イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3)チェルシーFS、ショッピングモール

                              27th August 2009

人気ブログランキングへ

 チェルシーフラワーショーでは、出店しているお店を覗くのも楽しみのひとつかと思います。
 RHS(英国王立園芸協会)会員には毎月『The GARDEN』という雑誌が届きますが、その誌上広告のページで見慣れている園芸関係用品やオーナメントなどを、ショッピングモールで実際に見て確かめられるというチャンスでもあります。
 もっとも普通のガーデン用品は地元のガーデンセンターでも十分に間に合いますけれど、更にグレードの高い用品をお求めの向きには、チェルシーの会場の方がお眼鏡に適うものが見つかるかもしれません。
 ここでご紹介できますのはほんの一部ですが、写真は24枚アップいたしました。よろしければ、ご一緒にご覧になってください。




DSC00798_edited b
 素敵なカントリーブーツが見えます。白いパンツにウエッジウッドグリーンのジャケットを羽織り、こんなブーツを履いて、カントリーウオークを楽しむ・・・背後に見える動物はやはり馬か大型犬でしょうか。英国にはそういうお暮らしの方々もおられるのですね。




DSC00799_edited b
 選び抜かれた素材を使い色合いはシック、デザインも洗練されていてシンプルというのが、英国のアッパーの方々の服装の(私の抱く)イメージですが、でもうかがい知れない世界です。


 
 
DSC00811_edited b
 前回ご紹介しましたアラン ティッチマーシュさんのお姿が壁面に見えますね。ガーデニング界での人気者ティッチマーシュさんは今やブランド名でもあるのです。




DSC00812_edited b
 手前中ほどに見えますスタンドはどうやらバーベキュー用のコンロのようです。堅固なステンレス製で手作り、ライフタイム保障付きだそうです。
 795ポンドということですから、日本円で12万円余ということですね。左奥の大き目のサイズは2200ポンドと表示されておりますから、35万円ほどでしょうか。ガーデンセンターでしたら、素材は異なりますが、はるかにお安く手に入ると思いますし、やはりこれらは高級品の部類に入るのでしょうね。




DSC00801_edited b
 ここは私もちょっと覗いてみたいお店です。




DSC00802_edited b
 奥の方にガーデニング用の皮手袋が見えます。腕もカヴァーしてくれますから、薔薇の剪定用にも便利でしょうね。




DSC00803_edited b
 英国国旗、ユニオンジャックの付いた赤い皮バッグも、なかなか素敵だと思います。




DSC00805_edited b




DSC00807_edited b




DSC00813_edited b




DSC00806_edited b




DSC00808_edited b
 種苗会社も出店しておられます。




DSC00809_edited b
 この帽子屋さんには私も入り、二つ三つ手に取って被ってみました。




DSC00795_edited b
 小鳥の餌やバードフィーダーなど、愛鳥家のためのお店です。




DSC00789_edited b
 これはお庭のお休み処、ガシーボ(Gazebo)を売るためのお店です。2階建てのガジーボもありました。前面のプラントの植栽にも気を配っていますね。流石にチェルシーフラワーショーです。
 商品の説明に当たる5~6人のお兄さんたちはヘアースタイルも整え、きちんとドレスアップしておられました。




DSC00826_edited BB
 もしも 自宅の庭にこの母子のブロンズ像があれば・・・などと、そのような夢を見ないわけではありません。それくらい、このコーナーに歩み寄り、この母子に会うことに幸せを感じる私です。




DSC00825_edited BB
 このミュージシャンもいい雰囲気ですね。




DSC00818_edited b
 反対側の展示物に気を取られながら歩いておりますところを、突然後ろから私の腕を掴む方がおられました。振り返りましたら、そこには何とこれら美しいガラス製品の作者、ピーター レイトンさんが携帯電話でお話しなさりながら立っておられました。ピーターさんはガラス製品の作者として有名なお方で、ロンドン橋の近くにガラス工房とギャラリーをお持ちです。

 この方との御縁の始まりは5年ほど前にさかのぼりますが、ギャラリーでガラス花器にシンプルな生け花のアレンジを何人かでご一緒にさせていただいたことがあります。自分でお花を生けた製品がお客様の目に止まり、買い上げられるのを見るのは大変楽しい体験でした。

 その後日本大使館で、生け花をさせていただいた時(知人と二人で致しましたが)、ピーターさんは1個で20万円もするような素晴らしいガラス花器を、選り取り見どりで3個もお貸しくださることをご提案くださり、お陰さまで‘素敵な’作品に仕上げることが出来ました。ピーターさんの懐の大きさには今思い出しましても感激を新たにしてしまいます。広重や北斎の大好きな、本当に素敵なアーティストです。

