イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋色の庭

                             31st October 2009


人気ブログランキングへ

DSC01140_edited a
 庭も次第に秋の色になりました。お向かいのお宅のお庭からそびえ立つ2本のポプラの樹も日ごとに黄色味を帯びてきます(ポプラの手前に白い樹皮の細い樹が重なるように見えますが、あれはまだ若木の白樺です)。
 このポプラは樹高が30m近くあるのではと思えるほど丈高で、風を受けるたびにパラパラパラパラ・・・という葉擦れの音が周辺にこだまし、何だか不思議に私の耳には快いのです。





DSC01142_edited a
 ニシキギ(Euonymus alata)が赤く色づいて、この庭にも確かな秋が訪れたことを教えてくれます。




DSC01052 a
 ニシキギという日本名が示しますように、本当に美しい紅葉ぶりです。





DSC01280 a
 ほんのおひとつですが、初生りの柚子も順調に色づいてきました。直径7cmの大きさになり、嬉しさもひとしおです。鉢植えですから薔薇、ホットチョコレートの傍に移動させて、一緒に記念撮影をしました(撮影日;10月30日)。




DSC01220_edited a
 少し強めの風にあおられて、ポプラの上体が大きく動いていますね。左側の樹は白樺で大変に美しい樹形をしております。樹齢は60年ほどとも聞きました。丈は20m近くありそうです。
 ポプラも白樺も周辺の庭木の中では群を抜いて丈高です。落葉後の繊細な梢の彼方から昇る太陽や月の風情もなかなかですが、早春の頃、日ごとに青み行く芽吹きも大変美しく、四季の変化を楽しませてくれます。




DSC01123_edited a
 ススキも枯れてきましたが、こんな感じも風情があります。





DSC01274_edited a
 リンドウは少しづつ咲き代わり、まだお花が見られます。





DSC01082_edited a
  寒くなるにつれ、このような赤い実のなるプラントが嬉しくなります。これはスキミヤ ジャポニカの一種ですが、ラベルを見失いました。多分、Skimmiya Japonica reevesiana ‘Robert Fortune’ではなかったかと思います。





DSC01075 a
 何と申しましてもヒイラギの赤い実は、クリスマスがそれ程遠からず訪れることを周辺にアピール致します。今に小鳥たちの御馳走になるのですけれど。





DSC01080 a
 この白い縁取りのあるヒイラギに実が付いているともなりますと、クリスマスのリースやアレンジに大変重宝します。でもゆっくり成長する種類なので思うように枝切りは出来ないのですけれど。





DSC01226_edited a
 今年はそれ程強い風も吹きませんでしたから、ゴールデン オーツ(Stipa gigantea)の穂が折れずに沢山残っています。右のカエデ(Acer palmatum ‘Dissectum Atropurpureum’)も紅葉して、紫から赤に変わりました。
 黄葉している鉢植えは枝垂れ柳です。




 
DSC01268_edited a
 階段の踊り場の窓から和のコーナーが見えます。上がり下りの際、毎日何度もここで足を止めて、外の景色を眺めます。





DSC01087_edited a
 サーシス、フォレストパンジー(Cercis canadensis ‘Forest Pansy’)のハート形の葉が個性的です。右に見えますのは、お花の終わった宮城野萩です。





DSC01114 a
 緑色の部分が黄葉して元の銅葉色と混ざり、得も言われぬ色合いになりました。





DSC01103_edited a
 このセイヨウマユミ(Euonymus europaeus Red Cascade)は、英語名ではスピンドルツリーと呼ばれており、紅葉の美しい種類です。ピンク色の実も(左に一つだけ見えていますが)大変に魅力的ですから、成長を愉しみにしているのですけれど、どうやら目に見えて大きくなる種類ではなさそうです。
 木の後ろに見える白いお花はダリアです。 




DSC01095_edited a
 お花の少ない時期に、勢いよく咲き続けるダリアは、周辺のプラント達にも元気を与えてくれているようです。




DSC01286_edited a
 今年の長期の天気予報は暑い夏ということでしたから、桃太郎トマトだけでも16本ほど畑に植えました。ところが予報に反し、雨は多く気温も低めの涼しい夏でやはり今年もトマトは育ちませんでした。本数は少なくても昨年のようにグリーンハウスで栽培すればよかったと後悔しています。

