イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリスマスローズなど

                              12th February 2009


人気ブログランキングへ

今回ご覧いただきます写真はすべて2月1日撮影で、前回(2月3日)の雪景色の前日の様子です。この辺りでは18年ぶりという大雪(10cm余の積雪)という思いがけないハプニングでしたから、雪景色の方を先にご覧戴きました。
 4日にも雪が降りましたので、学校関係はこの週は3日の水曜日を除き4日間すべて休校になりました。10cm余の積雪で郵便物も5,6,7日、と配達されませず、路上の雪はほとんど融けた今でも遅配が尾を引いております。イギリスでは‘雪が積もったときはあくせくしないで学校も郵便配達もお休みしましょう’ということなのかもしれませんね。



DSC00794_edited s
 Helleborus Orientaris Double flowering " Wilgenbroek Selection"とラベルには記されておりますが、一番早く咲き始めた春咲きクリスマスローズです。あえて横倒しにしたハーブポットの中のアイビーもかなり茂ってきました。




DSC00802_edited s
 ダブル咲き種ですから、シンプルな形の多い冬咲きのお花の中ではやや異色の存在感かもしれません。





DSC00793 s
 古株で名前もわかりませんが、あえて名付けるなら、Helleborus X hibridus ということになるのでしょうか。春咲きクリスマスローズです。実生苗も沢山育ちました。





DSC00776 s
 まだ蕾は固いのですが、ヘレボーラス ホワイト ビューティー (Helleborus White Beauty)です。





DSC00811 s
 実生苗から育ったレンテンローズ、つまり春咲きクリスマスローズです。2000年に求めた時の親株のラベルには、Helleborus x hybridus Seedlings とあります。親株よりも一足早く蕾を立ち上げてきますし、親とはどことなく違った性質があるようにも見えます。
 ガーデンでの新種誕生も面白いものですね。





DSC00785 s
 スノードロップ(Galanthus)が咲き始めました。三枚花弁のお花で可愛いですね。





DSC00769 s
 ウインターアコナイト(Eranthis hymalis)が咲きました。同じキンポウゲ科の福寿草を思い出させてくれるお花です。





DSC00814_edited s
 今年のイギリスは異常な寒さですから、この日本種の梅、‘紅千鳥’も蕾がなかなか緩みません。今年の日本は例年よりも梅の開花が早く、見頃も早く訪れたそうですね。
 最初の一輪のほころびる日が待たれます。





DSC00737 s
 これら二羽のハトは庭の周辺に棲みついている大変仲の良いペアで、コラードダブ(Collared dove)またはコラードタートルダブ(Collared turtle dove)という鳩の一種です。襟のような黒っぽい模様が首の後ろ側にあることからこれらの名前が付いたのだそうですが、見方によってはネックレスを首の後ろに向けて掛けているようにも見えます。
 




DSC00738 s
 庭にやってくる他の野鳥達と大きく異なる点は、年中ペアで行動していることかと思います。本当に仲むつまじくて見ていてほのぼのとした気持ちにさせられることもしばしば、それに大変穏やかな性質ですからこの鳩の周りは常にほんわかとした暖かい平和ムードに包まれているようです。





DSC00747 s
 このアーチの上がすっかりお気に入りの様子、このペアの定席のように毎日この場所にやってきて、何やら語り合っているかのようにも見えます。これら三枚の写真を改めて眺め、今ふと気付いたのですが、二羽共に視線がほぼ同じ方向を向いていますね。
 このような何気ない自然の有りようにも、すぐに感激してしまう私です。




 次回はベス・チャトーさんのお庭の続きをご覧いただくつもりです。
 
 

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2009/02/12(木) 10:54:11|
  2. | コメント:16
<<庭のクリスマスローズ再び! | ホーム | 雪庭でのバードウォッチング>>

コメント

クリスマス・ローズの咲く頃

クリスマス・ローズについてはあまり注意したことがなかったのですが、
最近人気のようです。こちらでもシーズンを向かえあちこちで展示会などもあるようです。雑誌など読んでいると、たぶん日本だと夏は木の影などに置いた方がよさそうという印象です。意外と育てやすいとのことですがいかがでしょうか。
鳩の写真、私も同じ方向を向いているように見えます。何か気になるものを見つけたのでしょうか。首の模様もおもしろいですね。
  1. URL |
  2. 2009/02/13(金) 22:01:05 |
  3. パンドラ・ヴィス #-
  4. [ 編集]

こんにちは はなあかりさん

こうして見させていただくと ちょっぴり そちらのほうが暖かいと感じます。2月13日にこちらは春一番がふきました。これから 三寒四温で春にちかづきますね。そちらもこんな言葉があるのかなあなどと思ってしまいました。最初のクリスマスローズの色合い素敵ですね。ちょっと妖艶な感じです。横倒しのハーブポットいいですね。はとさん仲良くほほえましいです。主と同じですね
  1. URL |
  2. 2009/02/14(土) 05:51:14 |
  3. はなはな #-
  4. [ 編集]