 
 

DSC00823_edited b
 これらの製品は機械を使わずにハンドメイドで、王室ご用達にも指定されているのだそうです。厳冬で凍りついても割れないとありますから高品質なのでしょうね。テラコッタの色合いに温かみがあってナチュラルな風合いに惹かれます。
 あの大きなサイズのポットを植物を植え込まずに庭に置いて、ポットそのものを眺めて楽しみたくなりました。もっとも場所もありませんから思うだけですけれども。




DSC00832_edited B
 金属製に見えますが材質は何でしょうね。このタイプのポットにホスタを植えるのもマッチしそうです。



DSC00831_edited b
 このカンパニーの製品も毎年お馴染みです。ガーデンのナチュラルな仕上がりには感心します。




DSC00829_edited B
 最初の数年は何とも奇妙な姿に見えてしまった展示品ですけれど、今では会わなければ寂しく感じてしまうほどです。




DSC00793_edited b
 5月20日水曜日の午後1時頃のショッピングモール街の様子です。
 火曜水曜はRHSのメンバーズデーですから、木、金、土の一般公開の日に比べますと僅かながら入場者の数が少なめかとは思います。午後3時からの来場者もおられますから、その時刻以降は大変に混雑いたします。
 


DSC00787_edited b
 この敷地内にはいくつかの仮設レストランも設営されております。当日リッチに感じた方が入られるシャンペン&シーフードの高額なレストランから、パック入りのサンドイッチやおすしも買えるセルフサーヴィスのレストランまで、又スタンドでバーガーのようなものを求めて、このような広場で召し上がる方、また私のように簡単なお弁当持参の者までさまざまです。 
 左側のテントの中では、バンドの演奏などがあり、フラワーショーのお祭り気分を盛り上げてくれます。

 ショッピングモールの雰囲気をお楽しみいただけましたでしょうか。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2009/08/27(木) 20:49:49|
  2. チェルシーフラワーショー
  3. | コメント:10
<<庭を彩る花々 | ホーム | 2)チェルシーフラワーショー ’09>>

コメント

こんにちは。

大変楽しませていただきました。
ありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2009/08/28(金) 14:18:48 |
  3. Shumho #bXXffo9.
  4. [ 編集]

Shumho さま
 ご覧戴きましてありがとうございました。
 チェルシーフラワーショーの写真は昨年も一昨年もたくさん写しましたが、残念ながらブログにアップロードする時間をマネージできませんでした。
 今年は、お庭やお花の大好きな日本の友人、あいにく現在少し体調を崩しておられるのですけれど、その友人にぜひお目にかけたいという思いもございました。
 パビリオンの中もご覧戴きたいと思っておりますので、よろしければ又お立ち寄りになってください。
  1. URL |
  2. 2009/08/29(土) 21:03:13 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

こんばんは
見たいものばかりで 目移りしそうです。冷静になってみると どのコーナーも うちの質素な庭には あまりにも不釣合いなものばかりなのですが・・・。 4枚目の 風見鶏などのアイアン製品を置いたお店は 是非じっくり吟味したいですし 雑貨のお店では おしゃれな物を見つけられそうです。
それにしても すごい人出ですね。皆さんやはり ウォーキングシューズやスニーカーの類のものを履かれてるようですね。
  1. URL |
  2. 2009/08/29(土) 22:44:46 |
  3. S.T. #-
  4. [ 編集]

S.T. さま
 数あるお店の中を覗き見しながら歩くだけでも、楽しくなります。

 このフラワーショーは日本はもとより世界中から見物客がきますから、毎年大勢の人出で賑わいます。ショーガーデンなどは、厚い人垣が出来ますので、しばらく後ろに立って待たなければとても前面に立って写真を写すことは出来ないほどです。
 過去にはショーガーデン専用の行列を作らせ人数制限をするという方策もとられましたし、また歩道橋のようなものを並行させて二段構えにして混雑の緩和を図られたこともございました。その後は4日間の公開日を5日間に延長されることになり、そのことは功を奏していると思います。
 当時の混雑ぶりを記憶しております私には、今年はやや少ないように感じました。リセッションとも関係があるのかもしれませんね。

