a.jpg

 まずはティールームに入りました。このテーブルは予約席です。
 薔薇の花弁がテーブルの上に撒かれていますね。テーブルクロスもプレートも、ペーパーナプキンもティーカップもすべてが薔薇づくしです。こんなセッティングを見たのは私も初めてでした。
 三脚のうち一脚はベビーチェアーです。写真の後で予約なさった方が見えましたが、1~2歳のお子さま連れのヤングカプルのお席でした。お子様のお誕生日だったのでしょうか。




DSC01390 a

  こちらは予約席ではなく普通の席です。このテーブル花は、薔薇園からこの朝カットされたばかりのフレッシュなお花たちです。あまりにも姿が完璧であるために、もしかして造花かもしれないとつい顔を近づけて匂いを確かめてしまった私です。薔薇園においてあり得ないことですのについ・・・。




DSC01389 a

 別のテーブル花です。すべてティーポットにアレンジされていました。




DSC01395 a

 素敵ですね。でも私ほどの年齢になりますと、このセッティングはちょっとロマンティック過ぎるかな~とも思ってしまうのですが・・・そう思うのは恥ずかしがり屋の私だけかもしれませんね。
 一方では案外ぐっとお年を召した方々にも似合いそうだとも思います。前回の記事でご紹介させていただいた、もうすぐ102歳のジュリア クレメントさんならよくお似合いの雰囲気だと思いますもの。




DSC01393 a

 いつの日か、あなたもこのティールームでご一服なさいませんか。 ここにご到着なさったらまずはここでティーを召し上がって、園内をひと巡りなさった後でまた召し上がって、きっと素敵なひと時になると思います。




DSC01385.JPG a

 これらは販売用の薔薇苗です。これら角型のグリーンポットに植わった苗を日本の薔薇販売のお店で見たことがありますが、デイヴィッド オースティンの薔薇苗は日本でも輸入販売されているようですね。




DSC01387 a

 英国内のほとんどのガーデンセンターでここの薔薇苗は購入できるのですが、この御本家に来て求める最大のメリットの一つに、薔薇園で自然に咲いている花姿を確かめられるということがあります。



DSC01405 a

 さて、薔薇園の方を散策してみましょう。これはスピリット オブ フリーダム(SPIRIT OF FREEDOM)です。剪定しだいでは短めの蔓薔薇仕立てにもなり、次々とお花を咲かせる2002年登場の薔薇です。
 この淡いピンクが気に入り、植え場所も考えないで求めてしまいました。ここの薔薇培養所で見事に管理された最高クラスの薔薇苗は日本円に換算してほとんどが一鉢2000円から2500円ほどで求められるようです。




DSC01404 a

 この薔薇園を散策している間は世事を忘れてしまいそう、そしてつい時間も忘れて閉園間際まで居残ってしまう私です。



DSC01408 a

 いくつにも仕切られていますので、あのゲートの先にはどんな薔薇が咲いているかしらと胸ときめかせながらそろりそろりとくぐり抜けます。


人気ブログランキングへ✰←←こちらをクリックしていただきますとランキングのポイントになります。おいでいただきましてありがとうございました。

スポンサーサイト
  1. 2008/01/31(木) 03:32:34|
  2. デイヴィッド・オースティン薔薇園
  3. | コメント:10
<<(Ⅱ)D.オースティン薔薇園 | ホーム | “祝50周年”I.I.ロンドン支部新年会>>

コメント

こんにちははなあかりさん

はなあかりさんは各地の気温、気候をウオッチングされていましたね。こちらは、今年は、普通の冬で、昨年と違い、氷点下もあり、雪もありです。バラ園はすてきですね。テーブルセッテングは、やっぱり文化として根付いているなあって感じがします。花と暮らすがぴったりな感じです。
  1. URL |
  2. 2008/01/31(木) 06:06:33 |
  3. hanahhana1952 #-
  4. [ 編集]

前回のお話もよかったですが、

この記事を楽しみにしていました。

私も行ってみたいです。

うっとり。
  1. URL |
  2. 2008/01/31(木) 15:29:10 |
  3. ミュウ #JVzQ4Aco
  4. [ 編集]

hanahhana さま
 比較ウオッチングをするようになったのはPCを新しくしてからですから、まだ一月ほどです。その間ロンドンの北にある私の住む町の方が、東京、静岡よりも気温が高目であることに気付きました。一月二月の間だけだと思いますが大変興味深く、常時表示されているPC画面上の右端にしばしば目が走ります。
 平年並みだと伺ってほっとする気持の複雑さに戸惑っております。
 薔薇園は本当に素敵です。培養場、苗木売り場、薔薇園と一部の隙もなく美しく管理されており、デイヴィッド オースティン氏の誇りを見る思いです。
  1. URL |
  2. 2008/02/01(金) 03:42:16 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

ミュー さま
 英国留学のご経験がおありになるのですね。いつの日かきっとこの薔薇園をおたずねくださいね。
 卓上に見える薔薇のお花のティーカップ、ティーポット、テーブルクロス、ナプキンなど薔薇の花グッズをいろいろと売店で求めることもできますの。お花たちは5月から10月ごろまでいつも素敵な状態でミュー様を迎えてくださると思います。
  1. URL |
  2. 2008/02/01(金) 03:54:51 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

