イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春の庭らしく

                             25th April 2009


人気ブログランキングへ

DSC00248_edited s
 山野も草原も、そして庭も一斉に芽吹きのシーズンとなりましたね。
 この写真の手前中央に見えます木は、実生苗から育った柿の木です。昨年ひとつだけ花が咲きました。もしもいつの日か実がなったら私がイギリスで見る、初めての柿の実になります。




DSC00246_edited s
 数か月前に植えたバンビーノという名のコンパクトサイズの松、日本のツツジ、そして後方に見えます白い花は馬酔木の花です。




DSC00241_edited s
 バギニアとかベギニヤ(Bergenia ‘Sunningdale’)と呼ばれています。この場所に植えられて10年経ちました。常緑なので、この葉が冬の間、アレンジなどにも重宝します。




DSC00275 s
 左方の牡丹(ツリーピオニー)の根元から、なんとシャクヤク(ピオニー)の芽が伸びてきています。牡丹のためには欠き取った方がよいのでしょうが、よく見れば蕾も付いていますので、どんなお花が咲くのか、確かめてからにしたいと思います。




DSC00270 s
 きょう(24日)初めて開花しました。昨年から地植えにしましたので、お天気具合が気になるところです。
 



DSC00219_edited s
 グラス類はボーダーガーデンには大切な存在ですね。時には引き立て役のようでもありますが、このグラス(Carex elata ‘Aurea’など)は、今の時期立派な主役です。




DSC00214_edited s
 裏庭に面したお向かいのお宅にポプラの木があります。そこにマグパイ(Magpie)の姿が頻繁にみられるようになりました。どうやら同じお庭にあるモミの木に巣造りを始めたようです。口元からボディーにかけて一本の長い線のように見える物は、口にくわえた巣作り用の材料のようですね。

 カラスの鳴き声ををカ~カ~と表現するなら、マグパイはカラスが風邪をひいたかのように、ガ~ガ~と聞こえ、ハンサムな姿からは想像できない意外な鳴き声で、ちょっと微笑ましくなったりします。

日本のマグパイ=尾長(Azure-winged Magpie)は、背中から尾にかけて美しい水色をしていますね。こちらで見られるマグパイも色違いですが、大変美しい姿や色をしています。
 残念なのは、ブラックバードやシジュウカラなどの巣を襲い、卵や雛を食べてしまうそうで、この鳥がそばに近づきますと、他の小鳥達は一斉に警戒音を発して、追い払おうとしています。




DSC09973_edited h
 4月10日ごろのフリティラリア インぺりアリス(Fritillaria Imperialis Orange perfection)です。写真には収めましたものの、アップできなくて今になりました。




DSC00153_edited h




DSC00025 h
 馬酔木の種類はこちらにも何種類かあり、いずれも素敵ですが、この雪のように純白な花々に特に心惹かれています。




 DSC09933 h
 ピンク色の鹿の子絞りのようなお花の咲く、カツラという名の馬酔木も一緒に植わっています。ミヤマシキミも一緒で、この辺りはいい香りが漂っています。




DSC00157 h
  この椿はまるで山茶花のように花びらが一枚づつ離れて地面に落ちます。すでに15~6年になるかと思いますが、求めた時のラベルにはCamellia Williamsii E G Waterhouseとありました。椿といえばジャポニカが多いと思いますが、これは ジャポニカとは異なるようです。




DSC00001 h
 この写真も10日ごろの写真です。アネモネの一種で、Anemone ‘Blanda Blue’と言われます。




DSC00164_edited h
 これもすぐ上のアネモネと同じ時にうつしましたが、スネークヘッド フィリティラリー(学名=Fritillaria meleagris)と一般に呼ばれ、こちらではよく見かける種類です。蛇の頭を連想するので、こんな英名が付いたのでしょうか。




DSC00195_edited s
 日本のカタクリと同じ仲間のプラントで、英名をドッグティース ヴァイオレット(学名;Erythronium ‘Pagoda’)と言います。白い大きな球根の形が犬の牙に似ているからだということを友人から聞いたことがあります。




