イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

西洋マユミ;スピンドルツリー

                              11th December 2008



人気ブログランキングへ

DSC00018_edited v
 このところ連日抜けるような青空のお天気が続いています。お散歩の圏内にスピンドルツリー(Euonymus europaeus ‘Red Cascade’)があり、まだ実がかなり残っていましたので写真におさめてまいりました(12月9日)。
 この木の紅葉も美しかったのですが、たわわに実る赤い実は本当に見事で私の最も心惹かれる実物なのです。盛りは過ぎましたが、お花の少ない今のシーズン、まだまだ嬉しい存在です。




DSC00019_edited v
 赤い実の中から黄色い種が覗くのですが、すでにはじけて落ちてしまったか、あるいは小鳥たちが食べてしまったのかもしれません。日本では西洋マユミというのでしょうか。
 我が家にも植えてありますが、まだ木が小さくて実が数えるほどしか生りません。このように豊かに実をつける日を夢見ています。



DSC00033 v
 赤い実のクラブアップルが、レンガ造りのお家を背景にして、豊かに実をつけている光景も素敵だと思います。



DSC00031 v

 

DSC00036_edited v
 フクシア(Fuchsia)のことをこちらではフューシアと発音しているように聞こえます。フューシアの種類は何百種類も数え、愛好家も大変多いのですが、ほとんどの種類は耐寒性が無くて冬季はグリーンハウスでの管理になります。
 この写真の種類は耐寒性のある種類で、零下の気温で凍りついても解凍すれば御覧の通り、ほんとうに冬のお庭には貴重な存在です。これはご近所さんのお庭からレンガ塀越しにこぼれ咲く姿を写しました。




DSC00038_edited v



DSC00070_edited v
 これは我が家の南天(Nandina domestica ‘Sacred Bamboo’)で、日本の南天と同じ種類です。14~5年、玄関脇にあって、‘難転’の役目を果たしてきた…確かに縁起の良いプラントかもしれません。




DSC00069_edited v
 冷夏を過ごした年の南天の実はこのように小さなサイズにしかなりません。昨年も同じようなサイズでした。三年前は思いがけなく暑い夏でしたので、実は丸々と充実して日本のものと比べても見劣りしないほど立派な実でしたのに。
 実のサイズが夏の暑さと関係があるなんてちょっと意外な発見です。




DSC09988 v
 12月7日の朝は霜でリッチフィールド エンジェル(Lichfield Angel)も凍りついてしまいました。




DSC09994 v
 常緑のソフト シールド ファーン(Soft Shield fern, 学名;Polystichum Setiferum)も御覧の通りです。
 


DSC00011_edited v
 ミクルマス デージー(Aster amellus ‘Violet Queen’)の咲き殻にも何となく風情が感じられて刈り取らずにそのままにしておりました。霜でほんのり薄化粧です。




DSC00002_edited v
 日本のタニワタリの仲間だと思いますが、ハート タング ファーン(Hart's-Tongue fern、学名;Asplenium scolopendrium)も凍っています。




DSC09982_edited v
 ここは市の総合病院の中にある小さなチャペルです。地元のフラワークラブのメンバー10人ほどでローテーションを組んでお花アレンジの御奉仕をしていますが、今週は私のお当番でした。
 始めてからもう7~8年にもなるでしょうか、どんなに忙しい時でもこのボランティアのことはいつも大切に考えてきました。
 今回のお花も長持ちする菊が中心ですが、クリスマスも間近ですから枝ものにはホリーを使いました。


人気ブログランキングへ✰お出でいただきまして有難うございました。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/11(木) 10:50:56|
  2. 近隣の風景
  3. | コメント:8
<<メリークリスマス | ホーム | 満開の十月桜>>

