イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(Ⅳ) D. オースティン薔薇園

                         23 February 2008


人気ブログランキングへ

DSC01433 c

 どのコーナーもゆったりと格調高くデザインされています。“薔薇の花園”と呼んでみたくなりました。



DSC01431 c

 中心のピュアなピンクそして周りに広がる淡いぼかしが素敵、そして完璧とも思えるこの花弁の整い振りに、ただため息です。名前を記録してこなかったことが悔やまれます。



DSC01423 c

 園内のデザインは変化に富んでおります。




DSC01474 cc

 これはGentle Hermioneという名前で、シェイクスピアの作品に登場する人物名から名付けられたようです。D.オースティン氏は淡いピンクの花に、誠実で優しい妻、Hermioneのイメージを重ねたのでしょうか。2005年作出の薔薇で、まだ比較的新しい品種のようです。




DSC01426 c

 ところどころに置かれた素朴な石の彫像がいいですね。まるで道祖神のようにも見えます。



DSC01441 cc

 クリムゾンやバーガンディー系の赤には出会えますが、このオレンジ系の赤?は珍しいと思いました。2005年に登場した品種ですが、これは我が家にもありますので名前がわかります。Summer song といいます。



DSC01445 c

 前方のレンガ塀の後方一帯が、ナーサリーになっているようですね。デイヴィッド オースティンと言えば、英国内のみならず世界中で絶大な信頼を得ている薔薇のナーサリーだと思いますが、あの場所で新作薔薇も生まれているということになるのでしょうね。



DSC01444 c




DSC01472 c



DSC01483  c

 閉店時間も迫りましたので、もう一度プラントセンターに戻りました。庭の大きな檜を切り倒したあとに蔓薔薇を植えようかと考えたのです。
 塀を覆い尽くす程になるのにはまだまだ年数がかかりますが、でも新しく求めた蔓薔薇の成長がこれからちょっと楽しみになりました。


 デイヴィッド オースティンの薔薇園はこれで終わります。おいでいただきましてありがとうございました。
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
  1. 2008/02/23(土) 12:10:05|
  2. デイヴィッド・オースティン薔薇園
  3. | コメント:4
<<庭のクリスマスローズ | ホーム | (Ⅲ) D..オースティン薔薇園>>

コメント

はなあかりさん、こんにちわ~。
デビッドオースチンのバラ園を今回もご紹介してくださってありがとうございます。
とても素敵な記事だったので、他のブログで勝手ながらご紹介してしまいました。(事後報告ですいません。。)
8枚目の写真のアプリコット色の薔薇がとても素敵です。
クラウンプリンセスマルガリータなのかなと思うのですが。。
オースチンのアプリコットの薔薇が欲しくていろいろとカタログを眺めながら検討しています。
ジュードジオブスキュアにするつもりでしたが、この薔薇の方が色がもっとはっきりしていいかもっと心が揺れ動いています。
はなあかりさんはこうやってここの薔薇園をおとずれることができるなんて羨ましいです^^
  1. URL |
  2. 2008/02/23(土) 13:19:55 |
  3. スリーピー #-
  4. [ 編集]

こんにちははなあかりさん

バラはやっぱり手間暇をかけないとこんなにきれいにはでしょうね。ほとんどうちの子達はかまっていないと反省。そろそろ春蒔きもする準備もしなくちゃなあと思いながら、明日からまた冷え込むそうでためらいますね。早く春が来て、草花がいっせいに咲いて欲しいと思うこのごろです。
  1. URL |
  2. 2008/02/23(土) 18:26:52 |
  3. はなはな #-
  4. [ 編集]

スリーピー さま
 こんにちわ! わたしの記事をブログでご紹介くださったとのこと、ありがとうございます。アクセスしてくださる方の数が急に増えた日があって不思議に思ったことがありましたが、きっとあのときだったのでしょうね。

 ところで8枚目の写真の薔薇は、スリーピーさまのご判断が正しいのではないかと思います。この薔薇はクライマーに仕立てることもできるのですが、写真でもそれを表わす丈高の長いシュートが何本か立ち上がっているのが見えますもの。ですからきっとそうだと思います。
 ジュードジオブスキュアも素晴らしい性質をもったお花ですね。これでは甲乙つけがたいことでしょう。ただ黄色でもよろしいのでしたらゴールデンセレブレイションも候補のひとつにお入れになってはいかがでしょうか。我が家にもありますが、見事というほかありません。
 却って、ますます迷わせてしまうことになりましたら、ごめんなさいね。
 D. オースティンの薔薇園に日帰りで出かけられる距離にあることは、ほんとうに有難いことだと思っています。また全く同じ種類でも、地元のガーデンセンターなどで求めるより価格が廉価であることも嬉しいことです。
  1. URL |
  2. 2008/02/25(月) 11:51:58 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

はなはな さま
 私も日本にいたころ、バラ栽培も経験しましたが難しかったという記憶です。ですから日本で上手にばらを育てていらっしゃる方々のブログを拝見しては感心しています。こちらでのバラ栽培も初めは躊躇しておりましたが、その考えをすっかり変えてしまったのは、D. オースティンの薔薇園訪問でした。あの素晴らしい薔薇たちを数本でも良いからボーダーガーデンに植えて楽しみたいと思い始めたのです。
 イギリスの気候風土も適しているのでしょうが、こちらではバラ栽培は必ずしも管理の大変なプラントではないようです。薔薇苗もD. オースティンの薔薇苗にこだわらなければ、普通の宿根草並みの金額で求められ、さらに国花でもありますので庶民レベルで誰もが楽しんでいると思います。
  1. URL |
  2. 2008/02/25(月) 19:03:14 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。