イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロンドンバスに乗って

                                20th December 2009


人気ブログランキングへ

 心ならずもブログに戻れない日々がひと月余も続きました。お立ち寄りいただきました皆様にはご無礼のお詫びを申し上げます。



DSC00208_edited ap
 ひと月の間に私用も含め5回ほどロンドンに出かけました。網の目のように張り巡らされたロンドンバスの利用に慣れていない私は、めったにバスを利用することもありませんでしたが、この日は旅上手の友人に促されてボンドストリート駅辺りからピカデリーサーカスまでバスに乗りました。
 行動的な友人はさっさと二階に上がり、最前列に着席しました。私もこれは良いチャンスとばかり、小さなカメラを取りだして早速何枚か写真に収めたのです。この通りはオックスフォードストリートで、バスはオックスフォードサーカス方面に向かっているところです。




DSC00211_edited ap
 二階席の最前列に陣取るなんて私には思いもつかなかったこと、初めての経験です。この高さとこの角度から歳末の人通りを眺めるなんて何とも言えない快適さ、そしてこのゆっくりと走るところも気に入りました。普段は田舎都市に住んでおりますから、周りをきょろきょろ見渡しながらおのぼりさん気分が味わえるのですもの。私もロンドンバスのファンになってしまいそうです。




DSC00218_edited ap
 左側にジョンルイスの看板が見えます。もうすぐオックスフォードサーカスです。





DSC00229_edited app_edited-1
 バスは、オックスフォードサーカスをリージェントストリートに向かって大きく右折しようとしているところです。この場所が最近スクランブル交差点に変わりました。ロンドン市長さんのお話によりますと東京の渋谷交差点にヒントを得たのだそうです。





DSC00232_edited Spp
 今年のリージェントストリートのデコレーションはこの星型のイルミネーションです。写真ではまだ明るい時刻で目立ちませんが、夜になれば素敵な輝きを見せておりました。カラフルな派手さこそありませんが、品位のあるデザインだと思います。
 ロンドンにお住まいだった方がご覧になられましたら、この辺りも懐かしい!と思われる場所の一つではないでしょうか。



 
DSC01627.jpg
地元のNAFAS(ナショナル アソシエイション オブ フラワーアレンジメント ソサエティー)の例会も、12月はいつものようにクリスマスデモンストレーションでした。タイトルは、‘Christmas is Coming’、そしてデモンストレーターはナショナルデモンストレーターの資格をお持ちのMargaret Rumensさんです。

 デモ用の花材費をサポートするためにほぼ全員が入場時にラッフルチケットという籤を買うのですけれど、デモ終了後デモンストレーターが籤をひきます。めったに籤に当たる幸運が巡ってこない私ですが、今回は左端に見えます黄色いバラの作品を家に持ち帰ることができました。小さく見えますが実際にはかなり大きな作品で、素敵なアレンジメントでした。





DSC01641.jpg
 英国国内でしたら津々浦々にこのようなNAFASの支部組織がありますが、今夜も120人を超えるメンバーがこの場所に集い、ひと時を楽しんでいます。この地元の組織も発足してすでに50年の歴史がありますそうで、オーガナイズの大変しっかりした確固たる組織だと思います。




DSC01647.jpg
 デモンストレーションを拝見するため毎月のように例会があります。私も所属してすでに15年を超えましたし、素敵なお仲間にお会いできるのがいつも楽しみです。この方々を対象に夏には生け花のワークショップも要請されて致しましたが、単純化された美を追求する日本の生け花はイギリスのフラワーアレンジャーにとりましても大変興味をそそられる対象のようです。
 新しく立ち上げたロンドンの生け花組織、そして英国の伝統的なフラワーアレンジメントの地元の組織、私にはいずれも大切で、これからも長く深く関わっていくことと思います。



 

DSC01797.jpg
 18日の朝、二階の窓から眺めた日の出の様子です。8時半ごろでした。初雪が積もっています。





DSC01776.jpg
 和のコーナーには雪が似合いますね。




DSC01779.jpg
 裏庭のランプやポールに絡みついたアイヴィーにも雪が降り積もりました。





DSC01793.jpg
 ‘コントーティドヘーゼル'もしくは‘ツイステッドヘーゼル'(学名:Corylus avellana contorta)と呼ばれ、フラワーアレンジャーたちに人気の低木がすっかり落葉し、くねくねと曲のついた枝ぶりで冬の庭を楽しませてくれています。それらの枝に降り積もった雪にも味わいがありますね。
 来英したばかりの頃、日本では見かけたことも無かったこの植物に大変感激して、一度に2本も植えてしまった私です。今では花材として惜しみなく使うことができるほど成長しました。





