イギリスそよ風もよう

ー庭やアロットメントでのガーデニング、いけばな、フラワーアレンジメントの日々を綴りますー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新緑の庭&牡丹

                                29th April 2011


人気ブログランキングへ


DSC07214(1).jpg
 庭はすっかり瑞々しい新緑の候となりました。
 3月も4月もこの辺りはほとんど雨が降りませず、雲ひとつない快晴の日々が続きました。4月には25度を超える日も有り、英国では真夏日同然の気温のため、ご近所からはガーデンパーティーのさざめきなども聞こえ、すっかり夏気分にさせられたほどです。
 きょう29日は、ロイヤルウエディングの‘佳き日’です。天気予報では久々に雨マークがつきました。多少の雨を期待しましたが、午後になりましても雨が降り始める様子は無く、どうやら薄日が射し始めたようです。今後に向けての水不足が深刻な問題になっているというニュースを耳にしました。

 ここは裏庭の一部です。
 右は小さなグリーンハウス、左は小さなキッチンガーデンで、ニラやパセリ、ローズマリー、セルフィーユ、ねぎ、水菜、ミント、レモンバーム、セイジ、青紫蘇・・・などが植えられています。





DSC07213(1).jpg
 ホスタの鉢は、今年は少し数を減らしましたが、それでも20鉢ほどあります。
 右端に見えている小振りの鉢植えは、私にとって憧れの花、ヒマラヤのブルーポピー(Himalayan Blue Poppy、学名:Meconopsis betonicifolia))です。
 この辺りのアルカリ性土壌では育ちませんので、酸性土に植え、雨水で管理しています。この鉢植えは2年目ですが、お花が咲きそうな勢いが見られ、その日が今から楽しみです。 





DSC07198.jpg
 何となくチューリップを咲かせたくなって今年は三種類ほど球根を求めました。これはそれらのうちの一種ですが、このようなお花が咲きました。ラベルには、Tulip Double Crispa Queensland と記されてあります。

 



DSC07104(1).jpg
 チューリップの手前のグラス(Carex elata Aurea)が素敵でしょう?





DSC07201.jpg
 手触りが柔らかくて優しい、ソフト・シールド・ファーン(Soft Shield fern,学名:Polystichum Setiferum)が芽吹いてきました。すぐ傍にはまだ10センチ程のベビー苗が育ち始めています。
羊歯植物の芽吹きは、どんな種類でも心惹かれるものがあります。




DSC07086(1).jpg
 日本に永住帰国なさった友人のお庭から掘り上げてきた牡丹が今年も見事に咲きました。
 7年ほど前にこの牡丹を私に託して行かれた熊本市のAさん、ご覧戴いてますでしょうか。蕾の数が今年は14個も上がってきました。




DSC07186.jpg
 雨が降る時は大きな傘を差し掛けて、降り止むまで立っていたくなります。




DSC07173.jpg
 中心部分はほんのりピンク色。




DSC07190.jpg
 痛みも汚れもなく、完璧な姿です。




DSC07192.jpg
 この角度もいいですね。




DSC07194.jpg
 後方から眺めるのもも味わいがあります。




DSC07196.jpg
 お隣の88歳になられるマーガレットさんもお誘いしました。
 この方は宣教師の奥様として台湾に20年ほど暮らされたお方で、ガーデニングがご趣味でいらっしゃいます。こんなに美しい牡丹は今まで見たことが有りませんとおっしゃり、アーバーのベンチに腰掛けて眺め入っておられました。




DSC07113.jpg
 この一重の芍薬(Paeonia mlokosewitsvchii)は、17~8年も我が家の庭にありますが、ブログでご紹介致すのは初めてかと思います。色はレモンイエロー、一重咲きで大変エレガントですが、お花の期間が短いのが玉に瑕でしょうか。
 芍薬の先に見えます白いお花は、チューリップ(Tulip Viridiflora spring green)です。




DSC07112.jpg
 ブルーのお花はブルーベルです。このお花だけを片手に収まるほど摘み取り、ブーケにしてどなたかにプレゼントなさるのも素敵・・・、良い香りが漂ってロマンティックな気分になること請け合いです。




DSC07124.jpg
 このような小道にぼんやりたたずんでいるのが好きです。
 手前の濃いピンクのお花は、こちらではバギニア(Bergenia ‘Sunningdale’)と呼ばれます。



DSC07131.jpg
 ひときわ華やかに見えますサーモンピンクのお花は、アゼリア・モリス(Azalea Mollis)、左脇のピンク色のアゼリアはジャポニカで、求めた時のラベルによれば、ゲイシャ・レッド(Azalea Japonica ‘Geisya Red’)という名前のようです。