 ウオーキングシューズなどのような歩きやすい靴を履いている方々ばかりだと思います。
 もっとも私は6cmほどのヒールのある靴の方が姿勢のバランスもとりやすく、履きなれていますので、いつもそれで午前10時前から夕方8時近くまでこの会場を歩き回ります。パンツの時はブーツです。
 あっという間に時間は過ぎ去り、電車に乗るまで足の痛みにも気付きません。きっと体全体で楽しんでいるのでしょうね。
  1. URL |
  2. 2009/08/31(月) 00:42:30 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

こんにちは。

ファッションのお店も出店しているのですね。ジャケットとブーツ、おしゃれですね。
母子やミュージシャン、いたずら好きのフェアリーのようなブロンズがあって楽しいです。
ピーター レイトン氏の大きな花器の後ろに「The Perfume Garden」とありますが、香水をたらすのでしょうか?ざくろ石のような複雑な色合いのものもあってガラスとは思えませんね。

  1. URL |
  2. 2009/08/31(月) 11:33:57 |
  3. パンドラ・ヴィス #FPA1ayiE
  4. [ 編集]

パンドラ・ヴィスさま
 このレイトンさんのディスプレーのお向かいに、金賞を受けた「Perfume Garden」というショーガーデンが拡がっておりました(6月15日の記事に写真が見えます)。そのお庭の説明の中にエリザベス一世(1558~1603)が、当時彼女のための特別な香水をオーダーしたことがメンションされております。そしてこのお庭は香水の産地として有名なフランス南東部のイメージで造られておりました。

 一方、レイトンさんの花器の後ろには、香水のレシピのようなものが掲げられていますね。そして花器に隠れた文字もありますが、Perfume と Elizabeth 1 と書かれてあるであろうことが明らかな部分が読み取れます。さらにレイトンさんは、右奥に見えますガラスケースの中に香水瓶をいくつも納めておられました。
 レイトンさんのコーナーと、お向かいの「Perfume Garden」との関連性を強く感じますが、私には実情は分かりません。次回にお目にかかった折に伺ってみることにいたしますね。

 レイトンさんのガラス花器は大変美しく、この方の花器に魅せられて工房で修行しているアーティストが何人もおられます。お若い日本人女性もお一人おられます。
 お花を挿さずに楽しみたいお花器です。
 
  1. URL |
  2. 2009/08/31(月) 21:29:58 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

こんばんは。
チェルシーフラワーショウ、懐かしいです。
たくさんのお写真ありがとうございます。
楽しませていただきました。
アラン ティッチマーシュさん、ずいぶんオジサンになられて
月日の流れを感じます。
  1. URL |
  2. 2009/09/02(水) 20:56:01 |
  3. リズ #DS51.JUo
  4. [ 編集]

リズさま
 アラン ティッチマーシュさんはすでに60歳におなりだそうです。庶民的な風貌と、温厚なお人柄が幅広い層から親しまれる所以なのでしょうね。
 最近ではBBCのクラシックミュージックのアナウンサーとしてもしばしば登場されておられます。それまでガーデニング一筋の方だと思いこんでおりました私は、ティッチマーシュさんの博識に触れ新たな驚きを感じております。素敵な方だと思います。
  1. URL |
  2. 2009/09/04(金) 19:12:47 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

懐かしいお名前でした

はじめまして、pigeonlefaと申します。

ピーター・レイトン氏、実は今から20数年前、私が初任給で購入した思い出の花瓶の作家さんです。霧が掛かったような乳白色の地に黄色と虹色の斑が飛んでいる作品で、今も大切にリビングに飾ってあります。グラスアートの作家として今も活躍しておられるご様子、こちらのブログで初めて知りました。

あまり懐かしかったので、コメントさせていただきました。よろしければ私の拙いブログにも遊びにいらしてくださいね。
  1. URL |
  2. 2009/09/30(水) 05:08:33 |
  3. pigeonleaf #oQkvXSc.
  4. [ 編集]

pigeonlefa さま
 お初のご訪問、光栄に存じます。
 ガラス製品に大変造詣が深くていらっしゃるのですね。何と初めてのお給料でピーター・レイトンさんのガラス花器をお求めになられ、今もお傍に置いておられるなんて、レイトンさんがお聞きになられたら、どんなにかお喜びになられることでしょう。レイトンさんは大変お元気で、お優しさ溢れる満面の笑みが印象的なお方です。

 pigeonolefaさまのブログを早速拝見に伺いました。本当に素敵なブログですね。文章に惹きこまれて止まらなくなりました。京都という背景も素晴らしいですね。又ゆっくりと何度もお訪ねさせていただきます。
  1. URL |
  2. 2009/10/02(金) 05:15:47 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。