DSC01356.jpg
 上記のコントーテドヘーゼルの枝を一本切り取って、クリスマス風にシルバーをスプレーしました。そこにウメモドキ、カラー、庭のヒイラギ(Ilex Golden Milkboy)をあしらってみました。

 このウメモドキは‘Japanese winterberry’の‘Irex serrata’ではないかと最近まで思い込んで参りました。ところがこちらのフラワーマーケットで一般に流通しております種類は、どうやら‘American winterberry’の方で‘Irex verticillata'ではないかと気付かされました。よく見れば枝の張り方や実の付き加減もいくらか異なるようです。お花屋さんでは単にIlex sprayなどと記されて売られておりますから、種類名までは知ることができません。


 


DSC01760.jpg
 コントーテドヘーゼルの枝はそのままで、今度は庭から実の付いたヒイラギを刈り取りシルバーを少しスプレーしてみました。お花はヘリコニアです。中央のブルーの実はヴァイバーナム タイナス(V.tinus 'Gwenllian')の実です。

 二作とも同じヘーゼルの枝を使用し、あしらう花材が異なりました。
 このコントーティドヘーゼルは枝の曲がり加減は千差万別、どんな花材をあしらいましても、一つの作品に仕上げてくれる本当に面白い花材だと思います。
 



DSC00235.jpg
 クリスマスももう目前です。近くのガーデンセンターにもトナカイの引くソリに乗ってサンタクロースがやってきました。サンタクロースは、特別室で子供たちのプレゼントのお願いを聞いてあげているところです。そのお部屋の前にはご両親を伴った子供たちの長い行列が出来ておりました。
 その間、レインディーアと呼ばれるこれらのトナカイさんたちは、サンタクロースのお仕事が終わるまで外で待機しているのですけれど、子供たちとの触れ合いも楽しんでいます。触ったり一緒に写真を撮ったりで子供たちも興味津々です。





DSC00240.jpg
 皆さまもどうかお幸せなクリスマスシーズンをお過ごしになられますように心からお祈り致しております。




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2009/12/20(日) 22:57:19|
  2. 外出先にて
  3. | コメント:24
<<クリスマス三が日、09 | ホーム | 6)チェルシーFS、展示館>>

コメント

お忙しかったんですね~(^.^)
私は待っていました(笑)
ロンドンのバスの写真、イルミネーション素敵ですね。
去年の夏に観光でロンドンに行きました。懐かしく拝見しました。
なんとか、いつかもう一度行けるといいな~と思っているので、街の写真もうれしいです。
とても人が多いように思いますが、クリスマスが近いからですか?

コントーテドヘーゼルはとても面白いですね、そして素敵なアレンジですね。
生け花と言えばよいのででしょうか?まさに文化交流ですね。
はなあかりさんのアレンジこれからも、もっと拝見したいです。
イギリスでのご活躍素敵ですね(^-^)
  1. URL |
  2. 2009/12/21(月) 01:25:25 |
  3. kadononeko #-
  4. [ 編集]

ワー、と思わず歓声をあげてしまいました。
ロンドンの街行く人々の中にもしや娘達が写ってはいまいかと
目を凝らして探してしまいました。
そんな偶然があるはずも無いのに・・・。
でも生活範囲の場所でしたのでとても嬉しかったです。

素敵な生け花・・我が家のお正月生け花で真似をさせて頂きます。
コントティドヘーゼルの代わりに実のついているツルウメモドキが使えそうです。

はなあかり様のブログに出会えた事は2009年の幸せな出来事でした。

  1. URL |
  2. 2009/12/21(月) 14:17:25 |
  3. ふきのとう #cxYzK9gg
  4. [ 編集]

 初めまして。いつも楽しく拝見しております。
 ロンドンを走るバスの姿は、とても素敵ですね。トナカイのそり!わたしは乗ったことがないんです。犬ぞりや馬そりは冬になれば乗れるのですが。良いですね、あこがれです。
 コントーテドヘーゼルの樹形、とっても面白いです。庭に1本でもあれば、十分楽しめるでしょうね。
 アレンジも素敵です。私、こういう形のアレンジが好きなんです。空間を生かすというか、植物の個性を大事にするというか。
 これからも楽しみにしています。
  1. URL |
  2. 2009/12/21(月) 14:21:15 |
  3. 更夜 #-
  4. [ 編集]

こんばんは!