 手前のグラス(Chionochloa Rubra)は、英語名でニュージーランド・レッド・スノー・グラス(New Zealand red snow grass)と呼ばれ、常緑で冬も枯れず、良い雰囲気を持った種類で大変気に入っています。

 


DSC07123(1).jpg
 夕方西日を受けた感じもちょっと素敵です。

 こんなところにもブルーベルが咲いていますが、可愛いのですけれど庭の至る所に出てきますので、抜き取らなければあちらこちらブルーベルだらけになってしまいそうです。





DSC07137.jpg
 和のコーナーの生垣を背にして写しました。





DSC07132.jpg
 アゼリアの脇道を西を背に致しますとこのような感じになります。




DSC07223.jpg
 手前の栗色のシュラブはアシビの一種(Pieris Katsura)で、カツラという日本名の付いた、大変に魅力的なプラントです。このつややかなえび茶色は新葉の色でやがて緑色に変わりますが、今の時節は格別の美しさです。
 ピアリス・カツラに絡まるように緑の枝が少し見えますが、これはミツマタです。





DSC07222.jpg
 ピアリス・カツラの後方の白いお花は、日本でも良く見られる種類のアシビ(Pieris Japonica Debutante)で、良い香りの見事なお花を長い期間楽しませてくれます。
 毎年、お釈迦様の花祭りにはこのお花を相当量刈り取って、ミルトンキーンズ市の妙法寺に持参致し、お花御堂を飾るのが慣わしとなりました。





DSC07149(1).jpg
 フロントガーデンは、ドライブ道を挟んで、和のガーデンと洋のボーダーガーデンに分かれていますが、和のコーナーから、洋の庭に向かって写しました。洋のボーダーガーデンは、この写真の先の中央部分に僅かに見えております。
 一番端に立って撮りましたので、奥行きが有るように見えますが、実際には写真での印象ほど広い庭ではなく、街中に近い家の庭としましては普通サイズかと思います。

 カエデの新緑が大変に美しい時期で、この写真の中にも日本のカエデが5本写っています。カエデはこちらの方々からジャパニーズ・メイプルと呼ばれ、大変愛されています。 
 

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
  1. 2011/04/29(金) 22:46:38|
  2. | コメント:12
<<7)チェルシーフラワーショー ’09、展示館 | ホーム | 東北関東大震災に寄せて>>

コメント

こんにちは はなあかりさん
新緑とお花が美しい春のお庭ですね! ぼたんは素晴らしいです。大切に育てられているのがわかります。
素敵なお庭を楽しませて頂きました。ありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2011/05/01(日) 18:50:19 |
  3. himi #-
  4. [ 編集]

お庭のいろんなコーナーの写真ありがとうございます。
うれしいです。
白の牡丹素晴らしいですね!
拝見して私も育ててみたくなりました。
黄色の牡丹も魅力的です。
牡丹は特に土の酸性度の調整をしなくても大丈夫なんでしょうか?
ソフトシールドファーンにも心惹かれます。
ヒマラヤのブルーポピー、葉も茂っていて蕾が出てくるのが待たれますね(^^)
  1. URL |
  2. 2011/05/02(月) 13:16:57 |
  3. ニコシア #mQop/nM.
  4. [ 編集]

見つけてしまいました!

ある方が、レディエマの写真をこのブログから拝借していると書いていたので、
覗きにきましたら、

本当にとっても素敵なお庭ではありませんか!!!!
びっくりです。 ランキングがどうして40位なのかしらと思いましたら、
更新が時々なのですね。
でも、本当に素敵なお庭で、見とれてしまいます♪

私も和風のお庭と洋風のお庭、どちらも好きなので、和洋折衷両立されておられるのを見て羨ましいです。
また覗かせてもらいますね~♪

  1. URL |
  2. 2011/05/03(火) 12:05:16 |
  3. あっこ #-
  4. [ 編集]

本格的に春

はなあかり様
新緑の庭きれいです。ところどころに見える花の色がいいですね。
裏庭まで手を抜かないところがさすがです。チューリップきれい。
昔ながらのカップ型のシンプルなチューリップがどちらかといえば好みですが、
フリルっぽいのもなかなかですね。シダも牡丹・芍薬も素敵、イギリスにもあったんですね。
和のコーナー、見てると落ち着きます。カツラ、色が似てて最初から赤いカエデに似ています。
秋の紅葉色が好みですが、こういった渋い色も、庭のいいアクセントですね。
  1. URL |
  2. 2011/05/04(水) 15:03:24 |
  3. Rooly #azeTSA.6
  4. [ 編集]

