イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(Ⅴ) ベス チャトー ガーデン

                           14th March 2009                                                                            


人気ブログランキングへ


DSC00596_edited m
 ベス チャトーさんのお庭は前回の1月25日に続いてこれで5回目になります。
 この辺りは右手にかなり広い範囲にわたって貯水池の拡がる Reservoir Garden と言われているところです。
 水際好みの柳の木々が向こう岸に見えていますね。シルヴァーグレーの葉が輝いておりました。




DSC00599_edited m
 7月末のボーダーガーデンの様子もまだまだ美しいと思います。黄色いお花のフロミス(Phlomis)、赤銅色のバーべリス(Berberis)、白とブルーのアガパンサス、そして英名でゴールデンオーツ(学名;Stipa gigantea)と言われる丈高のグラスなどが、目立っているでしょうか。





DSC00601_edited m
 赤銅色のバーべリスはBerberis thunbergii atropurpurea ではないかと思います。お庭のアクセントカラーとしては大変効果的で美しいブッシュなのですが、全体が棘だらけなので、周辺の清掃が大変だった記憶があります。我が家の狭い庭で大きくなりすぎて、処分を余儀なくされましたので、見るたびに思い出してしまいます。




DSC00602_edited m
 何のお花を写しているのでしょう。濃い紫のお花はまだ丈の低い、バタフライブッシュと言われるブッドレイア(Buddleia)だったでしょうか。。記憶が定かではありません。
 中ほどの優しいピンク色のお花は、俗にジャパニーズアネモネとこちらで呼ばれている一重咲きのシュウメイ菊だったと思います。




DSC00603_edited m




DSC00606_edited m
 濃いブルーのアガパンサスがとても素敵ですね。ナーサリーで苗を探しましたが、あいにく品切れで残念ながら求めることができませんでした。




DSC00607_edited m
 炎のように見えるオレンジ色のお花は二フォーフィア(Kniphofia)と発音しますが、英名でトーチりりーとかホットポーカーと呼ばれています。
 懐中電気のことをこちらではトーチ(torch)と言いますし、ポーカー(poker)は、火かき棒だそうですから、確かにそんなイメージのお花で、よく目立ちます。
 白のアガパンサスも素敵です。




DSC00609_edited m
 お庭の彼方に空が続いて、ぽっかり雲が浮かんでいるなんて、のどかな光景ですね。
この先に進みたいところですが、でも私には目指すところがありました。





DSC00612_edited ss
 こちらの奥に向かっています。




DSC00615 m
 すると左手にはこのような景色が・・・。
 このコントラストを何と表現すればいいのでしょう。ベス チャトーさんの庭園哲学にひたすら黙して脱帽です。




DSC00620 m
 まだため池が続いています。




DSC00628 ss
 このベスチャトーさんの庭園に伺う愉しみの一つに、私には森のお庭、Woodland Garden、の散策があります。 せせらぎが流れ、素敵な森の植物にたくさん出会うことが出来ます。
 カラフルな植物たちに堪能した後、このナチュラルなウッドランウオークはとても心に優しいのです。




DSC00635 ss
 この白いお花は素敵ですね。そばに、Eucryphia nymansensis と記されている名札があり、それも写真におさめました。


DSC00631 m


DSC00633 ss



DSC00641 m




DSC00652_edited m




DSC00650 m
 森のガーデンを抜け再びボーダーガーデンです。
 正面中ほどにユウカリの木が見えます。




DSC00651_edited m
 ユウカリに近づきました。




DSC00653_edited m
 視線をやや右方向に移しました。




DSC00654_edited m
   やはりベスチャトーさんのガーデンはどの一角を拝見してもパーフェクトだと思います。

 今回21枚の写真を御覧いただきましたが、ご一緒に散策していただきましてありがとうございました。この続きはいずれ近いうちにと思います。
 



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2009/03/14(土) 00:16:30|
  2. ベス・チャトー ガーデン
  3. | コメント:4
<<紅千鳥&枝垂れ猫柳 | ホーム | 庭のクリスマスローズ再び!>>

コメント

青いアガパンサス

こんばんは。
6枚目の濃い青色のアガパンサスは見事ですね。初めて見る色です。
以前新宿御苑で見たアガパンサスはラベンダーのような色でした。
珍しかったので写真が残ってますが、そちらのように背の高いものではないようです。
ちょうど8枚目の写真で右手にオレンジ、白、遠くの左に青、
そして正面にユニークな形の樹が見えてすてきです。森やため池は別世界ですね。
  1. URL |
  2. 2009/03/17(火) 21:12:34 |
  3. パンドラ・ヴィス #-
  4. [ 編集]

パンドラ・ヴィスさま
 濃いブルーのアガパンサスは本当に素敵だと私も思います。こちらでも一般に見かける色は淡いブルーが多いようです。

 8枚目の写真の中で中ほどに見える丈高の木は2本とも常緑の針葉樹です。それら2本のうち、右側でゴールドがかって彫刻的な形をした方はユーまたはユーツリー(Yew tree)と呼ばれるもので、辞書にはセイヨウイチイと記されています。 
 他の針葉樹と異なりゆっくり成長し、長寿の木で、格調の高い木だと思います。
  1. URL |
  2. 2009/03/19(木) 10:03:59 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2009/03/19(木) 10:59:23 |
  3. #
  4. [ 編集]

A さま
 森の小道に落ちる木陰にはホッとするものがありますね。ご指摘の下から8枚目の写真ですが、傍らに見えますベンチも板を打ち付けて組み立てただけの、ベンチの原型のようなデザイン、しかもすでに朽ち始めておりましたが、そんな素朴さにやすらぎを感じました。
 朽ち果てるものの醸す美しさもそれらへの愛おしさも、ベスさんの森のお庭の一角からしみじみと感じ取って感動する私は、やはりそれなりの年齢になっているということなのでしょうね。
 
  1. URL |
  2. 2009/03/22(日) 00:23:51 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。