ロンドンのクリスマスイルミネーション、
素敵ですね!
いつかは実際に見てみたいと思う私です。

そちらは雪がかなり積もってるようですね。
クリスマス、楽しく、過ごしてくださいね♪
  1. URL |
  2. 2009/12/21(月) 17:40:53 |
  3. 三十路オンナ #-
  4. [ 編集]

こんにちは はなあかりさん
生け花、とても素敵です。私もきちんと習っておけば良かったのですが・・・・・・。先日、友達も出品している陶芸展で先生の花器を買ってきました。でも、私が生けると きっと変になるのでそのまま飾って置いたほうがよさそうです。
雪のお庭もいい感じですね。
  1. URL |
  2. 2009/12/22(火) 19:07:32 |
  3. himi #-
  4. [ 編集]

はなあかりさんこんにちは

日本は暖冬かなと思えるほど雪が少なく、スキー場もこまるほどでしたが、この1週間で雪が信越、東北、北海道はふり、スキー場開きが行われています。そちらも初雪のようですね。季節の巡りは、人にいろいろなものを感じさせますね。サンタの服装の赤は、冬の白い雪によく映えるように赤?なんて思えてしまいます。「単純化された美を追求する日本の生け花はイギリスのフラワーアレンジャーにとりましても大変興味をそそられる対象のようです。」はなあかりさんの生け花が、凛とした感じで素敵でしたよ
  1. URL |
  2. 2009/12/23(水) 09:03:53 |
  3. はなはな #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2009/12/24(木) 10:53:17 |
  3. #
  4. [ 編集]

今夜はクリスマスイブですね。
はなあかりさんのお庭の初雪きれいです。
こちらは冬至を過ぎましたがまだ雪は降っていません
生花の大会お疲れさまでした。
柚子のポマンダーはクローブの香りが落ち着いて
柚子の香りとミックスしてきましたよ。
きれいな写真楽しみに、またあそびにきます。
  1. URL |
  2. 2009/12/24(木) 18:25:02 |
  3. かまど猫 #H6hNXAII
  4. [ 編集]

こんばんは。
そちらも寒い日々が続きいていますでしょうか。ロンドンバスの2階からの写真は普段の視点とぜんぜん違い新鮮でいいですね。まるで真っ赤なバスを引き立てるように、両側の建物のシックなこと。博物館のようです。
アレンジメントのヒイラギの渋い色合いがホワイトクリスマスと似合います。
トナカイさんはおとなしそうでかわいいらしいです。子供たちのわくわく感が伝わってきました。
  1. URL |
  2. 2009/12/24(木) 23:20:39 |
  3. パンドラ・ヴィス #FPA1ayiE
  4. [ 編集]

お久しぶりです。
ロンドンバスは私も乗ってみたいです。いつかイギリスに行ってみたいなあ、と思っています。
はなあかりさんは生け花をされているんですね。作品、とっても素敵です。
生け花って簡単そうでとっても難しいでしょ。生け花を和室で見ると韓国人の私も
心が落ち着きます。静かさと空間を楽しみ、感じる事が心の栄養になるような
気がします。
 イギリスも初雪ですか。先週、韓国に行ってきたのですが、韓国も寒く、雪が何回か降りました。
クリスマスの日も雪が降ってホワイトクリスマスでした。♪
  1. URL |
  2. 2009/12/28(月) 21:58:34 |
  3. myungchang #-
  4. [ 編集]

ロンドン最高

はなあかり様
 ロンドンバスもロンドンの街並も素敵ですね。
テレビとかでは何度も見てるけど実際にはまだ。

イギリスのフラワーアレンジメントもきれいです。
雪ですか。雪見灯籠? 風情ありますね。
ヒイラギやカラーの日本っぽいアレンジ素敵です。
ありがとうございます(なんで私が?とも思いますが…)。

とにかく、お元気に新年を迎えられてください。
そしてまた楽しいお話を聞かせてくださいね。
楽しみにしてます。
  1. URL |
  2. 2009/12/30(水) 21:56:33 |
  3. Rooly #azeTSA.6
  4. [ 編集]

賀正

新年明けましておめでとうございます。
毎日、素敵なブログを楽しませて戴いており、ありがとうございます。
モニターを眺めていると、ついつい花景色の中に引き込まれていきそうです。
お住まいのお正月は、写真のような雪模様でしょうか?
東京は少し寒いですが、快晴のお天気です。
今年も、ブログを楽しみにしています。