おはようございます。イギリスが・・雲ひとつない快晴の日々、・・25度・・どうなってしまったのでしょう。お花が一度に咲いた感じですね。とてもきれい!!こちらは春先に気温が低い日が多かったためか、ツツジは一週間ほど遅れ、今、満開です。チューリップ、フリルも色もかわいいですね。牡丹はたくさんお花がついて立派。レモン色の芍薬もブルーベルト、グリーンの入ったチューリップとの色合いも素敵!こんな低めの芍薬もあるのですね。気になります。
  1. URL |
  2. 2011/05/05(木) 08:30:37 |
  3. リズ #DS51.JUo
  4. [ 編集]

himi さま、
 深緑のシーズンにあでやかな牡丹の花は素敵に調和すると思います。
 今年のイギリスは2月初めより雨がほとんど降りませず、しかも晴天続き、気温も例年に比べかなり高めでしたから、その為だと思うのですが、我が家の牡丹は昨年よりも2~3週間早く開花しました。
 しかも開花中も一滴の雨もかかりませんでしたから、傷みも無くて完璧な咲き姿を見せてくれたのです。

 himiさまのお庭もクレマチスが大変美しく咲いていますね。
  1. URL |
  2. 2011/05/09(月) 04:11:42 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

ニコシア さま、
 牡丹も芍薬も、アルカリ性の土壌で育てていますが何の問題もありません。 
 ソフトシールドファーンは花壇にちょっとしたキャラクターを添えてくれます。

 ヒマラヤのブルーポピーは、今とっても楽しみにしているプラントの一つです。以前に何度か苗を求めて咲かせましたが、3年程で消えてしまうのが常でした。
 この辺りでは大変気難しいプラントだと考えられているようで、一般の花壇で目にすることはまず有りません。
 現在の苗は昨年、花の終った苗をGSで見つけたものです。冬の間グリーンハウスで管理しました。
 首尾よく開花すれば、久々にブルーポピーを庭で眺めることになります。
 
  1. URL |
  2. 2011/05/09(月) 07:23:14 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

あっこ さま、
 おいで戴きまして有難うございました。
 そして私の庭のこともお褒めいただき光栄に存じます。

 そうなのです。更新が本当に時々で、お返事コメントもこのようにゆっくりお返しさせていただくという、のんびりムードのブログなのです。
 このようなリズムでもおよろしければ、また時々、覗いてくださいね。

 和、洋の何れのスタイルも魅力が有り、両方エンジョイ致しております。 でも、私が日本在住でしたら、きっとイングリッシュ風ボーダーのコーナーの占める割合が、もっと大きいのではと思います。

  1. URL |
  2. 2011/05/09(月) 08:00:28 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

Rooly さま、
 シュラブや宿根草主体の庭で、一年草が植えられることはめったにありませんから、プラントたちは緑の期間が長いのです。そのため、枝葉の比較的美しいプラントを選ぶことになります。お花が咲きますと、その期間はそこだけ特に目立つということになりますね。

 チューリップは初年度は良い状態ですが、私の経験では、翌年度からは次第に衰えていくような感じがしましたので、つい遠のいておりました。でも春を迎える期待を抱かせてくれるお花なので、一年草感覚でこれからも毎年少しだけ球根を植えてみようかしらと思いはじめました。

 シダ、牡丹、芍薬はこちらのイングリッシュボーダーには大変ポピュラーなプラント達です。
 栗色の葉カツラは、艶やかなのでいつも輝いていますから、確かにコーナーの良いアクセントになります。

  1. URL |
  2. 2011/05/09(月) 21:15:50 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

りズ さま、
 数日前の7日の夜から朝にかけて、三ヶ月ぶりに庭に良いお湿りが見られました。使い切って空になっていた雨水受けのタンク、ウォーターバットにも少し水が溜まっていましたから、確かに雨が降ったようです。
 8日の日中にも短時間雨が降り始めましたので、私は嬉しくなり外に飛び出して束の間の雨のシャワーをエンジョイしたほどです。ご存知のようにイギリスの日中の雨は小ぬか雨かそれより少し強い程度で、長続きしない時の方が多いですから、この時もすぐにやみましたけれど。

 気温は今は18度で雲が多く、明日は17度の予報で雨マーク、あさっても16度で雨マークがついていますから、お天気は下り坂というところでしょうか。これは水不足が心配されている今の英国には大変良いニュースで、これらの予報が当たってくれることを望む限りです。このところ雨の予報が何度も外れましたから。

