イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冬の花


                            25th November 2008


人気ブログランキングへ

DSC09819_edited b
 ウインタージャスミン(Jasminum nudiflorum)は晩秋から春の初めころまで、アーチ状に伸ばした枝に小さな星型のお花を数多く咲かせます。ちょうどイギリスは日照時間も短くどんよりとした日も多い時節ですが、この黄色いお花は寒い冬の間も庭の一角を明るく照らしてくれるようです。




DSC09824 b
 長く延びた枝はカーブも自由自在でお花のアレンジにも効果的です。




DSC00328_edited b
 ヴァイバーナム タイナス(Viburnum tinus 'Gwenllian')は常緑のコンパクトなシュラブです。葉の緑も美しくてアレンジのグリーンにも重宝しますが、さらに嬉しいのは白やピンクの房状の蕾が寒さと共に少しずつふくらみ、冬から春にかけて小さなお花をたくさん咲かせてくれることでしょう。




DSC09807_edited b



DSC09857_edited b
 サーココッカ(Sarcococca confusa) も冬に魅力を発揮するプラントです。今は黒い実の方が目立ちますが、じつは小さな蕾が無数についていて、それらは程なく素敵な香りのするお花を咲かせ始めます。



DSC00340_edited b



 
DSC09850_edited c
これもヴァイバーナムの一種( Viburnum bodnantence Charles Lamont)ですが、今年も沈丁花のような香りを周辺に放ちながら、その所在を主張しています。
 上から三枚目の写真のヴァイバーナムが常緑であるのに対して、こちらは落葉樹です。まだ落葉しない秋からお花が咲き始め、春ごろまで咲き続けます。




DSC09785_edited b
 花期が長いので、花房の中には咲き終わった花柄からまだ固い蕾まで一緒に同居しています。




DSC09867_edited b
 冬になって出番がきましたとばかりその存在を主張するのは何と言ってもこのコークスクリューヘーゼル( Corylus avellana contorta)でしょう。冬に咲くタッセル状のお花も面白いのですが、このクネクネとした独特の枝ぶりは落葉しなければその姿を誇ることができません。




DSC00318_edited b
 これは夏から新しいシュートを伸ばしては咲き続けているペンステモン( Penstemon Raven)ですが、このところの寒さにも関わらず、一昨日の夜はマイナス2度まで下がりましたのに、このペンステモンはまだお花を見せています。
 数多いペンステモンの中でも、特に耐寒性のある種類のようです。


人気ブログランキングへ✰ お出でいただきましてありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/25(火) 05:58:22|
  2. | コメント:12
<<満開の十月桜 | ホーム | 渋味を少々>>

コメント

初めまして

いつも読ませていただいています。ペンステモンは私も大好きで、何種類か育てていますが、この濃いブルーは見た事がありません。素敵ですね。耐寒性が強いなんて本当にありがたいです、何という名前かご存知でしたら、お教えください。
  1. URL |
  2. 2008/11/25(火) 08:58:10 |
  3. みぃ #-
  4. [ 編集]

冬の花

ウィンタージャスミンやちょっと名前の
難しいヴァイバーナム タイナスはとてもかわいらしいです。
タイナスははじめは一面ピンクでだんだん白になるという変化が楽しいです。
落葉樹のヴァイバーナムは花が先に咲くのは桜などと同じですが、
秋から春まで咲き続けてお庭に彩りを添えてくれるので
うれしいですね。いずれも生け花に使うような花たちですね。
これらは雪が降っても咲いているのですか。
  1. URL |
  2. 2008/11/25(火) 22:47:06 |
  3. pandora_pandron #-
  4. [ 編集]

花木

こんにちは はなあかりさん。花木が素敵ですね。花期も長く楽しめる花木ばかりですね。日本にもあるのかなと。今度調べてみたいと思います。うちの庭にもサーココッカ、ペンステモンなんかいいなあと思いました
  1. URL |
  2. 2008/11/25(火) 22:59:56 |
  3. はなはな #-
  4. [ 編集]

みぃさま
 おいでいただきましてありがとうございます。
 このペンステモンはレイヴンという名前です。こちらでレイヴンと聞けば大形のカラスを連想しますが、そんな名前を付けられたということは、カラスの濡れ羽色の光沢のある黒色のイメージを重ねたのでしょうか。あるいは、カラスの姿をイメージした・・・とは考えにくいのですがいかがでしょうか。

 庭にポートワインという葡萄色(赤紫色)のペンステモンがありますが、このレイヴンという名のペンステモンはそのポートワインよりもさらにダークな赤黒さであることは確かです。
 この写真では背景の黄葉のため、みぃさまのおっしゃるように濃いブルーに見えるかもしれません。11月4日にもこのペンステモンの写真をアップ致しておりますが、そちらは太陽光線の下で写しましたから、そちらの方がよりレイヴンの自然な色に近いかとも思います。