DSC00202_edited s
 左に南天、右には篠竹と八つ手、その向こうには黄色の一重の山吹、白ボケ、椿などがみえます。何気ないこんな光景に、心が休まります。




DSC09943_edited h
 白花のボケ(Chaenomeles speclosa ‘Nivalis’)は10年目ですが、やっとまとまってお花が観賞できるようになりました。




DSC00233 s
 日本の椿のオリジナルなのでしょう、名前はそのものずばり、カメリア ジャポニカでラベルにはバラエティの名前はありませんでした。日本のヤブツバキだと思い、即求めたものです。
 以来十数年、ガーデンセンターなどでこの種類を見かけたことはありませんので、こちらでは稀少な存在かもしれません。



 なかなか更新できないブログにお立ちよりいただきまして、本当に有難うございます。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2009/04/25(土) 01:39:13|
  2. | コメント:14
<<牡丹の花 | ホーム | 英国での花祭り>>

コメント

こんにちは はなあかりさん

春はあけぼのようようと・・・もいいですが、春は芽吹きようようともえる・・・がいいですね。一個の実生の柿がはじめて実を結ぶのいつのことでしょうね。私のところでも実生のビワが大きくなり、実がなるようになったのは10年くらいかかったかと思います。毎年待つ楽しみがありますね。馬酔木もやっぱり眺めてうっとりですね。それにしても、豊富な草花たちを見るのも、世話するのも楽しそうなお庭です。たまに更新も新鮮ですよ
  1. URL |
  2. 2009/04/25(土) 06:16:39 |
  3. はなはな #-
  4. [ 編集]

春のお庭

はなあかりさん こんにちわ~
イギリスの春のお庭にお邪魔させていただいています *^-^*
どのお花さんも長い間待っていたかのよに、深いお色の春を感じます
ぼたんの美しさも息をのむような凛とした美しさですね
グラス類も大好きです、パンパスグラスはうちの庭の広さにはと諦めておりましたけど
Carex elata ‘Aurea’のご親戚さんがこちらにないかどうか、探してみます^^

イギリスのオナガさんには、ノドアメでもどうでしょうかしらって・・^^
とても微笑ましいご様子ですね (*^ー^)ノ

こちらはここ2~3日、寒いくらいの冷え込みになっております
きのう、宿根性のビオラを見つけて植えてみました
イングリッシュビオラといいます♪
「イングリッシュ」と名前に付くと、売れ行きも違うそうなのです *^-^*
ガーデナーにとっては英国はやはりあこがれの地なんですね
それでお訪ねさせていただきましたら
春のお庭に会うことができて、しあわせに思います.:*・゚
  1. URL |
  2. 2009/04/25(土) 13:25:39 |
  3. れぃん #gGj3Lv6Q
  4. [ 編集]

春のお庭に次々とお花が咲いて美しいですね。色も鮮やかで、芽吹きとよくあいますね。とても美しいお庭心が安らぎます。柿の実楽しみですね。こちらは雨でとても寒いです。
A.F.
  1. URL |
  2. 2009/04/25(土) 18:04:52 |
  3. A,F, #-
  4. [ 編集]

はなはなさま
 たまの更新も新鮮だとおっしゃっていただき、有難うございます。
 この柿は日本の柿の種から発芽した幼木を友人からいただいたのが始まりです。柿の葉の風情も素敵ですが、やはり花が咲くのが待たれますね。昨年たった一つ、初めての花を見た時は感激してしまいました。
 日本の家の庭には、生家で接ぎ木してもらった次郎柿と富有柿があり、毎年実をつけていました。こちらのこの名も無い実生の柿の木の脇を通るたびに思い出しています。

 庭植えの枇杷は完熟してから収穫できますから美味しさが違いますよね。こちらでの私の鉢植えの枇杷は花は咲きましても、寒すぎるのでしょうか、残念ながら実りには至りません。
  1. URL |
  2. 2009/04/25(土) 18:37:15 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

れぃんさま
 イングリッシュガーデンには大小サイズのグラス類が要所要所に植えられているようです。形の上でのコントラスト効果も大ですし、それにこちらの方々は自然調のお庭が大好きですから、グラス類は不可欠なのでしょうね。園芸店でもグラス類は種類も多く充実していると思います。