 りズさんのところでは8日は26度の気温だったのですね。日本はこれから次第に暑い日が多くなるのでしょうが、お庭を楽しむには今は本当に良い季節ですよね。
  1. URL |
  2. 2011/05/09(月) 22:29:21 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

はなあかりさん、こんにちは。

美しいお写真に、今日も癒されました。ありがとうございます。

ロンドンにいるのに、一度もフラワーショーに行ったことがない私、今年はハンプトンコートのチケットを買いましたが、うっかりミスで日付を間違えてしまって、やっぱり行けないかもしれません。どういうおっちょこちょいでしょう。

我が家のお庭、賃貸でも綺麗にしたいと思っているのに、根っからのずぼらなわたし、雑草なのか、芝なのか、抜いてよいものか、区別のつかない草で、庭が凄いことになっています。南ア人の夫は、「生えている草は抜きたくない」根っからの、自然を愛する人(これが言い訳なのか。)で、雑草を見てはうっとりしています。役に立ちません。

ラベンダーも、増えてほしいのですが、根っこが貧弱になり、地面から浮いてきていますし、あああ、なんだか、憧れの庭園は一生無理かも。性格的に。少しずつ、少しずつ、行きます。まずは、抜いてよいやつと、抜いてはいけないやつを、植物図鑑片手に勉強しなきゃ。


また遊びに参ります。
  1. URL |
  2. 2011/05/21(土) 19:53:56 |
  3. モモグラモ #p5viccLg
  4. [ 編集]

モモグラモ さま、
 ハンプトンコートにはかなり前ですが、お仲間に誘われてフラワーアレンジ部門にグループエントリーしたこともあります。準備に当たる日から会期中ずっとロンドンに滞在し会場には車で通いました。思いがけずガラ・イヴニングのチケットをいただき、友人と一緒にアウトレットでそのためのドレスを求めて参加した楽しい思い出があります。
 せっかくお求めになられたチケットですのに、日付の勘違いをなされたとは本当に残念ですね。私にもよくありそうなことですから、驚きはいたしませんのよ。

 雑草を見てうっとりなさるご主人様のこと、ある意味で納得です。スイスの山野には私たちが花壇で愛でるかすみ草やナデシコ、松虫草、サルビア、カンパニュラ、アルケミラ・モリス、バーバスカムなど数え上げれば切りがないほど、そしてサウスフランスではラヴェンダーも山野に自生しておりました。
 今私たちが花壇で愛でる草花たちは元々は野原などに自生していたものなのですよね。そういう観点から考えますと、育てるべきか抜き取るべきか、これはまさにそこに住んでおられる方々のご判断にかかることになるのでしょう。
 でも全て抜きたくない…ご主人にはちょっと困ってしまいましたね。野原どころかやがてジャングルの一部のようになってしまうかもしれない・・・と脅しましょうか??? 庭はコントロールが必要なのだということをご主人様に納得していただきたいですね。

 ラヴェンダーはシュラブですから、古株になると幹が太くなり、種類によっては見た感じが貧相になったりすることもあります。私の庭では、今年初めの極端な寒さで枯れてしまった株もあります。なかなか思うようにはいきませんが、ご無理なさらないで楽しみながらゆっくりゆっくりお手入れなさってくださいね。
  1. URL |
  2. 2011/05/25(水) 00:09:17 |
  3. はなあかり #gy/qpaFs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はなあかり

Author:はなあかり
 人生も後半にさしかかり英国で暮らすことになりました。今では黄昏年齢となり、それが花灯りの名前の由縁でもあります。日本に残してきた小さな庭にいつの日か帰る夢を抱きながら、一方では、自分好みに染まるこちらの庭への愛情もはかりしれません。
 2002年にアロットメントに植えたグリーンゲージなどの果樹類も大きく育ち、秋には収穫を楽しんでおります。

 City & Guilds にてFlower Arranging Skillsを、NAFAS (National Association of Flower Arrangement Societies)では、Floral Art & Design のDiploma を取得しました。
 1998年に<いけばな>指導をスタートし現在に至ります。2007年に、ご関係者からのご要請とお仲間のご支援のもと、ロンドンに<いけばな>の新組織を立ち上げました。以来、組織の運営に関わりながらお花の指導を続けております。

 自宅の庭は、<いけばな>や英国風フラワーアレンジメントに必要な植物素材を調達する上で、大変有益で大切な場所になっております。2010年からは、すべてひとりで手入れしておりますので、メンテナンスの少ない庭は必須となり、今ではシュラブ類と宿根草のみの庭になりました。
 更新は稀ですが、折々にお出でいただければ嬉しく存じます。

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。