コメント

今年も師走

早いですね、一年。何がどうあっても自然は巡っていきますね。春が来て、夏が来て、秋がきて、冬が来て、また新しい春がきて。こうして過ぎていく一年一年が作る自然は、それぞれの役割を人知れずはたしているんですね。上の南天の夏の気温・・・・ 霜も大事なことなんですね
  1. URL |
  2. 2008/12/11(木) 22:36:55 |
  3. はなはな #-
  4. [ 編集]

こんばんは。
スピンドルツリーの実は面白い形だとおもったら、
実が割れるのですね。
レンガ造りのお家を背景にした赤い実のクラブアップルの写真は
異国らしくとてもすてきです。
氷ついたバラ、寒さが伝わってきます。
霜がかかると違う植物に見えますね。
  1. URL |
  2. 2008/12/12(金) 22:47:23 |
  3. pandora_pandron #-
  4. [ 編集]

ベスの庭

こちらのBSで今日、再放送がありました。「ベスの庭」です
検索してみますと はなあかりさんが一番に出てきました
そして数年前からこの情報をご存知だったことそして実際に
ご覧になっておられること、感動しながら素敵な写真を見せて
頂きました。有難うござます。時々お邪魔したいです。私は
ロンドンには2回しか行ったことがありません。とても興味深いです。
  1. URL |
  2. 2008/12/14(日) 22:39:40 |
  3. パール #-
  4. [ 編集]

はなはな さま
 ご近所にお住まいのご高齢のご婦人からお聞きしたのですが、実ものが豊かに実った後に訪れる冬は、例年以上に厳しいのだそうです。さて私には真偽の程はまだわからないのですが、日本にもよくあります’民間伝承’ではないかと思います。昔の方々の経験から来る知恵には納得させられることが多いですから、科学的には立証されなくても統計上からも真実かもしれないと思います。
 それに寒さの厳しい冬には、相当数の小鳥たちが食べ物不足からくる飢えと寒さで凍死するという確かなデータがあります。大自然を支配する神様が小さな命を守るために実ものを豊かに実らせて厳しい冬に備えようという配慮かもしれませんね。
 はなはなさまのコメントを拝読しながら、ふとそんなことにも考えが及びました。
  1. URL |
  2. 2008/12/15(月) 04:43:45 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

Pandra_pandron さま
 以前いただきましたコメントで、pandora_pandoronさまがこのプラントの実にご興味がお有りということをお書きくださいましたね。写真に収めてみましたが、盛りを過ぎていましたので中の黄色い実はほとんど無くなっておりました。来年は最も美しい時期にお目にかけられますよう心がけますね。
 英国の建物は耐用年数何百年…をターゲットに作られているようですから、どんなに小さな家でも風格があると思います。レンガ造りのお家にイングリッシュローズは例外なく素晴らしいのですが、日本の藤の花も見事にマッチしています。
  1. URL |
  2. 2008/12/15(月) 05:18:36 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

パール さま
 ベス・チャトー ガーデンの記事は三回続けて、その後中断したままになっております。私の大好きなガーデンでもありますし、最後までご覧戴きたいという気持ちはいつもありましたが、ずいぶん間が空いてしまいましたので何となくためらっておりました。
 このたびパールさまのコメントを拝見して、やはり続きを見ていただこうという気持ちになりましたので、そう遠からずアップさせていただきますね。 
 このたびはおいでいただきましてほんとうにありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2008/12/15(月) 09:30:45 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2008/12/21(日) 11:19:27 |
  3. #
  4. [ 編集]

M さま
 お初のコメントをいただきまして有難うございました。私の方こそお世話になっております。庭は大きなサイズではありませんが、雑草が生える隙間もないほどいろいろ植えて楽しんでいます。今年は庭にかける時間も少なかったのですが、来年は少しはゆとりの時間が増えるのではないかと希望しています。さてどうなりますでしょうか。
 このようなブログでよろしかったら、またどうぞお出でくださいね。
 Mさまもお風邪などひきませんように!
  1. URL |
  2. 2008/12/22(月) 02:04:27 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。