 ノドアメ! 本当です、そんな感じなのですよ。このマグパイのご親戚の日本のオナガさんはどんな鳴き声かしらってふと思ったりしています。いちど、浜離宮辺りで美しい姿を見たのですが、鳴き声までは聞かせていただけませんでしたもの。

 イングリッシュヴィオラという言葉を私は初めてききました。手元にある本をめくりましたら、宿根性のボーダーヴァイオレットと称する種類が載っていますので、これらがイングリッシュヴィオラということなのかもしれないなと思いました。
 パンジーに比べますとかなり小振りのお花が咲き、こちらではグランドカヴァーや、花壇の縁取りとしてボーダーガーデンに植えられるようです。また極小サイズの種類はロックガーデンで楽しまれているようです。
  れぃんさまのお宅のライラックブルー色のヴィオラはお写真で拝見する限り、手元の本に出ているViola cornuta に近いかと推測しました。 丈が15~22.5cm、お花の大きさが3.5cmほどでしたら可能性は大だと思いますが、もしもそれよりも小さければViola cornuta 'Minor' という種類に近いかと思います。
 次々と新種が登場する時代ですから、れぃんさまのヴィオラ コルビネという種類は、この本が出版された後で登場したのかもしれませんね。

 こちらでもジャポニカと名前についているプラントの何と多いことでしょう。日本とイギリスはなんと言いましても世界の二大園芸大国ですものね。

 滅多に更新のないブログにお訪ねいただき、ありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2009/04/25(土) 21:32:31 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

A.F.さま
 この辺りはこれから素敵な気候が秋まで続きます。雨量も日本に比べればはるかに少なく、強風が吹き荒れるということも、激しい雨足の雨というのも滅多にありません。蒸し暑さも、うだるような暑さも無く、なんて植物に優しい環境であることかとつくづく思います。
  でも勝手なものですね、私など、西瓜やトマトが美味しく栽培できるほどの暑い暑い夏が来て欲しいなどと一方で思ってしまったりするのですから。

 かなり以前のことですが、イタリアのレオナード・ダ・ヴィンチのヴィンチ村を9月中旬に訪ねた時、高地で寒かったのですけれど、柿の木が何本か道沿いに植えられており、青い実がたわわに生っておりました。日本でも、かなり寒い地方でも柿は収穫できますから、この庭の柿の木にも実が生ってくれるかもしれませんね。渋柿が生ったら吊るし柿にしてみたいものです。
  1. URL |
  2. 2009/04/26(日) 01:51:40 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

馬酔木咲く

馬酔木、椿、ボケの花など次々と春の花が咲いていますね。
こちら日本では藤の花が咲いて、そしてもうすぐバラのシーズンです。
グラス類の黄色に近いような色が目を見張ります。
マグパイが黒なので、ポプラの木の中でとても目立ち、なんだかよそ行きの
きちんと正装しているような姿です。まわりの鳥たちには嫌われているのが
残念ですが、習性なのでは仕方ないですね。
  1. URL |
  2. 2009/04/26(日) 23:20:05 |
  3. パンドラ・ヴィス #-
  4. [ 編集]

はなあかりさん こんにちわ~

またお邪魔させていただいております
イングリッシュビオラのことお調べいただきまして、ありがとうごさいます
拝見していますと、本当にうちのビオラさんの様子にぴったりなので
驚きながらうれしく思っております *^-^*

お花の大きさ、直径でぴったし3cmのようで、それが全部同じ大きさなんです^^
ですから、Viola cornuta 'Minor' 種と思います♪
みな同じサイズなんて、ビオラさんの几帳面なご性格に少し驚いております (*^-^*)

このようにご丁寧なお返事をいただきまして、心より感謝いたしております
私のほうのグラス類は店頭でも通販カタログでもなかなか出会えないでおりますが^^
その分ゆっくりと楽しみながら探してみたいと思っています
ボーダーバイオレット♪
そのお名前のようにそよそよと縁を彩ってくれますように~
こころを込めて育ててみようと、先ほども水遣りをです.:*・゚
  1. URL |
  2. 2009/04/27(月) 17:37:57 |
  3. れぃん #gGj3Lv6Q
  4. [ 編集]