花あかり様、こんにちは。以前から読ませていただいている庭好きの一人です。花あかり様の庭への思いに共感することが多く、また、イギリスびいきとして、折々の様子がわかり、とても癒されます。

庭を訪れる小鳥たちの写真がとてもきれいですね。詩情あふれる眺めを楽しんでいます。スノードロップが咲くとまもなくクロカスでしょうか?春への期待が高まってきましたね?
  1. URL |
  2. 2009/02/14(土) 07:17:35 |
  3. sarah #-
  4. [ 編集]

パンドラ・ヴィスさま
 クリスマスローズは夏に宿根草や落葉樹などが茂って日影になってしまうようなところに植えられていますが、却ってそんな場所の方が居心地が良いのかもしれません。特別な管理はしませんのに毎年少しずつ株が大きくなります。冬花壇の主役のような嬉しい存在です。

 鳩の襟周りの模様はアクセサリーのようにも見え、楽しいですね。
 
  1. URL |
  2. 2009/02/15(日) 03:07:56 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

はなはなさま
 もう春一番だなんてそちらは春の訪れが早いですね。今年のイギリスはかつてないと言われるほど寒いのです。まだ庭の一部には雪が融けずに残っているほどです。
 最初のクリスマスローズの色は私も大好きです。確かに妖艶な色かもしれませんね。もっとも私には美味しそうなワインの色に見えるかも・・・です。
 大きなハーブポットは、横倒しにしましたところ、なぜか却ってナチュラルな感じになりました。
 人間のカプルもお互いに見つめ合うだけではなく、一緒に同じ方向を見るのがいいのでしょうね。鳩の夫婦にあやかりたいものです。
  1. URL |
  2. 2009/02/15(日) 04:37:44 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

sarah さま
 更新もまばらなブログですのにお出でいただきまして本当にありがとうございます。イギリスには素敵なお庭、歴史的なハウス、そしてイヴェントなどがたくさんありますので、ブログでご紹介させていただきたいと思っておりましたが、一昨年の暮れごろから急に身辺が多忙になり、ブログにかけられる時間が極端に少なくなりました。
 例えば一昨年も昨年もチェルシーフラワーショーの様子をたくさんカメラに収めてきましたのに、それさえもご紹介できなかったのは、やはり残念でした。
 でも今の状況がいつまでも続くわけではありませんので、そう遠からずこちらの様子をご紹介させていただける日が巡ってくるものと思っております。

 イギリスのクロッカスは芝生の間からたくさん顔を出してきますよね。イギリスの春の訪れも詩情に満ち、胸がときめきます。
 
  1. URL |
  2. 2009/02/15(日) 05:03:42 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

こんにちは
クリスマスローズは花の少ない時期に咲き、長く咲いてくれるのでうれしいですね。
実生苗からもお花が咲いたとのこと、たくさん苗ができました?
私の所は今年、初めて花が咲きそうなのがひとつだけあります。
バラとの相性が良いためか、日本では最近、人気急上昇で、新色や八重がたくさん出てきました。

スノードロップ、たくさん増えましたね。かわいいですね。
ロンドンにいたときに、庭にスノードロップを100個植えたことを思い出しました。きっと、今頃はたくさん咲いているのかしら?クリスマスローズも苗を買って二年目で今年は花が咲くかな・・と思っていたときに帰国になってしまいました・・・。(私事ですみません。)

コラードダブ、ほほえましくて、心が和みます。

  1. URL |
  2. 2009/02/15(日) 08:50:57 |
  3. リズ #DS51.JUo
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2009/02/16(月) 14:08:57 |
  3. #
  4. [ 編集]

リズさま
 ピンクの古株クリスマスローズからは実生苗が毎年数本は周辺からでてきました。すでに20本ほどは地元のフラワークラブのチャリティーに寄付したと思います。家でも同じ実生株が前庭で2本育っていますが、性質も良くお花の色もやや濃い目で気に入っています。自然に芽生えた苗は丈夫で成長の速度も速いと感じていますがいかがでしょうか。

 リズさん御一家がかつてお住まいだったロンドンのお家のお庭では、スノードロップやクリスマスローズが、数を増やしながら、これからもずっと咲き続けることでしょうね。
 
 
  1. URL |
  2. 2009/02/16(月) 20:28:08 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

A. さま
 今年の冬は4回も5回も雪が降り積もり、積雪に対する備えのないイギリス人の生活に大きな支障を来たしました。翌日には溶けてしまうという雪の経験しかなかった私にも、融けない雪国に暮らす方々の大変さが垣間見えた思いです。
 きょうは久しぶりに気温が緩み、ロンドンで7度と表示されております。今週末はロンドンで、年度を締めくくる最後のイヴェント、お花のエキスビションがあり、その準備も大詰めです。お天気が穏やかであることを祈る思いでおります。
 春一番の南風がスギ花粉も一緒に運んできたなんて、それは困りましたね。どうかお大事にお過ごしくださいね。
  1. URL |
  2. 2009/02/16(月) 20:54:08 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