はなあかりさん こんにちは

広くて素敵な薔薇園ですね。イギリスにいるときに知っていたなら・・・と思います。テーブルのばらが可愛くて・・v-344。はなあかりさんもご存知の私が住んでいたビレッジの2軒目の庭にはばらがたくさんありましたが、ほとんどがティーローズでイングリッシュローズという感じのは全くありませんでした。イングリッシュローズを知ったのは日本でごく最近のことです。もともとお花は好きでしたが、日本にいるときから、もっと知識があったら・・順番が逆だったら・・イギリスでもっとガーデニングを楽しめたのにe-420と思うことが度々あります。
気温のことがお話に出ているようなので・・。私がイギリスに初めて行った1992年は2月は大雪で、学校訪問をするのが大変だった覚えがあります。また、夜のコミュニィティーカレッジに通ったことがあって、よく、駐車場周辺が凍っていて“イギリスは寒い”と記憶しています。その後、2度目の駐在で1998年からロンドンに住んだ時はそれほど寒さを感じず、ロンドンは少し、南だから暖かいのかなぁと思いました。もしかしたら、イギリスも地球の温暖化の影響をうけているのかもしれませんね。
  1. URL |
  2. 2008/02/01(金) 16:54:05 |
  3. リズ #DS51.JUo
  4. [ 編集]

リズ さま
 温暖化の影響は確実に受けているということを長く住んでいる方々からよくうかがいます。
 そのうちイギリスがブドウ栽培に最適な気温になり、美味しいワインの産地はフランスではなくイギリスになるのではなどと、冗談のような、でも可能性の確度の高いお話も流布しているほどです。
 毎冬数回は雪が降りますが、今期はこの辺り、まだ雪も降りません。昨年の夏は、雨がちで、トマトも畑で育たないほどの記録的な冷夏でした。
 その頃の日本は猛暑でしたから、気象が異常な方向に動いているのは確かでしょうね。気象に関する限り、平年並みという言葉を聞きたいものです。

 この薔薇園はロンドンから観光バスで日本人の団体客も訪れるそうです。
  1. URL |
  2. 2008/02/01(金) 23:25:32 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

薔薇のようでありたいと・・・

ジュリア・クレメントさんのような女性、薔薇のようですものね。
あの方のように品良く、知的に歳を取れたらと・・・。

薔薇が好きなので、テーブルクロスやナプキン、食器類・・・たくさん揃えました。
でも、勿体無くて、なかなか使えませんの。

使う時も、汚れないように透明なビニールを被せたり・・・センス無いでしょ。
ここのテーブルを見ていたら、恥ずかしくなりました。

揃えたものは、惜し気なく使わないと意味がないですねぇ~。

日々のセンスアップを努力しないと、ジュリアさんのようにはなれませんね。
  1. URL |
  2. 2008/02/02(土) 14:53:28 |
  3. ば〜ば #-
  4. [ 編集]

ば~ば さま
 大切に思えば思うほど使えないというお気持ち、よくわかります。私も同じです。ときどき取り出して触ったり眺めたりしてスマイル・・・それだけで満たされますもの。
 薔薇のお花のティーセット、私にはちょっと華やか過ぎるかな~とも思ったのですが、今度訪れたとき、ティーカップとソーサーだけでもペアで求めてこようかしら。コンサバトリーでのティータイムに似合うかもしれませんね。
 かつて私は何でも渋好みでしたが最近では年齢とともに身辺を明るく華やかにしていくのも周りの方々へのマナーなのかもしれないと思うようになりました。
 
 
 
  1. URL |
  2. 2008/02/02(土) 22:27:35 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

本当に素敵なバラ園ですね。
テーブルセッティングも、とても素敵です。

薔薇の花びらをテーブルの上に撒く。。
日本では見かけられませんよね。
薔薇がふんだんにあるバラ園ならではでしょうか。
パリの花やさんも、床に薔薇の花びらを撒いてあるのを
何度か見かけました。
ヨーロッパでは一般的なのでしょうか。
贅沢なことですね。
  1. URL |
  2. 2008/02/03(日) 01:59:42 |
  3. 永月水人 #c5ZjinGs
  4. [ 編集]

永月水人 さま
 15世紀から17世紀にかけてのイタリアンルネッサンス時代に、華やかな晩餐会の席で、真っ白なリネンのテーブルクロスの上に、薔薇の花弁やフルーツを撒き散らしてあったことがうかがえるそうなのです。もともとはマドンナの足元に花びらを置いたとか、フローレンスでお祭りの行進時の散華など宗教的な意味合いがあったようなのですが、次第に贅沢な席でも使われるようになってきたらしいですね。

 花びらが実際にテーブルの上に撒かれているのを私が見たのは、今回が初めてです。アフタヌーンティとかクリームティーは予約のみ受け付けるということになっていますので、そういう予約席のみのセッティングなのでしょうね。水人さまにはこのセッティングはお似合いだと思います。
  1. URL |
  2. 2008/02/05(火) 12:00:51 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。