イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オープンガーデン


                             22nd May 2009



人気ブログランキングへ


 個人のお庭を一般に公開して、その入場料をチャリティーに寄付するというオープンガーデンのシーズンに入りました。私どもの住む町に隣接する村々でも、週末は必ずどこかしらの村で実施されております。これらのお庭は、一般に公開することを前提に作られたお庭ではなく、日常の暮らしの中で築かれてきた個人のお庭ですから、住まわれる方々のライフスタイルも垣間見え、大変興味深いものがあります。 

 この何年間か私自身はそれらの場所に出向く時間的な余裕も無かったのですが、今年は友人のお庭も初公開というご案内をいただきましたので、何を差し置いてもとばかり、お訪ねいたしました。
 この村でオープンガーデンを始めたのは数年前からなのだそうです。今回は8軒のお宅のお庭が公開されました。最初の場所で日本円に換算しますと約500円ほどの入場料を支払い、それで8軒のお庭をお散歩気分で拝見することができました。



DSC00601_edited a
 最初のお庭に伺って、個人のお庭にしてはあまりの規模の大きさに驚いてしまいました。道路からお家までの距離は200メートルほどはありましたでしょうか。まるでランドスケープガーデンという規模なのです。中程に見えるのは池ではありません。川なのです。




DSC00600_edited a
 お家の真下を川が流れています。




DSC00606_edited a
 そうなのです。ここは古くは製粉所だったのです。水車が見えますね。今も粉が挽かれているかどうかはわかりませんが、あの水車は回り続けておりました。このお宅のことを村の方々はミルハウスと呼んでいます。村人たちは、かつてはここの‘水車小屋’で粉ひきをしたということなのでしょう。
 右端に見える馬は、ブロンズ製のようです。川の向こう側に渡ってみましょう。




DSC00599_edited a
 柳の足元に赤やブルーの色が見えますが、岸辺にうつぶせにしたボートだと思いました。あるいはカヌーだったかもしれません。あそこにはもう一本、左の川に並行して大き目の川が流れており、小船なども浮かんでおりました。高くそびえるポプラの木のある辺りもこのお宅のお屋敷の一部ではないかと思います。
 お家の向こう側の眺めはどうなっているのでしょうか。




DSC00596_edited a
 大きなお家ですね。左端に少し水車が見えています。右側の建物は、1812年の建築だそうですから、200年ほど前の建物ということになりますね。左側は比較的近年の建物にも見えましたが・・・。




DSC00593 a
 右に視線を移しました。あの建物の中には何があるのでしょうか。大勢の方々が出入りしておられました。




DSC00616 a
 車庫だったのです。他にもほぼ同じサイズの車庫があり、いずれの車庫の中にもクラシックカーが6台ずつ納まっておりました。当然ながら埃もかかっておりません。ピカピカです。




DSC00614 a
 この車は結婚式の時に業者の方が使う車に似ています。車種など私にはさっぱりわかりませんが、紙片には、VANDENPLAS PRINCESS LIMOUSINE 1962 と記されておりました。

 それにしましてもお庭拝見ということで伺いましたので、このようなゴージャスなクラシックカーを数多く拝見させていただけるとは、予想も致しておりませんでした。本物を拝見できる幸せ気分にどっぷりと浸からせていただきました。他にモーターサイクルなども10台ほどありましたし、大きな車輪の自転車も飾られておりました。ここにお住まいのご当主はクラシックカーなどのコレクションがご趣味の方のようですね。

 予告もありませんでしたから、他の方々も思いがけないナイスサプライズに感激されたこと思います。このようなお宝公開はリスクも伴いますのに、持ち主のご好意に感謝いたしました。




DSC00607_edited a
 手前のレーシングカーにはM.SCHUMACHERと車体に記されてありますので、シューマッハの乗ったレーシングカーなのでしょうね。




DSC00609_edited a
 こちらにはSENNAの名前が車体に書かれてありました。ヘルメットにもSENNAの名前があります。’94年に事故死されたアイルトン・セナのレーシングカーでしょうか。壁に激突したときの衝撃的なシーンを繰り返しニュースが報じていたのを、鮮やかに思い出してしまいました。
 これら2台のレーシングカーには、きっとそれぞれに興味深いストーリーがあることと思いますが、ご当主から伺わない限り、私たち見学者にはわかりませんね。