  1. URL |
  2. 2010/01/01(金) 16:51:58 |
  3. 飛行船 #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

kadononeko さま
 相変わらずのご無礼で失礼致しました。
 ロンドンバスは乗りましても降りるときのことを考えて、出口に近い席に座ることしか考えたことがありませんでした。友人のお陰でこんな素敵な特等席?があることを初めて知りました。この位置から眺める町並みは私にも大変新鮮です。
 ロンドンは大勢の観光客などでいつも人が溢れておりますが、この日はいつもよりも多いかも知れません。お考えのようにクリスマスが近いからでしょうね。

 生け花の私の腕前は大したことはありませんが、お花を通して文化交流の一助になればといつも思っております。

 新年が明けてのお返事となりましたが、本年もよろしくお願い致します。
  1. URL |
  2. 2010/01/04(月) 01:52:42 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし


ふきのとう さま
 ご令嬢のお姿を探すお気持ちはとてもよくわかります。この辺りは日本人にも大変ポピュラーな場所ですからきっとお嬢様も何度も訪れたことがお有りのことと思います。いつの日かふきのとうさまもこの辺りをご家族ご一緒にお散歩なさるかもしれませんね。

 ツルウメモドキは私も大好きな花材です。10年ほど前に偶然小さな苗木を求めて5年間庭で栽培しましたが、花が咲きませず木が茂る一方でしたから他のプラントを植えたくて不覚にも取り除いてしまいました。
 ところがその翌年、生け花のお仲間がなんとツルウメモドキの実をアレンジに使っているではありませんか。あきらめて掘り上げたことへの後悔が走りました。その後ガーデンセンターに行くたびに探しますが見つかりませんし、庭園などでも一度も見かけたことがありません。こちらでは大変希少なプラントです。
 ふきのとう様のツルウメモドキの素敵な生け花を想像して楽しんでいます。

 こんなに遅れてのお返事コメントをお許しください。
 新年もよろしくお願い致します。

  1. URL |
  2. 2010/01/04(月) 02:19:38 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

更夜 さま
 おいでいただきましてありがとうございます。
 このようなロンドンバスが各方面に向けて引っ切り無しに通っています。私の場合、地方からの電車の往復切符を見せるだけで何度でもフリーで乗れますから、これからも利用したい交通手段です。
 私もトナカイのソリには乗ったことがありません。きっと素敵でしょうね。

 生け花に対してのお褒めのコメントを大変嬉しく思いました。ありがとうございます。
 このコントーティドヘーゼルの木は本当に有難くて、この木を残してお引越しなんて考えられないほど気に入っています。

 本年もよろしくお願い致します。
  1. URL |
  2. 2010/01/04(月) 02:42:10 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

三十路オンナ さま
 ロンドンのイルミネーションは他の大都市に比べれば少し地味かも知れませんね。でもこの少し抑えた感じが、却ってエレガントかも知れないと思ったりも致します。そのうちぜひロンドンにもお出でくださいね。

 今年のような寒い冬をイギリスで過ごすのは私には初めての経験です。夏も記録的な寒い夏でしたが、この辺りに関する限り温暖化に逆行しているかのようなここ数年の気温です。
 
 本年もよろしくお願い致します。
  1. URL |
  2. 2010/01/04(月) 03:00:11 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

himi さま
 生け花をお褒めいただき有難うございます。
 花器の中にはお花を生けないでそのまま鑑賞させて戴きたいようなすばらしい芸術作品もありますよね。又、活けたお花を美しく見せてくれる花器も素晴らしいですし、お花を生けることによって花器の見事さを引き出す活け方もありますでしょうし、私も花器には大変興味があります。
 陶芸展でhimiさまのお気に召したお作品に出会うことが出来て本当に良かったですね。

 新年もよろしくお願い致します。
  1. URL |
  2. 2010/01/04(月) 03:21:51 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

Re: はなあかりさんこんにちは

はなはな さま
 またまたすっかりご無沙汰しています。こちらは初雪以降、雪が融けましても気温はほとんど上がりませず、庭の池面は凍りついている日が多いように思います。例年でしたら東京辺りとほとんど冬の気温差はないのですが、今年は異常な寒さです。
 生け花を‘凛とした’とおっしゃっていただけて、凛としていない私には嬉しい表現でした。有難うございました。
 
 本年もよろしくお願い申しあげます。
 お風邪など召しませんようにお大事にお過ごしくださいね。
  1. URL |
  2. 2010/01/04(月) 03:38:47 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