 庭のキッチンガーデンに植えたプチトマトだけは大丈夫で、これは先端部分のきょうの状態です。寒くなりますと青いまま黒ずんできますが、さてこれらを最後の一粒まで収穫できますでしょうか。傍の山椒の木の傍で、寒さから守られているような気がします。種類はサンゴールドです。





DSC00136_edited a
 この写真は10月19日に大小すべてのカボチャを収穫したときに写しました。三種類ほど植えましたが本数が少なかったこともあり、今年は例年に比べて半分ほどの収穫です。
 近年こちらでも、普通のスーパーマーケットでカボチャが‘カボチャ’という日本語名で売られるようになりました。外観はそっくりで確かにおいしいのですけれど、やはり同じ美味しさではありません。日本の種で自分で栽培したものにはホクホク感もあれば独特の風味もあるように思います。




DSC01009 a
 地元のフローラルソサエティーの今月の例会でデモンストレーションをなさった方は、ニックさんです。ジーンズにエプロン掛け、気どりがなく親しみやすい花屋のお兄さんという感じでした。こんなに若くしてNAFASのデモンストレーターの試験に受かるのですから、有能なお方であられるはずなのです。

 ペデスタルに巻きつけている植物素材が興味深かったのですが、ワイルドクレマチスの蔓だと説明されました。秋の素材や色を上手に使って素敵なアレンジメントに仕上げていますね。
 デモの間中、お話がストップすることはありません。口八丁手八丁であることはデモンストレーターとしての大切な要素のひとつなのです。




DSC01014 a
 秋の季節感あふれるアレンジですが、ご注目戴きたいのは、前面で中央よりもやや左寄りの数枚のホスタの葉っぱ達です。こちらのアレンジャーの方々は、虫穴の開いた葉や枯葉、朽ちかけた葉などを作品の中に巧みにあしらい、作品効果を高めることに長けておられるように思います。でも、これほど見事に穴の開いたホスタの葉がアレンジに使われるのを見たのは初めてでした。




 DSC01017 a
 更に近づいてご覧ください。これには参会者の方々も初めは大爆笑でしたが、でも周囲にあしらわれている美しい花々とのコントラスト効果も見事で、私も深く感じ入るものがありました。このデモンストレーターには、閑寂な趣を理解する深い美意識がお有りなのかもしれません。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2009/10/31(土) 10:40:13|
  2. | コメント:17
<<6)チェルシーFS、展示館 | ホーム | 5)チェルシーFS,展示館>>

コメント

こんにちは はなあかりさん
お庭の紅葉もきれいになりましたね。日本の季節とあまり変わらないのでしょうか?まるでこの辺の庭を見ているようです。
カボチャがそのままの名前で売られているなんて不思議ですね。また、そのカボチャをご自分で作っていらっしゃるとはすごいですね。ビックリしました。
  1. URL |
  2. 2009/10/31(土) 17:25:47 |
  3. himi #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2009/11/01(日) 14:57:37 |
  3. #
  4. [ 編集]

himi さま
 こちらの夏の気候は冷涼ですが、冬季の寒さもゆっくりと到来しますので、今は深まりゆく秋を楽しんでいるという感じが致します。庭や街路樹の今の様子などは、東京界隈とそれ程は違わないのかもしれませんね。こちらはこれからクリスマスまで日照時間が日ごとに短くなっていきます。

 カボチャは‘カボチャ’もしくは‘カボチャ・スクアッシュ’と表記されています。パンプキンではなくスクアッシュだと表記され、すっかりお味の異なるいわゆるパンプキンとは別種だとされているところが、私にはなぜか嬉しいのです。
 手をかけなくても夏が涼しくても、カボチャは植えれば確実に実りをもたらしてくれる有難いお野菜です。
  1. URL |
  2. 2009/11/02(月) 01:48:03 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

Re: こんにちは

M さま
お出で戴きましてありがとうございました。Mさまの御国のお料理教室を開いていらっしゃるとのこと、地域の皆さまからどんなにか喜ばれていらっしゃることでしょう。私も早速ブログの拝見に伺い、すぐにでも真似させていただきたいお料理が幾つも出てきました。
 お庭も本格的で本当に素晴らしいと思いました。お気に入り登録させていただきましたから、折々に伺って、お料理も含めいろいろとお勉強させていただきます。
 確かに英国はさりげなくガーデニングを楽しんでいらっしゃる方の人口が多いと思います。それぞれのお宅のお庭だけでなく、家の外観も含め周辺と調和させるという点においても優れた感覚をお持ちの方が多いと感心させられています。