 このお宅も初めてオープンガーデンに参加されたと友人から伺いました。これだけの広大なお庭をオープンされるためのご準備は大変だったことと思います。ご当主さまに感謝しながら、このお宅を離れました。



  
DSC00663 a
 ここがこの村の中心地です。パブが二軒、それに何でも少しずつ売られている万屋さんのようなスーパーマーケットが見えます。写真には見えませんが、小さなフィッシュ&チップスのお店もあります。お店はたぶんそれだけだと思いますが、イギリスの田舎でしたらどこにでも見られるような、平和で落ち着いた小さなヴィレッジの光景です。
 ロンドンのような大都会では、普通に暮らすイギリス人に会うことも少ないと思われますが、このような田舎では、いわゆるイギリス人の暮らしに触れ合うことができます。




DSC00629_edited a
 これは三軒目のお庭の写真です。サイズ的には小さめのお庭でしたが、お手入れが行き届いた素敵なお庭でした。特に私の目を惹いたのがこの池周りのデザインです。写真の左右に小さな日本風の石灯籠が見えますね。左の石灯籠のそばには日本のカエデの鉢植えも置かれてありました。これは明らかに日本風を意識されて造られたコーナーだと思います。
 お庭の一部に日本風なタッチを加えることは、こちらのお庭好きのあこがれでもあるということを、このようなお庭訪問を通してしばしば実感させられております。





DSC00641_edited a
 さてこの日のハイライトである、私の友人、Aさん(日本人)のお庭拝見です。友人と申しましても英国ご在住歴は50年を数え昨年金婚式をお祝いされました。私の住む町の界隈には日本人はほとんどおられませんから、この方は数少ない日本人のお一人で、 しかもガーデニングが大好き、美しいものが大好きというお方、私にはとても大切な人生の大先輩なのです。

 右に見えておりますのはサマーハウスです。




DSC00643_edited a
 Aさんは日本人をご両親としてハワイで生まれ、御幼少時をハワイで過ごされましたが、戦争開始と同時に日本に引き揚げられました。
 やがて朝鮮戦争が始まり、当時通訳をしておられたAさんは、国連軍に伴って呉に来ておられた現在のイギリス人のご主人との御縁がつながることになったのです。

 ロマンティックなAさんには、このようなオーナメントがお似合いです。




DSC00656_edited a
 芝刈りはご主人がなさるそうですが、植物のお手入れはすべてAさんがなさると伺いました。




DSC00647_edited a
 ここは昨年出来上がったAさん念願の日本庭園です。鯉も泳ぐ池造りを実現されました。グリーンのネットを池に被せてありますのは、サギに鯉を食べられないようにするためです。




DSC00651_edited a
 素敵なパティオもできました。水の流れる音を聞きながらの、朝食やティータイムは素敵ですね。50年も前に後にした遠い日本のことを思いながら、ここで過ごされる時間を大切にしていらっしゃることでしょう。




DSC00648_edited a
 訪れた方々も、ここは何てピースフルなんでしょうと、称賛のコメントを惜しみません。
 写真中央の後方に、柱が見えますが、あれは私の目には神社の鳥居のイメージにも重なります。A
さんには、あるいは遠い故郷の原風景のおひとつかしらとも思いましたが、まだあの建造物の意味を伺ってはおりません。




DSC00674 a
 こちらは6軒目に拝見したお庭のあるお宅です。このお家は16世紀のチューダー時代の建物だそうですから、四百数十年も経っていることになりますね。
 この建物は実は左にも長く続いていたのだそうですが、古くに焼失してしまったとのこと、焼け焦げた柱や板ががむき出しになっておりました。そんな部分も大切に保存して語り草にされるところなど、とてもイギリス的だと感心してしまいました。




DSC00666 a
 建物の左側の奥にお庭の入口がありました。カリフォルニアン ライラックとも言われております、セアノサス(Ceanothus)が塀の上で見事に咲いています。




 DSC00672 a
 正面にレンガで囲まれたものが見えますが、あれは今でも水をたたえている、立派な井戸なのです。使われてはいませんけれど、古くから存在するものは大切に保存されています。




DSC00669 a
 お庭の奥からお家に向かって写しました。左に見えます黄色いお花は、ラバーナム(Laburnum)という花木で、多分Laburnum X watereri ‘Vossii’ではないかと思います。葉も枝も種にも毒性があるとのことですが、藤のお花のように垂れ下がって咲くところがエレガントで人気があり、今の時期、各所で見られます。