日本のお花

はなあかり様
 本当に素敵なお庭ですね。私はゆっくりと手入れする時間が取れず、簡単にすませてしまうので、それでも生き残れる丈夫なものだけが残っているという情けない状態。でもそれなりに、季節のお花を咲かせてくれてます。

 イギリスのお庭でも、日本の花木が結構合うものなんですね。なんだかうれしいです。
  1. URL |
  2. 2009/04/27(月) 17:39:05 |
  3. Rooly #azeTSA.6
  4. [ 編集]

パンドラ・ヴィスさま
 このライムグリーン色のグラスはコンパクトサイズで姿も乱れず、冬に切り戻しておけば春にはまた芽吹いて今のような姿を見せてくれます。色のコントラストとしても効果的なので、私は二か所に植えて楽しんでいます。

 マグパイは確かに正装しているように見えますね。全体が黒に見えますが背中の尾に近い部分は瑠璃色に見える部分もあり、スタイリッシュで美しい野鳥です。
 この家の周辺でも毎日のように見かけます。知人の中には、小鳥達が雛を育てるシーズンにマグパイの姿を庭で見つけますと、巣に近付かないように追い払う方もおられるようです。
 残念な習性ですけれど、確かにマグパイが悪いわけではありませんよね。
 
  1. URL |
  2. 2009/04/27(月) 19:46:02 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

れぃんさま
 私もボーダーヴァイオレットという響きがとても気に入りました。イングリッシュ風のボーダーガーデンの一番前に、花壇を縁取るように植えられている光景が、名前を聞いただけでもイメージされますものね。

 ライムグリーンのグラスが何とか手に入るといいですね。耐寒性もありますし、第一丈夫です。それに、お行儀のよい性質を持ったプラントでいつも端正な姿を保っています。これからも、折々にお目にかけさせていただきます。

 この週末に、私にとってはやや負担の大きいお仕事(大げさですね)があり、いま準備中で、コメントご無礼してしまいました。
 再度のご丁寧なご訪問、ほんとうに嬉しく存じました。
 
  1. URL |
  2. 2009/04/28(火) 23:48:53 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

Rooly さま
 庭のことをおほめいただきましてありがとうございます。
 手入れが大変でしょう?などと聞かれることもありますが、花壇には一年草が全くありませんので、すべて植えっぱなしのお庭なのです。しかも隅から隅まで植えこんでいますから、雑草の生える隙間も殆ど無いほどです。手入れは、花柄摘みなどが主になります。
 日本風のところは、グラブルといわれる砂利を敷き詰めていますから、出てくる雑草はたいした数ではありません。
 こちらの庭好きのお庭には、日本の植物が多種多様、植えられていますが、名前にジャポニカがついていない限り、日本から渡来した植物だということを意識せずに植えている方の方が多いかもしれません。それくらいイングリッシュガーデンに無理なくすんなりと融け込んで人々から愛されています。
 
  1. URL |
  2. 2009/04/29(水) 00:31:46 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

レモンの花が咲き
柚の花のつぼみが白くまるくなりました。
イギリスの柚はお元気ですか?
  1. URL |
  2. 2009/05/06(水) 20:39:07 |
  3. かまど猫 #H6hNXAII
  4. [ 編集]

かまど猫 さま
 柚子もレモンも冬の間コンサバトリーで管理していますから、お花の咲く時期が早くて、今では接ぎ木苗の柚子に直径1センチに満たない小さな実が5~6個見えています。昨年は、すべて落果してしまいましたが、今年はせめてスダチほどの大きさになるまででも、姿をとどめて欲しいと念じています。
 レモンは、毎年小さいながら実がなります。柚子とレモンのお花が咲いている間、コンサバトリーの中は、素敵な香りが漂っていました。
 かまど猫さんのお庭の柚子は、今年もきっと豊かな実りを届けてくれることでしょうね。 
 
  1. URL |
  2. 2009/05/08(金) 21:56:25 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。