                                        
  1. URL |
  2. 2009/11/02(月) 02:15:59 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

紅葉いろいろ

はなあかり様
 紅葉といえばカエデやイチョウが真っ先に思い浮かびますが…
よく見ればほかの木々も結構色づいてるんですよね。
そういうの見なおすとわりときれいだったりして感激することも。
収穫期と重なるから実りの象徴で…ますます美しく見えるのでしょう。
これは万国共通ですね。
柚子はレモン代わりに…お茶やお菓子、お料理を引き立ててくれていいですよね。
  1. URL |
  2. 2009/11/03(火) 12:28:03 |
  3. Rooly #azeTSA.6
  4. [ 編集]

こんばんは。
日本は昨日、今日とだいぶ冷えこんだので冬のようです。また、暖かくなるでしょうが、
紅葉は進みそうです。ニシキギは鮮やかですね。それにだいぶ葉がたくさんあって大きい樹のようですね。
管理は大変ではないのでしょうか。
アレンジメントは秋らしい色合いで素敵です。さらに遠目ではわからない創意工夫があるのですね。
虫食いの葉を使ったものは初めて見ました。
  1. URL |
  2. 2009/11/03(火) 20:10:37 |
  3. パンドラ・ヴィス #FPA1ayiE
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2009/11/04(水) 18:41:55 |
  3. #
  4. [ 編集]

深い秋

秋は 赤い実 紅葉 黄葉 深いばら色 落ち葉・・・冬への準備 そんなすべてを感じさせる秋の風景ですね 冷え込む季節です インフルエンザ、風邪などご注意ください
  1. URL |
  2. 2009/11/05(木) 02:52:08 |
  3. はなはな #-
  4. [ 編集]

Re: 紅葉いろいろ

Rooly さま
 あまり目立たないような植物にもそれなりの終わり方があって、思いがけない美しさに出会い感動することも確かにありますね。それぞれの終わり方を観察しますと、秋の庭には一抹の愁いを含んだ情趣があります。
 柚子はどのような戴き方をしようかと思案中です。決して手にすることの出来ない‘英国産’の、しかも初生りの柚子ですから私には宝物ですもの。Roolyさまのコメントにもヒントをいただきました。レモンティーならぬ、柚子ティーというのも、初めてですがトライしてみます。考えただけで、素敵な香りがイメージされます。ありがとうございました。
 
  1. URL |
  2. 2009/11/08(日) 20:52:11 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

パンドラ・ヴィスさま
 霜に弱いダリアがまだ元気に咲いておりますように、この辺りはまだ初霜の到来こそありませんが、かなり寒くなりました。
 ニシキギは成木でも丈が2m程だそうですが、私の庭の木は14~5年で現在2m弱というところでしょうか。上よりも横に広がる(成木で3m)性質のようです。管理上の問題は一切ありませんと申し上げても良いほど、何も手をかけておりません。あまりの美しさに、花材として切り取って使いたいという思いを抑えなくてはならない私の方が問題のようです。

 
  1. URL |
  2. 2009/11/08(日) 22:04:59 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

Re: はじめまして

K さま
 コメントを大変嬉しく拝読しましたのに、週末にかけて出かけることが多く、お返事が遅くなって大変失礼いたしました。
 チェルシーフラワーショーの写真は、ショーを一目でも見てみたいのに、なかなか英国までは来られないという私の大切な友人達にお目に掛けたくて、ショーの雰囲気を少しでもお届けしようと一通りを写しました。まだ数回は続きますのでKさまにもご覧いただけますと嬉しいです。

 Kさまのブログにも拝見に伺いました。素敵なブログですね。美しいお写真が沢山掲載されていて、大変興味深く拝見しました。
 こちらこそ今後ともよろしくお願い致します。有難うございました。
  1. URL |
  2. 2009/11/09(月) 09:12:31 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

はなはな さま
 秋は実りの季節でもありますが、植物たちの終焉の季節でもありますね。それは再生に連なる終わりなのですけれど、秋の紅葉の美しさには何やら愁いを含んだ物悲しさもあります。
 こちらも大変お寒くなりました。
 はなはなさまもお風邪召しませんように!
  1. URL |
  2. 2009/11/09(月) 10:08:17 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

はじめまして!