 最初のお宅で長く楽しませていただいたこと、友人のお宅でティーも御馳走になりましたし、開園時間の3時間はたちまち過ぎてしまいました。ここまで拝見しますと、残りの二つのお庭にも心が残りますが、またいつの日かきっと機会はめぐってくることでしょう。
 チャリティーのために大切なお庭をオープンしてくださったこのヴィレッジの方々に心から感謝しながら、帰路につきました。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2009/05/23(土) 02:27:50|
  2. オープンガーデン
  3. | コメント:12
<<薔薇咲き始め | ホーム | 萌えて輝き・・・>>

コメント

オープンガーデンのシーズン

そんなことが毎年行われているんですね。わくわくドキドキしちゃいますね。今日見させていただいたお庭、どこも素敵です。むらむらと行きたくなっちゃいます(笑)ことしのりフレッシュ休暇にいきたかったなあ~これはイギリス全土でおこなわれるようなことですか?ならなおさら行ってみたい~
  1. URL |
  2. 2009/05/22(金) 22:45:56 |
  3. はなはな #-
  4. [ 編集]

はなはなさま
 私も15~6年前に近隣の村の中でも特に評判の高いという村に案内され、次々と拡がる本物のイングリッシュガーデンのオンパレードに感動いたしました。
 その村のすぐお隣の村で、私のイギリス人の友人も‘フラワーアレンジャーの庭’として毎年オープンしておられるのですが、そちらの村でも素敵なお庭ばかりがオープンされます。他のフラワーアレンジャーの友人の住まわれる村も毎年オープンしておられますように、私の近隣の村々でさえ毎週末必ずどこかでありますから、英国各地のカントリーサイドではオープンガーデンの‘花盛り’シーズンではないかと想像致します。
 
 こちらの田舎町や村のコミュニティーは、日本のように回覧板が回ってくるなどのような隣ぐみ組織こそありませんが、私が想像していた以上に近隣のコミュニティーケア意識は強く、関心させられることがあります。
 小さな村にも必ずと言ってよいほど存在するパブが集会所の役割も果たし、情報やアイディアの交換がなされているのでしょうね。今回お目にかけました、この村のオープンガーデンはまだ数年ということですが、あのパブでどなたかが発案されたことがきっかけになったのかもしれませんね。

 収益をどの団体に寄付されるかは、主催者側が決めるようですが、今回は、英国赤十字社(British Red Cross)に寄付されるとありました。
 

 
  1. URL |
  2. 2009/05/24(日) 20:59:34 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

オープンガーデン

こんばんは。
オープンガーデンはすばらしいですね。大きな塀などもなく、本当に敷地の境目がわかりません。公開を前提にしたお庭ではないとのことですが、ていねいに維持されていて見ていて暖かいものを感じます。ゆったりと写生などしながら見て周りたいものです。
クラシックカーの愛好家ならば独特の言い回しがあるのだと思いますが、白い車は本当に’いい顔’をしてます。
チューダー朝の建物を見て驚きと感動を覚えました。昔、この時代をテーマに卒業論文を書いたのを思い出しました。
  1. URL |
  2. 2009/05/26(火) 21:26:41 |
  3. パンドラ・ヴィス #-
  4. [ 編集]

パンドラ・ヴィスさま
 オープンガーデンは地域住民が育て上げてきた素晴らしい英国文化の一つだと思います。
 この辺りは、のどかな田園風景が拡がり、自然の好きな方にはパラダイスのようなところだと思います。かつて知人から、更に彼女の知人のお話として伺ったのですが、御来客があるときはまずは庭を流れている川で鱒を釣って・・・と伺ったのです。その時は私にはイメージが浮かんでこなかったのですが、今回ご訪問したこの最初のお庭には何と御屋敷内に二本も川が流れていましたので、10年ほど前の知人との会話も現実のものとしてイメージできるようになりました。
 どこを拝見しましても額縁におさまるのにふさわしい光景ばかりです。
 クラシックカーは、デザインに風格があって素敵ですよね。

 チューダー朝の建物は、まだまだ沢山残っています。このような歴史的建造物は住人といえども、窓一つでも許可なく取り換えることはできませんし、ましてや、外観を変えることなど法律で固く禁止されていますから、この姿も末永く残り続けることでしょう。
  1. URL |
  2. 2009/05/28(木) 20:24:56 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