A.F. さま
 ヘーゼルに雪がかかっている様子は私も大好きです。クネクネと曲がった部分がより強調されますものね。生け花のことをお褒め頂き有難うございます。
 私どももお陰さまで楽しくクリスマス、年末年始を過ごすことが出来ました。新年もよろしくお願い申しあげます。
  1. URL |
  2. 2010/01/04(月) 03:49:39 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

かまど猫 さま
 イギリスは記録的な寒さだそうです。昨夏は記録的な寒い夏だといわれました。
 かまど猫様のところではたくさんの柚子の収穫が終わったようですね。柚子風呂なんて最高の贅沢のように思えます。
 私も‘一番星’を大晦日に‘収穫'しました。大切な初生りです。
 柚子のポマンダーは、月日の経過と共に柚子表面の色が変わってきますが、中には傷んでしまうものもあります。興味深いのはクローブを刺した周辺だけはクローブの防腐作用のため、最後まで傷まずに残ることです。それならばとばかり、全面に刺したものは確かにすべて傷まずに残りました。10年経過しました今も大丈夫ですから、クローブの防腐効果は大したものなのだと再認識しています。
 来年は二個の柚子が生ってくれますように・・・そうすれば一個はかまど猫さまのようにポマンダーにしてみたいものです。
  1. URL |
  2. 2010/01/04(月) 04:46:32 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

パンドラ・ヴィス さま
 ロンドン市内は何百年もそのままのような古い街並みが続いています。日本のような近代建築ではありません。後から後から絶え間なく通り過ぎるロンドンバスの赤が周辺に大変マッチしていると私も思います。ロンドン市内からこれら真っ赤なロンドンバスが消えてしまったら、なんとも寂しい光景になってしまいそうですね。

 トナカイさんを見たのは実は私も初めてで、足のひづめの大きさにも驚きました。
 
新年もよろしくお願い申しあげます。
  1. URL |
  2. 2010/01/04(月) 05:02:36 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

myungchang さま
 ロンドンバスの存在価値を遅ればせながら再認識している私です。これからはご来客をご案内させていただくときも、ぜひロンドンバスをご体験いただこうと思うようになりました。myungchangさまもいつかぜひロンドンバスの二階の最前列にお掛けになって、このリージェントストリートを遊覧なさってくださいね。

 私の生け花の生徒さんは12年の方から始めたばかりの方までおられます。共通しているのは、どなたもお花との触れ合いをどっぷりと楽しんでおられることです。‘難しさ’が楽しくてたまらないと言う感じです。ああでもないこうでもないと考えているうちに、偶然にビシッと決まる位置に出会う、そんな時は誰でも嬉しいですよね。
 myungchangさまには生け花の有る光景も似合いそうです。関心をお示しいただきまして有難うございました。
 東京辺りではなかなか味わえないホワイトクリスマスを、韓国でエンジョイできて本当に良かったですね。
 新年もどうかよろしくお願い致します。
  1. URL |
  2. 2010/01/04(月) 05:45:54 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

Re: ロンドン最高

Rooly さま
 ロンドンはとってもインターナショナルな都市で、本物のイギリス人にはめったに出会えないなどとイギリス人の方から聞かされたことがあります。確かにたくさんの人種が交錯して、一種異様な雰囲気に、自分もその一人でありながら、戸惑いを感じたこともしばしば過去にはありました。でもロンドンは常に活気に満ちていて、不思議な魅力に満ちた都市だと思います。私もロンドンを闊歩するのは大好きです。そのうちぜひロンドンにお運びくださいね。

 ‘古代六角雪見灯篭’にはやはり雪が似合いますよね。生け花のことをお褒め頂き嬉しいです。ありがとうございました。

 Roolyさまも良いお年をお迎えになられたことと思います。本年もよろしくお願い致します。
  1. URL |
  2. 2010/01/04(月) 06:18:17 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

Re: 賀正

飛行船 さま
 新年のご挨拶と身に余るコメントを頂戴致し大変光栄に存じました。
  17日深夜から降り積もった初雪は何日も凍りついたように残り、大変寒い年の暮れが続きました。70歳代の方もこんなに寒い年の暮れや年始は記憶に無いと言われましたから、記録的な寒さなのだと思います。今は雪はどこにも見えませんで空は晴れ渡っておりますが、小さな池面には氷が張っております。天気予報では今週も寒さが続くそうです。
 新年もよろしくお願い申しあげます。有難うございました。
 
  1. URL |
  2. 2010/01/04(月) 09:05:23 |
  3. はなあかり #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。