先ほどコメントを送信したのですが何故か投稿されていないようです。
もう一度簡単に書きます。

花の少ない寒い冬にひっそりとうつむき加減に咲くこの花は私の大好きな花の一つです。 家にも実生ばかりですが、何十年もの間増え続けて咲いているのが沢山あります。今も小さな芽が彼方此方に出ています。3年目には花が咲きます。

今日の鳩はまたまた素敵ですが、この鳩はひょっとして‘Twelve days of Christmas’の歌に出てくるturtle dove と同じ鳩でしょうか。
Two turtle doves, three french hens, four calling birds......と続きます。これも子供の頃習った歌で今でも12番まで歌えます
どんな鳩かも知らないで只唄っていただけでしたが、その頃を思い出して、懐かしいのと、こんな素敵な鳩だったのかと改めて感無量の一時を過ごさせていただいています。

麗しい鳩ですねー。こんなに素敵だったとは!
  1. URL |
  2. 2009/02/20(金) 23:30:15 |
  3. M.S. #Cga0ZNR6
  4. [ 編集]

M.S. さま
 このところ慌ただしい日々を過ごしておりまして、お返事コメントが大変遅くなりご無礼を致しました。

 Turtle Doveに関しまして本で調べましたところ、Turtleと名前につくDoveは三種類おりますようで、写真でお目にかけましたCollared Turtle Doveの他にRufous Turtle Dove、それと単にTurtle Doveといわれる三種類が出ておりました。
 Collared Turtle Doveは全体が白っぽいのですが、Turtle Doveは写真で見る限り、姿、形、表情などコラードタートルダヴに大変よく似ておりましても、背中の模様や色がブラウンがかったキジバト模様で、尾もコラードタートルダヴよりダークに見えます。
 古くより歌い継がれてきたNursery Rhymeの中に登場する鳩ですから、タートルダヴも人々からずっと愛されてきた鳩なのでしょうね。
 ちなみに写真のコラードタートルダヴは1930頃から英国で拡がり始めたという記述がございます。詳しいことは私にはよくわかりませんけれど、このNursery Rhymeが登場した時代はそれよりもかなり遡りますので、このコラードタートルダヴは、この童謡が登場した当時は英国に渡って来ていなかったことだけは確かかしらと思います。

 M.S.さまが大変長い‘The Twelve Days of Christmas' を今でも最後までお歌いになられると伺って感激いたしました。そして私に勉強の機会をおつくりいただきありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2009/02/25(水) 03:50:13 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

はなあかりさま:

 感激致しました。先日のblack birdのこととか、今回のturtle dove のことなど、お忙しいにもかかわらずお時間を割いてお調べいただいて大変恐縮に存じます。有り難うこざいました。

 どちらの歌も幼稚園の時に習い、意味も文字も分からないまま、口伝で覚えていたのですが、今頃になってひょっとして、あの歌の鳥かしら? と思い遂書いてしまったわけです。 

 これらの歌がMother Goose の Nursery Rhyme だったことが分かり、今頃になってMother Goose の Nursery Rhyme の本を紀伊国屋で見つけ、手に入れました。 Humpty Dumpty や Jack and Jill も載っていて更に楽しくなりました。

 大きくなってから学んだことはすっかり忘れていますのに、小さいときに覚えたことは何時まで経っても記憶に残っていることにも驚いています。

 重ね重ねお礼を申し上げます。


 
  1. URL |
  2. 2009/02/25(水) 07:21:22 |
  3. M.S. #Cga0ZNR6
  4. [ 編集]

クリスマスローズ

家の近くの個人のうちですけど、入り口のところにクリスマスローズをたくさん置いて売ってあるところがあります。どうしようかと思っておりましたら、こちらの日記、そして私のミキシーの知人もクリスマスローズのことを書いており、たまらなくなって今日、買い求めました。安いもので、株はまだ小さいのですけど、来年を期待ということで。
冬場に咲いてくれる花ってやはり貴重ですよね。

今日は東京では雪が降りました。

  1. URL |
  2. 2009/02/27(金) 17:02:40 |
  3. 赤い風車 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

M.S.さま
 幼い頃の生活や教育環境は原体験となり生涯に及ぶということを改めて考えさせられました。
 M.S.さまが戦前にお通いになられた幼稚園で、カナダ人の先生から素敵な伝承童謡の数々を教わることができたとは・・・ほんとうに宝物のような御体験ですね。私も感動しています。
  1. URL |
  2. 2009/03/03(火) 19:31:38 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

赤い風車さま
 イギリスはクリスマス前から二月半ばごろまで記録的な寒さが続きました。例年ですと1~2月に関する限りは東京辺りと気温はほぼ同じなのです。でも二月半ばからはこちらは例年並みの気温になりましたが、逆に東京はお寒くなったようですね。現時刻、PC上では東京3度、ロンドン10度と表示されております。

 クリスマスローズは日本で大変人気があり、種類も多いようですね。寒に咲くお花なので病虫害も少なく丈夫で、しかも長~く楽しめるところが魅力ですもの。それに気品も漂います。
 私ももう一度、庭のクリスマスローズたちをアップすることに致しました。
  1. URL |
  2. 2009/03/03(火) 20:38:23 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。