意外な組み合わせ

はなあかり様
 ここに紹介されてるお庭もすごく素敵ですね。そこに車…F1カーまでなんて意外な組み合わせ。でも斬新というか、素敵です。日本庭園もいいですね。そういう好みの方もいらっしゃると思うと…親近感を覚えます。
  1. URL |
  2. 2009/05/29(金) 17:45:34 |
  3. Rooly #azeTSA.6
  4. [ 編集]

Rooly さま、
 F1レースの開催地、シルヴァーストーンサーキットは、州は異なりますが私どもの住む町から、1時間内の距離にあります。イングリッシュガーデンにクラシックカーとF1カーのコンビネーション、確かに素敵ですよね。

 日本庭園用の石灯籠などをお庭に置いて日本コーナーを楽しむのは、日本で英国のガーデンオーナメントをお庭に置いて英国風をイメージされる気持に通じるものがあるのでしょうね。お互いのガーデン文化を尊敬しあっているということだと思います。
  1. URL |
  2. 2009/05/31(日) 19:12:33 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

はじめまして♪

どこのお家もきちんと手入れをされた素敵なお庭ですね。
イギリスはどこのお宅もそうなのですか?

我が家は雑草生え放題の庭です。
恥ずかしぃ~。
  1. URL |
  2. 2011/03/04(金) 00:35:28 |
  3. kanon #-
  4. [ 編集]

Kanon さま、
  ガーデニングを趣味とされる方の数は英国人には確かに多いと思いますが、一方でお庭の手入れに関心の無い方もたくさんおられます。そのためガーデン文化の豊かな英国でありましても、手入れの行き届いたお庭ばかりとは限りません。
 特にガーデンをオープンなさる方々のお庭は、オープンに向けて特別にお手入れもなさるでしょうし、格段だと思います。

 雑草でしたら私の庭にも沢山生えておりますのよ。特に今の時期は抜いても抜いても気持ち良さそうに次々と出てきますよね。

 諸々の事情でお返事コメントがすっかり後れてしまいましたこと、お詫び申し上げます。
 更新の滞りがちなブログですが、よろしかったら又、お遊びにいらしてくださいね。
  1. URL |
  2. 2011/04/27(水) 00:08:58 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コッツウヲルズ

はなあかりさん

時々覗かせていただいております。フランス、ベルギーに住んでいた事も有り、
ヨーロッパの風景が懐かしいです。
5年前にコッツウヲルズを訪れた時予期せずにチッピングカムデンでオープンガーデンに!!!
美しかったですぅ~。皆さん御自慢のお庭でお話もさせて頂き、楽しい一時でした。
御自宅のお庭お一人でメンテナンスされているのですか?美しさを保つためには大変な労力が・・・。
でも私達はアップされたお写真にうっとりしております。これからもご紹介宜しくお願い致します
  1. URL |
  2. 2011/05/06(金) 11:15:06 |
  3. とんぼ #-
  4. [ 編集]

とんぼ さま、
 時々お出でいただいているとのこと、有難うございます。
 コッツウオルズのチッピングカムデンをお訪ねになられたとき、オープンガーデンの日に重なったのですね。とてもラッキーなことだったと思います。きっと素晴らしい光景を思い出のページに刻まれたことでしょう。

 私の庭は、まだ一度も他人さまの手が入っておりません。特に昨年の四月からは完全に私だけが庭をメインテナンスする羽目になりました。庭以外にもしなくてはならないことがいろいろありますので、できるだけメインテナンスが少なく、しかも楽しみながら管理できる庭に近付けて行こうとしております。
 カエデの剪定だけは、自己流でも私にはちょっと大掛かりですが、まだ何とかマネージできております。

 なかなか更新できないブログではありますが、又折々にお出でいただければ光栄に存じます。
  1. URL |
  2. 2011/05/09(月) 23:03:53 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2011/05/11(水) 11:34:20 |
  3. #
  4. [ 編集]

T さま、
ご配慮のコメントをお寄せいただきまして大変ありがとうございました。
その後、添付の@yahooのEメールアドレスに、私からのお礼の気持ちをお伝え致したくメッセージをお送りしましたところ、残念ながらFailure Noticeと共に戻されてきてしまいました。
きっと私サイドのPC上の不具合かとは思いますが、ご報告させていただきます。

Tさまとブログの中で心かよわせていただけますことを、光栄に存じます。
お体をお大切にお過ごしになれますように念じます。
  1. URL |
  2. 2011/05/25(水) 01:07:38 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。