イギリス大好きです!

お庭に沢山のお花があるのですね♪
リンドウとても可愛いですね♪
  1. URL |
  2. 2009/11/09(月) 17:39:50 |
  3. 三十路オンナ #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

三十路オンナ さま
 おいでいただきましてありがとうございました。
 リンドウは私も大好きで、日本でも何度もトライしましたが上手に育てられませんでした。
 こちらでは、夏の冷涼な気候が、リンドウには適しているのでしょうか、相性の良い土(酸性土)さえ選べば、翌年以降も株を大きくして咲き返ってきてくれるようです。
  1. URL |
  2. 2009/11/09(月) 21:11:39 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

はなあかりさん、こんばんは。
ゆっくりと花の展示会鑑賞しました。
モミジのコーナーもあるんですね。なかなかのグラデーションですね。
枯れた葉っぱ・・・
先日、職場でイベントがあって、
やぶ庭のすっかり黄色く枯れてしまった紫蘭の葉と萩の長い枝を持ってゆき
ススキと、すんなりしたたくさんの小枝と、ピラカンサスの赤い実とで投げ入れのようにしてみましたよ。
枯れた葉が、なかなかにすてきでした。

ポプラは私も大好きな木です。
中学校の校庭にポプラの並木があって
キラキラ光を含んでゆれ動くポプラを授業中眺めていたのを思い出しました。
(一番木で好きなのは 朴の木です。広い庭があったら絶対に植えたい木です。)
スキミヤというのは、赤い実のなるヤブコウジに似ている感じ。
柊は関東地方の生け垣によく見ますが赤い実は見かけません。
デコレーションケーキにのっている赤い実付きの柊飾りはこれですね。
ヤドリギの飾りも、見てみたいなあと思っています。
どんなふうに使うのか、また、真珠のように白い実だとの話
写真あったらぜひ載せてください。楽しみにしています。

そして、
みごとに黄ゆずになりましたね。
またまたおめでとうございます。
今の季節、帰りが遅くなると真っ暗で、庭の黄ゆずが夜空に輝いて見えます。
星ゆずとよんでいるほどです。
はなあかりさんの柚は一番星ですね。
クリスマスの時に香りを皆さんで楽しむのでしょうか?
今日は雪でも降るのかと思ったほど寒い一日でした。
それでは、またあそびに来ます。

  1. URL |
  2. 2009/11/19(木) 23:13:48 |
  3. かまど猫 #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

かまど猫 さま
 昨年の12月22日、「メリークリスマス」の記事をご覧になって戴ければ、ヤドリギ(ミッスルトウ)の写真が出て参ります。‘最近の記事’一覧の一番下に、まだその記事のタイトルが残っていますのでそちらからアクセスしていただいてもよろしいかとおもいます。

 このミッスルトウを使って、玄関の入口などに吊るすキッシングボール(Kissing Ball)を作ってみたいと、もう10年ほども思っていますのに、まだ実現していません。
 それの写真を本でみた時にクリスマスデザインの一つとして大変興味を持ちました。それにそのデコレーションがあれば、御夫婦などのカップルで見えた知人友人はその下で大喜びでキスをされるなど、ちょっとおどけて見せてくれることでしょう。

‘星ゆず’とは何て素敵な表現でしょう。そして私の初柚子は‘一番星’、印象のはっきりした命名ですね。ずっと忘れられないと思います。素敵なイメージを有難うございました。
 今の私の嬉しい悩みは、毎日眺めて楽しんでいるこの大切な一番星を、何時親木から外すかということです。長く置きすぎましても水分が抜けるでしょうし、タイミングがありますものね。外した後も、今度はいつナイフを入れようかしらと又新たな悩みでしょうが、クリスマスに潔く皆の前でカットして、まずは香りの御馳走と参りましょう。

 朴の木はイギリスでも大きな庭園などで良く見かけます。大きな白いお花が天に向かって鷹揚と咲いているのを眺めますと、こちらの気持ちまでも大らかな気分になりますね。

 ご近所さんのポプラの木もすっかり落葉しました。端正な梢の向こうから冬の太陽が昇るのも風情があります。

 


 
 
 
  1. URL |
  2. 2009/11/21(土) 02:34:22 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

おー
ミッスルトウ
見に行ってきます。
  1. URL |
  2. 2009/11/21(土) 18:12:28 |
  3. かまど猫 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。