 ペンステモンは花期も長く、種類も豊富、丈夫で耐寒性がありますからこちらでも人気のあるプラントです。
  1. URL |
  2. 2008/11/27(木) 20:58:45 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

pandra_pandronさま
 これら花木達は雪が降っても咲いています。
 もっともこの辺りは、夏は涼しいのに冬はマイルドで、雪の降る回数は年度にもよりますが平均して2~3回程度でしょうか。真冬は空っ風の吹く東京の方がこちらよりも寒いという実感がります。ですからプラントたちにとってはそれほど厳しい環境ではなく、いつもどこかしらに咲いているお花を見つけることができます。
  1. URL |
  2. 2008/11/27(木) 21:13:16 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

はなはなさま
 ペンステモンは、白、ブルー、赤、ピンク、赤紫、ほんとうにたくさんの種類があります。丈夫でお花の期間も夏から秋までと大変長く、しかも姿も優しくて、増やすのも簡単、宿根草の優等生のひとつだと私は思います。はなはなさまのお気に入りになりそうです。
  1. URL |
  2. 2008/11/27(木) 21:25:15 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

ウィンタージャスミン、日本の冬を彩る香りもよい黄色い花、ロウバイを思い出します。このジャスミンの写真で「もう一年経ったのだわ」と感じます。花あかりさんのブログ時々お邪魔していつも素晴らしいなと思います。あまりコメントしませんけれど、陰ながら応援しています。
  1. URL |
  2. 2008/11/28(金) 08:50:52 |
  3. moon #YrGnQh/o
  4. [ 編集]

はじめまして!

はなあかり様:

このブログ。実は母に届いたエアメールを読み、お邪魔しました…と言えば私が誰かおわかりになるでしょうか?
素敵なブログですねv-254
私はあまりお花に詳しくありませんが、写真を見て想像してます。
きっといい香りのする草花もたくさんあるのでしょうね…

次は母と一緒に書き込みしますね。
  1. URL |
  2. 2008/11/28(金) 18:56:32 |
  3. ゼフィール #-
  4. [ 編集]

moon さま
 ウインタージャスミンは11月から2月の終わりごろまで咲き続けます。これが終わる頃にレンギョウが咲き始め、続いて4月には日本産のヤマブキが・・・という具合に冬から春にかけての黄色いお花のリレーは続きます。イギリスの至るところでごく普通に見られる黄色いお花の風景です。
 蝋梅は香りも良くて素敵な花木ですね。こちらでもウインタースイートと言われ時々見かけますが、数においてはまだまだウインタージャスミンやレンギョウ、ヤマブキほどではありません。
 お出でいただきましてありがとうございます。
 
  1. URL |
  2. 2008/11/28(金) 22:08:10 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

ゼフィール さま
 エアメールが届いたのですね。早速コメントを戴きありがとうございます。過日、帰国しました折に、お母様が一時ご体調を崩しておられたことをお電話で伺い大変驚きました。お目にかかりたくてもなかなか叶いませんし、せめてブログの中ででもお会いできたら嬉しいと思い、アドレスをお送りさせていただいたのです。お嬢様がお母様とご一緒に私のブログにご訪問いただけて感激です。

 もっと頻繁にブログの更新ができるといいのですが、今のところ一週間に一度が精いっぱいで、せっかくおいでいただきましても同じ記事が続いている状態を申し訳なくおもいます。こんな状態でもよろしければ、時々お立ちよりくださいね。お待ちしております。
 
 
 
  1. URL |
  2. 2008/11/28(金) 22:53:43 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

 お返事をいただいてから、改めて読み返しましたら、
ちゃんとレイヴンと書いてくださっていましたね。
おっちょこちょいでお恥ずかしいです。 
花色も、葡萄色というか、深くて素敵です。

いつか、うちの庭にも是非、このレイヴンを迎えたいものです。
風に揺れる花は本当に素敵だと思います。
  1. URL |
  2. 2008/11/30(日) 00:37:26 |
  3. みぃ #-
  4. [ 編集]

みぃさま
 イギリス人の中には葡萄色とか赤銅色などのような黒っぽいプラントにひかれる方が意外に多いように思いますが、このレイブンも太陽光線の下では黒ずんで見えることがあります。
 今年の5月にチャールズ皇太子のお庭を訪問させていただいたとき(団体ですが)、お住まいのすぐそばにブラック&ホワイトガーデンというのがあって大変印象的でした。チャールズさんも黒っぽいお花がお好きなのだわとちょっと嬉しくなりましたが、このレイヴンを入手されましたなら、迷うことなくブラック&ホワイトガーデンにお植えになられることと思います。

 みぃさまのお庭でこのレイブンが風に揺れる日が早く訪れることを念じています。
  1. URL |
  2. 2008/12/03(水) 04:35:20 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。